スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2012.05竜ヶ岳登山

竜ヶ岳(1,485m/山梨県南巨摩郡身延町・南都留郡富士河口湖町)



■今回のコース(出発&到着時刻)
登山者用駐車場09:29→10:36石仏10:40→11:18竜ヶ岳山頂→11:52→13:00本栖湖畔の下山口

■参考マップ
山と高原地図 31 富士山 御坂・愛鷹


今年に入ってからというもの、雪のある高山や冬の色を濃く残している低山にばかりお邪魔していました。
私の中での「冬の登山」は前回で一段落。いよいよ、春を感じる登山へと向かいます

今回の目的地は、以前からずっとお邪魔したいと思っていた竜ヶ岳。
竜ヶ岳というとお正月のダイヤモンド富士で有名な山ですが、この時期にも見所があるんですよー

今回はツーリングを兼ねて、バイクで登山口にアクセスしました。
登山口の駐車場に着くと、こーんなに見事な八重桜(?)が満開でお出迎えしてくれましたよー!!
すごい、キレイっ!!
キレイな桜!

ここから、キャンプ場を経由して登山口へと向かいます。
キャンプ場内の道はとてもキレイに整備されており、「竜ヶ岳登山道入口」の案内看板も立てられているので分かりやすいです。
キャンプ場へ

10分も歩かないうちに、上の方が少し開けて、向こうにこんもりした緑の山を望める場所に出てきましたー。
この辺りからは、さらにいい雰囲気になってきましたよー
整備された道

それにしても・・・なんて気持ちの良い道なんだろう!
視界いっぱいに新緑の景色が広がります

ここ最近眺めてきた雪景色はとてもとても美しかったし、冬枯れの明るい林を歩くのも楽しかったです。
でも、こんな風に生命力に満ち溢れた森の中を歩いていると、
「そうそう、私はこういう山も大好きなんだよなぁー
ってしみじみ感じてしまうのです。

緑だけでなく、辺りには様々な生き物が春を謳歌していました。
こんなところにキノコがいるよ
キノコ!

それから、撮り切れないほど沢山の花にも出会いましたよー!
こちらはスミレの仲間かな?登っていくほどどんどん色が濃くなっていったんですよー。
花!

この花の写真を撮ったすぐ先に、「登山道入口」の看板がありました。
そこからは植林も増えてきて、深みのある景色に変わっていきました。
もちろん、こういう道も好きなんですよねー(笑)

登山道は非常によく整備が行き届き、急なところではこんな風に丸太の階段が設けられたりしています。
階段道

前後に登山者さんの数も多く、人気のハイキングコースなんだということが窺えます。
久し振りの夏靴はとても軽く感じられ、私はトレーニングも兼ねて少し早目のペースで登っていきました

・・・だけど、周りの景色にすぐ足を止めてしまうんですよね(苦笑)
花はもちろん、こんな風に登山道に作られた面白い葉っぱの影絵などにも心が躍ります!
面白い影!

こうしてただ歩いているだけでもワクワクした気持ちにさせられる、春~初夏の山って本当にいいよねぇー
そんなことを考えながら登っていると、森が開けて笹原に出てきましたー!

そして、お待ちかねの景色がどーんと広がります!!
景色が開けましたー

「あれれっ・・・!?
正面に見える黒い裾野を広げた山は、きっと富士山・・・だと思うのですが・・・。
中腹から上はすっぽりと雲に覆われてしまっています
竜ヶ岳から見る富士山には大いに期待していたのですが、今のところ富士山はお休み中のようですねー(苦笑)

それでも、私が期待していた「もう一つの景色」はばっちり望むことができました!
それが、上に載せた写真の右下に見えている、ピンク色のモノなんです。

ズームで見てみると・・・どーん!!
キレイな芝桜の絨毯ですっ
芝桜!

