スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.08富士山(剣ヶ峰)登山(4)

富士山(剣ヶ峰)登山、(1)(2)(3)の続きです。

富士山頂のお鉢巡りは、私にとって夢のような体験でした。

だって・・・信じられる?
日本で一番高い山のてっぺんにはさ、深い谷があったり、こんもりした山があったりして、まるで別の惑星の大地を歩いているみたいなんだよ。
お鉢巡りの風景


残雪もあります!

「この世」と「あの世」の境目にある、奇跡みたいな場所が「雲の上の世界」なのかもしれないね。
そしてその世界が発する強烈な光は、私にとってはもはや「魅力」ではなく、「魔力」と呼ぶべきものなんだろう。

・・・もう、言葉にならないや。

こうして富士山の巨大な火口をぐるりと巡る旅が終わりました。
火口を後にします

気づけばほんの少し、頭痛がします
ここが標高4,000m近い高所だということをすっかり忘れて、地上と同じような呼吸やペースで歩いていたのが原因のようで・・・。反省。

私たちは吉田口・須走口頂上に戻ると、神社でお守りを購入し、再びベンチで休憩を取りました。
吉田口・須走口頂上に戻りました

うぅー、名残惜しい。名残惜しいけど・・・そろそろ地上の世界へ戻らなければなりません
去年もそうだったけど、登りより下りがとっても長くてきついんだよね~・・・

私たちはしぶしぶ重い腰を上げ、山頂の喧騒に別れを告げました。

いよいよ下山!

それからは砂礫のジグザグ道を、砂埃を巻き上げながらひたすらひたすら下っていきます。
登山道と合流するところでは、登ってくる人を砂煙に巻き込んでしまって申し訳なくなりますね

そして吉田口ルートと須走ルートの分岐に出ました。大きな注意看板もあるので、注意していれば間違えることはなさそうです。
私たちは行きと同じ須走ルート方面へ!
標識を確認しながら

さすがにこれまでの疲労が徐々に足に出始めるこの頃、ダブルストックが大いに役立ちました。
今回の登山で初めてダブルストックを使った友達と、「あるのとないのとでは大違いだねー」なんてしみじみ話しながらゆるゆる下っていきます。

こうしてなんとか、七合目大陽館まで下りてきました。
七合目大陽館

植物が再び現れ始めましたよ~!乾いた砂礫の道に生き生きと咲く花たちには心癒されます
花も咲いてます!

そして、この先からいよいよ、須走ルート名物の「砂走り」に入りましたー!
砂走り

この砂走り、ご覧のとおり砂だらけの急坂です。
所々に中ぐらいの石がまぎれているので、それらを踏まないよう注意する必要があるのですが、なんとかコツをつかんでまるでモーグル選手のようにザザザーッと駆け下りる(滑り降りる?)ことができました!
(ただし、危険なのでスピードの出しすぎには注意!また、靴の中に砂が入らないようスパッツは必携です。)

「わぁー!!面白い、ここ!

これまで吉田ルートの下山道しか使ったことがなかったので、この砂走りにはすっかり夢中になってしまいました。
耳がツーンとするぐらい一気に高度を下げて、あっという間に砂払い五合目へ到着~!
砂払五合目

見れば、全身砂まみれ(苦笑)
「晴れていても、ザックカバーをつけておいたほうがいい」ってどこかで見た気がするのですが、その理由はここで初めて分かったのでした。(既に手遅れ・・・

砂払い五合目には、ちょっとした売店がありました。
冷たい飲み物に心惹かれますが、もう少しの辛抱!軽く砂を払い(あっ、だからここの名前が砂払いなのかな?)、靴紐を締め直して先へ進みます。

ここから道は、樹林帯に入りました。
登りの時は日の出前の暗いうちに通過してしまったので、なんだか新鮮な景色です。
かなり足に疲労が出てきてヨレヨレですが、森の雰囲気を楽しみながら歩くことができました。
森の中の道

そして・・・ようやく、ようやく五合目の神社に到着ー!
これで、私たちの富士山登山は無事終了です!
下山完了!

