スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2011.12 明神ヶ岳~明星ヶ岳登山

明神ヶ岳(1,169m)・明星ヶ岳(924m)/神奈川県南足柄市・箱根町



■今回のコース(出発&到着時刻)
大雄山最乗寺08:08→10:57明神ヶ岳11:30→12:55明星ヶ岳→13:47舗装道路に下山→14:24強羅駅

■参考マップ
山と高原地図 29 箱根


色々なことがあった2011年も、もうじき終わろうとしています。
今年の締めくくりはやはり、富士山を眺める山歩きにしたい!
というわけで、今回は箱根の山へお邪魔することにしましたー。

箱根エリアでは以前金時山にお邪魔をしましたが、他にも魅力のある山がいくつもあるんですよね
今回はどちらの山にお邪魔しようか・・・とあれこれ悩んだ結果、明神ヶ岳~明星ヶ岳を歩くことに決定
さらにそこから、どのコースにしようか・・・とこちらも悩みまして、最終的には大雄山最乗寺から登って強羅へ下りるコースに決めました


当日の朝、バスで大雄山最乗寺(道了尊バス停)へとやってきた私たち。
まだ時間が早いせいなのか、辺りに人の姿は全くありません。
凍えるような寒さの中、トイレを借りて準備を手早く整えると、私たちは明神ヶ岳へ向けて歩き始めました。
大雄山最乗寺からスタート

お寺の敷地内は杉の大木がずらりと立ち並び、とっても厳かな雰囲気。
「うわー、すごいなぁ。樹齢何年ぐらいなんだろう?
次々現れる立派な木々を見上げながら進んでいきました。

それから、指導標に従って登山道へ入りました。
その後一旦林道に出ましたが、再び土の道へ。

道はかなりしっかりと歩かれており、杉の並木道のようになっています。
張り出した根っこが印象的ですねー。
杉の木がすごいです

それから、登山道の土が削られて、U字状にえぐれているところもありました。
人が多く歩くからでしょうか。箱根エリアの登山道でしばしば見かける光景です。
その道の両脇には、霜柱が立ち始めましたよー。寒いっ!

そこからまたちょっと林道に出て、再び登山道へ入っていくと、その先に小さな小屋と広場がありましたー
「明神ヶ岳見晴小屋」って書いてあります
見晴小屋

小屋は普段人が利用している雰囲気ではなく、内部は少し壁が剥がれたりしているところもありました。
とはいえ、いざという時にはきっと、屋根があって風を避けられるだけでもありがたいでしょうね。
また、森の隙間に向こうの山と街並みを望むことが出来ましたよー

小屋の前に立っている指導標によれば、明神ヶ岳までは90分とのこと。
まだまだ先は長いですが、元気よく行きましょう

ここから先は道幅も広くなり、道も随分と明るくなってきましたー。
道の両脇には、発達した霜柱が至る所に見られました。

やがて、森を抜けたようで登山道の両脇は冬枯れの草原になりました。
空が大きく開けましたよー。うーん、開放感
開けましたー

そしてなんと、その先からは海が見えたんです!
海に光が・・・!!
露出の関係でどんより見えちゃってますが、雲の合間から太陽の光が落ちて、海面がまぶしく輝いていました。
そして、そのオレンジの海に浮かぶ島や船のシルエット・・・。本当にキレイ!

素敵な景色に出会えてテンションの上がった私たち
そこからすぐのところで、「神明水」という水場にぶつかりましたー。

「あっ、水場だー。水は出てるのかな?」
何の気なしに近付いてみると、そこには驚きの光景が・・・!!

パイプを伝って水が流れ落ちていたのですが、近くに生えていた草に水しぶきがかかって、こんなことになっていたんです!
凍ってる!!

「ひえええー!!草がつらら状態に!!
「アイスキャンディーみたい!!

ここまで、意識してあまり言わないようにしていましたが・・・
これを見てしまうと、言わずにはいられません。

寒――いっっ!!(苦笑)

じっとこの光景を見ていても余計寒くなるだけなので、どんどん進みましょう

こうして、水場の先から開けた草原の斜面を登っていった私たち。
登っていくほどに、後ろの方の景色がどんどん大きく開けてきました。
街、海、山、空・・・これは本当に素晴らしいです!
景色が素晴らしい!

