スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2011.08 国師ヶ岳・北奥千丈岳登山

国師ヶ岳(2,592m)・北奥千丈岳(2,601m)/山梨県山梨市牧丘町ほか

今回のルートマップはコチラ(ルートラボ)

8月といえば、下界はすっかり真夏の気候
こんな時は涼しい高山へと自然に足が向いてしまいますね(笑)

その週末は、天気予報があまり良いものではありませんでした
そのため、比較的予報のましなエリアで、高山ながら非常に短い行程で歩き通すことのできる国師ヶ岳~北奥千丈岳へお邪魔することにしました!

同行者さんに出してもらった車で、登山口である大弛峠までやってきたのは朝8時頃のこと。
この時すでに駐車場はほぼ満車の状態でした。

トイレを借りて、装備を整えると、いよいよ登山開始!
この大弛峠、すでに標高が2,360mもあるんです。行程は短いですが、油断せず行きましょう!

こうして歩き始めるとすぐに、雰囲気のある小屋が現れましたー。
こちらが、大弛小屋ですね。
大弛小屋

そして、ここの看板がとっても素敵なの
素敵な看板!

私たちは、北奥千丈岳方面へ進みます。
道がとてもよく整備されていて、びっくり!
整備されています

こうして私たちは、高山らしい雰囲気をした針葉樹が立ち並ぶ森の中を、快適に歩いていきました
木々の足下には苔がふかふかに敷き詰められていて、その合間からキノコたちがぴょこぴょこ顔を出しています。

大弛峠にやってきた頃は青空も覗くようなお天気でしたが、歩き始めると徐々に雲が増え、うっすらとガスがかかるようになってきました。
それでも、この森にはこういうお天気がすごく似合うと思うんです

夢の庭園への分岐を通過してしばらく進むと、木道(階段)が終わり、岩の転がる土の道が出てきました。
そこをさらに進んでいくと、開けた場所に出てきましたー!
立ち枯れの木々が印象的ですね
立ち枯れの木々

登山開始時には少しだけ期待を持っていた見晴らしですが、残念ながら真っ白でした

それでも、身近な景色が私の目を楽しませてくれます。
ほら、ここにはとっても美しいゴゼンタチバナの花が
花がキレイ!

そこからさらに、大岩の転がる道を進んでいくと・・・
岩がごつごつ

山頂標識がありました。前国師岳山頂に到着ですー!
前国師岳

景色は、うーん・・・残念ですがっ
少しだけ、頭の真上に青い空が見えたんですよー!

それから私たちは、再び深い森の中へと吸い込まれていきました。
深い森へ

階段を下って少し進むと、今度はおしゃれなえりまきを巻いたキノコが登場!
テングタケの仲間のようですね。「えへん」と威張って立っているようにも見えます(笑)
立派なキノコ!

そして、そのキノコのいるところから2分ほどで、国師ヶ岳と北奥千丈岳の分岐、三繋平にぶつかりましたー。
今回は先に国師ヶ岳へお邪魔することにします。
三繋平の分岐

この辺りの道はとても良く整備されていて大きなアップダウンもなく、とても歩きやすかったです。
森の生き物たちとの出会いが楽しくて、私は写真を何枚も撮りながら、ゆっくり歩いていきました。

ほんのり霞む森の景色も、すごくいい雰囲気ですよね。
駐車場からそれほど長い時間を歩いたわけでもないのに、これだけ美しい森に出会えるなんて、すごいことだなぁ。
雰囲気ある森

やがて、細い道に大岩が転がる、少し歩きにくい登りになりましたー
細い道

すれ違いの難しそうなこの道を一気に登っていくと、森を抜けてぽっかりと開けた場所へ出てきました。
ここが、国師ヶ岳山頂です!
国師ヶ岳

この山頂も、白っぽい大岩がごつごつとしていて、荒々しい雰囲気です。
大きく開けているので、きっと晴れた日には眺めがいいんだろうなぁー!
今回は遠くの景色は望めませんでしたが、周辺の濃い緑の森の様子を眺めることができました。

うーん、だいぶ雲が増えてきちゃったなぁ。雨が降るかもしれないから、早めに戻ろう。
こうしてきた道を引き返し、三繋平の分岐まで戻ってきたところで、パラ・・・パラ・・・と弱い雨が落ちてきてしまいましたー!

私たちは取り急ぎ、レインジャケットとザックカバーを装備しました。
そして、岩の転がる細道を一気に登っていくと、数分で北奥千丈岳に到着しましたー!
北奥千丈岳

この周囲にはハイマツやシャクナゲが生い茂り、その所々に大きな岩が突き出していました。
とても目を引く光景で、ゆっくりと眺めていたかったのですが・・・今日は早々に引きあげることにしました

雨が降ってきて少しテンションが下がりかけた私に、森はこんなに素敵な出会いを用意してくれていました。

ほら・・・足下からそっとこちらを見上げている、キレイなキノコさん!
キノコがいます!

