スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.10赤城山登山(1)

赤城山(駒ケ岳1,685m・黒檜山1,828m/群馬県前橋市富士見町)

今回のルートマップはコチラ(ルートラボ)

書籍「山女子宣言」の締め切りに追われる日々がようやく一段落した10月のある休日、出版社の担当さんと打ち上げ登山に出かけました!
学生時代は山岳部に所属していたという担当さん、「当時は大した活動してないし、ブランクも長いから~」と謙遜なさってますが、なんとも頼もしいではありませんか
一時は南アルプスなど大きめの山も候補に挙がりましたが、夏山としては時期が遅かったことや、一緒に登るのが初めてだったことなどから、今回は標高が2,000m近くあるものの比較的短い行程で歩くことのできる(そして私が以前からずっと行きたいと思っていた)赤城山へお邪魔することにしました。

当日の朝、池袋駅で待ち合わせた私たちは、JR線で前橋へ向かいます。
ところが・・・

「あれっ、確か赤羽で乗り換えですよね?何だか行き過ぎているような・・・」

なんと私たち、お喋りに夢中になっているうちに乗り換えるべき駅を行き過ぎてしまったんです
しかし、前橋から赤城山へ向かうバスが予定通りに乗れないと、現地到着がかなり遅い時間になってしまい登山が出来ません。
乗換案内を必死に検索した結果、私たちが選んだのは「大宮から新幹線利用(乗車時間30分程度)」というなんともリッチな最終手段でした・・・
こうして無事(?)に予定通りのバスに乗り、赤城山ビジターセンター前バス停へたどり着くことのできた私たち。
うーん、今日はいい天気だなぁ。
ビジターセンター前の駐車場
私たちはここでトイレを済ませ、装備を整えると登山口に向けて舗装道路を歩き始めました。

「赤城山」とは一帯の山々の総称で、この名前の山があるわけではないようです。
私たちはその中で、駒ケ岳から赤城山最高峰である黒檜山までを縦走するコースを歩くことにしました。
間もなく道端に現れた「駒ケ岳登山口」という立派な標柱から、いよいよ登山道に入ります!

登山道に入ります

はじめは森の中の道。細身の木々が立ち並ぶ足元には熊笹が一面に生い茂っていました。
木漏れ日がいっぱいに差し込んで、とっても明るい雰囲気。
小さな落ち葉の薄く積もった登山道はよく整備されていて、こんな風にしっかりした階段もしばしば現れました。
整備された階段

階段の登りは結構きついけど、気候も穏やかだし森の雰囲気もいいし、とっても快適だなぁ。
ね、担当さん・・・

って、お――いっ!!

振り返った先にいたのは、早くもバテバテの担当さんでした(笑)
思った以上にブランクがあったようですね・・・私たちはゆっくりゆっくり、登っていきました。

ここは赤城山の中でもメジャーなルートなので人の姿が少なくありませんが、この時は私たちとは逆ルートで歩く人の方が多いように感じました。
「こんにちはー。」
「こんにちはー。」
私と軽く挨拶を交わしてすれ違った人々が、その後に登ってくる担当さんの苦しそうな姿を見て、
「だっ、大丈夫かい!?頑張れー!!」
「あとちょっと!!もう一息!!」
とものすごい声援を送って下さっているのが耳に届きます。
はっ、女子としては担当さんの山登りスタイルが正解かもっ!(笑)

こうして30分ほど急な坂を登り続けると、尾根に上がることができました。
辺りの景色が一気に大きく開けます。

わぁあああー!!
景色が開けました!
滑らかな笹の斜面の向こうに広がる山並みと、そのちょっと上にふわふわ浮かぶ雲のかたまり。
とてものどかで、爽快な景色です!