「キレイだなぁ・・・
何度も立ち止まっては景色を眺め、カメラのシャッターを切りながら進んでいきました。

そこからしばらく、冬枯れの明るい道が続きます。
こうして歩き続けていると普通は身体が温まってきて、上着を1枚脱ぎたくなったりするものですが、今回は厚手のジャケットを着たままでちょうど良かったです。

何しろ、こんなに霜柱さんがお元気な気候なんですから(笑)
長ーい霜柱

それからまた一時的に、道は林の中へ入りましたー。
先ほどお話しした「U字状にえぐれた登山道」というのはこういう感じの道ですね。
えぐれた登山道

そして再び開けた笹原に出ると、明神ヶ岳と明星ヶ岳の分岐にぶつかりましたー!
まずはこのすぐ先にある明神ヶ岳へ
分岐です

この辺りは景色が大きく開け、歩きやすくてとても素敵な道でした。
しかーし!冷たい風も直撃するので、一段と寒さが増しましたー!!(苦笑)

手袋の中で手がじんじんとかじかむほどの寒さ。
この直前に九州の対馬へ遠征登山に出かけていて、海から吹き付ける冷たーい北西風を体験していたのですが(かなり寒かった)、明神ヶ岳への道はそれよりもずっと寒い気がしました

それでも、何とか無事に明神ヶ岳の頂上へ到着しましたー!!
明神ヶ岳頂上

山頂はまるで公園の芝生広場のようにとっても広くて、見晴らしもすごく良いんです
寒いけど、このまますぐにこの場所を去るのはなんだかもったいないなぁ。
というわけで、レジャーシートを敷いて腰を下ろすことにしました。

このままでは寒くていられないので、早速温かい飲み物を!と用意したのが、フリーズドライのアマノフーズ きのこのおみそ汁アマノフーズ 豆腐チゲスープ
温かい飲み物を・・・

これには救われました。特にチゲスープは唐辛子が効いていて、身体がとても温まりました
こうして私たちは、温かいスープと一緒におにぎりをほおばったのでした

実はこの時、雲が多くて富士山がほとんど隠れてしまっていました。
上の写真で、山頂標識の右側の奥にそれらしき裾野が見えているのが分かるでしょうか?(苦笑)

ご飯を食べながらしばらく粘った結果、何とかちょこっとだけ富士山が顔を見せてくれました!
富士山さん、ありがとう!今年の見納めです
富士山です!

こうして寒いながらも明神ヶ岳の山頂に30分ほど滞在した私たち。
それでは、そろそろ次なる山、明星ヶ岳へと向かいます!

私たちは一旦来た道を分岐まで戻り、そこから指導標に従って明星ヶ岳への道を進み始めました。
こちらも景色が開けていて、とってもいい道☆
明星ヶ岳へ

地形や方角の問題なのか、それとも徐々に雲が少なくなって陽射しが出てきたせいなのか、先ほどまでと比べると随分暖かくなってきましたー。
時々林に入ったり岩が転がったりしているところもありましたが、全体的に道は歩きやすく、快適に進んでいくことができました。

気付けばすっかり青空が広がって、ポカポカ陽気の陽だまりハイクになりましたよー!
その分、霜柱が融けたのかものすごく道がぬかるんでいるところもありました
ぬかるみがすごい

時々木や笹などに隠されることもありましたが、明星ヶ岳までの道も見晴らしは良好!
振り返れば、寒かったあの山頂(笑)や歩いてきた道が、スポットライトを浴びているかのように陽射しを浴びて輝いていました。とってもキレイ!
晴れてきました

こうして幾度かぬかるみ道をやり過ごすと、「直進→塔ノ峰95分、右折↓宮城野60分」の分岐に出てきましたー。
あれれ、明星ヶ岳はどこだろう?と思って良く見たら、指導標の真ん中に小さく「→明星ヶ岳頂上3分」って手書きの案内がありました(笑)

それでは・・・と直進すること3分で、案内通り明星ヶ岳の頂上にたどり着きましたよー!
明星ヶ岳頂上

こちらの頂上は「登り切ったてっぺん」というよりは、登山道途中のちょっと奥まったところにあるような雰囲気で、大きな山頂標識と小さな鳥居&石碑が置かれていました。
周囲は木々に覆われており、静かで落ち着いた場所でした

私たちは来た道を再び3分引き返して先ほどの分岐まで戻りました。
ここからは宮城野方面へ下山開始!

