スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2011.07一切経山~東吾妻山~吾妻小富士登山(3)

一切経山~東吾妻山~吾妻小富士登山、(1)(2)の続きです。

木道の十字路を越えて、東吾妻山へ向かった私たち。

この東吾妻山へ至る道は、先ほどの一切経山への道とはずいぶんと雰囲気が違っていました。

少し進んで木道が終わると、赤茶けた砂利の道に変わるのですが、水が流れていて川状態に!
川状態!
歩き進めるうちに川状態は解消されてきましたが、所々に深めの水たまりができていたので、注意して進みます。

さらに、両脇の植物がどんどん背を伸ばしてきて、気付けば緑に囲まれていました。
緑に風が遮られ、辺りが蒸しっとしてくると、とたんに虫が飛び始めます
緑が茂ってきました

暑さと傾斜のある道の登りで息が上がるものの、不用意に口を開けていると虫が飛び込んできそうです
私はサングラスで目を保護し、右手で口を覆い、さらに左手で顔の前を仰ぎながら進みました(苦笑)

大岩の転がるところ、砂利っぽいところ、土と木の根のところ・・・と、変化のある道をどんどん登っていくと、周囲の木々の背が縮んできて、再び視界の開けた道へと変わりました!
開けました!

そして道幅が広がり、青空の下を気持ちよく進んでいった先の広場に、東吾妻山の山頂がありましたー!
東吾妻山山頂

広い山頂からは、素晴らしい眺望を楽しむことができました。
私たちがこれまで歩いてきたところを振り返ると、こんな景色。
ずいぶんと高い所から見下ろしている気分になりますね
見晴らし

こうして爽快な景色をしばらく楽しんだ私たちは、再び「蒸し」と「虫」の待つ道を下っていきました(笑)
下ります

出会う登山者の数は非常に少ないのですが、ここで数組の登山者とすれ違いました。
片手で口を多い、もう一方の手をバタバタしながら下りてくる私を見て、どう思ったでしょう(苦笑)

そしてなんとか木道の設置されたところまで出てくると、虫の姿も見えなくなりました。
そこからは再び、快適な木道歩き
十字路のところで右折すると、私たちは浄土平へ向かいました。

木道沿いには、白や黄色の小さな花が沢山見られました。
こちらは、チングルマさんの花柱。風でみんなオールバックに!?(笑)
チングルマ

なだらかで歩きやすい道を進んでいくと、前方に美しい火山が見えてきました。
あれが吾妻小富士。とっても美しい姿ですね。
前方に吾妻小富士

やがて、私たちは浄土平にたどり着きました。
ここにはビジターセンターやレストハウスがあり、広い駐車場もあるのですが、今日は駐車している車の数はとても少なくがらんとしていました。
平日だからなのかな・・・。

そして、道を渡った向こうには、吾妻小富士の登山口がありました。
いよいよ、本日最後の登山開始です!
登山口

吾妻小富士は、富士山にも近い砂礫の登山道ですが、丸太階段がきっちりと整備されているので、観光客の方でも登りやすくなっています。
ですが・・・これがなかなか急なんです!

急激に上がる心拍数、吹き出す汗。
見上げると、登山道は空へと向かって伸びているかのようでした。
空へ続く階段

振り返れば、眼下にはすっかり小さくなった浄土平が見えています。
向こうには、荒々しく噴煙を上げる一切経山の姿も。
振り返る

そして、ようやく階段を上り切り、私は火口の縁へと立ちました。

「うわー!!キレーイ!!

吾妻小富士の火口

間近で見る火口は思った以上に大きく、とても美しいものでした。
急な斜面に柔らかな緑が生い茂って、火山の荒々しさを和らげてくれているかのようでした。

吾妻小富士の最高地点は、この火口の縁を半周ほど進んだところにあります。
そこで、私たちは時計回りにお鉢めぐりをすることにしました。
なんだか富士山に登っている気分になりますねー

こうして、右手に火口を、左手に眼下の景色を眺めながらの楽しい空中散歩が始まりました。
明確な標識が見当たらなかったのですが、この辺りが最高地点かな?というところで、ちょっと休憩。
眼下に広がる素晴らしい眺めを前に、疲れも忘れて見入ってしまいます
景色を眺めます


最高の景色です!
眼下の景色

それから私は、幸せな気分で火口を一回りしたのでした。
火口を進む

そして、膝を痛めそうな長い下り階段を経て、浄土平へ到着しましたー!
これにて、本日の登山は無事終了です
浄土平

それから徒歩で、兎平駐車場へ戻った私たちは、近くの温泉でのんびりと汗を流したのでした

福島の山には、これまで磐梯山会津駒ケ岳にお邪魔してきました。
今回の登山を含めて感じるのは、福島の山はとてもおおらかで、優しいということです。
福島の山は、その大きな懐で、私たち登山者も、動物も、鳥も、植物や虫も、沢山の命を優しく包み込んでくれる・・・そう感じるんです。

今回の登山で、私は沢山の生き物たちと出会いました。
彼らは皆、懸命に各々の命を生きていました。

「生きている」って本当に尊く素晴らしいことなんだと、自然は実に大きく美しいものなんだと、改めて感じました。
福島の山に来て良かったです。本当に、ありがとうございました!

【終わり】

※自分用メモは、後日掲載予定です。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2012.04.09 Mon 16:13  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012.09.11 Tue 19:03  |  

こんにちは!
一切経山のブログを拝見してなんだか嬉しくてコメントしてしまいました。
私もこの夏一切経山に行ってきました☆
関東の人間には耳慣れない山ですが、本当に美しい山ですよね^^
荒々しい所もありますが、自然が強く豊かで、優しい印象を受けました。
お盆の吾妻小富士は結構賑わっているみたいでしたよ!
一切経山から眺めてましたが、「むしろ吾妻小富士の階段の方がキツそう;」なんて思っちゃいました^^;

2012.09.25 Tue 22:39  |  emi様

emi様、こんばんは!コメントありがとうございます。
返信が遅れてしまってごめんなさい。

一切経山、とっても変わった名前ですよね。
福島の山はとても雄大で、それでいて優しい雰囲気を持っていますよね。

吾妻小富士もとてもキレイな山ですよねー。確かにあの階段はかなり登りごたえがありました(笑)

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/351-f8a4a251
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。