スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2011.08 白馬岳登山(1)

白馬岳(2,932m)・小蓮華山(2,766m)・乗鞍岳(2,469m)/長野県北安曇郡白馬村ほか



この夏もちょこちょこと山へお邪魔していた私ですが、そのほとんどが日帰りでした。
もちろん日帰り登山も楽しいのですが、せっかくの夏山、山に泊まってどっぷり自然に浸かりたい!
というわけで、以前から興味のあった白馬岳へ1泊でお邪魔することにしましたー!

同行者さんの都合が急に悪くなってしまったり、直前まで天気予報がイマイチだったりとバタバタしましたが、なんとか別の同行者さんが決まり、計画と荷物もまとめ終えて無事に夜行バスへ乗り込むことができたのでした。

環境が変わるとなかなか寝付けない私(だったはず)なのですが、登山を始めてから夜行バスには何度かお世話になっているせいか、細切れながらもしっかりと睡眠を取ることができました
特に朝方は熟睡で、ふと目を覚ますともう登山口の猿倉に到着していたというぐらいでした(笑)

猿倉荘の前には、準備をする登山者さんたちが大勢いらっしゃいました。
私たちも装備を整え、登山届に必要事項を記入します。

見上げれば、びっくりするほどの青空と美しい雲が広がっていました
猿倉荘

ここに来るまで、私はずっと天気のことが気がかりでした。
天気が悪い中、白馬大雪渓を通過することに不安を感じていたんです
イマイチだった天気予報は前日に好転しましたが、もし登山口に着いて天気が悪かった場合には、そのまま町に下りて温泉1泊旅行に予定を変更するつもりでした。

だから、この青空を見た時には本当に嬉しかったです!
「登れるんだ」っていう強烈なワクワク感と、山の厳しさにも向き合う2日間に踏み出す緊張感とで、体中がビリビリとしびれました。

さぁ、いよいよ出発です!!
最初はキレイに整備された砂利っぽい道を進んでいきました。
出発です!

渋滞するほどではないものの、前後に登山者さんたちの気配を感じながら歩いていきます。
前を行くご年配の男性グループに追いつくと、ちょっと立ち話。
皆さんはこれから白馬鑓温泉に向かわれるのだそうです。うーん、そちらのコースも楽しそうですよねー!温泉いいなー!

それから少し歩くと白馬鑓温泉方面への道が分かれ、私たちはそのまま大雪渓を目指します。
道端に咲くアジサイの花を愛でながら整備された道を快適に進んでいくと、前方の景色が開けてきました。

そこに見えた景色のあまりの素晴らしさに、私は思わず歓声を上げてしまいました!
「わーっ!!!!!!すごいーっ!!!
素晴らしい景色

緑と岩と残雪が織りなす、まさに高山といった雰囲気の迫力ある光景。
すごいなぁ。ここまで来ちゃったんだなぁ。これから2日間、あの世界を歩けるんだなぁ
登る前から心臓がドキドキしてきました(苦笑)

そして私は所々に雪解けの沢を見ながら、あの世界へどんどん近づいていきます。
進みます

「すごいなぁ・・・本当にすごい・・・
この光景の夢のような美しさは、私の知っている言葉を片っ端から拾い集めたって、到底表現できるものではありませんでした。
だから私はただ、「すごい、すごい」とばかりつぶやきながら進んでいきました(苦笑)

遠くの景色だけではなく、すぐそばの緑の中にも沢山の心ときめく出会いがありました!
街中ではあまり見かけないような花や、ものすごく大きなカタツムリなどなど・・・
後者は苦手な人もいると思うので写真掲載は自粛します(笑)

こちらはヤマハハコかな?丸っこいのがとってもかわいいし、純白ですごくキレイなんです!
かわいい花

こうして快適に歩いていくと、白馬尻小屋に着きましたー!
「おつかれさん!ようこそ大雪渓へ」
こういうメッセージを見ると嬉しくなりますね。
いよいよだなぁー
ようこそ大雪渓へ!

しかし、8月後半とあってだいぶ雪は融けているようです。
雪渓はまだ見えませんねー。小屋前で少し休憩をしてから、私たちは先へ進みました。
先へ進みます

10分くらい歩いた辺りから沢には雪が出始めましたが、まだ脇の夏道を歩くことができました。
大雪渓

そして小屋から30分弱くらい歩いたところで、いよいよ雪渓へ入ることになりました!
6本爪アイゼン(エバニュー 巾調節式6本爪アイゼン)を装着します。
他の登山者さんたちも、皆さんこの場所で軽アイゼンを装着されていました。

そして、雪渓へと足を踏み出します。
魚のウロコやゴルフボールのようにボコボコとした雪面はぎゅっとしまっていて、アイゼンの歯がザクッ、ザクッと面白いように刺さります
スタート!