芝桜の絨毯は以前からとても好きで、群馬県のザ・トレジャーガーデン(旧 野鳥の森ガーデン)や埼玉県の羊山公園に見に行ったことがありました。
羊山公園の芝桜については、2008年の武甲山登山のレポートに写真を1枚載せています。

今回、富士でも芝桜のお祭りがあると知って、「山の上から芝桜を見たら、どんな感じなんだろう?」と考えたんです。
満開のタイミングとはいきませんでしたが、それでも十分に美しいピンク色を見ることができましたー
今まで上から芝桜を見たことがなかったので、とても新鮮ですねー。
お花畑を歩いている沢山の観光客の方々もここから見ることができましたよー

こうして素晴らしい眼下の眺めにしばらく足を止めた私たちは、そこからさらに何度も立ち止まって景色を眺めながら、気持ちの良い笹原の道を進んでいきました。
やがて、小さな祠と東屋の建つ広場に到着!ここが石仏のようです。
石仏

ここに来る少し前から見えていたのですが、こんもりとした山が緑に包まれていて、とっても美しいです

この広場の周辺には、特に花が沢山咲いていました
足下にはスミレの仲間が大群生していましたし、近くの木には桜のような花が・・・。
これは、ミネザクラでしょうか?
花が咲いてます

私たちは少しの間、ここで休憩を取ることにしました。
山腹には柔らかな新緑の森が広がっていて、まるで緑の海のようです。
うーん、気分がウキウキしてくるような、とっても気持ちの良い景色
美しい緑

しかし・・・ここから先は見るからに急な斜面で、ジグザグに道が付けられています。
なかなかキツそうですが、山頂まではあと1時間もかからないはず。頑張って登りましょう!

こうして登り始めた道は、笹に囲まれてとても見晴らしの良いものでした。
私は時々立ち止まって、眼下に広がる雄大な景色を楽しみながら登っていきました

この道はなんだか空に向かって伸びているみたいですねー!
とっても気持ちが良い道です
登ります

そして、本栖湖方面に下る道との分岐を過ぎてさらに進んでいくと、公園みたいな広場に出てきましたー!
そこに立てられた背の高い木の柱が山頂標柱かと思いきや、その下に寝転がっている石柱に「竜ヶ岳 一四八五米」って書いてありましたー(笑)

というわけで、竜ヶ岳登頂でーす!
竜ヶ岳山頂

ちなみに、この背の高い木の柱には、駿河湾・西湖・三つ峠・金峰山・北岳・赤石岳といった色んな場所の方位が示されていました。
「なるほどー、北岳はあっちの方なんだねー」なんて面白く見させてもらいました!

それから私たちは、広場の一角に腰を下ろして軽食をとりながら休憩をしました。
辺りにも沢山の登山者さんがランチを楽しんでいらっしゃいましたが、山頂が広いので混雑することはありませんでした。

そしてふと気づくと、富士山に覆いかぶさっていた分厚い雲が、少しずつ流れ始めているではありませんか!
これは富士山見えるかも!と粘りに粘った結果、なんとか山頂付近まで見ることができましたよー!
これが本日の富士山、一番見えていた時の1枚です
富士山見えました!

