スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2011.07宝剣岳~木曽駒ケ岳登山(3)

宝剣岳~木曽駒ケ岳登山、(1)(2)の続きです。

ついにたどり着いた、木曽駒ケ岳の山頂。
日帰りではありますが、ある意味では3年前から始まっていた、今回の登山です。


青空の下には、素晴らしい景色が広がっています。
なんていい気分なんだろう!
素晴らしい景色

それから、こんなにかわいらしい花も咲いていましたよー
ここまでの道でも、花を沢山見ていたのですが、険しい道だったり、人が多かったりして、なかなかゆっくりと写真に収めることができなかったんですよね
花もキレイです

「それじゃ、この辺りで山ごはんにしようか!」
私たちは、見晴らしが良く、座りやすい岩のあるところへ移動しました。
見晴らしの良い場所で・・・

そしてお湯を沸かして・・・

まずは、アマノフーズ きのこのおみそ汁。柚子の皮が入った上品な風味で、とっても美味しいです!
お味噌汁

それから、尾西のアルファ米 白飯焼き鳥缶と絹さや、椎茸、油揚げを混ぜた鶏飯です!
タレがほどよくなじんで、こちらも美味しい~♪
山ごはん!

私たちは景色をおかずにして、山ごはんをのんびり楽しみました。
富士山も、ずーっと見守ってくれています!
(写真の中央、頭がちょこんと見えているのが分かるでしょうか?)
富士山が見えます

そして1時間ほどここで過ごしてから、私たちはようやく重い腰を上げました。
名残惜しいけど、私はここにお邪魔している身。そろそろ帰るべき世界へ戻らなければなりません。

こうして、岩だらけの道を駒ケ岳頂上山荘のあるコルまで下ると、今度は中岳は経ず、「巻き道(危険)」の指導標に従って進みます。
カッコ書きの内容がちょっと気になりますが・・・気をつけて行きましょう!

巻き道は、中岳を経由する道に比べると、いくぶん細く、人も少なくなりました。
それでも、ルート沿いにロープが張られていたりして、道自体は分かりやすいです。

ここで、うさぎの耳みたいな花びらの、面白い花も見つけましたよー!
面白い花

静かだし、見晴らしもいいし・・・こういう道は、楽しいですね
巻き道を行く

この先に、ちょっと宝剣岳のような岩登り箇所もありました。
雨や雪の日、ガスの出ている日などは、特に注意した方が良さそうですね!

岩場通過後も、まだまだ花は沢山咲いてます。
花の写真が多くて、ブログには一部しか載せられませんが、登山中に出会うと本当に癒されますよね
白い花

こうして無事に中岳経由の道と合流すると、宝剣山荘を通って、乗越浄土まで戻ってきました。
ここからは一気に下ります!
急降下!

この道は観光客の方や、これから登ってくる方も多くいらっしゃいました。
傾斜のきつい登り下りなので、歩きづらそうにされている方もかなり多かったです。

私たちは登ってくる方に道を譲ったり、立ち止まって先行者との間隔を調整したり、時に抜かさせてもらったりしながら、どんどん高度を下げていきました。

途中で振り返って、お花畑から突き出す岩峰を眺めます。
もうすぐ、「登山」は終わりだね。
振り返る

そして、千畳敷カールを周遊する遊歩道まで下りてきましたー!
私たちが先ほどまで過ごしていた雲上の世界は、遥か岩壁の向こうへと消えていきました。
少し名残惜しく、そしてまた一部分ではホッとした気持ちの自分がいます。
千畳敷カール

それから、私たちはいったん、ロープウェイ千畳敷駅へ戻りました。
この日は混雑のため、下りのロープウェイに乗るためには、整理券が必要だったんです
そのため、整理券を受け取ってから、待ち時間の間に千畳敷カールを散策することにしました。

整理券を受け取った私たちは、ホテル千畳敷の軒先に巣を作っているイワツバメの様子をしばらく眺めてから、遊歩道を一気に下っていきます。
そして・・・着きましたー!剣ヶ池

剣ヶ池からの景色


ここは、千畳敷カールの全容を眺めることのできる場所。
朝に比べるとだいぶガスも増えていたので、景色が隠されてしまわないか心配でしたが、なんとか間に合いました。

ここから眺めた景色を、動画でも撮りましたので、よろしければご覧ください!
(ファイルサイズが大きめなので、再生しづらいかもしれませんが・・・
[広告] VPS
青い空に白い残雪と岩壁、そして緑の絨毯に色とりどりの花たち。そしてどこまでも透き通った水を湛える剣ヶ池。
なんて素晴らしい景色なんでしょう!

