スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2011.07宝剣岳~木曽駒ケ岳登山(2)

宝剣岳~木曽駒ケ岳登山、(1)の続きです。

宝剣岳山頂直下は、かなり険しい岩場になりました。

岩自体はとてもしっかりとしていて、鎖やロープも随所に設置されていたので、落ち着いて通過すれば大丈夫。
ですが、下ってくる登山者さんも多かったので、危険な場所ですれ違うことのないよう、声を掛け合い、譲り合いながら進むことに気を遣いました。

そして山頂を目前にして、私の目に飛び込んできたのはこの景色でした。
「うわぁ・・・・!!
素晴らしい景色

それはまるで、宙に浮いている世界の景色のよう。
その圧倒的な高度感に、思わず息を呑みました。

この「雲の上の世界」は、やっぱり私たちの暮らす世界と地続きであるとは、到底思えません。
しみじみ感じます。ここはきっと、神様の住む領域なんだろうと・・・。
だからこそ、私にとっての山登りは、「征服」とか「制覇」ではなく、「お邪魔する」という言葉が一番しっくりくるものなのだと、再認識しました。

こうして私たちは、無事に宝剣岳の山頂へと到着しましたー!
大きな岩が積み重なっていて、迫力のある場所ですねー
宝剣岳山頂!

この写真には誰も写っていませんが、山頂周辺には、既に多くの登山者さんがいました。
この山頂のとんがり岩は、先端に登ることができるのですが、岩場に慣れていない様子の方や、ジーンズなど動きづらい服装の方は、よじ登るのにかなり苦戦をしているようでした。
1人ずつしか上がれないので、その順番待ちで、ちょっとした渋滞が発生していたんです。

とはいえ、辺りはこの絶景です。
私は、景色を眺めたり、とんがり岩にアタックされている登山者さんに声援を送ったりして、のんびり順番を待ちました
景色を眺めて過ごします

そして、ついに順番が回ってきましたー!
大岩のちょっと後ろ側にあった、ほど良いでっぱりに手をかけて、小さなでっぱりに登山靴のグリップをきかせて登ったら、予想外にあっさり上がれてしまいました!
高所恐怖症でなく、ボルダリングの経験が少しでもある方なら、特に問題なく登れそうです。
(もちろん、無理はせず、この岩の横に並んで記念撮影をするのも良いと思います

それにしても、このてっぺんに立った時の爽快感といったら!
これは「ヤッホー!」とか叫んでみたくなるかもですね(笑)
宝剣岳のてっぺんで

こうしている間にも、次々と登山者さんが上がってこられたので、私は順番を譲るために、すぐに岩から下りました。
山頂付近も人が多かったので、私たちは早めに小屋まで下りることにしましたー。

登りもかなり険しく感じましたが、下りは高度感も増して、ますます迫力を感じますねー
かなりの高度感!

ここでも、登ってくる登山者さんと声を掛け合って道を譲りながら、無事に小屋まで下りてくることができました。
さぁ、ここからは中岳経由で木曽駒ケ岳へと向かいますよー!

まずは雲海に浮かぶ、赤い屋根の天狗荘の横を通り過ぎます。
天狗荘

少し行くと、Y字に道が分岐していて、左が「巻き道(危険) 駒ケ岳へ」、右が「中岳・駒ヶ岳へ」と書かれていました。
私たちは中岳を経由するため、右へ進みます。

中岳へ

白い岩に、高山植物の緑、そして青い空。
鮮やかなコントラストが美しい道は、良く整備されていて、歩きやすいです。
人もそれなりに多いですが、ある程度ばらけているので、快適なペースで歩くことができました

やがて、大きな岩がごろごろと転がるところも出てきたので、つまづかないように、気を付けて足を運びます
岩がごろごろ

すると、そこから数分で、中岳と書かれた指導標がありましたー!
この辺りが中岳山頂のようですねー。
中岳

振り返れば、荒々しい宝剣岳、雲海、遠くの黒い山並み・・・実に素晴らしい景色です
振り返る

私たちは少しの間、振り返った景色を眺めてから、先へ進みました。
そこに見えてきたのは、新しい景色。
目の前のピークが、きっと木曽駒ケ岳なんだね!
下ります

私たちはまず、空色の屋根が鮮やかな駒ケ岳頂上山荘へ向けて、一気に下っていきます。
岩がちな段差が続くので、慎重に・・・

この時、道端には赤紫色の、マメ科なのかなぁ?かわいらしい花が沢山咲いていました。
でも、このカンカン照りのせいか、時期が過ぎていたのか、シワシワに乾いてしまっている花も多かったです。

