スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.07日向山ひとり登山(2)

日向山登山、(1)の続きです。

木々の生い茂る薄暗い登山道を、大きな虫の羽音に追われてハイペースで進んできた私。
すると突然森の中をぽんと抜け、まぶしく輝く真っ白な世界の中へ飛び出しました。

わぁぁあっ!!何これ!!
雁ヶ原に到着!

ここは雪山?それともビーチ!?真夏の山の上にいることを思わず忘れてしまいそうになります。
これが、私がずっと見たいと思っていた「雁ヶ原」の景色。花崗岩の白砂に覆われたこの斜面こそが、日向山の一番の特徴と呼ぶべき場所なんです。

ここから見える景色を動画で撮りましたので、よろしければご覧下さい
[広告] VPS

そして、すぐ脇には控えめに標柱が立てられていました。
どうやら山頂三角点が別の場所にあったみたい。私は通らずに来てしまいました
日向山の標柱

雁ヶ腹は細長く続いていて、その所々で何組かの登山客がお弁当を広げていました。
「山頂で砂浜を歩く」という違和感と高揚感に包まれて、私は砂の感触を楽しみながら少し先まで足を伸ばしました。

見て、この真っ白な砂浜。山のてっぺんにこんな場所があるなんて・・・面白すぎるっ!
白砂の斜面

急な斜面を下りながらふと振り返ると、こんな景色が目に入りました。
まるでビーチです
砂浜で遊ぶ人々、その向こうには真っ白な雲の海。
下の方に転がっているのは・・・さながらテトラポッドのようですね。

そして私の前方にも、ごつごつとテトラポッド・・・もとい、花崗岩の突き出す白い細道がすっと伸びていました。
砂に足を取られないよう気をつけながら、その先端まで進んでみることにします。
細道を進む

足元は白砂の急斜面。なかなかスリリングです!
ここを下りていけば大回りの周回コースが取れるはずなのですが、今回単独行の私は無理せず山頂の往復ルートをたどる予定です。
スリリングな急斜面

岩がちな細道の先まで出ると、そこに小さな祠がありました。
この辺りからの景色は、周囲の山々が大きく迫ってきて、とても迫力があるんです。
だけど・・・今日はいつの間にかどんより曇り空になっていました
空がどんより・・・

さて、先へ進むのはここまでにして、山頂ビーチでランチタイムにしよう。
私は山頂方面に少し戻りながら、食事するのに良さそうな場所を探しました。
山頂付近を振り返る

そして、あんまり崖っぷちに座るのも危ないので、木々の生える奥の方に腰を下ろしました。
すぐ脇には、こんなにかわいらしい花が咲いてましたよ~小さなアリンコがしがみついてるっ
花が咲いていました!

ところがその時、
ブゥゥゥゥーン!!!
と、重低音の羽音を響かせて、見たこともない位巨大なアブ?が何匹もやってきたんです!
そして、私の周りをすごい速さでぐるぐると旋回しはじめました
ひえええええー怖すぎるっ

なんだか怒っているようなその羽音にびっくりして、場所を移動するのですが・・・再びその大きなアブたちがやってきて、私の周りを飛び回ります。
彼らの言葉が分かれば、何に怒っているのか分かるんだけど・・・さすがに意思の疎通は図れずでした(苦笑)

こうして徐々に崖側へと追い立てられた私は、結局ビーチのど真ん中に落ち着くことになりました。
なんだか微妙な場所ですが、辺りに人はいないので邪魔にはならないかな~。
ランチタイム
・・・などと考えながらご飯(マルタイ 棒ラーメン)を作り始めると、今度は別の「敵」が私に襲い掛かってきたのです。

ポツ・・・・ポツ・・・

あ、雨だ―――っ!!