この先は樹林帯になったり、U字型にえぐられた道になったり、景色がぱぁっと開けたり・・・と変化しながらの下りになりました。
これは両脇に背の高い笹が生い茂った道。こちらも箱根らしい雰囲気の道ですねー。
笹の道

景色も素晴らしかったです!
素晴らしい景色

全体的に道は歩きやすく、40分ほどで舗装道路まで下ってくることができましたー。
道路に出る直前の斜面は一面ススキに覆われていて、とってもキレイでしたよー!
一面のススキ

こうして無事に下山を果たし、後は最寄りのバス停まで歩くだけ・・・
だったのですが、何を思ったのか「強羅駅まで歩けそうじゃない?」という話になりまして・・・

結果として何とか強羅駅までたどり着くことができたのですが、徒歩でいくのはあまりお勧めできません
今回の行程中、駅へとひたすら登っていくこの道が一番きつかったような気がします(苦笑)

という訳で、最後はどっと疲れが出たものの、無事に2011年の登山を締めくくることができた私でした。
今回も楽しい道と素敵な景色をありがとうございました!
ようやく強羅駅


2011年は、本当に色々なことがあった1年でした。
この1年を振り返って感じたことは、2011年12月末に「2011年のおわりに」というタイトルの記事としてアップさせて頂きました。

登山に関して言うなら、日本各地の低山から高山、そして海外の山に至るまで、色々な山にお邪魔することのできた年でもありました。
自分の成長を感じることもありましたが、それ以上に自分の至らない部分を感じることも多かったです。

これからも、登らせて頂く山に感謝しながら、一歩一歩を大切に、自分のペースで山登りを続けていきたいと思います。
皆さま、この一年もありがとうございました。
また2012年(の登山レポート)もよろしくお願いします!

【終わり】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2012.11.04 Sun 18:42  |  箱根

のんびり出来そうな山!
冬は木の葉も落ちて低山でも眺めが良くなってゆっくり楽しめますね。

寒い時は日当たりの良い山を探してうろうろしています。
今の楽しみは「山メシ」!
山女子さんのレシピをいつも楽しみにしています。

2012年! 楽しませて下さい。

2012.11.05 Mon 09:01  |  箱根ですか!

丹沢や箱根方面はなかなか行かれませんのでyamajoshiのブログでたのしませてもらってます。さすが富士の眺めが良いようですね!

山小僧は武甲山の橋立コースを行ってきましてこれで全コース制覇しました!
シラジクボから巻き道で長者屋敷の頭へもどり3時間コースですね!巻き道はザレガレ少々ありでも危険じやないよ!

では良い山行を!

  • #-
  • 山小僧
  • URL

2012.11.13 Tue 22:51  |  tahara_t2様

tahara_t2様、こんばんは!コメントありがとうございます。

はい、この時はかなり寒かったですが、景色も良くとてもゆったりと歩けそうなコースだと思いました。

山ごはんもまた色々とご紹介できたらと思っています!
2012年のレポートも、マイペースではありますが頑張ります☆

  • #-
  • yamajoshi
  • URL

2012.11.13 Tue 22:54  |  山小僧様

山小僧様、こんばんは!コメントありがとうございます。

はい、箱根の山は富士山が大きく見えて楽しいですー!

山小僧様は武甲山に登られたのですね。私は一度しかお邪魔していませんが、なかなか登りごたえのある山ですよね。
今度は別のコースから登ってみようと思います!

山小僧様も良い山行を☆

2012.11.16 Fri 08:55  |  いつも愛読してます★

行きたい山を先に登ってくれているので
とても参考になります(^o^)

今回のコースタイムを教えてもらえますか??

2012.11.17 Sat 22:02  |  りっち様

りっち様、こんばんは!コメントありがとうございます。

なかなかコースタイムなどの情報が載せられていなくてすみません(>_<)
取り急ぎ、当記事の最初の方に「■今回のコース」として大まかな時刻を載せてみました。

私の場合、写真を撮ったり景色を眺めたり動植物を観察したりとかなり寄り道が多いので、純粋な行動時間は計算しづらいのですが(苦笑)、少しでもご参考になるようでしたら嬉しいです☆

2012.11.22 Thu 15:58  |  いつも愛読してます★

日暮れが早いので
始発で行った方が良さそうな感じですね(^o^)


ありがとうございます★
参考になりました♪

2012.11.26 Mon 22:01  |  りっち様

りっち様、こんばんは!コメントありがとうございます。

そうですね。寒いですが、できるだけ早めに出発をした方が時間に余裕を持って行動できますねー(^-^)
どうぞ楽しんできて下さいね♪

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/397-6b2719f0
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。