富士山は子どもの頃から数えきれないほど見続けてきた山ですが、やっぱり何度見ても感動しますよねー

こうして富士山の眺めを満喫した私たちは、荷物をまとめて下山を始めました。
少し下ったところの分岐で、今度は本栖湖方面へと下っていきます。

本栖湖を見下ろす景色がとっても美しいですねー
本栖湖方面へ

道も爽快な気分で歩くことができます
明るい道

本栖湖方面へ下る道は、笹原を過ぎるとものすごい大木がどん、どんと生えていて圧倒されました。
これはすごい・・・
大木たち

私たちは木々の合間に本栖湖をチラチラと見ながら、とてもよく整備された登山道を快適に下っていきます。
こちらの森も本当に素敵で、柔らかな新緑に心が癒されました

そして、こんなところにギンリョウソウさんらしき姿も!
皆さんかなりシャイなのか深くうつむいてしまい、誰も目玉を見せてはくれませんでした(苦笑)
ギンリョウソウ

そして、無事に下山口まで下りてきた私たち。
本栖湖の湖畔をのんびりと歩きながら、駐車場を目指しましたー。
下山しましたー

うーん、今日はとってものどかで癒されるハイキングだったなぁ
私たちは近くでほうとうを食べて帰路に就いたのでしたー。


最後に、おまけのお話です。
普段この件についてはあまり書いていないのですが、ここ最近、行程に余裕のある登山の際にはできるだけゴミ拾いをするようにしています。
今回の竜ヶ岳は、キャンプ場やよく整備されたハイキングコースもあって訪れる人が多いためか、ゴミがかなり多く落ちていました。

その中になんと、丸ごと投げ捨てられていた一升瓶がありまして・・・(驚)
ついつい拾ってしまったはいいのですが、今回はバイクツーリングだったため、ザックに入り切らず持ち帰るのが困難になってしまいました

そこで、麓のキャンプ場の管理者の方に事情を説明し、一升瓶だけ引き取って頂けないかお願いしたところ、なんと拾ったその他のゴミも全部処分して下さるとのことでした。
拾った以上は自宅に持ち帰るつもりでいたので、とてもありがたかったです。本当にありがとうございました


これまで、竜ヶ岳といえば「ダイヤモンド富士を見る山」というイメージを強く持っていましたが、実際に登ってみると富士山の展望だけでなく、美しい自然の景色や森林浴も楽しめる素敵な山なんだということが分かりました。
これからもこの素敵な自然を楽しめるよう、お菓子の袋やビニール袋、そして一升瓶などの「落とし物」には気を付けたいですね

【終わり】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2012.12.22 Sat 22:55  |  いつも素敵な・・・・

足元から遠景まで、山行の様子が手に取れそうで、掲載される写真に感心しています。

ある人は『ピーク・ハント』・・・私はどちらかといえば足元の高山植物鑑賞派。 カメラ持参で行ってはいても、山女子さんのように撮影することは少ないなぁ・・・ たいてい愛でて満足してしまうし、撮影の腕がないので・・・

2012.12.23 Sun 23:46  |  umflower様

umflower様、こんばんは!コメントありがとうございます。

私もカメラの腕に自信がないので、きちんと三脚を構えてじっくり撮るというよりはスナップ感覚で目に入ったモノをどんどん撮っているような感じです(^-^;)

そのため、ブログに掲載する写真を選ぶ時がなかなか大変なんですよね・・・写真が多すぎて(苦笑)

今回の山行もとても楽しかったです☆

2012.12.24 Mon 00:22  |  一升瓶

こんばんは。
一升瓶の落し物!びっくりします。
ゴミ拾いあの事以来続けているのですね、感心します。
私もあれから手の届かない場所に落ちているゴミが目につくようになりました。
誰にも言わず実践しているのに一升瓶では困りますね。

竜ヶ岳 気持ちの良さそうな山。
桜の季節に行ってみたくなりました。

バイク登山、この方がびっくりします。
事故に遭わないよう気を付けて下さい。

2012.12.30 Sun 18:25  |  tahara_t2様

tahara_t2様、こんばんは!コメントありがとうございます。

はい、無理をして滑落や疲労で身動きが取れなくなってはいけないので、出来る範囲でゴミ拾いをしています(^-^)
登山中、お菓子の袋や紙類などが落ちているのを見かけることは多いのですが、一升瓶は初めて見ました(苦笑)

竜ヶ岳はお正月頃にダイヤモンド富士が見られるということで、この時期特に大勢の方が登られているようですね。
でも、花や緑の季節もとても雰囲気が良さそうですよー☆

大きいバイクに乗っていた山仲間がバイクを引退(?)したので、今後はバイク登山の機会がほとんどなくなりそうです(^-^;)
登山中だけでなく、登山前後の事故にも気を付けます!

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/412-5d8b96a0
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。