スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.10会津駒ケ岳登山(2)

会津駒ケ岳登山、(1)の続きです。

木道に導かれるまま、オレンジ色に染まる湿原の合間を縫うようにしてやってきたのはここ、駒の小屋。
外観からしてとても雰囲気が良さそうですよね
駒の小屋
小屋のトイレは広く清潔なだけでなく、女性に優しい配慮もあって快適でした山にトイレがあって、しかもそれがキレイであることは本当にありがたいです。

小屋前に広がる駒ノ大池の畔には、いくつかのベンチが設置されていました。
ここからの眺めがまた素晴らしいのこの時は人も多かったし時間も早かったので、「帰りにここでご飯を食べよう」と決めて先へ進むことにしました。

その先もずっと木道歩きが続きます。
「木道」っていうと平らで歩きやすい道というイメージがあったのですが、この辺りではこんな風に段差になっていました。
木道にも段差があります
しかもこの段差の間隔がどんどん詰まって急になっていったので、木道気分で歩いているのに息が上がってきました
・・・これはもはや、階段と言ってもいいかもしれない状況(苦笑)

それでも、歩いていて「辛い」なんて気持ちは微塵も湧いてきませんでした。
遠くの景色、近くの景色、どこを見ても本当に素晴らしくて。
私はとても幸せな気分で歩いていったのでした。

いつの間にか高度や距離もだいぶ稼いでいたようで、振り返ると駒の小屋が遠くの丘の上にぽつんと建っているのが見えました。
その奥には尾瀬の山も見えてますね~。
小屋方面を振り返る

そして、中門岳への巻き道との分岐を過ぎて5分ほど進むと、巨大な山頂標柱が現れました!
会津駒ケ岳山頂です!
会津駒ケ岳山頂

「会津駒ケ岳登山」だから、ある意味ここが今回の登山の目的地なのかもしれません。
だけど今日は特に「登頂することが登山の全てじゃないんだ」ってことを強く感じました。

・・・さぁ、先へ進もう。この先はどんな景色が私たちを待っているんだろう。
ワクワクしながら再び歩き始めると、すぐにこんな光景が広がりました。

わぁぁぁーっ!!
中門岳へ向かいます
真っ青な空の下、ずっとずっと向こうまで広がっている秋色の湿原。
そこにひとすじの木道がうねうねとのびている様子が一望できました。
すごいよここ!!楽しい、楽しすぎるっ!!

天気が良すぎて、景色がキレイすぎて、こんな日にここにいられる自分が幸せすぎて。
何度も何度も立ち止まってシャッターを切りながら、一歩一歩を深く味わって進みました。

まるで、夢みたいだ・・・。
気持ちの良い木道歩き

木道沿いには、あちこちにこうした池塘(ちとう)も現れました。
まるで鏡のように空を映す水面に、思わず吸い込まれそうになってしまいます。
それほど・・・本当に、美しいんです。
池塘も沢山あります

遠くには雲海、そして山並みのシルエット。
雲の上に湿原がぷかぷか浮いていて、その上に自分がふわりと乗っているような気分になります。
向こうには雲海も!

やがて、ひときわ大きな池塘の畔までたどり着きました。
ここにも大きな標柱・・・この辺り一帯が「中門岳」と呼ばれているんだって。
中門岳

中門岳の先へは軽くお散歩できるようになっていたので、木道を辿って周回してくることにしました。
ああ、なんて幸せなんだろう。まだまだこの道を歩くことができるなんて。
辺りを散策中

実は今回一緒に出かけたお友達は歩くのが元々とても速い人で、この日は特に歩きやすい木道だったからか、かなりのハイペースでスタスタと歩いていました。
ちょっと景色に見とれているとすぐに距離が開いてしまうので、私も早足でついていっていたのですが・・・
今日だけは言わせて。もっとゆっくり歩こう。もっとじっくり楽しもう!

というわけで、「ちょっと待って!」を連発しながら中門岳へと戻ってきました(苦笑)
ここからは、再び来た道を引き返します。
戻ります

同じ道でも、歩く向きが変わるだけで景色も一変します。
やっぱり美しい。やっぱり楽しい!
「登山やってて良かった~!」ってしみじみ思うよ。本当に・・・。
美しい登山道

こうしてあっという間に駒の小屋前まで戻ってきた私たち。
空いているベンチに腰を下ろして、山ご飯を作りました!
お昼はカレー
見た目がイマイチで申し訳ないのですが、前から食べたいと思っていたアマノフーズ 香るグリーンカレーをアルファ米にかけて頂きました。
このカレー、本格的ですごく美味しかったですっ!

絶景を眺めながら山ご飯を楽しんだ私たち、いよいよ下山するばかりとなりました。
来た道を引き返したのですが、やっぱりここでも景色は違ってみえました。
こんなに鮮やかな紅葉もあちこちで見られましたよ~!
紅葉もあちこちに

まさに秋色の湿原を越え、大ブナの立ち並ぶ深い森を抜け、ちょっときつい階段を下り、下山完了。
駐車場近くのススキに見送られながら、会津駒ケ岳での1日を締めくくったのでした。
ススキで締めくくり

以前からずっと憧れていた会津駒ケ岳登山。その夢がかなっただけでなく、天気にも恵まれ、素晴らしい秋の景色を楽しむこともできました。
きっとこの山は、「登山」というより「山歩き」と言った方がしっくりくるかもしれません。
ゆっくり景色を眺めて、じっくり幸せを噛みしめて・・・そして駒の小屋でのんびり過ごせたらどんなに楽しいだろう。
また違った季節の景色を眺めに、この山を訪れてみたい。そう強く思うのでした

