スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.09北岳~間ノ岳登山【1日目】(1)

北岳・間ノ岳(3,193m・3,189m/山梨県南アルプス市)

今回のコースマップはコチラ(ルートラボ)

我ながら、どれだけ山バカなんだろうって思います。
そして、どれだけ幸せな人間なんだろうとも・・・。
日本最高峰の頂を踏んで10日と経たず、私は日本第二の高峰へ向かう夜行バスに揺られていました。
私にとって、2度目の南アルプス登山がこれから始まります。

今回は、先日赤岳へ日帰り登山をご一緒した山友さんとの山小屋1泊計画。
登山口である広河原までのアクセス方法をあれこれ調べた結果、山梨交通の南アルプス登山会員バスを利用することにしました。
このプランは深夜にツアーバスで新宿から芦安まで移動し、温泉宿の大広間で仮眠を取った後、翌早朝に路線バスに乗り換えて広河原へとアクセスするまでの行程がセットになったものです。
早朝の路線バスも仮眠先まで迎えに来てくれて、ほぼプラン利用者の占有バスとなっていました。
8月中なら毎日アルペン号で深夜に広河原へ到着し、仮眠スペースで明るくなるのを待つ手もあったのですが、9月になると仮眠スペースが閉鎖されてしまうようなので、こちらのプランを利用しました。
これが意外と快適だったんだよね

こうして早朝に広河原へ降り立った私たちは、まずお湯を沸かして温かい味噌汁で一息入れます
それからゆっくり準備をして、ようやく歩き始めました。
明日までの長い行程、焦る必要はないよね。のんびり行こう。

歩き始めてすぐに、こんな吊り橋を渡ります。
吊り橋を渡って、スタート!

向こうに見えるのは南アルプスの深い森。
この吊り橋はさながら、地上の世界と雲の上の世界とをつなぐ架け橋みたいだね

橋を渡り切ってひとつ山小屋(広河原山荘)を通り過ぎると、沢沿いの登山道を登っていきます。
すごい、こんなにも深い緑。自分も緑色に染まってしまいそう!
緑の濃い登山道

登山日前後はお天気良好との予報でしたが、足元はしばしばぬかるんでいたり、時には登山道に小川が出来たりしていました。登山道脇を流れる沢も、水量がかなり豊富です。
最近、大雨でも降ったのかな?それとも雪解け水なんだろうか?
一度、予想外に深いぬかるみに思いっきりハマってしまい、靴がドロッドロになってしまいました
こんなにも豊かな緑の中で、心だけはブルーになる私(苦笑)

大樺沢ルートの登山道は、岩がちになったり、水が流れたり、丸太が組まれたりと変化をつけながら続いていきます。
丸太の道も通ります

それにしてもここ、花が多いの
色とりどり、形も様々な花たちが次々現れるんです。
あちこち目移りして、写真にもおさめたくなるんだけど・・・前後して歩く登山者の数が少なくないので、細めの登山道ではなかなかゆっくりと立ち止まることが出来ませんでした

というわけで、ササッと撮影したのがこちらの花たち。
写りはイマイチだけど・・・なんてキュートなフォルムとカラーなんでしょ!かなり心惹かれました~!
黄色くてかわいい花

この辺りはずっと森の中で、見晴らしのいい場所はなかなか現れませんでしたが、こうして森の景色を楽しみながら歩くことができたので、退屈するようなことはありませんでした

こうして歩き続けること2時間近く。
何度か森が途切れて景色が見え隠れしていたのですが、ようやく完全に森を抜け、視界が大きく開けました!
景色が開けました!
抜けるような青空、荒々しい岩を露出させた山肌、そこに張り付くようにして息づいている緑たち。
とにかく雄大、そして爽快な景色です!

だけど・・・私たちにとって、予想外なことがありました。
この季節、この標高にしては意外なほど気温が高いんです
景色が開けたということは直射日光を受けるということでもあり、それが思った以上に私たちの体力を奪っていくのでした

「ふー・・・ちょっと休憩しよう!