ど、どうしよう。森の方へ移動して雨宿りしたいけど、アブのみんなに怒られるし・・・
だからって、ラーメンの入った鍋を片手に持ったまま下山するわけにもいかないし・・・
考えた末に私の出した結論は、「本降りになる前に早食いする」でした。(苦笑)

こうして優雅に山ごはんを楽しむ余裕もないまま、私はレインウェアの上着を羽織っていまだかつてないぐらいのスピードで少し硬めの麺をすすりました
そして何とか食事を済ませると手早く荷物をまとめ、ザックカバーをかぶせると来た道を引き返すのでした。
来た道を引き返します

森に入ると、木々に覆われていくぶん雨も落ち着きました。
行きにも見かけた沢山のキノコたちは、湿度が上がって喜んでいるようにも見えました
さらに標高を下げていくほどに天気も回復し、尾白川渓谷の駐車場まで戻る頃にはなんと、青空までのぞくようになっていたんです。
山の天気の変わりやすさと自分の雨女ぶりをしみじみ噛み締めながら、臨時バス停へと向かう私なのでした。
地上は真夏の陽気でした・・・

こうしてあまり山頂でゆっくりすることができなかった今回の日向山登山ですが、以前から憧れていた「山頂ビーチ」を体験したり、沢山のキノコを観察することができたりしてとても楽しかったです

そして、これまでお邪魔する機会のなかった南アルプスの雰囲気を少しだけ感じることができました。
この時の登山をきっかけに、その夏の私の南アルプス通いが始まったのでした。

【終わり】

※自分用メモは後日掲載予定です。
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2010.11.29 Mon 16:46  |  ☆頂上の砂浜☆

すごーい。 山の上に『砂浜』があるんですねー (>_<)


いいなー。


私も行ってみたいです!

2010.11.29 Mon 18:15  |  山からの報告

なぜ山からの報告に惹かれるのか。それは、地球の今のことを知らせてくれるからに違いない。高みからの展望、遠くまでの視点、むき出しの地球の表面、大気の刻々の変貌。
チッチェー、そうひとりは小さい。でも、それがどうした!
「マルタイ棒ラーメン」懐かしい。その昔よく食った。湯がいても素直な棒なんだ。これがいい。

2010.11.29 Mon 21:16  |  

おぉ~!!
凄い不思議な世界ですね^^
来年の夏に俺も登りたいと思います♪

う~ん、世の中にはまだまだ素敵な世界が
たくさんあるんですね。

そういえば昨日、イッテQ見てたら
死ぬまでにオーロラ見たいなぁって
思いました。
完全に運次第なのが困りモノですが^^;

  • #-
  • 変態なかじ
  • URL

2010.11.29 Mon 21:32  |  

山梨百名山の山頂票柱がある!!
オイラが去年晩秋に行ったときには、紛失中だったので羨ましいです。
三角点は砂場手前、右手茂みの中でした。

  • #-
  • とめきち
  • URL

2010.11.29 Mon 23:46  |  makic様(2)

makic様、こんばんは!コメントありがとうございます。

はい、日向山には「砂浜」があるんですよ~。
山にいるのに海にいるような気分にもなれる・・・夏に行きたいと思ったのはそんな理由からでした☆
行程にも無理がなく、余裕を持って歩ける山だと思いますので、機会がありましたら是非「山頂ビーチ」でのんびりしてみて下さいね♪

2010.11.29 Mon 23:50  |  野良通信様

野良通信様、こんばんは!コメントありがとうございます。

山に登っていると、自分の悩みも自分の存在もとても小さなものに思えることがありますよね。
私は地球を見下ろしているんだなぁ~なんてしみじみ感じることも。

マルタイ棒ラーメンは地上で食べても絶品ですが、山の上で食べるとさらに美味しいですよね☆

2010.11.29 Mon 23:55  |  変態なかじ様

変態なかじ様、こんばんは!コメントありがとうございます。

日向山、この砂浜はかなり独特ですよね☆
はい、是非夏に登って、山頂でクマンバチみたいに巨大なアブの大群にぐるっぐる旋回してもらって下さい(笑)

