スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2012.02 早滝・中止の滝 氷瀑鑑賞ハイク(1)

※2011年の登山レポートが途中ですが(苦笑)、先に最近のレポートをアップします

早滝(群馬県神流町)

今回のルートマップはコチラ(ルートラボ)

ここ最近、例年にないほど寒い日が続いています
冷え性持ちとしては朝晩の冷え込みが辛いところなのですが、この寒さがあるからこそ見ることのできる、「雪や氷の世界」が山にはあるんですよね。
今のところ本格的な雪山登山はしていない私ですが、そんな世界にほんの少しだけお邪魔をしてみたくて、準備・計画を進めていました。

そして今回計画したのが、「氷瀑鑑賞ハイク」!
目的地はこの寒さでほぼ完全に氷結しているという群馬県神流町の早滝です。車で近くまでアクセスできるので、短い歩行時間で氷瀑を鑑賞することができそうなの

こうしてその日の朝、私と運転手を買って出てくれた同行者さんは秩父方面へと向かいました。
(ペーパードライバーの私は雪道運転不可です・苦笑)

「おおーっ!!雪山だぁ!!
雪の武甲山!

秩父に着くと、雪をかぶって真っ白になった武甲山の姿が目に飛び込んできました。
夏の姿も十分雄大ですが、雪山になった武甲山はさらに迫力を増しているように感じました。
駅の周辺では、ザックにワカンをくくりつけた登山者も見かけました。
秩父でワカンを使った登山なんて、楽しそうだなぁ

私たちはカーナビの案内を頼りに、さらに先へと車を走らせます。
そして、赤久縄山登山口にもなっている早滝入口の駐車場までやってきましたー!
ここまでの車道には雪や凍結はほとんどありませんでしたが、駐車場の向かい側はすっかり銀世界でした
駐車場前は雪

滝も凍るぐらいだからと防寒装備を万全にしてきた私でしたが、陽射しもあって思ったほど寒くは感じません。
準備を整えると、私たちは滝へと向かって歩き始めました。

駐車場の脇から出ている道を登れば滝方面へ行けるようでしたが、私たちは案内看板に従って少し戻ったところから登ることにしました。
ちょうど登り口は工事中だったので、現場の方が設置してくれたと思われる橋?でパイプを乗り越えて、いざ登山道へ。
この辺りはまだ雪はありませんでしたが、いきなり急坂です(苦笑)
パイプを乗り越えて・・・

そして息を上げながら進んでいくと、雪まじりの道になってきました。
雪道です
凍結などはほとんどなく、それほど歩きづらさは感じませんでしたが、これから先は雪が増えてくるのかな?

そんなことを考えていたら、こんな看板が現れましたー!
指導標

「早滝 0.3km 20分」

えっ、そんなに近いの?もうすぐ着いちゃうね!

私はわくわくしながら、さらに先へと進んでいきました。
さらに進みます

左手に流れる沢は、そのほとんどが氷に覆われてしまっています。
こんなに凍った沢を見るのは初めてでびっくり「すごいなぁー!」とつぶやきながら何度も何度も沢を覗き込んでは、カメラを向けました。

日の当たる場所ではその氷も少しずつ融けているようです。
動画を撮りましたので、よろしければご覧ください氷の中を水が流れていく様子が見えるでしょうか?
[広告] VPS


小さな崖のようになったところでは、ミニ氷瀑を見ることもできましたよー!
こちらも氷結
これ、全部凍っているんです。すごいですよねー!

ミニ氷瀑の見られるところには橋があって、そこを渡ると木の階段がキレイに整備されていました。
階段を登り切ると、早滝と赤久縄山の分岐にぶつかります。

私たちがやってきた時、駐車場にはすでに何台かの車が停められていたのですが、この辺りには人がいるような気配はありませんでした。
皆さんは赤久縄山の方に登られているのかな?私たちは早滝方面へと進みました。

すると、こんな鎖場が。
鎖場
それほど困難なところではありませんでしたが、所々に崩れていたり凍っていたりする場所があるので、気を付けて登っていきます。

鎖場を越えると、「早滝まであと100m」という看板が立てられていて、少しの間下り坂になりました。
ですが、ここは道いっぱいに凍りかけた雪が積もっていて、とっても滑りやすいの
滑りやすい道
ひとまず持参した軽アイゼン(エバニュー 巾調節式6本爪アイゼン)とダブルストック(LEKI シーヴァアンチショック)は使わずに、ゆっくりと慎重に通過しましたが、かなり滑りやすくて危なかったです
帰りは軽アイゼンを使った方が安全かな

こうして足元に気を付けながら雪道を進んでいた私ですが、ふと顔を上げると・・・
「あっ!!見えたー!!
見えてきた!

ごろごろと転がる大岩を、覆い隠すように降り積もる雪の向こうに、大きな滝が姿を現しました。
その青く輝く姿は、これまで見てきた「白の世界」とは異質なもののように感じました。

すごい、なんて美しいんだろう・・・。
私たちはその滝の姿に目を奪われながら、滝壷へと近づいていきました。

【次回へ続く】
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/334-2cdac1a5
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。