私たちは早速、すぐ先にある小屋で冷たいものを買いました。
炭酸飲料をぐびっと一口。ううー、生き返るー!

と、その時・・・友達が真顔で私にこう言いました。

「あのさ、顔、やばいよ・・・」

「え”!!!!!!

なんと、顔にも砂埃がついていて、サングラスの形が砂絵のようにくっきりついていたんです!(逆パンダ?)
しかも、口の周りを中途半端にぬぐったせいで、泥棒のヒゲみたいな模様まで・・・(爆)

そんなことを男友達に指摘されてしまっては、もうお嫁にいけません。(苦笑)

取り急ぎ顔の汚れはなんとか拭き取って、小屋の人に空気をプシューっと強く吹き付ける機械で全身の砂を落としてもらいました。
よーし、それじゃぁ地上に帰ろう。家に帰ろう!
意気揚々と出発した私たちはこの直後、自分たちの車を停めた場所が約2kmも先だということを思い出して愕然とすることになるのでした・・・(苦笑)


こうしてついに、3,776mの頂に立つことができた今回の富士山登山。
日本のてっぺんにあったのは、やっぱり最高の世界でした!

私を歩かせてくれた富士山に感謝。ハードな行程に付き合って、運転までしてくれた友達に感謝。
本当にありがとうございました

富士山剣ヶ峰登頂にこだわった、私の本心。
「日本のてっぺんに立たずして、それ以上の高みを目指すことはしたくない」
さぁ、その望みは叶った。次に目指すのは・・・

私の夢は、まだまだ続きます。

【終わり】

※自分用メモは後日掲載予定です。
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2011.01.17 Mon 00:05  |  ☆穴☆

顔面 砂だらけ 分かる~(笑)


私も 穴という 穴すべてが 真っ黒!!
(¥_¥)


素敵な ガイドさんに………



鼻の穴 真っ黒 見られた。。。


( ̄▽ ̄;)

2011.01.17 Mon 05:58  |  別の惑星

yamajoshiさん、おはようございます。♪
富士のてっぺんは神の領域、別の惑星って表現がぴったりです。(^○^)/
小さな宇宙旅行を楽しまれましたね。
もしや、重力も少ないのでは…。(^<^)
砂走コースの魅力も拝見しました。(^^)/

2011.01.18 Tue 17:44  |  富士山

山女子さんこんにちは!

大丈夫、たぶんもらってくれる人いるから結婚式には呼んでください!
この秋、立山雄山の山頂で友人が結婚式を挙げるので、ブーケもらってきてあげます!(登山ついでの下見、出席、ブーケ予約可)

え?よけいなお世話?(苦笑)

2011.01.21 Fri 19:26  |  makic様(2)

makic様、こんばんは!コメントありがとうございます。

ああー、やっぱり砂だらけになりましたかー!
しかも素敵なガイドさんに見られたとは・・・!!

私も次回の目標は、「女子として最低限のラインをキープしながらの富士山登山」ということにしておきます(苦笑)

2011.01.21 Fri 19:32  |  クロちゃん

クロちゃん、こんばんは!コメントありがとうございます。
すみません、しばらくインフルエンザでダウンしていまして・・・ようやく治ってきました。

富士山のてっぺんはまさに別世界でした~!
空気が薄いせいもあるのか、本当に夢心地で歩いてきました。

砂走り、楽しかったですe-454ということは大砂走りはもっとすごいのかもしれませんね!
一度走りにいって来ようかなと思います☆

2011.01.21 Fri 19:41  |  長次郎様

長次郎様、こんばんは!コメントありがとうございます。
返信が遅れてしまい、すみません。

もらってくれる人、「たぶん」いるんですね(笑)
ではそういう人が現れるのを気長に待ちたいと思います~e-454

しかし・・・長次郎さんのご友人のブーケを予約するところまで差し迫ってはいませんのでご安心下さいっ(笑)

2011.02.21 Mon 21:13  |  封印…解かるる

こんにちは。
昨日、「山女子宣言」を購入し、このブログに到着!

