スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.07富士山登山(登頂なし)(2)

富士山登山、(1)の続きです。

空模様に一抹の不安を抱えながらも吉田口・河口湖口ルート五合目から登り始めた私たち。
六合目過ぎまでは比較的天気も落ち着いていて、辺りの景色や高山植物などを眺めながら、のんびり登ってきました。

天気のせいか、これから登っていく人たちは思ったよりも少なかったです。それでも私たちは、そんな数少ない人たちにも次々と抜かされていきました(笑)
でも大丈夫。こんな風に山をじっくり楽しみながら登れるよう、標準コースタイムよりかなりゆとりを持たせてこの日の行動計画を立てているんです。
焦らず行こう

やがて、見覚えのある階段道に出てきましたー。
整備された階段道
階段というか、土砂止めなのかな?2~3歩の間隔で段差が作られた道。去年はここを通った頃が一番高度の影響を受けていて、この段差がきつかったんだよね。
段差に敷かれた板は真新しくて、今年新たに作り直されたもののように思えました。
山小屋や地域の関係者の方々の努力で、毎年こうしてきちんと整備されているんだね。感謝です

しかし、この辺りからついに雨は本降りになってしまいました。
ゴアテックスのハットにレインウェア、シューズ、それからスパッツにザックカバー・・・厳重に装備をしているお陰で身体が濡れることはないのですが、向かい風が吹くと顔に雨風がばしばしと当たって歩きづらいです。

私たちはゆっくり、ゆっくりと登っていきました。
雨の中を登ります

足元には溶岩砂礫の赤茶けた大地が広がっています。
赤茶けた大地
天気が悪くて景色は楽しめなくなってしまったけど、やっぱり富士山を歩いているんだってことは強く実感します。

やがて、吉田口名物?の要塞みたいに立ち並ぶ山小屋群が近づいてきました~!
山小屋群に近づきます
それと同時に、砂礫からゴツゴツした岩場へと道の様子が変わってきます。
私たちはダブルストックをしまって、岩場歩きにとりかかります。

まずは花小屋に到着。そのすぐ背後には、多くの山小屋が控えています。
花小屋前に到着!

そこから雨に濡れて滑りそうな岩場を慎重に登って・・・
岩場を登ります

七合目日の出館!
七合目日の出館

つづいて、七合目トモエ館。個室もあるし、ここに泊まることも一時検討していました。
でも今回はもう少し上の山小屋に予約を入れたので、まだまだ進みますよ~。
七合目トモエ館

そしてまたまた険しい岩場をゆっくりと登ると・・・
険しい岩場

渋い看板の鎌岩館。
鎌岩館
去年と同じように、次々と現れる山小屋たち。それぞれ全部覚えています!

歩き始めた頃から呼吸が浅くならないよう気をつけていたのですが、歩き辛い階段道、そしてこの岩場と呼吸が乱れがちになるので、より一層意識して深呼吸を心がけました。
それに、ちょっと喋るだけでもすぐに息が上がってしまうし、心臓もいつも以上にばくばくしてるんだよね。
やっぱり酸素が薄くなっているんだろうな。

こうして登っていくにつれ、雨はどんどん強さを増してきました。
時折ゴォッと強めの風が吹きつける時は、台風中継をするアナウンサーに近い気分になります
できるだけ早く山小屋に入りたいなぁ。

富士一館
ここ、富士一館に着いた時、恐らく小屋の方かな?に声をかけられました。
「今日はどこまで行くんですか?」
「東洋館に泊まる予定なんですー。」
「それじゃ、ここからあと30分もかからないですよ!頑張ってくださーいっ!」
「ありがとうございます!」
なんだかすごく元気が出てきましたありがとうございますっ

時計を見ると、天気は悪いものの予定通りに歩いて来れているようです。
私は雨風に打たれながらも、この山の持つ雰囲気を楽しみながら登っていきました。

ホラ、ここにもかわいい花が咲いてるよ
・・・って、レンズが雨に濡れてボケボケですけど~
かわいらしい花(ボケボケ・・・)
それでも、こんな天気の時にためらいなく出すことのできる防水デジカメ「μ TOUGH-6000」は、やっぱり登山の強い味方です
SONY NEX-5は危ないので、ザックの奥にしまいこみました。

ここまでかなりのスローペースで進んできたので体力的なきつさはほとんどなかったのですが、さすがにこの辺りの岩場はこたえます。
しかも、雨の影響で所々が川のようになってしまっているので、足を滑らせないよう慎重に登る必要がありました。
厳しい天候、険しい道。富士山の大きさを全身で感じながら登っていく私たち。
あの鳥居を目指して!
「ほら、すぐそこに鳥居が見えるよ!ひとまずあそこまで、そこまで目指して頑張ろう!」
目標を細かく刻んで、友達を励ましながら、今日の目的地を目指します!

【次回へ続く】
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2010.07.16 Fri 00:44  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.07.16 Fri 20:19  |  雨合羽が第1

山登りするるときに、先輩からアドバイスを受けたことは、
雨具が一番大事だ。カッパは、一番いいものをゲットするつもりで!!次に、靴だ、これもいい方がいい!!その次は、リュックかな・・・?と、言ってくれました。ですから、ボクは、カッパは、ストームクルーザーです。暴風雨でも寒さにも対応できるものを、買いました。めったに、出して使っていませんが・・・。地元の山がほとんどで、天気情報を見て、出かけていますから、必要なときがないのです。ただ、黒い色の雨合羽です。山なら、もっと、派手なものを選ぶべきでした。遭難したときに、見つけてもらいやすいからです。いまでは、遭難したときに、体温が逃げないように、リュックの中には、ダウンのジャケットとツエルトを入れています。
さあ、夏がやってきました!!
海へ山へそして、川へと出かけましょう!!
今年は、5歳の孫とキャンプに出かける約束もしています。

2010.07.16 Fri 22:31  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.07.21 Wed 23:53  |  とりまとめご返信(2)

>foo3776様
そうですね、レインウェアは重要ですね。私は雨の日以外でも使う頻度は結構高いです。
それからツェルトも、最近ではとても軽いものが出ていますよね~!
お孫さんとキャンプ、素敵ですね。どうぞ楽しまれて下さい♪

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/226-714660e5
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。