スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2012.04西岳~編笠山テント泊登山(2)

西岳~編笠山テント泊登山、(1)の続きです。

富士見高原ゴルフ場から西岳を経て青年小屋のテント場までやってきた私たち。
夕食の合間に小屋の前から美しい夕焼けの景色を眺めました

その後、夕食第二弾(笑)を済ませ、早目に寝袋へと潜り込みます。

雪の上に設営したテントでしたが、厚手の銀マットのおかげもあってか底冷えすることはありませんでした。
気温自体もそれほど低くは感じられず、10月に泊まった大天井岳辺りの方がもっと寒かったように思います。
やっぱりもう春なんでしょうねーお陰でしっかりと眠ることができました


翌朝、私たちは5時前に目を覚まして動き始めました。
この日は編笠山を経由して下山するだけなので時間に余裕はあったのですが、雪の締まっている朝の内に残雪エリアを抜けてしまおうという考えがありました。
昨日の踏み抜き祭りは大変でしたからねー(苦笑)

そして、朝食。
山で作るご飯って大体どんなものでも美味しく感じるものですが、今回ははっきり言って失敗です!(苦笑)
カフェオレ風味のフレンチトーストなのですが・・・次回またチャレンジします
成功したらレシピを載せますねー♪
朝食

テントの撤収を終え、荷物をまとめた私たちは朝7時前に青年小屋を後にしました。
うーん、今日も素晴らしい青空が広がっています!

青年小屋から編笠山へ至る道はかなりの急坂で、雪のない時期には大きな岩がゴロゴロ転がるワイルドな雰囲気があります。
しかし、この時期はそれらがほとんど雪で覆われていました。

予想通り、朝の雪は締まっていて踏み抜くことはありませんでした。
しかも、雪が凸凹を覆い隠してくれているので、とっても歩きやすいです
編笠山へ!

私たちは一歩一歩着実に、どんどん高度を上げていきました。
振り返る度に、青年小屋とテント場がみるみる小さくなっていきます。
その背後に聳える権現岳~ギボシが、朝日にまぶしく輝いていましたよー
振り返る

岩場のエリアを越えると、今度はハイマツ&シャクナゲが茂る細い道になります。
ここはかなりの急坂ですねー!!息を弾ませながら、一歩ずつ登っていきます。
急坂です
それでも、雪のない時期は岩がちな細道でかなり歩きづらかったので、雪があってありがたいです

そしてついに、私たちの前方には青い空が広がりましたー
この先に空しか見えないということは・・・もしかして・・・
ここを登り切ると・・・

そう、編笠山の頂上にたどりついたのでしたー
編笠山頂上

前回登った時と同様、編笠山の頂上からは雄大な景色を望むことができましたー。

南の方を見れば、山裾を駆け下りて町を抜け、南アルプスへと一気に飛んでいくことができそうです
見晴らしも最高!

そして東~北の方を向けば、目の前に聳える権現岳・ギボシ、その奥に赤岳・中岳・阿弥陀岳、その合間にちらりと見えるのは横岳でしょうか。
残雪の八ヶ岳は、夏に見た景色とはまた違っていてとても迫力があります
赤岳方面の景色

それから西岳方面の景色も広く見渡せましたし、霞の中にわずかですが富士山も望むことができました!
本当に素晴らしい景色。私たちは広い山頂をウロウロしながら、あちこちの眺めを楽しみました
山頂直下にはまだまだ雪がありましたが、この辺りはだいぶ岩が露出していますねー。

こうして1時間ほど山頂に滞在した私たち。名残惜しいですが、今日は下山しないといけません。
編笠山は南側の観音平から登るルートと、北東側の青年小屋から登るルートを使ったことがありますが、今回は西側の富士見高原ゴルフ場へと下山します。

大きな岩が積み重なったような山頂なのでルートが見つけづらいのですが、岩にペンキで目印が描かれていたり、「頑張れ!」といった小さな看板が立てられていたりするので晴れている日なら分かりやすそうですね。
岩だらけの道です

それにしても・・・この岩場は急だなぁ
場所によっては次の岩場へえいやっと飛び移るような形になることも

それでもなんとかここまで下りてくることができました。そろそろ樹林帯に入ります。
樹林帯へ

森の中へ入ると、日が当たらないせいか雪がまだ沢山積もっていました。
ここも踏み抜き祭りになりそうな予感でしたが、時間が早かったのでまだ雪は締まっていました。良かったぁ
雪がいっぱいです

下っていくにつれて雪は少なくなり、30分ほど下ったところからは土の道になりましたー。
大きな木々が印象的な森の中を、ひたすら下っていきます。
雰囲気の良い森

この辺りには苔もびっしり生えていて、とっても雰囲気の良い森でした
編笠山というと大岩がゴロゴロしている山頂付近の印象が強いので、こうした森があることはとても新鮮に感じますねー
苔も元気!