それにしても、お天気は素晴らしいし、景色も雄大。おまけに花まで見られるなんて、本当に最高の登山日和だなぁ

こうして中岳と木曽駒ケ岳のコルまで下りてくると、右手には駒ケ岳頂上山荘と、広いテント場がありました。
大岩が多く転がってはいますが、こんなに空に近い場所でテントを張れるなんて、とっても素敵なことですよねー!
コルに到着

ここでテントを張って、のんびり過ごせたら最高だろうなぁ
次回はテントをかついで来よう。新たな夢が生まれました。

さぁ、いよいよ木曽駒ケ岳の山頂まで、20分ほどの登りを残すのみとなりました。
私は一歩一歩を確かめながら、登山道を進んでいきます。

どこを見ても、目に入るのは夢のように美しい景色ばかりです
美しい景色

そして、足下には、沢山の花も揺れていました。
あぁ・・・なんて幸せなんだろうなぁ。こんな世界を歩けるなんて
花もいっぱい


千畳敷カールで待っている「3年前の自分」に、もしまた会えたなら、今の私はきっと、「ありがとう」って伝えるんだろうな。
こんなにも素晴らしい世界の存在に、気付いてくれてありがとう。興味を持ってくれてありがとう。
あなたのお陰で、私の3年間はとても充実していて、未知の体験に溢れていて、
色んなことがあったけど・・・とっても幸せな日々になったんだよって。

うん、山登りをしてて、本当に良かった!


そして私は、3年かけて、ようやくここへたどり着きました。

木曽駒ケ岳、山頂です!
木曽駒ケ岳山頂!

【次回へ続く】
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2012.05.09 Wed 22:43  |  

冒頭のフォトはすごいですね!!私もあんな壮大な景色を直接観てみたいなぁ~
また、素晴らしいフォトを楽しみにしてます♪

2012.05.10 Thu 19:45  |  

てっぺんに立つyamajoshiさん、カッコ良いです。(^○^)/
私も行きたくなってしまいました。
高所恐怖症の私でも登れそうな気がして来ました。
でも、恐怖で降りられないかも…。(^^ ;
木曾駒ケ岳の山頂も素晴らしい天気で迎えてくれましたね~。(^^)/

2012.05.10 Thu 22:35  |  三年!

三年分の思い!

山も受け止めて晴天を用意してくれていたようですね。

山女子さんが産まれた場所と思うと、特別な思いがわきます。

同じ道を歩いた事が有るのに、残念ながら小雨交じりで乗越浄土は霧の中! あきらめて引き返しました。
千畳敷まで下りると高山植物が満開!お蔭でゆっくり楽しめました。

この記事を見ているとまた行きたくなります。

山女子さんも、 もう遠慮することは無いですよね。

次は三年後などと言わず何度でも (^。^)y-.。o○

山も仕事も私生活も頑張ってください。 (^.^)

2012.05.13 Sun 10:43  |  山女子さんへ

背中に二本のポール腰にはチョークバッグ、岩の上に立つ姿は山女子ではなく「山女」ですね。

涸沢の写真と同じ人とは思えません、たくましくなりましたね。

日本の夏山ならもう何処でも大丈夫!

後は自分のペースを守るだけ、山を楽しむ姿勢は変えないで下さい。

2012.05.13 Sun 20:59  |  

木曽駒、8月に行く予定です。
背負子に子供を乗せて!
昨日も頑張りました……!!
こんな具合に↓
http://ameblo.jp/po-ttyan/
昨日は石丸哲也さんと遭遇しました。いつか、山女子さんと遭遇できたらいいなぁ。

2012.05.17 Thu 21:58  |  Tad0706様

Tad0706様、こんばんは!コメントありがとうございます。

はい、この日はお天気も良くて、絶景続きの1日でした。
実際に目にすると、感動すると思います!Tad0706様も、機会がありましたら是非計画なさって下さいね☆

はい、今後も色々な写真をアップしていきたいと思います!

