スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2011.08 白馬岳登山(2)

白馬岳登山、(1)の続きです。

無事山小屋へたどり着き、少しお昼寝をすることにした私たち
が、個室の居心地がよほど良かったのか、「少し」のつもりが2時間ほどぐっすり眠ってしまいました(笑)

16時前にようやく目を覚ますと、私たちは調理道具を持って小屋の外にあるテーブル&ベンチのところに出て行きました。
山ご飯は自炊したかったので、今回は素泊まりなんです

見上げた空は高く、青いキャンパスに筆で撫でたような白いすじ雲が薄く流れていました。
しかし、眼下には一面に雲が湧いていて、下界の様子を窺うことはできませんでした。
それはまさに、雲の上の世界の光景でした

そんな素晴らしい景色を眺めながら、具沢山の永谷園 煮込みラーメンを作りましたー!
煮込みラーメン

この煮込みラーメン、以前自宅で食べて美味しかったので持ってきたのですが・・・山で食べるとさらに美味しい!!
茹でたお湯をそのままスープにできるし、ずっと鍋に入っていても麺が伸びたりしないんですよー。
麺を食べ終わったらご飯を入れておじやも作りました。これも美味しいっ!
この時をきっかけに、その後の登山ではこの煮込みラーメンがかなりの頻度で登場することになりました(笑)

私たちが食事をしていたテーブルから少し前に出ると、杓子岳や白馬鑓ヶ岳方面の景色がよく見えました。
傾いた陽射しを受けてほんのりとオレンジ色に染まる山肌がとてもキレイですねー
杓子岳、白馬鑓ヶ岳方面

んっ・・・?
ってことは、反対側に回ったら夕陽が見えるんじゃないのかな?


私たちは慌てて荷物を片づけ、丸山方面へと移動しました!
すると・・・今まさに、雲海の向こうへ落ちて行こうとする太陽に出会うことができたんです。
夕陽

「わぁ・・・・っ!!

私は小走りで丸山へと向かいました。
丸山の山頂周辺には、すでに何人もの登山者さんたちがいて、冷たい風に身を縮めながら夕陽を静かに眺めていました。

雲海の上に浮かぶ山のシルエット、あれは剱岳でしょうか。
その向こうに湧き上がる雲の塊はオレンジ色に染まりながら、まるで生き物のようにじわじわと形を変えていきました。
美しい夕景

白馬岳もガスが晴れて、白馬山荘と特徴的な形の山頂がはっきりと見えています。
白馬岳の山頂が見えました

やがて太陽が雲海の向こうに消え、辺りの人々が少しずつ去っていきましたが、私はしばらくその場にとどまりました。
そして、オレンジ色に輝く雲の海が、頭上から下りてくる濃紺の夜に少しずつ溶けていく様子を眺めていました。
これは・・・なんて美しい世界なんだろう。
日没後

こうして昼から夜へと移り変わる山の景色を目に焼き付けた私。
感動で胸を一杯にしながら、来た道を引き返して小屋へと戻りました。
明日も天気が良さそう!ご来光も楽しみだなぁー

こうして白馬岳登山の1日目を終えたのでした。


翌朝、まだ暗いうちに起きだして外で朝食のお粥を食べると、私たちは白馬岳山頂へ向けて歩き始めました。
山頂で日の出を迎えるには時間が遅かったのですが、白馬山荘の少し上くらいから見れたらいいなと思っていました。

意外と傾斜がある坂を、息を上げながらどんどん登っていきます
そして、白馬山荘前を通過。まだ薄暗いので写真がぶれてしまいましたが、こちらもかなり大きくて立派な山小屋ですねー!
白馬山荘

私たちは小屋の少し先にある、大きく開けた場所に落ち着きました。
すっきりと晴れた空の下には、一面に雲海が広がっています。
そして・・・太陽が顔を出しました!
ご来光

太陽はあっという間に空に浮き上がり、まぶしい光を放ち始めました。
寒さで凍える身体に、熱がじんわりと伝わってきます。

眼下の岩肌も、朝陽を受けて輝いていました。
朝陽に照らされて

朝がきた。よし、今日も頑張ろう!
こうして私は登山2日目のスタートを切りました。
いざ出発!

ご来光待ちをしていた場所から白馬岳山頂までは、ほんの10分ほどの距離でした。
とはいえ、ザレた急坂なので、朝一番の身体にはなかなかこたえます

こうして息を弾ませながら、山頂標柱のところまでやってきましたー!
白馬岳、無事登頂です!
白馬岳頂上

この山頂からも、実に素晴らしい眺めが広がっていました。
朝陽に照らされて輝く山々の、なんと険しく美しいことか
崖っぷちに立ってる人、すごいっ!!
振り返る

そして、これから進む道も見えました。
この美しい稜線をひたすら歩いていけるなんて。幸せすぎます!
これから進む道

こうして歩き始めた私たち。
目指す道ははっきりしているので迷う心配はありませんが、小石で足を滑らせないように注意して進みます。

少し下って、振り返った景色がこちら。白馬岳の山頂って、本当にものすごい形をしてますよねー。
振り返った山頂

さぁ、進もう。
この上ないお天気の中、こんなにも素敵な道を歩かせてもらえることが本当に嬉しいです
進みます

そして、そんな私にさらなる幸運が訪れました!

