スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2011.11鳥ノ胸山登山

鳥ノ胸山(1,208m/山梨県南都留郡道志村)



■参考マップ
山と高原地図 28 丹沢


今回は、バイクでのツーリングを兼ねた登山に出かけることにしましたー

バイクでの移動は少なからず体力を消耗するので、出来るだけ近場で、行程の短い山が良さそう。
どの山に行こうかなーといくつかの地図を広げていたところ、なんとも風変わりな山の名前に目が留まりました。
「鳥ノ胸山・・・?」

山と高原地図によれば、この山の名前は「とんのむね」と読むようです。(ホームページや登山中の標識には、「とりのむね」や「とんのむれ」と書かれているところもありました)
場所は「道の駅どうし」の裏手、行程は片道2時間かからないとあって今回の条件にもぴったり!
こうして、「一体どんな山なんだろう?」と興味津々で鳥ノ胸山へとバイクを走らせたのでしたー。

道の駅どうしに着くと、裏手にはこんもりとした山々の姿が見えていました。
「あの辺りが鳥の胸っぽいのかな?」なんて言いながら、私たちは橋を渡って登山口へと向かいました。
道の駅どうしの裏側

橋を渡った先にゲートがあって、そこに貼ってあった地図がものすごく分かりやすかったので1枚(笑)
案内図

ここからしばらくは、キャンプ場の中の遊歩道を進んでいきます。
すると、ものすごーくキレイに紅葉している場所があったの!!
紅葉の道

うわー!すっごーい!!

地面にも赤や黄色の葉っぱが沢山落ちていて、まるで秋色の星空みたいです
地面も紅葉!

こうしてはしゃぎながら歩いていき、道志村グリーンロッジの建物を過ぎると、鳥ノ胸山登山口にたどり着きましたー。

そして背の高い植林に囲まれた静かな山道を登り始めると、そこには驚きの光景が広がっていたんです。
それはまさしく、「鳥ノ胸山」ならではの光景と言うべきなのでしょうか・・・。



巣箱、みっしり!!(笑)
巣箱だらけ



地元の子どもたちの活動の一環で取り付けたのかなぁ?かなり低い位置に無数の巣箱が並んでいる様子は、さながら団地のようです。
さすがに小鳥たちもなかなか入居しづらいようで、空き家ばかりでしたが・・・とっても不思議で面白い光景でした!

それから私たちは、山頂目指して登っていきます。
まだ巣箱団地が続いてますよー(笑)
登ります

しかし・・・笑いながら気楽に登れたのは最初のうちだけでした。
登っていくほどに、傾斜がどんどんきつくなっていったんです。
ここは山頂までの距離が短いものの、かなり急激に高度を稼いでいくコースのようですねー
結構急です

また、ここは知名度のあまり高くない山のためか、辺りに人の気配は全くありませんでした。
道ははっきりしていますが、多くの人が歩いて踏み固めたような感じではありません。

そんな時、数十メートル前方の登山道上を、何者かが駆けていきました!
犬のような姿とふさふさの尻尾に見覚えがあります。
「あっ!!キツネだぁ!!

残念ながら写真には撮れませんでしたが、確かにそれはキツネでした。
山でリスや鹿に出会ったことはあったけど、キツネは初めてかもー!!
静かな山ならではの出会いに、テンションが上がりました

これまで熊鈴を大きく鳴らしながら登っていたのですが、生き物たち(熊以外の・・・)との出会いを期待して、鈴の音を少し控えることにしました。
その分、辺りの生き物の気配に神経をかなり集中させながら登りました。

いやー、それにしても・・・きついですっ
私はゆっくりペースを維持しながら、小刻みにジグザグを切って登っていきました。
急坂

こうして何とか急坂を登り切ると、だいぶ落ち着いた雰囲気の道に変わりましたー。
もうすぐ山頂!

よーし、山頂まではあとちょっと!とスピードアップしたところで、すぐ先の登山道からガサガサッと大きな物音がしたんです。

「わわわっ、何っ!?

びっくりして立ち止まると、藪へ消えていったのは大きなキジのメス!
やっぱり写真は間に合いませんでしたが、嬉しい出会いに急坂の疲れも吹き飛んだのでした

それから進むこと数分で、鳥ノ胸山の山頂に到着しましたー!
鳥ノ胸山山頂

ここは西側が開けていて、目の前に富士山を望むことができます
いやー、絶景ではありませんかー
富士山がキレイに見えています!