2012.05.17 Thu 22:00  |  クロちゃん

クロちゃん、こんばんは!コメントありがとうございます。

宝剣岳のてっぺんですが、確かに登るのは「えいっ!」と行けてしまうのですが、下りる時はちょっとドキドキしました(苦笑)

この日は下山までずーっと良い天気で、雨女としては信じられないような幸運でした!

2012.05.17 Thu 22:03  |  tahara_t2様

tahara_t2様、こんばんは!コメントありがとうございます。

そうですね。yamajoshiが生まれた場所と言えますね。
3年越しの大切な山登りが、これだけ晴天に恵まれたのは本当に幸せなことでした☆

tahara_t2様がいらした時は、小雨&霧だったのですね。
それでも、千畳敷カールのお花畑は、じっくりと楽しむことができますよね♪

はい、これからも頑張りたいと思います!

2012.05.17 Thu 22:06  |  tahara_t2様(2)

tahara_t2様、こんばんは!コメントありがとうございます。

山女、と名乗るにはまだまだですが、この3年間で、山の身体はずいぶん鍛えられてきたなぁと思います♪
日本の夏山、まだまだ知らないところが沢山あるので、これからもずっと登り続けていきたいです。

はい!いつでもマイペースで、楽しんで登っていきたいと思います!

2012.05.17 Thu 22:10  |  夢酔藤山様

夢酔藤山様、こんばんは!コメントありがとうございます。

木曽駒に8月に行かれるのですね。お天気が良くなって、素晴らしい登山になることをお祈りしています!
それにしても、背負子にお子さんを乗せて行かれるとは、素敵ですねー♪
たまにそういった方を山でお見かけしますが、本当にすごいなぁと思います。

私は極度の恥ずかしがり屋なので名乗ったりはしませんが(苦笑)、あちこちの山にお邪魔していますので、もしかしたらどこかですれ違っているかもしれませんね♪

2012.05.21 Mon 01:48  |  yamajoshiさんへ

はじめまして!

最近登山を始めました。
まだ奥多摩の山しか登ったことありませんが、
yamajoshiさんのブログを見ていると私もいろいろな山に
行きたくなります。

ちなみに私も雨女です(笑)
yamajoshiさん以上に雨女かも。

2012.05.21 Mon 21:04  |  

こんばんわ

いつも楽しく拝見してます

質問です
案内看板の写真が物凄く綺麗に掲載されていますが、どんなテクニックを使ったんですか?

山へ行くといつも案内看板は撮影するのですが、山女子さんのように上手に写せません

2012.05.29 Tue 21:40  |  nori様

nori様、こんばんは!コメントありがとうございます。

奥多摩の山はいいですよねー♪
駅から楽しく登れるハイキングコースや1泊してじっくりと向き合う登山コース、そして巨木の暮らす森へのトレッキングなどなど、色々な楽しみ方ができますよねe-454

また、他のエリアにも沢山の素敵な山がありますので、是非計画なさって下さいね♪

同じ雨女として(苦笑)、これからも山を楽しんでいきましょう!

2012.05.29 Tue 21:44  |  秋山 和人様

秋山 和人様、こんばんは!コメントありがとうございます。

案内看板の写真ですが、私もあまり気にせず、ただ撮影しているだけなんですよー(苦笑)

ブログに掲載する時には、見やすいように画像編集ソフトで必要な部分を切り抜いたり、少し色をはっきりさせたりしています。(プロの方のような本格的な画像編集ではなく、本当にちょっとした加工です)

良い撮影テクニックをお知らせできず、ごめんなさい!e-466

2013.01.20 Sun 01:53  |  すごいですね

宝剣に行ったんですか!すごいですねぇ・・・
あんな崖みたいな道なかなか行こうと思うその度胸たるや
感服致します。
私なら足がすくんでしまうでしょう(^^;

2013.02.18 Mon 23:05  |  ikajyu様

ikajyu様、こんばんは!コメントの返信がすっかり遅くなってしまってごめんなさい。

はい、宝剣岳にお邪魔しました☆とっても迫力があって景色も素晴らしい山でした。
確かにとても険しいので、天気が悪い時や凍結がありそうな時などは怖くてとても行けそうにありません><

  • #-
  • yamajoshi
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/358-b3fe1264
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2012.05.12 09:43

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。