スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2011.07 アサヨ峰・甲斐駒ケ岳テント泊登山(4)【2日目】

アサヨ峰・甲斐駒ケ岳テント泊登山、【1日目】(1)(2)、【2日目】(3)の続きです。

北沢駒仙小屋のテント場を早朝に出発し、仙水峠、駒津峰を経て、甲斐駒ケ岳へ向かっていた私たち。
ようやく、山頂への直登コースと、巻道コースの分岐までやって来ました

直登コースは、大きな岩がごつごつしていて、驚くほどの急傾斜です
ですが、巻道コースは日向山のような白砂の道で、足を取られて登りづらいように思えたのと、直登コースを下りに使うのは危ないと思ったので、登りは直登コースを使うことにしました!

こうして登り始めた直登コースですが、とにかくきつい、ものすごーくきつい道でしたー!(苦笑)
両手両足を使ってよじ登るところも多いので、一定のペースで淡々と登っていくことができず、大きく呼吸が乱れました

しかも、顔を上げれば、次の一歩、次の一手に躊躇してしまうほどの傾斜です
容赦なく照りつける日差しが、私たちの体力も奪っていきました
きついー!

ですが・・・岩陰の至るところに、小さな花たちが沢山咲いていたんです。
あちこちに、花

こんなに厳しい環境の中、小さな花たちは頑張って生きてるんだね。
私たちも、頑張らなきゃ!

目に入る岩はみな白く、金粉が散りばめられているかのように、キラキラと光っていました。
その合間に敷き詰められた白砂は、日光を反射して、まぶしいほど輝いています。
白い道

頭上に広がる青は、この山の白さとは対照的に、どんどん濃さを増しているように感じられました。

私は、前を向いたまま、後ろの同行者さんに声をかけました。
「ねぇ・・・なんだか私、泣けてきたよ・・・。」

この登りは、とっても暑くて、とってもきつかったけど・・・
こんなにも美しい山の世界を歩かせてもらっていることが、ものすごく幸せだったからです

私たちは、山頂へ向けて、一歩一歩近づいていきました。
苦しいけど、最高の山登りです!
急坂を登る

「お疲れ様。もう少し、頑張って!」
足下の花たちが、そんなことを言ってくれているような気がします。
振り返って見る景色も、私たちにパワーを与えてくれました
ここにも、花

あとちょっと、もう少し・・・。
急坂を必死で登り切ると、ついに・・・

甲斐駒ケ岳、登頂しましたー!!
甲斐駒ケ岳山頂!

「やった――っ!!!

着いた。甲斐駒ケ岳のてっぺんに着いたんだ!
身体の底から湧き上がるような、強い達成感に、思わず声を上げて、同行者さんとガッチリ握手しちゃいました!(笑)

山頂の祠

広い山頂には、すでに多くの登山者さんたちがいました。
私たちもザックを下ろすと、近くの岩場に座り込みました。
「はぁー、疲れたー!

そんな時、近くの木の枝に、こんな子がとまっているのを発見しました!
えっ!!アゲハチョウさんが、なぜここに・・・?もしや、直登コースを登ってこられましたか?(笑)
アゲハチョウ・・・!?

私たちは、行動食や水をとりながら、のんびりとした時間を過ごしました。
景色も天気も実に素晴らしく、「許されるなら、ずっとここに座っていたい」と思ってしまうほどでした

ただ、南アルプスの山へお邪魔すると毎回感じるのですが、午前中の早い時間から、すぐに雲が湧いてきてしまうんですよね。
今回も例にもれず、朝9時半を過ぎると、一気に雲がもくもくと上がってきました

天気が崩れると困るので、そろそろ下山をすることにします。
私たちは荷物をまとめると、今度は巻道コース経由で、下り始めましたー。
巻道を下ります

巻道コースは、柔らかな白砂の道で、足を置くと、砂に少し埋もれるような状態でした。
そこで、富士山の砂走りに近い感覚で足を出していくと、かなりスムーズに、ハイペースで下りていくことができました!

