スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.04袈裟丸山登山(3)

袈裟丸山登山、(1)(2)の続きです。

まるで高原の散歩道のように快適だった登山道は、山頂が近づくにつれて傾斜を増し、いつしか深い笹薮をかき分けて進むぬかるみ道へと変貌していました。
そしてさらに、一面に雪の積もる急坂まで現れたんです
前回の鳴神山登山の経験を踏まえて今回は軽アイゼン(エバニュー 巾調節式6本爪アイゼン)を持参していた私ですが、ちょうど下山されてきた方のお話を伺ったりして、ひとまず登りはアイゼンなしでもいけそうだと判断。
私たちは踏み跡を忠実に辿りながら、滑らないよう慎重にこの急斜面を登っていきました。

これを登り切れば、きっと頂上が・・・

・・・あれっ!?
再び笹原
急斜面の林を抜けると、まるでさっきまでの雪が嘘だったかのように笹の登山道が続いていたのでした~。
日当たりでこうも違うものなんだね。どちらにしても、山頂はまだ先ということか・・・

先の見えない目的地に、一瞬気落ちしてしまいそうになった私ですが、すぐに気を取り直してどんどん進んでいきました。
だって、この道・・・とっても気分がいいんだもん!

見上げれば青い青い空は手の届きそうなほどすぐそばにあるし、左方の視界は大きく開けて、遥かに連なる山並みがぜーんぶ見渡せてしまうんです。
素晴らしい景色!

こんなに素敵な青空の日に、山にいられる幸せ。
こんなに素晴らしい景色の中で、山を歩ける幸せ。
そんな幸せたちをかみしめて、この景色を目に焼き付けながら、私は足を進めていきました。

向こうに見えているのは、赤城山かな?
赤城山かな?

こうして歩くことしばらく、広場のような場所に出たと思ったら、

袈裟丸山山頂

袈裟丸山(前袈裟丸山)の山頂に到着しました~!
やったぁ、ようやくたどり着いた~

山頂で休憩されていたおじさまに「このちょっと先に行くと見晴らしがいいよ」と教えて頂き、私たちはそのまま後袈裟丸山方面への縦走路方面に少し進みました。

すると、前方の視界が大きく開けました!
八反張方面を望む
「うわ・・・」
とにかく信じられないような絶景。手前には大きく聳える後袈裟丸山と周辺地域の山々。そしてその背後には雪を戴いた山並みが、まるで地平線に立てかけられた屏風のように延々と続いていく様子がはっきりと見渡せるのでした。
いやぁ・・・これはすごい。言葉を失います。

ここから後袈裟丸山へと続く尾根道、八反張は、「風化が激しく危険なため立ち入り禁止」とする看板が先ほどの前袈裟丸山山頂広場に立てられているのを見ました。
確かにここに立ってみると、立ち枯れの木々が点在する荒れた道は一種異様な雰囲気すら感じますね
立ち枯れの木々に青い空
私たちは先へ進むことはせず、この場所でしばらく景色を楽しむのでした。

遠くの山を望む

それにしても・・・ここは風当たりが強くて、かなり寒いっ
急激な冷えと鼻水に襲われた私は、先ほどの広場へ引き返すことにしました~。
広場はそこそこの広さがあり、人も数組しかいなかったので、ここで腰を下ろして昼食タイム
自宅で下処理を済ませてきた野菜を入れて、熱々のラーメン。身体も温まってちょうど良かったです

さぁ、お腹も満足したし、そろそろ下山することにしよう。
山頂付近から見る景色にそれまでの疲れを吹き飛ばしてもらった私でしたが、行きに苦労した雪の急斜面や笹薮のぬかるみ道のことをふと思い出して、少し気が重くなります(苦笑)

そしてやっぱり、雪の急斜面を下るのはなかなか大変なことでして・・・
雪の急斜面を下ります・・・
とはいえ、今回は軽アイゼンを装着したので、比較的危険も少なく無事に下りてくることができました!
以前から持ってはいたのですが、軽アイゼンを実際の登山で使用するのはこれが初めて。
なるほど、その必要性を痛感した次第です。