これまで軽アイゼンを何度か使用してきましたが、これほど長い距離を歩くのは初めてのこと。
体力を消耗しないようにのんびり登りたいところですが、なかなかそうもいきませんでした

それは前後に登山者さんが多くいたこともあるのですが、もうひとつの事情があったんです。

クレバスと落石

ルートのすぐ脇を走る亀裂、そして隕石みたいな大きな石。
写真のものはまだ序の口かもしれませんが、クレバスや落石など、ここには危険がいっぱい潜んでいるんです。
そのため、雪渓上でのんびり休憩したり、ぼんやり歩くのは危ないことなんですよね

ところどころにこうした注意喚起のメッセージも置かれていましたよー
雪上の注意書き

今回の登山計画を立てる中でも一番気にかけていたのが、この大雪渓でした。
過去発生した事故の事例も調べて、もし悪天候で視界が悪かったら、ここを通るのはやめようと決めていました。

幸い、今回は天気も良く視界も良好!
そこで、足下や両脇に聳える岩壁に神経を集中させながら、どんどん登っていきました。
雪の上には赤いマーキングや踏み跡があるので、道を外れないように気を付けながら進みます。

傾斜は結構出てきていましたが、アイゼンがよく効いて、とても歩きやすかったです。
それにこの景色!まるでどこかの国の氷河を歩いているみたい。
雪上を渡ってくる風はひんやりとしていて、とても快適でした
すごい景色です

やがて雪渓が終わり、大岩がゴロゴロと転がる道へとぶつかりましたー。
私たちはアイゼンを脱いで片付けます。

振り返ると、雪渓上にガスが低く立ち込めていました。
ガスの向こうから次々と現れる人々のシルエットがすごく幻想的で、私は思わずシャッターを切りました。
まるで別の世界からワープしてきたみたいだね。ようこそ、"雲の上の世界"へ!
ガスの向こうから、人

ガスがかかる前に雪渓を抜けられたのは良かったですが、この先もまだまだ登りが続いています。
落石の危険も残っているので、あまり長くは休まずに、岩だらけの道を登り始めました。

しかし、この先の傾斜がかなりきつく感じました
雪渓を離れると体感温度も上がり、かなり暑くもなってきましたー。
加えて歩きにくい岩がちな道は、時折雪解け水が押し寄せて沢のようにもなっています。

こ、これはきつい・・・!!

そして、ついに前方までガスが回ってきてしまいましたー
精神的にも体力的にもかなり消耗してきましたが、雨に降られなかったことは幸いでした。
岩だらけの急坂

それに、遠くの景色は白く霞んでしまいましたが、あちこちにキレイな花が沢山咲いていたんです
花たちに元気を分けてもらい、同行者さんと励まし合いながら、一歩ずつ登っていきました。
花に励まされます

そして、避難小屋に到着しましたー。
避難小屋

今日はこの先にある白馬岳頂上宿舎に宿泊する予定です。
私たちは地図を広げながら、
「あとどれくらいだろう?」
「うーん、1時間くらいかかるかもねー・・・」
などと話し合いました。

慣れない軽アイゼンで長く歩いてきたことや、思った以上に蒸し暑かったこともあり、普段以上に疲労感がありました
まだまだ先は長く感じられましたが、自分の足で進んでいくしかありません。

よーし、頑張るぞー!!

こうして、ガスにうっすらと霞む登山道を、一歩一歩、自分のペースで登っていきました。
沿道で声援を送ってくれる花たちを視界に入れながら、ひたすら前へ進みます。

そして40分くらい登ったところで、ふと見上げた先に建物があったんです。
建物が見えてきた!

「あれっ!?あの建物って民家じゃないよねぇ・・・?
「もしかして、頂上宿舎では!?

予想よりもずっと早く目的地が見えてきたことに驚いて、私たちは急にテンションが上がりました(笑)
そして、そんなパワーが残ってたの?というくらいペースアップして建物へと近づきます

やがて、立派な建物の前までやって来ましたー!
本日の宿に到着ですっ!!
白馬岳頂上宿舎

「着いたー!!
「やったー!!

山頂に着いたわけではありませんが、私たちは大喜び(笑)

実は今回ちょっとリッチに泊まる予定で、個室を予約していたんです。
割り当てられた部屋へ行ってみると・・・

おおーっ!!普通の旅館みたい!
個室

大きな窓もあって、外の景色も眺められるようになっていました。
今日はぐっすり眠れそうだなぁー

私たちは部屋で一息つくと、最低限の荷物を持って小屋を出ました。
まだお昼前だったので、周辺を少し散策することにしたんです。

小屋を出ると、辺りのガスはだいぶ薄くなってきていました。
少し登ったところから、テント場の全容が見下ろせます。
時間が早めだったせいか、テントはまばら。いつか私もテントをかついで登ってきたいなぁー。
テント場

そして、テント場の向こうに見えるこんもりとした山、丸山まで散歩しました。
のんびり歩いていると、お花畑の向こうのガスが切れて、雪の残る旭岳が姿を見せてくれています。
素晴らしい景色

本当に、夢のような素晴らしい景色

丸山から見る杓子岳、白馬鑓ヶ岳は、残念ながらガスでほとんど隠されてしまっていました。
まだまだ時間もあるので、もしガスが切れたらまた見に来ることにします!

そして私たちは適当な岩場に腰を下ろしてのんびりと軽食をつまみました。
目の前にはお花畑。ものすごく癒されます
お花畑

この時、大雪渓や急坂を無事に登り切った安堵感が、どっと押し寄せてきました。
私たちは部屋に戻ると、ぐっすりと昼寝をしたのでした(笑)

【次回へ続く】
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/371-a09df8bb
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2012.06.25 14:02

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。