スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2011.06入川渓谷ハイク

入川渓谷(埼玉県秩父市大滝)

「音が消える場所」

そんな言葉に目が留まったのは少し前、西武鉄道の駅でパンフレットをパラパラと見ていた時でした。
「音が消えるっていうのは、どういうことだろう?とっても静かで、何の音もしない場所なのかな?」
そう興味を引かれたのを覚えています。

そして6月のある日、バイクツーリングを兼ねて軽いハイキングをしようという計画が持ち上がった時、私はふとその言葉を思い出したんです。
そして、今回の入川渓谷ハイクが実現したのでした。


入川渓谷にある「音が消える場所」とは、荒川の起点ともなっている「赤沢出合」というところだそうです。
電車では三峰口駅から中津川行のバスに乗って、川又バス停で下車します。バス停からは往復約3時間の道のりです。

今回、私たちはバイクだったので、川又バス停から徒歩15分ほど奥へ進んだところにある「入川渓流観光釣場」の有料駐車場に駐車しました。

身支度を整えて歩き始めると、すぐにゲートにぶつかります。
この先は車は入れないようですね
ゲート

そこから先も、しばらく舗装道路が続きます。
鬱蒼と生い茂る木々に囲まれて、辺り一面に緑の世界が広がります
緑の道

少し木が開けたところからは、こんもりした緑の山の姿が見えていました。
とにかく、緑が濃いんです
景色

しばらく進んでいくと、道にレールのようなものが敷かれるようになりました。
どうやらこれは、昔材木を運び出すのに使っていたトロッコの線路跡のようです。
屋久島の縄文杉を見に行った時を思い出すような道ですねー。
気持ちの良い道です

道はよく整備されていて、登山道というよりは遊歩道といった雰囲気です。
見上げれば、目に入るのは緑ばかり。この辺りの空気すら、濃厚に感じてきます。
緑いっぱい!

しかも、道はずっと沢沿いに伸びているので、谷側を見下ろせば、涼しげな水の流れを目にすることもできます。
水量も豊富で、ざぁざぁと気持ちの良い水音が耳に届きます。
眼下には川
時には、山側の斜面から浸み出した水が、小さな滝になって登山道へ流れ落ちていることも。

こんなに清涼感のある道は、起伏もなく、とても歩きやすいです。
ここは本当に素敵なところだなぁ。すごくリフレッシュできそう!
癒されます!

こうして私たちは、あちこちの景色に足を止めながら、のんびりと歩きました。
ホラ、見て。ふかふかの苔の絨毯に舞い降りた葉っぱに、テントウムシがつかまってる!
苔と葉っぱとテントウムシ

沢沿いの道は、目的地が近づいてきたのか、だんだんと水音が大きくなってきました。
川沿いの道

やがて、発電所の取水口が見えてきました。ここを過ぎれば、赤沢出合はすぐです!

そして、細長い広場状のところで道が行き止まりになりました。
立てられた標柱には、「赤沢出合」の文字。ついに目的地へ到着です!
赤沢出合

その先には、驚きの光景が広がっていました。

「わぁ・・・!!すごーいっ!!

私の目の前で、水量豊富な2つの沢が、激しくぶつかり合っているではありませんか!
最前線!

森の中には、轟音と呼ぶべき音量の水音が響き渡っていました。
最前線とも言える上の写真の場所では、すぐそばに立っている人との会話すらままならないのでした。

「音が消える場所」
そこは音のない場所ではなく、全ての音をかき消してしまうほどの壮大な自然の営みが繰り広げられている場所だったんです!

この時の動画は以前ブログにアップしましたが、こちらにも掲載しておきます!
[広告] VPS
この迫力、躍動感。本当に素晴らしいです。
私はしばらく、この轟音に包まれながら、生きている自然の姿を全身で感じていました。
沢がぶつかります

その後、家族連れのハイキンググループがやってきたので、最前線の場所を譲って少し下がりました。
ここには「一級河川 荒川起点」のの石碑がありました。なんだかかっこいい!!
石碑

赤沢出合の手前は小広くなっていて、ベンチも設置されています。
私たちは、いったんベンチに腰掛けて、お茶を飲むことにしました。

ですが、ちょっと動きを止めると、ブヨ(ブユ)が沢山集まってきます
彼らは渓流に生息しているそうなので、ここはぴったりの場所なのかもしれませんね
私はハチとヒルとブヨがどうにも苦手なので、落ち着きなく手で仰いだり、足をバタバタさせたりして、彼らの攻撃の手を逃れました(苦笑)

こうして少し休憩をした後、私たちはもう一度間近で沢の様子を眺めてから、駐車場へ戻ることにしました。
この辺りにも立派な木がありましたよー。
大木

赤沢出合を後にして、歩きやすい道を戻り始めると、徐々に水音は小さくなり、普通に会話ができるようになりました。
「すごかったねー。」
「うん、すごい迫力だった!」
普段は静かな山歩きを好む私なので、こういう「自然が創り出す轟音」の中に身を置くというのは、とても新鮮な体験でした。

そこからはまた、緑や水に癒されながら歩いていきます。
同じ道でも、行きと帰りでは見えてくるものも少しずつ違ってきます。そういうものを楽しみながら、私たちはゆっくり進んでいきました。
帰り道

こうして駐車場まで戻ってきた私たち。
癒しの入川渓谷ハイク、これにて終了です!