それから再び笹薮と格闘し(大変だったので写真なし・苦笑)、そこから快適な「高原の遊歩道」を辿ります。
そんな私たちをずっと見守っていてくれる、青い空。
まだまだ青い空

それから、賽ノ河原。こうして遠くからみると、なんだか古代遺跡みたいだね
遠くから賽ノ河原

賽ノ河原を越えると、これまで私たちを楽しませてくれた素晴らしい景色とはお別れです。
樹林帯に入って沢沿いをどんどんと下っていけば、今度は辺りの小さな緑たちが次々と目に飛び込んできました。

豊かな雪解け水をいっぱいに浴びて、生き生きと輝く苔のじゅうたん。
沢の苔

それから、足元で小さく揺れる花たち。
小さな花たちに見送られ・・・

気付けばかなり長時間歩き続けていて、さすがに足の裏が疲労で痛くなってきてはいたのですが、こういう「森の生きている姿」に心癒されて、最後まで楽しく歩くことができました~

こうして無事に終えることができた、袈裟丸山での一日。
道中にはケルンや寝釈迦像といった、人の手で作られたものたちが点在していましたが、それらがことさら「人工物」であることを強調するのではなくて、この山の風景のひとつとして自然に溶け込んでいたことがとても印象に残りました。
そして、稜線に上がってからの快適な尾根道、信じられないほどの絶景。
笹薮との格闘や雪の急斜面があったことも含めて、本当に素晴らしく、楽しい山だと思いました。

きっとそう遠くはない未来に、この袈裟丸山から見た山並みのどこかを歩いている私の姿があるのだと思います。
そしてもちろん・・・帰りには「上州ほうとう」を食べることでしょう(笑)

【終わり】

※自分用メモは後日掲載予定です。
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2010.07.29 Thu 02:36  |  

袈裟丸山。私も6月に登ってきてました(^0^)/
さすがにもう雪は無かったですが最後の急斜面で腿を痛めてしまい苦労しました(汗)が、ツツジの季節で満開だったり、途中近距離で鹿の群れに遭遇したり自然を満喫してきました。
ちなみに①折場口から登ると斜面いっぱいの笹原の爽快な景色も楽しめます。②上州ほうとうは『おきりこみ』とも言います。

  • #-
  • いのいの
  • URL

2010.07.29 Thu 03:48  |  

景色がいいし 今回の写真も良かったです。

2010.07.29 Thu 19:12  |  袈裟丸山

yamajoshiさん、こんばんは♪
袈裟丸の雰囲気と感想がいっぱい伝わって来ましたー。
私は初めて行った日に天気予報大ハズレで登山口で撤退。
次は雪道で小丸山で敗退。
そして、今年ようやく山頂に辿り着けました。
寝釈迦周辺は昔の時間がそのまま眠っているような感じですね。
ツツジ咲く頃も素晴らしい山ですよー。(^^)/

2010.07.29 Thu 23:23  |  いのいの様

いのいの様、こんばんは!コメントありがとうございます。

いのいの様も袈裟丸山に登られていましたかー!
しかもツツジが咲いていたのですね。時期ではなかったこともありますが、ツツジには全然気付きませんでしたe-330

折場口からのコースも面白そうですね。今ぱっと地図を見た程度なのではっきりとは分かりませんが、全体的に尾根道を登って行くイメージでしょうか。
塔ノ沢コースは名前の通り途中までは沢沿いを歩くので、夏場は涼しげで良いかもしれませんね。

上州ほうとう=おきりこみなのですね!情報ありがとうございます!
これで、今後どちらの名前がメニューに載っていても、間違えずに頼むことができますね(笑)

2010.07.29 Thu 23:25  |  jidaiya_3様

jidaiya_3様、こんばんは!
いつもTwitterの方などでコメントをありがとうございます。

今回の袈裟丸山は本当に見晴らしが良くて、とても楽しかったです。
これだけ天気が良いと、ただシャッターを切るだけでもとっても鮮やかな写真が撮れてしまうのでありがたいです(笑)

