スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.08小仙丈ケ岳~仙丈ケ岳~大仙丈ケ岳 三姉妹縦走登山 【1日目】(2)

小仙丈ケ岳~仙丈ケ岳~大仙丈ケ岳登山、【1日目】(1)の続きです。

ハイマツに覆われた岩だらけの急坂を登り続けて、ようやくたどり着いた、小仙丈ケ岳山頂!
小仙丈ケ岳山頂

たまたま居合わせた方に図々しくも「このアングルで!」などとお願いして写真を撮ってもらいました
小仙丈カールをバックに

だけどね、本当に嬉しかったんです。
ここからの景色・・・これこそが、私が今回の山行で最も見たかったものだったから。
憧れ続けた景色

仙丈ケ岳には3つのカール(氷河によって削られた地形)があって、ここ小仙丈ケ岳から望むのは小仙丈カールと呼ばれているそう。
鋭角に削り取られた山肌は、緑と砂礫が入り混じって複雑な模様を描き出しています。
こんなに絵画のような美しい光景が、今私の目の前にあるんです。
夢じゃない、本当にそこにあるんです。

私はしばらくこの場所で景色に見とれた後、ゆっくりとカールに向かって歩き始めました。
ここはまるで、雲の上の散歩道のようです。
雲の上の散歩道

ここから先にも、至る所に高山植物の花が咲き乱れていました。
小さな花のひとつひとつに、心から癒されます
花もいっぱい!

これからあの美しい稜線に向かって進んでいくんだね。
こんなところを歩けるなんて・・・ワクワクが止まりません
ワクワクするような道が続いています

そんな私の足元で、小さく揺れる花たち。
こんなにも小さくて可憐な花が、この苛酷な環境で懸命に生きているんだ。
可憐な花たち
夢じゃないよね。私もちゃんとここにいて、自分の足でこの世界を歩いてるんだよね。
私は、生きてる。ちゃんと生きてるんだ。

・・・そんな感傷に浸りながらゆっくりと進んでいった私ですが、この後に予想外の展開が訪れました。
美しいカールを登り上げて、そのてっぺんが仙丈ケ岳山頂だと思い込んでいたのですが・・・

この稜線、ぐる――――――っと回っていった向こうが山頂なんですかっ!!!
山頂はまだ先だったのかー!

ここまでのきつい登りでだいぶへばっていた私、これを見て一瞬心が折れそうになりました(苦笑)
ですが・・足元の小さな花たちや、辺りの雄大な景色に背中を押されるようにして、どんどん足を進めていきました。

こうして、ようやく仙丈ケ岳の山頂へとたどり着きましたー!
標高は3,000mを超えています。
仙丈ケ岳

私は山頂の岩場の片隅に腰を下ろし、行動食を軽くつまみました。
ガスの合間に美しい稜線が続いているのが見えています。地図を確認したら、それが明日歩く予定のルートみたい。
わぁ、これは明日も楽しみだなぁ
(実は翌日もここ仙丈ケ岳に登頂するのですが、この日は高度順応も兼ねて一度登っておいたのでした)

さぁ、今日はここまでにして、宿泊予定の山小屋へ下りることにしよう。
本日の宿は、山頂直下の仙丈小屋・・・は満員のため、そのさらに下にある馬の背ヒュッテです。
まずは眼下に見える仙丈小屋へ一気に下降!
と思いきや、滑りやすい砂礫の急坂もあって、かなり慎重に下りなければいけませんでした

こうして下りてきた、仙丈小屋。
仙丈小屋
遠目に見ても、「ものすごいところに建ってるなぁ~」と感心してしまうのですが、こうして間近で見てもとてもキレイで立派な建物です。わぁ、ここに泊まりたかったなぁ・・・。

そして、小屋のすぐ下に勢い良く水の湧き出す水場がありました。
これがとっても冷たくて美味しいの!早速プラティパス一杯に汲んでおきました。

そこからは、出会う人の数も一気に少なくなりました。ハイマツの合間につけられた細道を、縫うように抜けていきます。
ハイマツの中の細道
ガスも濃くなってきて、少し不気味・・・思わずペースアップして進みます。

ハイマツ帯を抜けて薄暗い樹林帯に入り、しばらく進んでいくと馬の背ヒュッテへ向かう分岐がありました。
良かった、もうすぐだ!私はハイペースで分岐の示す先へ下りていきます。
そして人の話し声が耳に届くようになり、小屋まであとわずかとなった頃、突然辺り一面に黄色い花(マルバダケブキかな?)の咲き乱れるお花畑が現れましたー!
黄色いお花畑
森の中にぼんやりと浮かび上がる黄色たち・・・それはそれは幻想的な光景だったのでした

こうしてなんとか無事、馬の背ヒュッテに到着です!こちらも雰囲気のいい立派な建物でした。
馬の背ヒュッテ
小屋の前でお友達と合流すると、私は早速自分の寝床を確認しにいきました。
思えばこれまで日帰り登山を中心にしてきて、山小屋に泊まるのって富士山以来なんだよね。どんなところなんだろう?ちゃんと寝れるかな?とドキドキワクワク。
この日はやはりそれなりに人は多いようで、私が割り当てられた大部屋では、布団2枚を3人で使うような感じでした
でも私の隣はちょうど柱になっていてスペースがぽっかり空いていたので、感覚としてはほぼ1人分。精神的な圧迫感はありませんでした。ラッキー

この日は素泊まりだったので、小屋の外にあるテーブルで自炊をすることにしました。
まずは夕飯前の軽食として、先ほど仙丈小屋で汲んできた冷たーい湧き水とスキムミルクで作ったシリアルを。これがとっても美味しかった!
シリアルいただきます☆

それから少しゆっくりして、今度は早目の夕食。(次々食べすぎ?・笑)
アルファ米を戻してレトルトの丼の素と、いんげんを混ぜて頂きました
ここで悟ったのは、尾西のアルファ米 白飯(1袋がご飯茶碗大盛り1杯分って書いてある)は女子にはちょっと量が多いということと(苦笑)、いんげんは日持ちもするし調理も簡単で山ごはんの自炊にはかなり使える食材だってことでした。

こうして夕食を食べ終わる頃には日もだいぶ傾き、肌寒くなってきました。
見上げる空は徐々に色を濃くし、夕日に染められた夏の雲はまるで生きもののようにむくむくと形を変えていくのでした。
こんなにも穏やかな1日の終わりを、山で迎えることができるなんて
うん、今日はとってもいい日だったな。

明日も、いい日になるといいな。

【次回へ続く】
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2010.12.12 Sun 22:10  |  はじめまして

というか、ツイッターでは、何度か。
ブログ楽しく拝見させてもらってます。
山女子さんに影響されて、たいして登ってないのに、僕もブログ衝動的に作ってしまう始末。。

うーん。シリアル、すごい美味そう。

2010.12.18 Sat 23:24  |  Kaoru様

Kaoru様、こんばんは!こちらでは初めまして(笑)

ブログ開設おめでとうございます☆近いうちに遊びにいかせて頂きますね。
シリアル、夏山で是非お試し下さい♪冷え冷えの湧き水を使うととっても美味しいんですよ~e-454

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/258-e2c151cf
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。