本当に良かったなぁ。登山をやってて、本当に良かった。
私は何度も何度も、そう心の中でつぶやくのでした。


無常にも、地上へ帰るロープウェイの時間はあっという間にやってきました。
私は何度も振り返り、辺りの景色を目に焼き付けて千畳敷駅へと戻りました。


こうして再び、地上へと舞い戻って来た私。
今回は、自分の登山の原点となった場所を訪れることができ、とても印象深い山行となりました。
終始青空の下を歩くことができたのは、本当にラッキーでした。山と空に感謝!です

3年前に行けなかった世界へ足を踏み入れ、あの時見れなかった景色を見ることができた今回の山行。
これからも、そんな風に進んで行けたらって思います。
今の自分では行くことのできない世界を、そう遠くない未来の私は、きっと歩いてる。
そうなれるよう、これからも少しずつ成長していきたいと思います。


そして・・・そんな決意を胸に、駒ケ根名物のソースかつ丼を頂く私なのでした(笑)

ソースかつ丼


【終わり】

※自分用メモは後日掲載予定です。
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2012.05.14 Mon 21:24  |  やられちゃいました

お疲れ様です!

千畳敷カール・・・動画見ました・・・

絶景ですね、いつか行ってみたいです!

  • #-
  • ガイア
  • URL

2012.05.17 Thu 22:13  |  ガイア様

ガイア様、こんばんは!コメントありがとうございます。

千畳敷カール、素敵ですよねー。是非実際に見て頂きたいです☆
雪のない、お花畑から紅葉までの季節は本当に短くて、その間に観光客さんを含めて大勢の方が訪れますので、登山道の状況や混雑状況などを事前にチェックされることをお勧めします!

2012.05.22 Tue 19:29  |  冬の木曾駒

山女子さん、はじめまして。
いつも楽しみに読ませてもらってます( ´ ▽ ` )ノ
昨日、雪の木曾駒&宝剣に登ってきました。
紺碧の空と真っ白の岳がすばらしかったです。
夏の木曾駒も魅力的ですね。
行ってきます!

  • #-
  • みゆ蔵
  • URL

2012.05.25 Fri 23:02  |  

御無沙汰してました。
ご自身の原点に・・・よかったですね♪

木曽駒から空木の縦走も時間があればやってみたいですね~。頂上下のテンバはあまり混まないらしいですよ。私は宝剣山荘に一泊しましたが、ご飯美味しかったです。

それにしてもやはり高度感には強いですね、宝剣の下から、見てて、よくあんなところに立てるもんだ・・・と思ってましたが(笑)

さすがです!

2012.05.29 Tue 21:47  |  みゆ蔵様

みゆ蔵様、こんばんは!コメントありがとうございます。

雪の木曽駒&宝剣、素晴らしいでしょうねー!
季節によって、表情が全く変わってくるのも山の魅力ですよね。
夏の木曽駒も、是非!

私も今度は冬の木曽駒にお邪魔したいです☆

2012.05.29 Tue 21:57  |  mahnian様

mahnian様、こんばんは!コメントありがとうございます。

はい、ようやく自分の原点となる山を歩くことができました!

空木岳への縦走、私も是非してみたいと思っています。テントもいいですよねー。
しかし山荘のご飯が美味しいとは、それも魅力的ですね☆

宝剣岳の山頂は1人ずつしか立つことができないので、高度感よりも注目を浴びてしまうことの方がちょっと抵抗ありました(苦笑)

2012.06.20 Wed 15:13  |  こんにちわ[e:420]

【山女子】誕生のキッカケとなった千畳敷から宝剣木曽駒
去年7月に登ってらっしゃってたんですね(^O^)おめでとうございます


そぉなると3年越しの小鹿野二子山のレポも早く観たくなりますなぁ

梅雨明け待ち遠しいですねo(^-^)o

2012.07.04 Wed 21:30  |  鳴神様

鳴神様、こんばんは!コメントありがとうございます。
返信が遅れてしまってごめんなさい。

はい、千畳敷カール~宝剣岳~木曽駒ケ岳をついに歩くことができました!
小鹿野二子山も登ってきましたよー。レポートはできるだけ早くアップできるよう頑張ります☆

2012.10.08 Mon 11:53  |  

こんにちは。ソースカツ丼おいしそうですね!どちらのですか?

2012.10.09 Tue 22:53  |  inie様

inie様、こんばんは!コメントありがとうございます。

ソースカツ丼、どこのお店で食べたのか忘れてしまいましたー(泣)ごめんなさい。
写真も見てみたのですが、丼のアップしか残っていませんでした・・・e-330

2012.10.20 Sat 08:42  |  初めまして

この記事を読ませてもらってから、乗鞍岳と宝剣岳・木曽駒ケ岳に登りました。同じ道を辿ったのでとても参考になりました。
二日間共素晴らしいお天気に恵まれ、今までにない絶景を楽しむことができました。
デジブックにまとめてみました(^J^)

2012.10.23 Tue 22:59  |  猫太郎様

猫太郎様、こんばんは!コメントありがとうございます。

乗鞍岳と宝剣岳・木曽駒ケ岳登山お疲れ様でした!
2日間ともお天気に恵まれたとは素晴らしいですねー☆きっとものすごく楽しめたでしょうねe-454

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/359-66caf911
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2012.05.16 20:05

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。