私たちは早速、後で誰かが来ても邪魔にならないような場所に腰を下ろしてごはんを食べることにしましたー。
今回は自宅から持ってきたおでんを、その場で温め直しました!

そして実現した、富士山とコンニャクのコラボレーション(笑)
見晴らしの良い場所で食べるご飯は、美味しさも倍増ですよねー。
おでんと富士山(笑)

こうしてのんびりと山頂で過ごしていた私たち。
すると、数人のグループ登山者さんが下から登ってこられましたー。
今回の登山中、人間に出会うのはこれが初めて(笑)結局下山まで、こちらのグループ以外の方と出会うことはありませんでした。

皆さんと軽く挨拶を交わしてから、私たちは荷物をまとめて下山を開始しました。
来た道を戻るのではなく、少し遠回りして南峰~雑木ノ頭~道志の森キャンプ場を経由して下山することにします

こうしてまずは南峰に向かって下り始めたのですが、これがかなりの急坂でした
すらっと高く伸びた植林が生い茂る道に、目が回りそうです(苦笑)
目が回りそう

その先が南峰なのですが、先ほどの頂上のように展望の良い広場があったり標柱が立っていたりすることはないようで、何となく通過してしまいました
そこからさらに進むと、少し開けた場所に出て、このような道標が立っていました。ここが雑木ノ頭のようです。
雑木ノ頭

ここからはキャンプ場に向けて下っていきます。
こちらのルートでは、ボーイスカウトの子どもたちが手作りの案内看板を設置してくれていました
カラフルでとっても素敵でしょ?こっちから登ってたら、きっとものすごくパワーをもらえただろうなぁ
手作り標識

しかし・・・ここからの下りも、短い時間ではありましたがかなり急なところが多かったです
急坂です

こうしてなんとかキャンプ場まで下りてくると、ようやく道がなだらかになりましたー。ホッ
ここから道の駅まで、お散歩気分でトコトコと30分ほど歩いて戻ります。

登山口のところにもありましたが、こちらにも素晴らしい紅葉の木がありましたよー!
木の真下に立って見上げると、視界に入る空がみーんな秋色でした。
紅葉の大木

こうして最後まで沢山の出会いに溢れていた鳥ノ胸山登山は、無事終了!私たちは道の駅で買い物を楽しんで、帰路に就いたのでした。
戻ってきましたー


今回はツーリングを兼ねて、軽めのハイキングのつもりで鳥ノ胸山にお邪魔しました。
歩行時間が短く標高差もあまりないはずでしたが、実際に登ってみてびっくり!登りごたえ十分でした
また、キツネやキジ、そして富士山の眺望のほか、沢山の巣箱や子どもたちの手作り標識など、面白いものにも出会うことが出来ました。

これからも、私なりの「隠れた名山」を見つけていけたらいいなと思います。
鳥ノ胸山は面白くて素敵な山でした!今回もありがとうございました

【終わり】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2012.10.08 Mon 23:16  |  隠れた名山

こんばんは。

「隠れた名山」 そうですね登って見ると驚いてしまう山、確かに有りますね。

「鳥の巣箱」こうい物が隠れた名山の証し? 面白いです(^_-)

地元の山は花崗岩の山が多く意外と険しい所が普通の遊歩道になっています、落ちたら間違いなく大けがをするような所でも手すり一つなかったりします。

色んなところへ行っているわけではないのですが、山にもその地方の雰囲気が有りますね、乗鞍と御嶽!隣同士で同じ火山でも登って見ると違います。

バイクツーリングこれからは気持ち良さそう、でも事故には気を付けて。

山女子さんの「隠れた名山」期待してます。

2012.10.09 Tue 22:57  |  tahara_t2様

tahara_t2様、こんばんは!コメントありがとうございます。

鳥ノ胸山はその名前も面白いですが、鳥の巣箱が鈴なりになっている光景もすごく面白かったです!
それに、野生のキツネに会えたことがとても嬉しかったですe-454

今後も、こうした静かで良い山に出会っていきたいと思います☆

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/393-bb1b9829
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。