【終わり】

※自分用メモは後日掲載予定です。
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2011.03.29 Tue 00:43  |  ☆こんばんわ☆

ホント、とても綺麗な景色ですね~
o(^-^)o

また 行きたい山が見つかりました☆


アマノフーズ どれも 美味しいですょ♪

私の地元 広島にある会社です (^O^)/

2011.03.29 Tue 06:17  |  メルヘンの世界

yamajoshiさん、おはようございます。♪
青空の下、まさにメルヘンの世界を堪能しましたね。
私が訪れた時は残念な天気でした。(^^ゞ
小屋泊りの翌日にようやく青空になって素晴らしい景色を置き土産に下山しました。
また行ってみたい山です。
ここの山小屋は素泊まりですが、完全予約制で定員までしか泊めないところがゆっくりできて良かったです。
燧岳もネコの耳に見えますね。(^^)/

2011.03.29 Tue 10:01  |  夏は花の山

写真を見ているだけでも、また行きたくなります。
秋の会津駒も良いですね。しかも天気が良い。

山頂直下から見る、燧ヶ岳の写真に写っている、駒の小屋の
右後ろに有る尾根も良いですよ。
昨年の夏、そこを歩きました。
7月から8月にかけては、花の山になるので、そりゃーもう大変。(笑)

中門岳、この辺一帯と書いてあるのがおもしろいですよね。
でも本当は、あの先の小高いところが本当の山頂なのですが。
どうやら回られたようで、良かったですね。

檜枝岐に3千円で泊まれるバンガローが有りますので、そこに前泊すると楽ちんですよ。

2011.03.29 Tue 14:09  |  初めまして

書店で「山女子宣言」を買って以来、こちらのブログもいつも楽しく拝見しています。
 今年は復興応援のためにできるだけ東北の山に行こうと思っているのですが今までずっと関心が関東、長野にしか向いていなかったので東北の山がよくわからなくて。
磐梯山は決めたのですがあとはどうしようかと。
 でも会津駒ケ岳のブログを読ませていただいてここだあ!と決めました。
 あの美しい山上の湿原を自分も歩くのを楽しみにしています。
(^^)b

2011.04.09 Sat 22:08  |  こんにちわ

凄く僕が行った時と似てるなと思ったら一週後くらいだったんですね。
僕も10/1に行ってたんですよ。

会津駒ヶ岳山頂から中門岳への木道部分は天国のようでしたね。
この山は遠くてあまり行くことは出来ませんが一生忘れないであろう山となりました。

地震や原発で大変なことになった福島ですが、この美しい山の景色
が被災された皆さんの癒やしとなり心に届くといいですね。

  • #-
  • YamYamGPS
  • URL

2011.04.14 Thu 00:09  |  makic様

makic様、こんばんは!コメントありがとうございます。
返信が遅れてしまって(毎度ですが。。。)ごめんなさい!

会津駒ケ岳、本当に素敵なところでしたよ~!いつも以上にゆっくり歩きたくなるような山でした。

アマノフーズは広島の会社なのですね。作るのも簡単だし、本格的で美味しいし、かなりお気に入りです☆

2011.04.14 Thu 00:13  |  クロちゃん

クロちゃん、こんばんは!コメントありがとうございます。

はい、この日は本当に天気が良くて、まるで夢のような世界を歩くことができました。
まさに、クロちゃんのおっしゃる「メルヘンの世界」ですね♪

私も今度は小屋泊まりでお邪魔したいです☆

2011.04.14 Thu 00:18  |  mino様

mino様、こんばんは!コメントありがとうございます。

駒の小屋の右後ろの尾根・・・具体的な情報をありがとうございます!
夏は花がいっぱいなのですね。その時期にも是非歩いてみたいです。

中門岳はあの柱の先が山頂だったのですかー。何気なく回ってきてしまいました(笑)
アクセスに時間がかかるので、檜枝岐で前泊できると楽ですね。参考にさせて頂きます!

2011.04.14 Thu 00:24  |  かば吉様

かば吉様、こんばんは!コメントありがとうございます。

「山女子宣言」をお買い上げ頂き、ありがとうございました!
そうですね、私もこれまでなかなか東北の山へお邪魔する機会が持てなかったのですが、これからは応援のためにもどんどんお邪魔したいと思っています。
東北には前々から行きたいと思っていた山が沢山あるんです♪

磐梯山は、私にとってとても思い出深い場所です。そしてここ、会津駒ケ岳も・・・。
自然が豊かで、おおらかで、本当に心癒される素敵な山々です!
多くの人々が安心して東北の山を歩ける日が1日でも早く戻ってくるよう願っています。

2011.04.14 Thu 01:09  |  YamYamGPS様

YamYamGPS様、こんばんは!コメントありがとうございます。

YamYamGPS様も会津駒ケ岳に行かれていたのですか!ニアミスでしたね。
まさにおっしゃる通り、本当に素晴らしい景色で、とても幸せな山歩きになりました。

福島が今、とても大変な状況になっていることには本当に胸が痛みます。
それでもそう遠くない未来に、必ずこの困難を乗り越えていけると信じて応援し続けたいと思います!

人も山もあったかい福島県が、私は大好きですe-454

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/279-bdf60b60
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。