あっ!!あれは・・・コマクサさんっ!!
コマクサさん!

時期がもう終わりだと思っていたコマクサさんが、1株だけ咲いていたんです!
実は昨日、白馬岳頂上宿舎周辺でウルップソウさんらしき植物に出会えたものの、花はすっかり終わっていたんですよね
そのこともあって、この時のコマクサさんとの出会いは私にとってとっても嬉しいサプライズでした。

いつか、群生しているところを間近でじっくり眺めてみたいなー。

その先も、色んな花が咲いていました。

これは、毛深くなさそうだからイワギキョウかな?ものすごく険しい岩場に花を咲かせていました。
イワギキョウかな?

チングルマさんは花が終わってふさふさ状態に(笑)
風を受けて気持ち良さそうにそよいでいます!
ふさふさのチングルマ

振り返れば、白馬三山の迫力ある姿が目に飛び込んできます。
昨日は途中からガスに覆われてしまった景色も、今日はこんなに鮮やかです
白馬三山

こうして、白馬岳の頂上から夢のような縦走路を歩くこと1時間ちょっとで、小蓮華山の山頂にたどり着きました!
剣の刺さっている山頂一帯は、崩落の危険があるため立ち入り禁止になっているようです。
というわけで、トラロープの前に立てられた山頂標識で記念撮影をしました
小蓮華山山頂

(顔を消した自分の写真を載せることについてご意見を頂いたので、できるだけ避けたいのですが・・・山頂標識と剣が写っている写真がこれしかなかったので、ご了承下さい
また、通りがかりの登山者さんが写っている場合も、一部加工して掲載させて頂いてますので、そちらもご了承下さい)

時間的なこともあってか、ここは白馬大池方面からと、白馬岳方面からの両方向の登山者さんたちが集まって賑わっていました。
素晴らしい天気と眺望に、皆さん本当に楽しそう!今日ここを歩けた皆さんは、私も含めて本当にラッキーでしたよねー

それでは、先へ進みます!

【次回へ続く】
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2012.06.27 Wed 22:42  |  強力伝

こんばんは。
 
山頂の標識、新田次郎の強力伝 思いだします。
人が担ぎあげた物とは思えませんね。

こんなに素晴らしい山行を味わったのではもうどうしようもない、山女子さんの足を止めてくれる相手は大変そう。 (^.^)


私の考えですがブログは本人の物、コメントしてくれる人の意見も大切ですが自分の考えも大事。

でも私も奇麗な山女子さんの素顔を見てみたい。

これからもブログ楽しみにしています。

山も仕事も頑張って下さい。

2012.06.27 Wed 23:17  |  

ようこそ信州安曇野へ。

今年もまた、北アルプスへいらっしゃってくださいね。(^^)/~
信州人もどこかに登っているか、麓から応援してま~す。!!

  • #-
  • 信州人
  • URL

2012.06.29 Fri 15:24  |  晴天快調ですね♪

いつも素晴らしい山を登られますね♪

天候、相方の都合などで最近ガッツリ登山できてません…

山女子さんのブログで、少しだけ登ったつもり気分だけ味わってます(^o^)


続き楽しみにしてますね♪

2012.07.04 Wed 21:37  |  tahara_t2様(2)

tahara_t2様、こんばんは!コメントありがとうございます。

はい、この時の白馬岳登山は本当に素晴らしい思い出になりました!

そうですね、ブログに遊びに来て下さる全ての方のご要望を反映させていくのはなかなか大変ですね。
インターネット上には色々な方がいらっしゃるので、一般登山者の私としては顔が分かるような写真はちょっと載せづらいのですがe-330、私が写っている写真の方が山の雰囲気が伝わる場合などは、今後も顔を消して掲載させてもらうかもしれません!

2012.07.04 Wed 21:39  |  信州人様

信州人様、こんばんは!コメントありがとうございます。

北アルプスには是非お邪魔したい場所や歩いてみたいルートが沢山あります☆
今年もどこかへ行けるといいなと思っていますe-454

2012.07.04 Wed 21:41  |  鐚様

鐚様、こんばんは!コメントありがとうございます。

山に登らせてもらうたび沢山の素敵な出会いがあるので、山には本当に感謝しています☆

天気やスケジュールなどがなかなかうまくいかないこともありますよねー。
そんな時は地上でエアー登山ですねっ(笑)

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/372-a83b559c
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2012.06.30 04:05

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。