ようやく「二俣」に着いた私たちは、大岩の陰にザックを下ろしました。
近くには何組もの登山者が同じように休憩をしていましたが、皆さんもこの暑さにだいぶ参っているようです。
私たちもかなりバテバテ・・・

雨女である私たちがこんなにも素晴らしい天気にめぐり合えたことは幸運ではあるのだけれど、これほどの暑さにあっては雨風すら恋しく思えるのでした(苦笑)

私たちは汗を拭って、水分補給をして、行動食をつまんで、トイレに行って・・・
ようやく気力が戻ってきた頃には、既に45分以上も経過していました
裏を返せば、それだけ休憩を取らないと気力が回復しなかったのです。

ここから先、道は急激に勾配を増しているように見えます。
大丈夫かな、私たち。こんな状態で、稜線まで上がることができるんだろうか・・・。
私はわずかに覚えた不安をかき消すようにして重たいザックの紐をキュッと締めると、再び歩き始めました。

二俣から八本歯のコルへ向かう登山道は、この時期でもなお残る雪渓の脇を通っていました。
近づくと、分厚い雪の層の下を流れる雪解け水の音が、ざぁざぁと聞こえてきました。
わぁー、これは見るからに涼しそう!
雪渓の脇を登ります
・・・と期待したんだけど、気温自体に変化は一切ありませんでした(泣)

カンカンに照りつける太陽の下、岩だらけの急坂をじっくりと登っていく私たち。
いつからか交わす言葉もわずかになり、ただゼーゼーと息を荒げながら黙々と足を踏み出すばかりになりました。

これはきつい。本当に、本当に、きついーっ!!

それでも私が前に進めたのは・・・顔を上げる度に広がるこの景色があったからです。
素晴らしい景色!

きつければきついほど、自問自答を繰り返す。
「私は、何のために山に登っているんだろう?」
その答えは、顔を上げればいつもそこにあるんだよね。
だから、私は山に登るんだ。

右手には、バットレスと呼ばれる険しい岩壁が迫っていました。
バットレス方面の景色
それはとても荒々しいけれど、本当に美しい光景でした。
とても日本の景色とは・・・いや、この世の景色とは思えません。

こうして素晴らしい景色にパワーをもらいながら着実に高度を上げていった私たちですが、さらなる試練が畳み掛けてきたのでした。
は、ハシゴ場ー!!
ハシゴが登場
ここからはひたすら、岩とハシゴだらけの急登になりました。
結構しっかり設置されているのでさほど危険はないように思えるのですが、ハシゴに足をかけて重いザックのしがみついた身体を持ち上げるのはなんと辛いことか呼吸は乱れ、体力は搾り取られ、息も絶え絶えになりました

1つのハシゴを登り切って、大きく息をつきながら天を仰ぐと、目に飛び込んでくるのは次のハシゴ・・・。
「休憩、休憩!」
小広いスペースに出た時、私は思わずザックを下ろして座り込んでしまいました。

同行のお友達もかなり消耗していたようですが、色んな行動食を持ってきてくれていて、私に少しずつ分けてくれました。
この暑さとキツさ、一人だったらもしかしたら諦めて引き返していたかもしれないなぁ・・・。
こうして少しの休憩を取った私たちは、再びハシゴに手をかけるのでした。

そしてようやく、八本歯のコルへと這い上がりましたー!
「わぁ―――っ!!すごーい!
そこから開けた景色、そして吹きつけてくる爽やかな風が、私たちの弱り切った心と身体に沢山の栄養を与えてくれました。
北岳の山頂から北岳山荘を経て、間ノ岳へと続いていく長くて美しい緑の稜線。
これが見たかったんだ。この景色が。
本当に美しい光景だなぁ・・・
美しい稜線が見えました

気づけば、間ノ岳方面から真っ白な雲が大きく手を広げて景色を覆い隠そうとしていましたが、この日の私たちにとっては日が翳るような雲行きこそ最高のコンディションに思えました(苦笑)
むしろ、もっと雲に頑張って欲しい、とも・・・。
「雨女たちの事情」も複雑なのです

向こうの稜線に心を奪われ、夢見心地になっていた私でしたが、すぐ目の前の進路に目を転じれば、まだまだ険しいハシゴ場は続いていたのでした
まだまだハシゴが続きます

でも、もう大丈夫。気力は十分!さぁ、行こう!
その美しい世界の光景を目の当たりにして、気持ちは前へ、前へと進んでいきます。

・・・とはいえ、さすがに日本第二の高峰、ここからの登りはそうたやすくはありませんでした。

相当険しいです!

ううっ・・・、心が折れそうだけど、頑張るっ!!


【次回へ続く】
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2011.01.29 Sat 13:59  |  こんにちわ

いつも素敵な写真を楽しませてもらってます。どんなにきつくても、待ち受けてる雄大な風景を思うとまた頑張ろうって思います。自分の足で苦労して登ったあとに見る景色と、安易にたどり着いたあととでは、不思議に残る印象が全然違うんですよね。

2011.02.14 Mon 22:48  |  Miki♪様

Miki♪様、こんばんは!コメントありがとうございます。
ご返信が遅れてしまい、本当にごめんなさい!

ブログをご覧頂き、ありがとうございます。
私もあの景色と感動に出会うために、きつい登りも頑張れるように思いますe-454

今年もお邪魔したい山が沢山あります~!

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/270-ea63d447
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。