こうして一気に白砂エリアを抜け、岩がゴロゴロした道を少し進むと、六方石の少し手前で、行きに通った稜線の道と合流します。
合流

そして、そのまま駒津峰へと向かっていると・・・

「こんにちはー。すぐそこに、雷鳥がいますよー。」
「え!!本当ですかっ!?」

すれ違った登山者さんからそう教えられて、慌ててその先へと進んでみると・・・

「ギャ――――!!親子連れ―っ!!!」←心の声です(苦笑)

雷鳥親子ー!

2日連続というだけでも驚きなのに、今度は雷鳥母子と遭遇してしまったんです!!
ふわっふわの綿毛みたいなひな雷鳥たちが、コロンコロンと転がり落ちるようにして、岩から岩へと飛び移っていました。
も、悶絶・・・・・・

今回も動画を撮ったのですが、またまた興奮のためか手ブレがひどいので、自分だけで楽しむことにします(苦笑)

細い尾根道で、登り下りの登山者がひっきりなしに行き交うような場所でしたが、雷鳥親子は特に気にせず、のんびりと登山道を散策しているようでした。
そのため、雷鳥待ちの渋滞が発生(笑)
だけど、渋滞の原因が雷鳥さんだなんて、すごく素敵な経験ですよねー

こうして予期せぬ出会いに再びテンションを上げながら、無事に駒津峰の山頂まで戻ってくることができました。
さすがに足が疲れてしまっていたので、少し休憩を取ることにします。

振り返ると、大きくて白い甲斐駒ケ岳の姿。
ついさっきまで、あの場所にいたなんて・・・・・・。不思議な気分ですね。
甲斐駒ケ岳を振り返る

それから私たちは、見晴らしの良い急坂を下っていきました。
急坂を下ります

その後樹林帯に入り、仙水峠まで下りていったのですが、この下りがかなり長く感じましたー
足の裏が疲れて痛くなってきたので、何度か立ち止まったり、腰を下ろしたりして、マッサージをしながら進みました。

こうして何とか仙水峠にたどり着くと、今度は大岩がゴロゴロしている道を進みます。
足元が不安定なので、ここでまた、体力を消耗します
岩塊の道

しかし・・・なんだか、雲ゆきが怪しくなってきました
先ほどまでは青空だったのですが、今はすっかり分厚い雲に覆われてしまっています。
もしかしたら、雨が降ってくるかも・・・?テント場に残したテントのことを考えながら、ペースを上げて進んでいきました。

樹林帯に入り、仙水小屋を過ぎて、沢沿いの道へ。
沢沿いの道

ロープ場を慎重に下りて、沢を渡り、堰堤をいくつか過ぎれば、目指す小屋はもうすぐ!
・・・が、小屋まであと10分ほどのところで、ついに雨がパラパラと降りだしてしまいましたー!!

慌ててレインウェアのジャケットを羽織り、ザックカバーを付けて、先を急ぎます。
そしてなんとか無事に、小屋へ到着ー!
小屋到着!

下山の喜びに浸っている暇もなく、大慌てでテント場へ行き、荷物を片づけていると、急に雨足が強まって、土砂降りになってしまいましたー!!
テントごと木陰へ移動して、大急ぎで拭きながらザックに放り込んでいきます。

すると、遠くから雷鳴が・・!!
怖いので、トイレの建物に避難して、しばらく雨宿りすることになりました

しかし、どうやら通り雨だったようで、雷も雨も短時間で止んでくれました。良かったー
それにしても、登山中には雨に降られなくて、本当に良かったなぁ。ギリギリセーフだったよね。
雨女の私としては、この幸運に感謝せずにはいられませんでした(笑)


今回の山行では、テント泊登山の面白さと、南アルプスの雄大さ、そして雷鳥のかわいらしさを存分に味わうことができました。
テントを手に入れたことで、私の山登りは、これからもっと幅が広がると思います。

また、南アルプスに来よう。今度はどこにテントを張ろうか。そして、どのコースを歩こうか・・・
そんな風に、夢を一杯に膨らませながら、雨上がりの道を、北沢峠のバス停へと帰っていく私だったのでした
雨上がりの道

【終わり】
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2012.04.26 Thu 12:30  |  素晴らし過ぎです!

テント泊もだいぶなれましたね?!それにしても素晴らしい稜線ですね!!
相変わらず日帰り登山なので.....。

東日原からの三つドッケで雲海見てきましたよ!!また楽しみにしてます。!!