昨年春からトレッキングをはじめ、夏にはいきなり富士山に登頂した「無茶おばさん」です。
たぶん、山女子さんと同じ頃に富士山に登ったのでは…と思われます(8月中旬です)。
私たちは金曜日に須走口5合目に到着。小富士を散策して宿泊(夕方には、すでに駐車場は満車でしたね)。
土曜日、朝8時からひたすら歩き続けて10時間!!ようやく頂上へ到着。それこそ雲もなく、絶好の登山日和だったけど、口数は極端に少く、山小屋で静かに宿泊(夜中にシューシューと酸素を吸う音で目が覚める…)。
日曜日、頂上にてご来光。そのあとは、お鉢めぐりをして、砂走りを埃にまみれながら、痛い膝を引きずって下山…。

とにかく、私にとっては、辛く痛い思い出だけが残ったような富士登山でした。そして、封印されてしまいました…。

でも、山女子さんのブログ、特に写真を見てて「すごいじゃん!」って思えるようになりました。
私が、決して撮ることのできなかった(と言うより撮る余裕がなかった…)写真をたくさん、ありがとう。
今日、封印が解けました。
「日本一の山、富士山に登りましたぁ~!」

年齢的に若くはないので、どのくらいの「山歩き」ができるかわからないけど、雄大な景色を見るために、また、とぼとぼと登っていきたいと思ってます。
山女子さんも体調に気をつけて、これからもいろんな山に挑戦してくださいね。
ブログ、楽しみにしています。

2011.02.25 Fri 00:51  |  シルク様

シルク様、初めまして!本のご購入&ブログご訪問ありがとうございます☆

そして・・・このような素敵なコメントを下さり、本当にありがとうございました。
ブログをやっていて良かったなぁ~ととても嬉しく思いましたe-446

昨夏に富士山登頂なさったのですね。おめでとうございます!
山小屋1泊や日帰りでの登山をなさる方がほとんどだと思いますが、シルク様は他の方よりもずっと長く、富士山での時間を過ごされたのですね。とても素敵なことで、羨ましく思います☆
私も小富士は大好きで、過去3度ほど散策に訪れているんですよ~e-454

どうぞお身体には気をつけて、これからも無理のないペースで長く、楽しく登山を続けられて下さい。
私もいくつになっても「趣味は登山です!」と胸を張って言えるよう、色々なことを勉強させてもらいながら少しずつ成長していけたらと思っています。

ありがとうございました☆

2011.03.03 Thu 21:49  |  大好き富士山!

はじめまして。
筑波山に行ってみようかな~っと思い、
なんとなく検索するうちに、偶然こちらのブログに到着(*^_^*)
楽しくて、どんどん引き込まれてしまいました。

運動嫌い、登山未経験の私が、
友達のすご~く熱烈な誘いで富士登山を決めたのは、
2008年1月。
登山未経験だったので、近くの山で練習して、
2008年8月、2009年8月、登頂。
2010年も行く気満々でしたが、
仕事で腰椎椎間板を痛めて断念…(*_*)

ブログを読みながら、あまりにも懐かしい気持ちになり、
思わずコメントをさせていただきました。

今年こそ、また富士山に会いに行きたいと思います。

書籍、ブログ、これからも参考にさせていただきます。
ありがとうございました。












  • #-
  • アロハ
  • URL

2011.03.08 Tue 23:24  |  アロハ様

アロハ様、初めまして!コメントありがとうございます☆

アロハ様は富士山に2年連続で登られたのですねe-454
昨年は残念でしたね・・・。その後腰の具合はいかがでしょうか。

富士山は眺めても、登っても素晴らしい山ですよね。
今年は是非、また富士山での素敵な時を過ごして下さい♪

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/269-717b0810
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。