スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2012.07岩船山登山

岩船山(172.2m/栃木県下都賀郡岩舟町)



■今回のコース(出発&到着時刻)
駐車場13:15→高勝山本堂13:39→11:13奥の院13:45→14:14駐車場


登山以外の用事で普段あまり訪れることのない地域に出かけることになった時、ついつい近隣に登れそうな山はないか探してしまう・・・
このブログをご覧下さっている皆様なら、そんな経験をされたことがあるかもしれません(笑)

今回はまさにそのパターン。
用事の前に少し時間が空きそうだったので、ごく軽いハイキングをしてこようと向かったのが岩船山だったんです。

岩船山は古くから岩舟石の採石が行われていて、山肌が露出した独特の形をしています。
中腹の採石場跡では、時代劇や特撮映画などのロケが行われることもあるのだとか

そして・・・この山には最近、ある出来事が起こっていたのでした。
それは登山をする前からはっきりと分かるものなんです。

登山口へ向かう途中で見た、岩船山の全容がこちらです。
岩船山全景

山のやや左側が鋭くV字に切れ込んでいるのが分かるでしょうか?
これは、2011年3月11日の大地震の際に崩落したものなのだそうです。

あの日から1年以上が経過した今でも、地震の爪痕は生々しく残っていました。
山が崩れるというのがどれだけのことなのか・・・言葉にできません。

ここから見る岩船山は、露出した岩や土の茶色が目立って「自然豊かな山」とは言いづらい雰囲気を感じました。
実際に登ってみるとどうなんだろう?あの山にはどんな景色があるんだろう?

こうして、私たちはJR両毛線岩舟駅近くの駐車場にやってきたのでした

駐車場から高勝寺に向けて歩き始めると、早速私の持っていたイメージは大きく変わりました。
見て、こんなに緑がいっぱい!
登山開始!

眩しい夏の陽射しを生い茂る緑が受け止めて、ほんのり涼しい風を運んでくれます。
よく整備された道はとても歩きやすくて、とっても快適!

そして足元には花の姿もありました。
花が咲いてました

標高200mにも満たない山なので、花の種類は特別なものではありません。
だけど、やっぱり山で花を見ると嬉しいものですね

歩き始めて10分も経たないうちに、開けた場所に出てきましたー。
地図を見返すと、どうやらここが中段駐車場のようです。
広場に到着

写真では分かりづらいですが、この広場の右手は高い岩壁がどーんと聳えていました!
迫力のある光景です。

広場の奥には東屋がありました。
また、「岩舟山自然環境保全地域」の案内看板もあって、このエリアにはオオバイヌツゲやここでしか生育しない植物、また希少植物であるツメレンゲなどが自生していることが書かれています。チョウゲンボウなどの鳥も暮らしているのだとか。

思った以上に自然が多く残されているみたいだね。
案内看板の脇にも、こんなにキレイな花が咲いていましたよー
キレイですねー☆

広場を抜けると、高勝寺の境内へと続く長い石段が始まりました。
これが随分と長くてきつい!!私たちは途中からでしたが、麓から上ると600段くらいあるみたいです。
この日はよく晴れて気温もかなり高かったので、すぐに汗だくになってしまいましたー
長い石段

階段の途中にちょっとした祠があったので、ここで小休憩。
石碑には、この地に昔生きた地蔵様がいらっしゃったという話が書かれていました。
ちょっと休憩・・・

息を整えてさらに石段を上っていくこと数分で、平らな場所に出てきましたー!
トイレがあって、その近くにはこんなに大きなアジサイの花が咲いていました
アジサイ

この辺りからは、枝葉の合間に眼下の町並みや田園風景を望むことができました。
ちょっと懐かしさを感じる色合いの列車が、家々と田んぼの合間を気持ち良さそうに駆け抜けていきます。
のどかで爽やかな光景ですねー
のどかです

そしてその先にはアジサイに囲まれた石段があり、奥にはお寺の山門が見えています。
とっても雰囲気がありますねー!
アジサイと山門

こうしてアジサイたちを眺めながら石段を上っていき、立派な山門の前に出てきましたー
山門

そこからさらに石段を上って、本堂に到着。
本堂

辺りには誰もおらず、とっても静かでした。暑すぎるからかな
私たちもこのまま陽射しを浴び続けていたら、日射病になってしまいそう・・・

正確な山頂の場所が分からなかったので、私たちは奥の院へお邪魔することにしました。
よく整備された砂利道は木々に陽射しが遮られていたので、いくぶん涼しさが感じられてちょっとホッとします。
奥の院へ