このルートを使う登山者さんはそれほど多くないのか、それとも時間的な問題なのか、辺りに人の姿はありませんでした。
とっても静かな森の中を快適に下っていきます

しかも、このルートは標高100mごとにこんな案内看板があって、とっても親切なんですよー
登りに使う時にはこの看板に励ましてもらえそうですね。
ここは標高1900m

と、楽しく下っていたところ・・・標高1800mちょっとのところで、ギョッとするような光景を目にしてしまいました!!
こ、これは・・・

こ、これは何ですかね・・・・
縦に深い筋が2本だけ入っているので、鹿の角跡ですかね・・・。そうですよね・・・そうと思いたい。
ここからしばらく無言になった私たち(苦笑)

この先は、乾いた明るい林の道になりました。
乾いた道

そして、林道や不動清水の案内看板、ハイキングコースの表示なども出てきましたー!
下山口である富士見高原ゴルフ場はもうすぐだね。

最後に、こんなに素敵な再会もありましたよー
彼は、昨日の・・・!

後ろ姿になってしまいましたが、頭の毛がちょこんと逆立っているこの子。
昨日登山中に見かけたシジュウカラさんですね!

この子はここで毎日登山者さんを見送ったり出迎えたりしてくれているのかもしれませんね
ありがとう

こうして私たちは、無事に富士見高原ゴルフ場まで下りてくることができましたー
無事下山

いやー、今回も楽しい登山になりました
私たちは近くで山菜うどんを頂いてから、東京へと帰っていったのでしたー。
山菜うどん


今回の西岳~編笠山テント泊登山は、2日間ともお天気に恵まれて素晴らしい眺望に出会うことができました
八ヶ岳の山々へはこれまで何度かお邪魔してきましたが、残雪を纏った姿はまた違った印象を与えてくれました。

編笠山の頂上から眺める八ヶ岳の山並みが、私はとても好きなんですよね。
また季節を変えて、何度でもお邪魔したいと思います!

【終わり】
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2012.12.13 Thu 23:12  |  残雪

こんばんは。
春先の腐れ雪、ホントに大変。
五月の美ヶ原まさか雪が残っていると思わずに入り込んで困ったことを思い出します。
滑り止めを持っていなかったので引き返す事が出来なくなってしまいました。
同じように踏み抜き祭りも有りました。
でもそれだけ印象の深い思い出になっています。

それから爪後、間違いなくクマですね。
クマが傷を付けるとシカが食べやすくなるので樹皮が剥がされてしまいます。

雪山!魅力いっぱいですが、ここは山女子さんに任せて遠慮しておきます。

頑張って下さい。

2012.12.14 Fri 20:47  |  雪山は楽しい

雪山は楽しいですよね。
頂きの向こうに何が待ってるのか楽しみですし。
今回は、結構硬い雪みたいですね。
ギシッギシッという踏み音が聞こえてくるようです。

今頃ウロウロしている「親父さん」は?冬眠しそびれたかなあ(笑)

  • #RLFBJZ.2
  • エレアコチャン
  • URL
  • Edit

2012.12.15 Sat 10:51  |  

山女子さん こんにちは。
11月下旬に西岳(富士見から)行ったのでなつかしく読ませてもらいました。そうそうこの時もくまのつめ跡(けっこう新しい)があってひやひやしました。
西岳~編笠山までのつもりが権現岳や赤岳の絶景に満足して下山となりました。ちょっと疲れてしまったのもありますが(笑)。
GWにいつも山選びに悩んでいるので来年は候補にいれてみます。山女子さんはGWに行かれたのですか??
金峰山もいいですね~。ってまだ雪山講習にも行けてないのですが。

先日は雪山装備のアドバイスありがとうございました。
とりあえず来週机上講習に行ってから揃えていこうかなと思ってます。雪山講習(実地)ってどんなのがお薦めですか?やっぱり少人数のところでしっかり教えてもらったほうがいいのうでしょうか。
ではまた。

2012.12.23 Sun 23:18  |  tahara_t2様

tahara_t2様、こんばんは!コメントありがとうございます。

春先の雪は結構大変ですよねー(^-^;)
今回はテント泊装備もかついでいたので、踏み抜き祭りはなかなかこたえました(苦笑)

爪痕はやはり熊なのですね・・・。その後に鹿が食べてしまうのですね!
勉強になりました。ありがとうございます☆

2012.12.23 Sun 23:24  |  エレアコチャン様

エレアコチャン様、こんばんは!コメントありがとうございます。

雪山はまだまだ数えるほどしかお邪魔したことがありませんが、夏山とはまた違った魅力や恐ろしさに毎回強く心を動かされています。

この時は朝早い時間に出発したので、雪が締まって歩きやすかったです!
親父さん・・・やはりあの方ですかね・・・(苦笑)

2012.12.23 Sun 23:30  |  もも様

もも様、こんばんは!コメントありがとうございます。

もも様も西岳周辺で熊の爪痕をご覧になりましたか!ちょっと怖いですよね(^-^;)
そうですね、GW頃だとその年にもよりますが、このような雰囲気だと思います!

雪山講習(実地)ですが、私はグループでの講習と、山岳ガイドさんとほぼマンツーマンの雪上訓練の両方を受けました。
講習の内容や習熟度などにもよると思いますので一概にどちらが良いとは言えませんが、この時期色々なところで講習の企画があるはずなので、色々調べてみると良いかもしれませんね☆

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/409-1865d40b
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。