  • #-
  • 山小僧
  • URL

2012.04.26 Thu 12:50  |  はじめまして

はじめまして^^ てぷこだんと申します。
最近ヤマジョシさんのブログに辿り着きまして、数々の山の記事を楽しく読ませてもらっています^^
日本百名山全制覇を目標に山に登っているにわか山ノボラーですw

甲斐コマ登頂おめでとうございます!
いつかは登らなければならない山なので、大変興味深く拝見させていただきました^^
他の山の記事も、読んでいてこっちも登っている気分になりますよ♪
また、お邪魔させていただきたいと思います^^

  • #-
  • てぷこだん
  • URL

2012.04.27 Fri 16:07  |  いつも文字化けしてる…

名前でアルファベットのRって打ってるのに、なぜか文字化け…

新しい名前考えなきゃ★


南アルプスでの雷鳥2回遭遇。
羨ましいす(・∀・)

雛、可愛い過ぎだよ(>o<)

アルプス登れる山男になるぞー( ^o^)ノ

2012.04.27 Fri 22:56  |  丸山林道

昔 北岳に行くつもりで身延から早川経由で広河原へ行こうとした時、その道が通行止めだったので鰍沢から丸山林道を使って西山温泉まで行きました。,

結局その先までは行けませんでした、その代り峠の上からの眺めは最高でした、雪がかぶっているかのような甲斐駒の山頂、振り返れば雲海に浮かぶ富士山、木の枝から下がるサルオガセ今でも思い出します。

良い思い出はいくつあっても良いですね。

山女子さんも良い思い出をたくさん持っていますね。
良い思い出を増やしていってください。

2012.05.04 Fri 12:23  |  

  前 略
 ウヮァ~~~ッ!!!!
雷鳥ファミリィ~~~かわいい!!!。

本日も、静寂で・静謐な 風景を有難う御座いました。
低山では、楽しめない景色 のように感じましたが・・・?
 
御健康を、密かにお祈り申し上げております。
                          彼 処

2012.05.08 Tue 21:27  |  山小僧様

山小僧様、こんばんは!コメントありがとうございます。

テント泊は少しずつ慣れてきましたが、まだまだ試行錯誤です!
この時はかなりハードな行程でしたが、とても楽しかったですよーe-454

東日原からの三ツドッケ、いいですねー!雲海も見られるのですか!?それはすごい!
私もあのエリアに是非お邪魔してみたいです☆

2012.05.08 Tue 21:31  |  てぷこだん様

てぷこだん様、こんばんは!コメントありがとうございます。

ブログをご覧頂き、ありがとうございます。

甲斐駒はなかなか登りごたえがありましたが、素晴らしい山でした☆
私が登ったコースが、比較的一般的ではないかなと思うのですが、黒戸尾根ルートもかなりすごそうです☆

これからも色々な山のレポートをアップしていく予定ですので、お時間がある時にでも、また遊びにいらして下さいね♪

2012.05.08 Tue 21:33  |  R様

R様、こんばんは!コメントありがとうございます。

こちらではきちんと見えているようですが、お名前、文字化けしてますか?お手数おかけしてすみません。

雷鳥さんに2回遭遇できたのは、本当にラッキーでした☆
大人も雛もとってもかわいくて、かなり悶絶です!

2012.05.08 Tue 21:36  |  tahara_t2様

tahara_t2様、こんばんは!コメントありがとうございます。

tahara_t2様は北アルプスだけでなく、南アルプスにも素敵な思い出がおありなのですねー。
私も、南アルプスで少しずつ思い出を増やしていくことができました。

これからも、色んな山にお邪魔して、沢山の思い出を作りたいと思います☆

2012.05.08 Tue 21:55  |  邂 逅様

邂 逅様、こんばんは!コメントありがとうございます。

雷鳥ファミリー、本当にかわいいですよね。
動いている姿はさらにかわいらしくて、とても心癒されます☆

こちらこそ、ブログをご覧頂き、ありがとうございました。
はい、今回の山は高山ならではの風景を充分に楽しむことができました。

低山には低山ならではの風景もあるので、どちらもやめられませんe-454

ありがとうございます。私も邂 逅様のご健康を、心よりお祈りしております。

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/356-1d36735d
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2012.05.13 06:50

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。