そして本堂から数分歩いて、奥の院に到着ー
赤い頭巾をかぶったお地蔵様がいらっしゃいましたよー
奥の院

お地蔵様の背後にも道がまだ続いているようでしたが、ロープが張られて立ち入りできないようになっていました。
目を凝らすと、奥の院のすぐ先で木々が切れていて、少し離れたところの茶色い山肌が見えています。
この先は崖になっているのかなぁ・・・。
向こうの景色が・・・

後で調べて分かったのですが、元々奥の院はこの先にあったようです。
それが現在の場所へ移設されたとのこと。
そして、旧奥の院へ続いていたはずの橋は、2011年3月11日のあの地震によって、崩落してしまったのだそうです・・・。

山を歩いている間は地震の影響をほとんど感じることはありませんでしたが、登山前に全容を見た通り、やはり大きな爪痕が残されていたんですね。
あの日起こった地震がどれだけ強大な力を持っていたのかということを改めて思い知らされました。

私たちは一息ついてから、来た道を引き返し始めました。
高勝寺の境内をゆっくり見て回りたい気持ちはありましたが、さすがに暑すぎました

だけどこちらはちょっと気になったので1枚。
なんと、血の池です
血の池

それから私たちは石段を一気に下り、東屋のある中段駐車場の広場まで戻ってきましたー
行きにも見ましたが、ここの岩壁はかなりの迫力です。
岩壁

そして、ここで面白い光景を目撃しました!
写真だとちょっと分かりづらいかもしれませんが・・・
蝶がいっぱい!

土の露出したところにモンシロチョウやモンキチョウの仲間が沢山集まって、みんなで水を吸っていたんです!
蝶の吸水行動の理由にはいくつか説があるようですが、一説には体温を下げるためであるとも言われているようです。

確かに、今日みたいな暑い日には、冷たい飲み物でクールダウンしたい気持ちも分かるような気がしますね。
実は私も道中あまりに暑くて、冷たいジュースをゴクゴク飲んでしまいました(笑)

こうして無事に駐車場へと戻った私たちは、本来の用事を済ませるために岩舟町を後にしたのでした。


今回お邪魔した岩船山には、あの日の地震の爪痕がいまだに生々しく残っていました。
あの地震がどれだけ恐ろしいものであったのか改めて感じさせられ、とても意味のある山歩きになったと思います。

また、岩船山周辺にはとても面白そうなハイキングコースがあり、いくつかの山をつないで歩くこともできそうです。
今回は時間の都合で岩船山のみとしましたが、たとえ時間があったとしてもこの暑さの中では縦走は厳しかったかもしれません
今度は涼しい時期にまたお邪魔したいと思います

【終わり】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2013.04.01 Mon 22:39  |  こんばんは

何か安心。
戻ってきましたね、待つのが長かった。
懐かしく思うのは待ちくたびれた所為。?

復帰おめでとうございます。

やっぱり更新してくれるとホッとします。

とりあえず。
 
 おめでとう。 (*^^)v

  • #-
  • tahara_t2
  • URL

2013.04.01 Mon 22:45  |  里山トレッキング・・・

さほど標高があるように見えない山中に、フウロの花が咲いていたんですね。この花も亜種が多くて、土地土地の花を楽しめていいですね。

3.11の影響の大きさには改めて驚かされました。被災地の復興が進むこと強く望みます。

2013.04.01 Mon 23:48  |  あじさいも綺麗ですね

私も何度か登ったことがあります。橋が架かっていましたが、震災で崩れてしまったようですね。山が変わるって凄い力ですよね。
私は秋の時期に登りましたが、あじさいも参道脇に咲いていて綺麗ですね。

2013.04.05 Fri 22:16  |  海花様

海花様、こんばんは!コメントありがとうございます。

はい、岩船山は標高200mにも満たない低山ですが、とても楽しむことができました。
ただ、この季節はちょっと暑かったです(苦笑)

地震の被害を目の当たりにして、とても驚きました。
このような恐ろしい出来事がもう起こらないことを祈ります(>_<)

2013.04.05 Fri 22:17  |  Yoshi様

Yoshi様、こんばんは!コメントありがとうございます。

山が崩れるというのはよほどのことですよね。近くにお住まいの方々はさぞ恐ろしい思いをされたことと思います。。
私が登った時はあじさいが多くてとても雰囲気が良かったです!今度は涼しい時期にお邪魔したいと思います。

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/423-8850e4b2
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。