視線を移すと、麓に広がる街の様子や小さな沼(小沼)も見えました。
街を見下ろす

「すごーい!
「きれーい!
私たちは辺りをキョロキョロしながら、写真をばしばし撮っていきます。
急坂を終えて歩きやすい道になったものの、こんな調子だから歩くペースは変わりません(笑)

左右に素晴らしい景色を望みながら、歩く空の散歩道。なんて気持ちがいいんだろう。
思わずわくわくするような、楽しい道が続いていきます。
気持ちの良い道

こうして景色を楽しみながら歩いていくと、多くの登山者が休んでいるにぎやかな場所に出ました。
あれっ、人が集まっているということは、ここは・・・

駒ケ岳山頂だ!
駒ケ岳山頂
道標と一体化していたので、山頂標識だということに気づくのが遅れましたが(笑)、無事に駒ケ岳登頂です

こじんまりとした山頂には、中高年のグループを中心に沢山の人たちが、各々良いスペースを見つけて腰を下ろしていらっしゃいました。
ここからの見晴らしも、とっても素晴らしいの。

駒ケ岳山頂付近からの景色

が・・・スペースの割に人数が多かったせいか、中には崖っぷちにレジャーシートを半分たらして、崖を椅子代わりに腰掛けてお弁当を広げている方も・・・。見てるこっちが怖くなりますー!どうぞお気をつけてー!!

というわけで・・・私たちはこの場所で長居はせず、黒檜山を目指して進むことにしました。

駒ケ岳を下って黒檜山への登りに差し掛かる手前までの道は、なだらかな散歩道のようになっていました。
近くの山々を見上げながらの快適な山歩きは、本当に楽しくて楽しくて。
やっぱり赤城山、素敵なところだなぁ

所々に紅葉を散りばめた山並みはこんもりとしていて、まるで鮭や梅のふりかけを混ぜたおむすびみたい!
前方はこんもり山

この辺りを「大タルミ」って言うみたい。随所に立てられた指導標もすごく立派で、距離や標高差なども書かれているので分かりやすかったです。
大タルミ

前方の景色も、振り返った景色も、何もかも素晴らしくて、私たちはさらにペースダウンしてカメラをあちこちに向けながら進みました。

こちらはおむすびのアップ。鮭と梅だけじゃなくて、のりたまも混ざってる気がします(笑)
紅葉してます
時期を少し外していて全盛期というわけではありませんでしたが、こういう紅葉もとてもキレイで、すごく癒されますね

見晴らし良好!

やがて快適な散歩道が終わると、黒檜山に向けた急登が始まりました。
ここが急坂になっていることはちょっと前から見えていたので、覚悟はしていたのですが・・・登ってみると、やっぱりきついです!

そして先ほどと同様、息も絶え絶えの担当さんへかけられる温かい声援を背中に聞きながら、なんとか階段混じりの急坂を登り切りました。
息を整えながら少し進んで・・・黒檜山山頂~!

黒檜山山頂

こちらにも多くの登山者がいましたが、広さがあるので腰を下ろすスペースは十分にあります。
私たちは良さそうな場所を見つけて、お昼休憩をとることにしました。

ここでガスを出して、軽めの山ごはんを作ります。今回は野菜ときのこのスープ。
スープを作りました

出来上がり直前に塩分少な目のとろけるスライスチーズを入れてみたら、どろどろに溶けて鍋の底に集まってしまいました。
失敗したかなぁ~?って思ったんだけど、掬って食べてみたらびっくり!モッツァレラチーズみたいな味と食感になってたの!
焦げ付きには注意が必要だけど、これはなかなかいけるかも。新たな山ごはんメニューが生まれました(笑)

この日は担当さんがお弁当を作ってきてくれたので、スープと一緒に頂きました。
デザートの焼きリンゴまであって、すごく豪華うーん、私も女子として見習わなければ

こうして、ゆっくり山頂での時間を過ごした私たちなのでした。
絶景青空レストランからの眺望

【次回へ続く】
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2011.04.15 Fri 00:58  |  アルピニストnobu

赤城へ行ったことなかったので、行ってみたくなりました。ところでブロブのプロフィールみてびっくりと言うか、山やってて大丈夫?体力なさそうで迷子になりそうで心配になりましたよ。とても楽しい山歩き、失敗(笑)野菜スープが美味しそうです。「山ごはんトレッキング」は山女子ならでは醍醐味ですね。

  • #-
  • ...
  • URL

2011.04.24 Sun 23:57  |  アルピニストnobu様

アルピニストnobu様、こんばんは!コメントありがとうございます。

赤城山、とても素敵なところですので機会があれば是非行かれてみて下さいね。
このプロフィールでは確かにびっくりしますよね(笑)実際にお会いした方々にもよく驚かれます(苦笑)

山で食べるご飯って、なんだかすごく美味しく感じますよね!これからも色んな楽しみ方をしていこうと思います。

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/282-d74a0251
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。