スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.03大高山~天覚山(飯能アルプス)登山(3)

大高山~天覚山(飯能アルプス)登山、(1)(2)の続きです。

大高山から天覚山へ向かう飯能アルプスの道を、楽しみながら進んでいった私たち。
森の木々がそんな私たちのことをそっと見守ってくれます。
幹に目があるっ!
ホラ、幹に目がついてるでしょ?(笑)

途中、わずかながら後方の景色が開けた場所もありました~。
大高山かなぁ?
あのとんがり山はさっき登った大高山なのかなぁ?と考えるも、本当のところは分からずじまい・・・。

それからの道も、これまで同様大きなアップダウンを繰り返しながら伸びていきました。
相変わらず登山道上には枝葉がばさばさと落ちていましたが、ここにきて根こそぎ倒れた木々の姿も目立つようになってきました。その数の多さに、ちょっと心配になるほどです
倒木がいっぱい・・・
長い時間をかけて立派に成長した木でも、あっさり倒れてしまうものなんですね。横を通り抜ける時に、その根が思ったより浅く小さいことにも驚きました。
この根でこんなに大きな身体を支えていたのかぁ・・・。すごく大変なことなんだね。

そして、まるで神社の参道のように杉の大木が整然と並ぶ急坂を登っていきます。とっても静かで雰囲気がいいの
参道みたいな道
こういうところは今日みたいに、天気がどんよりしていた方が森の空気を濃く感じられる気がします
・・・って、雨女の負け惜しみ!?そんなことないですよ~(苦笑)

だけど、さすがにこの坂を登りきってすぐに天覚山山頂というわけにはいかなかったみたい
今度は随分とメタリックな道標を見つけましたよ~!
一斗缶道標!?
これ、一斗缶の一部を切り取って作ったのかなぁ!?面白ーいっ
と、思わず道標の示す方角へ進みそうになりますが・・・。おっと、大高山はさっき登ってきた山。私たちは天覚山を目指すんだった(笑)

そしてここから天覚山方面へ進むこと少しで、前方に明るい世界がぱぁっと開けました!
わぁっ、着いたぁ!

天覚山、山頂です!
天覚山山頂

ここはちょっとした広場になっていて、腰掛けられる場所もあります。
そして一部は木々が切れて、眺望が広がっていました~
天覚山山頂からの景色
雨は止んだものの、やはり遠くはぼんやりと霞んでいて、素晴らしい眺望とは言えないかもしれません。
でも、これまで木々に囲まれた長いアップダウンの道を越えてきたからこそ、感動もひとしお。
「登頂ばんざーいっ!」
ご一緒した奥様の喜びの声につられて、私もテンション急上昇

単独行の多い私だから、喜怒哀楽、どんな感情も自分の心のままに感じてきていたんだけど、
例えば、一緒に登山した仲間が自分以上に山を楽しんでいたら、自分もつられてもっと楽しくなる。
そういう「幸せの連鎖」っていうものが、すごく素敵なことだなぁって思いました

今回の飯能アルプスは、時間的にもここまでで下山にしよう。
私たちは山頂で少し休憩をとることにしましたー。

と、ここで私、ご一緒のご夫婦にすっかり甘えてしまい、おやつや飲み物を次々頂いてしまいました・・・自分は全然ザックを開けることなく。。。本当に申し訳ないですっありがとうございました!

歩いている時は暑くもなく、寒くもない快適温度をずっと維持してきたのですが、こうして腰を下ろしてみると急激に冷えが襲ってきます。どうも、この時の気温が0度近かったみたいなんですよね・・・
頂いた濃い目のココアはあったかくて、胃袋と心にじんわりと染み込みました

これは足元に伸びていた小枝。春を期待して膨らんだ新芽たちが、今日のあまりの寒さに毛皮のコートを羽織ってるみたいだね
寒そうな芽!

こうして山頂でのひとときを過ごした私たちは、東吾野駅へ向けて下山を始めました。
傾斜のある九十九折は滑りそうで少し歩きにくかったですが、危険箇所は特になさそうです。
やがて、道は沢に沿って下っていきます。
下山します

至る所に「こごみ」なのかなぁ?シダ類の植物と思われる大きな芽が目に付いたのですが・・・
まるで宇宙人・・・
なんだかエイリアンみたいで、怖っ!!
登り始めの墓地やトンネルといい、このルートは最後まで背筋の寒くなる体験ができそうですね・・・(苦笑)

こうしてさほど時間をかけることなく、舗装道路まで出てくることができました。
そこからしばらくは、楽しくお喋りしながらの車道歩き。

そして里まで下りてくると、こんなに広い材木置き場に出くわしましたー!
材木置き場
樹齢何年ぐらいだろう?大きな木が沢山横倒しに積まれています。初めてみるけどすごい迫力。
今日の山中で出会った何本もの倒木たちは、ここへは来れないのかなぁ!?

