スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.08富士山(剣ヶ峰)登山(3)

富士山(剣ヶ峰)登山、(1)(2)の続きです。

須走口五合目(の、ちょっと下)から頂を目指し、ただひたすら歩き続けてきた私たち。
ゆっくりゆっくり、一歩一歩踏みしめて・・・見覚えのある最後の白い鳥居をくぐりました。

そして・・・

吉田口・須走口頂上到着!

富士山吉田口・須走口頂上に到着~!
おめでとう!ありがとうー!

去年はここで、メンバーみんなで輪になって「やったー!」って喜びを爆発させたんだっけ。
でもね、今日はまだだよ。私が「やったー!」って叫ぶべき場所は、まだもう少し高いところにあるんだ。

山頂にはいくつもの小屋が立ち並び、多くの人々で賑わっていました。
まるで山の上に原宿があるみたいだよね、なんて友達と言い合いながら、近くのベンチに空きを見つけて腰を下ろします。

辺りの喧騒とは裏腹に、山も空も不思議なほどに静かでした。
鮮やかな青に浮かぶ白い雲だけが、ゆったりと流れていました。
ですが、行動食をつまむ手に降り注ぐ陽射しが、あっという間に皮膚をちりちりと焼いていきます。
わぁ、やっぱり紫外線が強いんだ!慌てて日焼け止めを塗り直しました。(手遅れというウワサが・・・

「さぁ・・・そろそろ行こっか。」

私たちはもう一度ザックを背負い直すと、お鉢巡りへ出発しました。
ここからは私も未知の領域。日本のてっぺんには、どんな光景が広がっているんだろう。
ワクワクしながら小屋の並ぶ通りを抜けると・・・

おおおおおぉぉぉ!!!

巨大な火口

それはそれは巨大な火口が、目に飛び込んできましたー!!
「ちょ、ちょっと!何このスケール!!」
興奮のあまり、思わず小走りになって火口に近寄りました。
やっぱりすごいよ、富士山、すごいっ!
あまりの迫力に目を丸くしながら、しばらくその景色に見入りました。

そして始まった、夢の世界の散歩道。

いよいよお鉢巡り

暑くもなく、寒くもなく、風もなく音もなく、その世界はただ静かに、穏やかにそこにありました。
私は雲の上を歩いているかのようにふわふわとした足取りで、その世界の中を歩いていきました。

ここは本当に、私の暮らす街と地続きの世界なんだろうか。
もしかしたらここは、天国、なんじゃないだろうか・・・。

もし天気が荒れていたら、きっとこんな風に思うこともなかったでしょう。
この奇跡的な好天に、この幸運を与えてくれた山の神様に、心から感謝します。

やがて、建物が見えてきました。この辺りが、御殿場口の頂上のようです!
御殿場口頂上

さらにそこから少し歩くと、大勢の人で賑わう場所に出ました。
ここは2番人気、富士宮ルートの頂上です!
富士宮口頂上
私たちはここの神社でお土産を買うと、建物の陰で少し休憩を取りました。

さぁ、ここからついに最後の登り。馬の背の急坂を経て剣ヶ峰の山頂に向かいます!

ところが・・・私たちが歩き始めると、剣ヶ峰の山頂付近は真っ白なガスで覆われてしまいましたー!!
山の神様・・・もう少し待っていて欲しかったのですがぁぁぁ・・・

少しテンションの下がった身体に、馬の背の急坂はひどくこたえました。
深く足を取られてずるずると滑る砂礫の斜面を、数歩ごとに立ち止まって呼吸を整えながら登ります。
もう少し、もうひと頑張り!この難所を越えれば、日本のてっぺんに・・・!!
馬の背の苦しい登り

しかし、私たちの登頂を阻む最大の難関は、この馬の背の先にあったのでした・・・。

登ってびっくり、


まさかの順番待ち!(笑)

山頂標柱記念撮影待ちの大行列!!

日本のてっぺんで、まさかの20分待ちです・・・(笑)

いやー、こんな経験、なかなか出来ませんよね。私はなんだかおかしくて、大笑いしたい気分でした。
こうして順番待ちをしながら、空を眺めたり、足元にぽっかり開いた火口の様子を眺めたりして過ごしました。
待っているうちに、ガスもだんだん晴れてきたみたい。これはラッキー☆
火口を眺めながら

そしてようやく、この瞬間が訪れました。
ずっと憧れていたこの場所に、たどり着きましたー!

ついに・・・日本最高峰登頂!

日本最高峰、富士山剣ヶ峰(3,776m)、登頂!!

やった―――!!!

・・・と、感慨に耽る暇もなく次の方へ撮影の順番を譲ったわけですが(苦笑)、ちゃんと立ちました。日本のてっぺんに立つことができました!
ありがとうございました!!

こうして無事に目的を達成した私たちは、剣ヶ峰山頂を後にします。
振り返れば、富士山よりも高く湧き上がる夏の雲。
高く湧き上がる雲

もう、遥か眼下にあるはずの地上の世界なんて見えやしませんでした。
目の前に広がるのは、どこまでも続く雲のじゅうたん。
このままポンと雲の上に飛び降りて、世界の果てまで歩いていけそうだね。
見渡す限りに雲のじゅうたん

でも忘れちゃいけない。今日は日帰り登山なんだ。
雷の心配もあるし、あんまりのんびり休んではいられないよね。
だけど・・・もう少しだけ、富士山の頂に広がる夢の世界を楽しみます!

【次回へ続く】
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2011.01.13 Thu 23:51  |  ☆うらやましー☆

私が登頂した時は 気温が低すぎて お鉢巡りや最高点には行けませんでした………


なので………



私も二度登る馬鹿になりまーす(笑)


今度こそ!!

2011.01.15 Sat 04:36  |  

人混みは酔うので、お中道で「ゆる富士登山」が目標...

てっぺんはもうちょっと先になるかなぁ?

  • #ViEr4Dho
  • げんた(genta32)
  • URL
  • Edit

2011.01.21 Fri 18:54  |  makic様(1)

makic様、こんばんは!コメントありがとうございます。
返信が遅れてしまい、すみません・・・なんとかインフルエンザから復活し、PCに向かえるようになりました。。

makic様が登られた時は、気温が低かったのですね~。さすがに富士山、いつも穏やかでいい天気ではいてくれないですよね。
次回こそ素晴らしいお天気の中、makic様が楽しく富士山最高地点登頂できることをお祈りしています!

2011.01.21 Fri 19:14  |  げんた(genta32)様

げんた様、こんばんは!コメントありがとうございます。
お返事が遅れてしまい、すみません。

富士山、確かに混み合いますよね。
知人の中には高山病というより「人酔い」してしまったという人もいました。

お中道、いいですね~!私も一度歩いてみたいです!
今年もきっと、なんらかの形で富士山にお邪魔することになると思います♪

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/268-16b1d096
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。