今回お邪魔した入川渓谷の赤沢出合までは、行程が短く、アップダウンのほとんどない遊歩道歩きでした。
渡渉などの可能性も考えてスパッツ(コロンビア ボムポップゲイター)を装着していったのですが、沢近くまで下りることはありませんでした。

とても良く整備された道ながら、深い森を目で楽しみ、土や水の香りを鼻で楽しみ、ぶつかりあう沢の轟音を耳で楽しむことができる、入川渓谷の赤沢出合。
とにかく癒しのパワーが絶大で、ブヨ対策はした方が良さそうですが、普段山歩きをされない方にも楽しんで頂けそうな場所だと思いました

新緑の時期だけでなく、紅葉の時期もまた素敵なんだろうな
癒しを求めて、また訪れたいと思います。


ちなみに、この日は道の駅あらかわのお向かいにあるお蕎麦屋さん「あづま屋園」さんで食事をしました。
こちらのお蕎麦、いい意味で手作り感に溢れていて、とても美味しかったです!!
美味しいお蕎麦!

【終わり】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2012.03.28 Wed 23:22  |  バイク

山女子さんってバイクツーリングもするのですね!いつも驚かされます(@_@) このうえ剣でも行かれたらコメント出来なくなります、入川渓谷で良かった。 (^.^)
新緑の渓谷清々しい気分に浸れますね、渓谷と言えば奥入瀬!遠くて行けませんがもう一度行きたい所です。
ちょうどお盆の時に行ったのですが木の葉の間からこぼれ落ちる日の光いつまでたっても思い出します。
八幡平、白神山地、想像するだけでも楽しくなってきます。

今年は忙しい中、山を楽しみまくっているようですね。
緑の季節ももうすぐ!良い年になりそうですね、今の内に仕事頑張っておいて下さい。
すぐにやってくる夏山の為に \(^o^)/

2012.03.29 Thu 06:26  |  

yamajoshiさん、おはようございます。♪
ここは釣り人の浪漫の夢宿「柳小屋」へと続く道です。
私もこの道は数え切れないくらい通いました。(*^_^*)
そう、自然林が手つかずで残るこのコースは紅葉も綺麗です。早春の今の時期はハナネコノメも顔を出しています。
入川渓谷は秩父を代表する良いところだと思います。(^^)/
ここに来ると言葉も失ってしまうかもしれませんね。

2012.04.13 Fri 22:29  |  tahara_t2様

tahara_t2様、こんばんは!コメントありがとうございます。
返信が遅れてしまい、ごめんなさい!

私はあまり大きなバイクには乗れませんが、ギア付きのバイクで登山に出かけることもあります。
大きなバイクを持っている山友さんに乗せてもらうこともありますe-454

奥入瀬渓谷は、子どもの頃に家族旅行で行きました☆
あの時は、無性に「きのこそば」が食べたくなって、歩きながらずっとそのことばかり考えていた気がします(苦笑)
白神山地も、是非お邪魔してみたいと思っています。今年は行けるかな??

今年はこれまで以上に、山に向かう機会が多くなりそうです。
そのためにも、仕事を頑張らないとですね!

2012.04.13 Fri 22:32  |  クロちゃん

クロちゃん、こんばんは!コメントありがとうございます。
返信が遅れてしまい、ごめんなさい!

なんと、クロちゃんはこちらの常連さんでしたかー!私がお邪魔する場所は、なんでもご存じですね。
やはり紅葉もキレイなんですねー。是非その時期にまたお邪魔したいです!

いつも、素敵な情報を下さり、ありがとうございます☆

2012.04.14 Sat 23:31  |  バイク

道理で毎週のように山に行けるのですね。
バイク気持ち良いと思いますが心配、無理しても車に替えて下さい。
車なら遠出も出来るし疲れたら仮眠も出来ます、維持費はかかりますが今の山女子さんなら。 (^。^)
アプローチが広がります、時刻表を気にしなくて済むのは楽ですね。
北岳でも前日の夜出かければ日帰り可能です、一人では厳しいですけど。

確かに!仕事を頑張らないとですね!!

                      「ガンバレ」 (^。^)

2012.04.25 Wed 21:43  |  tahara_t2様

tahara_t2様、こんばんは!コメントありがとうございます。

バイクは、危険なこともありますし、乗っていると結構疲れるんですよねe-330
なので、年に数回程度しか、ツーリング登山へは行けないんです。

車、ぜひ欲しいと思ってるんですよー。そのためにもまず、仕事頑張ってお金を貯めなければ・・・。
ありがとうございます。頑張ります!

2016.09.20 Tue 21:24  |  入川行って来ました。

お初で恐縮です。
入川渓谷のハイク読ませて頂きました。
私もこの台風の直前2日程前に、入沢渓谷に行って来ました。
山女子さんのおっしゃる通りとても気持ちが良かったです。ですが、もう少しで80歳になる父を連れてだったので、車止から10分程歩いた所で引き返してしまいました。
残念⤵︎。
そんなに素晴らしい景色があったなんて!
赤沢の出合 行ってみたかったです。
1つ伺いたいのですが、車止からどれ位歩くと赤沢の出合に到達出来るのでしょうか?
よろしくお願い致します。
またブログ読ませて下さい。
では、失礼します。

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/347-3519e52b
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2012.03.29 03:33

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2012.03.29 20:27

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。