寒かった山から一転、里はほんのりと暖かく、民家の庭先には色とリどりの花が一杯に咲き乱れていました。
そんな春の景色を楽しみながら、私たちはのんびりと駅を目指すのでした~。
フキノトウがいたよ

飯能アルプスの今回のルートは、奥武蔵の中でも知る人ぞ知るコースみたいで、とにかく人の少ないところでした。
この日も、天覚山頂で休憩している時にトレイルランナー2人をちらっとお見かけしただけだったんですよね。
とにかく渋くって、この先もきっと人気のハイキングコースになることはないでしょう(笑)でもそういう山の味わい深さが、私にはとっても心地良いんです
静かな山の中にひっそりと暮らす、素晴らしく立派で不思議な木々の姿。寒さの中に見つけた春の息吹。
そこには、私が今まで持っていた奥武蔵の山のイメージとも少し違った雰囲気がありました。

このルートにはこれからもずっとこの静けさを残していってもらいたいなぁ。
そしてゆっくりじっくり、山と対話しながら、味わいながら、歩いていきたいなぁ。
私の「とっておきコース」が、またひとつ増えた今回の山行だったのでした

【終わり】

(自分用メモ)
◆今回のルート
吾野駅(8:29)→怖いトンネル(8:32)→登山口(8:35)→一旦車道へ出る(9:41)→大高山山頂(10:19-10:30)→天覚山山頂(12:39-13:13)→車道へ出る(13:33)→東吾野駅(14:06)

◆周辺の天気予報
埼玉県飯能市坂石町分(吾野駅)周辺のYahoo!天気

◆水場とトイレ
トイレは吾野駅、東吾野駅にしかない。
水場らしき場所は見かけなかった。東吾野駅側で沢沿いを通るけど、水場があったのかは不明。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2010.05.17 Mon 00:59  |  

yamajoshiさん、こんばんは!

「壁に耳あり障子に目あり」と言いますが、木にも目があったんですね(笑)

それにしても倒れている木の数が多いですねぇ。
一体何があったんでしょう?

やっぱり静かな登山ルートをのんびりと登りたいものです。
まったく人が通らないのも少し不安なので、適度に人がいた方がいいですけどね。

今日山に行ってきましたけど、新緑がきれいでした。
登りは、若干暑く感じましたが下山時は新緑の爽やかな緑に囲まれて心地よい気持ちになり「あぁ、ここで少し眠りたいなぁ」なんて気分になりました。

今日山頂で、見かけたご夫婦を見て思ったことがあります。
奥さんの方は、山頂からの眺めの良さにすごく興奮していて心から楽しんでいる様子でした。
込み合う登山者の中で、自分なりに写真を撮ってもらいたいベストスポットを見つけたみたいで、そこで旦那さんを待っていました。
ですが、旦那さんはそんなことにも気付かず、景色を撮るのに夢中の様子。
奥さんが「ここで写真とって」と言うと、旦那さん「ここでは撮らなくてもいいよ」と言う。
今まで奥さんの表情は快晴そのものだったのに、急に雲行きが怪しくなってきました(笑)
うーん、写真撮ってあげればいいのに、なんか奥さんが可哀想だなぁと思った出来事でした。
男性と女性で感じ方が違う部分があるのかもしれませんが、私も男性としてその辺は気をつけなくては行けないなぁと勉強になりました。

2010.05.17 Mon 06:43  |  フキノトウでびっくり

奥多摩ですか!!
フキノトウの花が咲いていましたね。
寒いはずです。
お休みの日にお出かけでしたか!!
ご夫婦のベストショットスポットの会話がおもしろいですね。
夫婦の会話みたいですね。
快晴から曇天へと^^^!!

16日の日は、大座礼山のブナの巨木に逢いにいきました。
巨木をアップしましたので、見に来てください!!
四国随一といわれています。

峠に車を置き換えて、東光森山へもアタックしました。
ここでは、アケボノツツジが残っていて、ステキな絵を撮る事ができました。
ぼつぼつ、アップします。

2010.05.18 Tue 00:24  |  再びこんばんは

Doです。

yamajoshiさんの仰る、「・・・でもそういう山の味わい深さが、私にはとっても心地良いんです」のコメント、とっても共感します。

わたしも、単独行が好きです。例えるなら、昼時なのにほとんどお客のいないラーメン屋だけど、独特の味がして、妙に居心地の良さを感じるみたいな(笑)

冗談はさておき、単独のよさって、自由に行動できるとこですよね。なので最近はヒッチハイクを積極的にしています。これ、一人だからできるんです。とっても楽しいですよ~。

yamajoshiさんもチャレンジされてみてはいかが??

ではでは~(^◇^)/^

2010.05.19 Wed 22:20  |  hiro様

hiro様、こんばんは!コメントありがとうございます。

はい、このルートは目のある木が何本もいたんですよ(笑)

これからは新緑の山歩きが楽しい季節ですよね~e-454
山では色んな人間模様が見れますよね!
女性って結構、山に登っている男性の態度で色んなことを思っていますので、ご注意下さい(笑)

2010.05.19 Wed 22:26  |  foo3776様

foo3776様、こんばんは!ブログご訪問&コメント頂きありがとうございます☆

この山の周辺は、奥武蔵という名前で呼ばれています。奥多摩とも近いのですが、また少し雰囲気も違っていて、私の好きな山域のひとつなんですe-454

16日の大座礼山、お疲れ様でした!
その後2つ目の山に行かれたとは・・・さすがです。
駆け足ながらブログを拝見させて頂きました。やはりブナがすごいですね~!写真を見ているだけでもドキドキしてきますe-446

また少し落ち着きましたら、ブログもゆっくり拝見させて頂きますね♪

2010.05.19 Wed 22:33  |  Do様

Do様、こんばんは!コメントありがとうございます。

ラーメン屋さんの例え、面白いですね(笑)
それにしてもヒッチハイクとは!うーん、さすがに小心者の女子1人だとなかなかやりづらい部分もありますねぇぇ。。

ただ、単独ではなかったのですが、以前台湾の山奥で帰る手段を失ったため、ヒッチハイクを試みて軍人さんたちの乗る車に乗せてもらったことがあります(笑)
それから秩父の山奥では、雨にずぶ濡れになりながらトボトボ歩いていたら、たまたま通りがかった方の車に乗せてもらったことも・・・e-330
うーん、なんだか後ろ向きなヒッチハイクばっかりだなぁ(苦笑)

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/204-64d53b41
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。