2010.07.29 Thu 23:30  |  クロちゃん

クロちゃん、こんばんは!コメントありがとうございます。

なんと、クロちゃんは3度も袈裟丸山に行かれていましたか!
今年、無事に登頂を果たされたとのこと、おめでとうございますe-454
初めてお邪魔して、たまたまこんなに良い天気だったのは、雨女の私としてはまさにラッキーとしか言いようがありませんね(苦笑)

ああーツツジ!山腹がツツジに染まって、さらにあの素晴らしい景色も楽しめたら、最高ですよね。
また来年以降、チャンスを伺いたいと思います!

2010.07.31 Sat 13:42  |  気持ちのいい登山~♪

yamajoshiさん! お元気で登山楽しまれているようですね♪
怪我の方は、すっかりよくなられたんですね!
よかった~~♪^^v
いいお天気に恵まれて、素晴らしい山の風景に出会えて最高ですね。
いつもyamajoshiさんのウキウキした気持ちが伝わってきて、
とても楽しい気持ちで見させていただいてますよ~ヾ(@⌒▽⌒@)ノ

“ほうとう”って、すごい太さなんですね!
見ただけでもっちり感が伝わってきて、美味しそうです。

月山に登って来ました♪
デジブックにしてみましたので、お時間があるとき見てくださったら嬉しいです☆彡

2010.08.01 Sun 00:43  |  

はじめまして。哀蝉と申します。
以前、破風山を調べていて、こちらにたどり着きました。それ以後、見ていると疲れが取れるので、たまに拝見させていただいております。
後袈裟丸山は、いつか行こうと思っていた山でございます。
後袈裟丸山に限らず、私が行こうと思っているところを、いつも先回りされてしまい、その行動力に感服いたします。
少し前のことになりますが、お船観音の先の様子は、参考になりました。
次はどちらに行かれるのか楽しみにしております。

2010.08.02 Mon 23:04  |  山の桜様

山の桜様、こんばんは!コメントありがとうございます。

はい、お陰様で尾てい骨はほぼ快復し、生活も登山も支障といえる支障はもうありませんe-454

袈裟丸山登山の日は、本当にいい天気で素晴らしい眺望が楽しめました!
ほうとう、山梨で食べたものはこれほど幅広ではなかったと記憶しているのですが、ここ上州のほうとうはかなりすごいです!(笑)
でもとても美味しかったんですよね。また食べたくなってきました~。

月山!実は私も、一昨日にどこかの山へ行こうと情報を集めていて、候補に挙げていたんです!
ですが都内から公共交通機関利用での日帰りを予定していたので、残念ながら断念することになりました。
デジブック、拝見させて頂きますね♪

2010.08.02 Mon 23:10  |  哀蝉様

哀蝉様、初めまして。コメントありがとうございます。
とても素敵なお名前ですね♪

拙ブログをご覧頂きありがとうございます。
哀蝉様の行かれる山と、私の行動範囲が近いのかもしれないですね。
お船観音には哀蝉様も行かれましたか?高度感もあり、変化に富んでいてとても面白い山ですよね!

夏は行動範囲を広げて、比較的標高のある山にお邪魔することも多いです。登山レポートもマイペースに更新しておりますので、またお時間のある時に遊びにいらして頂けると嬉しいです♪

2012.04.25 Wed 12:59  |  

はじめまして。
いつも楽しく読ませていただいてます。
GWに軽アイゼンデビューをしたいと思っていて、yamajoshiさんの記事がとても参考になりました!
いつも楽しい情報ありがとうございます!

2012.04.25 Wed 22:16  |  emi様

emi様、こんばんは!コメントありがとうございます。

ブログをご覧頂き、ありがとうございます。
GWに軽アイゼンデビューのご予定なのですね。記事が少しでもお役に立てたのなら嬉しいです☆

どうぞ、よい山を♪いい天気になるといいですね!

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/231-4cb9f712
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。