オーロラ素敵ですね。私も世界各地にこの目で見てみたいモノが沢山ありすぎて・・・果たして全部見れるのだろうかe-263

2010.11.30 Tue 00:00  |  とめきち様

とめきち様、こんばんは!コメントありがとうございます。

ええっ!?山梨百名山の標柱、以前紛失していたのですか!?
紛失とは一体どういう事情だったのでしょうかe-330

三角点、確かに道標を見た気がします。虫に追われてそのまま行ってしまいましたe-263
次回登山の際は、忘れず立ち寄りたいと思います♪

2010.11.30 Tue 12:04  |  はじめまして!

山女子さん、はじめまして!
今年の秋ごろから、ダンナと山登りを始めた初心者です。

昨日、本屋さんで山女子さんの本を見つけて買いましたよ~!
本で紹介されていた、
「朝日岳&茶臼岳」と「半月山」は、私も行きました!
どちらも紅葉が終わっていましたが…

山登りって何度もくじけそうになるくらい辛いけど、
静かな中に響く木の葉の音を聞いたり、
澄み切った空気を体いっぱい吸い込んだりする心地よさは
山じゃないと味わえませんよね。

あと、山で食べるご飯と、あったかいコーヒーは最高!!!

これからも、こちらのブログや本を参考に
山登りま~す!

2010.11.30 Tue 20:37  |  

コレッ!私もこのサンドビーチを拝みたいのでふ!!

やはり夏が良いですかのー。
今週末、辛うじてまだ秋の関東周辺の山を攻めるとしたら
日向山もありかなー。
などと、悩み中です。

  • #-
  • shimaodeyssey
  • URL

2010.11.30 Tue 21:14  |  

>>紛失とは一体どういう事情だったのでしょうか

雨、風、雪、地殻変動などで自然に消失する場合のほか、
悪質な悪戯や 県境でも「山梨」を主張する標識に悪意を抱いて遺棄する場合も。
個人的には山梨百名山の完全踏破を目指しているので、無いとガッカリです(´・ω・`)

  • #-
  • とめきち
  • URL

2010.12.08 Wed 23:57  |  とりまとめご返信(1)

>uentz様
こんばんは!本をお買い上げ頂き、またブログにコメント頂きありがとうございます☆
お返事が遅れてしまい、本当にごめんなさい!
旦那様と山登り、素敵ですね~♪
山は大変なことも多いですが、山でしか得られないものも多いように思いますよね。
これからもどうぞお気をつけて、山登りを楽しんで下さいね!

>shimaodeyssey様
こんばんは!コメントありがとうございます。
日向山の砂浜、思ったより広くてとってもキレイでしたよ☆
でも夏はご覧の通り、巨大なアブがお待ちかねです・・・(苦笑)
もしやこの前の週末に行かれましたか?お返事遅れてしまってごめんなさい!

>とめきち様
こんばんは!コメントありがとうございます。
標柱の紛失、自然が原因のものなら仕方ないですが、人為的に、しかも悪意を持った人の手によって遺棄されたとなるととても残念ですね・・・。
日向山の標柱、もう紛失しないことを祈っています!

2011.05.28 Sat 00:18  |  お邪魔しまっす。

うーん・・・
やっぱイイ!行きたいっ!
山頂ビーチで飲むコーヒーは絶対ウマい♪

明日行く予定だったけど、雨だから延期。
ビーチだもんね、ギラギラの青空狙って行こう。

2011.05.31 Tue 00:41  |  ひろ様

ひろ様、こんばんは!コメントありがとうございます。

日向山の山頂ビーチ、すごく楽しかったです!
ですが・・・ご覧の通り、お天気がイマイチで・・・(苦笑)

私もいつか青空の下、白く輝く山頂ビーチを歩いてみたいです☆
アブとも和解して仲良く楽しみたいなぁ・・・(笑)

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/254-dc0f87da
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。