キノコも苔も若葉たちも、みんなツヤツヤに輝いて、生き生きとしているように見えました。
そうだね。これは山の生き物たちにとって、恵みの雨なんだよね。
雨は、森の命を育むありがたいものでもあるんだよね!

足取りに再び力が戻ってきた私に、山の神様からちょっとだけご褒美を頂きました。
雨が止み、雲がほんの少しだけ晴れてきたんです!

わぁ、見える!向こうの荒々しい山肌が見えるよー!
少しだけ、景色が・・・

雲が切れて、青い空も見えましたー!
青空も!

私はすごく幸せな気分になって、整備された木道を快適に進んでいきました。
整備された道

やがて夢の庭園への分岐にぶつかったのですが、天気も少し持ち直してきたので、寄ってみることにしました。
整備された道を少し進むと、とても大きな岩がいくつも積み重なったような場所に出てきましたー!
周囲には背の低い木々が生い茂り、確かに庭園のように見えます。

この辺りにはベンチなど休めるような設備があり、お弁当休憩をされているグループもいました。
私たちも腰を下ろして、少し休憩することにします

フリーズドライのたまごスープと、コンビニで買ってきたおいなりさんの簡単な食事でしたが、ようやくゆっくりと座ることができたので、少しホッとしました

雨は上がっていたものの、まだ雲が多く残っていて見晴らしはなかったので、この付近の大岩の写真を1枚。
夢の庭園の大岩

それから私たちは、晴れたらきっと景色が素晴らしいであろう木道を下っていきました。
晴れたら見晴らしが良さそうだなー

行きに通った登山道と合流すると、そこから大弛小屋までは10分ほど。
こうして無事に大弛峠へと戻ってくることができた私たちは、甲府名物の鳥もつを食べるために下界へと車を走らせたのでしたー(笑)


駐車場からごく短い行程で、標高2,500mを超える山々を歩けてしまう今回のコース。
お天気がイマイチで、眺望を得られなかったことは残念でしたが、森の雰囲気や、様々な生き物たちとの出会いを楽しむことができ、良い山行になりました!

次回は是非、晴れた日にお邪魔してみたいと思います!

【終わり】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2012.06.09 Sat 06:32  |  

yamajoshiさん、おはようございます。♪
大弛峠は金峰山へ最短の登山口でもあって、いつも混みますね。
私は、国師ヶ岳~北奥千丈岳の良く整備された道は「皇太子の道」と呼んでいまーす。(^<^)
夏はまさに避暑地の夢の世界が広がりますね。
のんびりと過ごしたい快適な山でしょう。(^^)/

2012.06.09 Sat 07:02  |  

ここは行きたくて行きたくて堪らない場所のひとつです。ここから金峰山へも行きたいです。
写真がとても分かりやすくて、嬉しいです。
下界から駐車場までの案内写真があると、もっと大勢の方にここの素晴らしさがつたえられると思います……はっ、駐車台数が増えてしまう!?

2012.06.09 Sat 12:26  |  国師岳

いつも拝見させて頂いております。私も山好きで山友と一緒ですが
貴女は一人旅が好きですか、気兼ね無くてそれもいいかも知れませんが、友と分かち合える楽しみも格別です。
いつも思うのですが、顔を隠すのはどうかとおもいます。いっそのこと載せない方が賢明ではないでしょうか。綺麗な方がお化けでは台無しです。勝手なことを言ってお気を悪くしないでください。私のブログにも立ち寄ってください。一期一会ー出会いの瞬間(とき)
                          ブロ友より

  • #-
  • イーグル
  • URL

2012.06.10 Sun 22:16  |  クロちゃん

クロちゃん、こんばんは!コメントありがとうございます。

大弛峠は駐車場も広くないので、すぐに埋まってしまいますよね。
あのルートは皇太子様が登られたのですか!?

はい、大弛小屋に泊まってのんびり過ごすのも良さそうだなと思いました☆

2012.06.10 Sun 22:20  |  夢酔藤山様(2)

夢酔藤山様、こんばんは!コメントありがとうございます。

大弛峠から金峰山、私も歩いてみたいです!とっても楽しそうですよね。

アクセスなどの詳細情報も載せられるといいのですが、自分の登山の記録をアップするだけで精一杯になってしまって、ガイド的な内容がなかなか入れられません。ごめんなさい(>_<)
確かに、大弛峠は駐車可能台数も少なくてすぐに満車になってしまうので、あんまり大々的に宣伝しない方がいいかもですね(苦笑)

2012.06.10 Sun 22:24  |  イーグル様

イーグル様、こんばんは!コメントありがとうございます。

はい、登山や旅などは単独で出かけることも好きですe-454
ただ、最近は気の合う仲間が増えたので、単独で出かける機会がすっかりなくなってしまいました。

写真の件ですが、確かに写真加工をする手間もあるので、今後は特に必要が無い限りは顔が写っている写真は載せないことにしますね!

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/366-5da04082
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2012.06.10 01:55

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。