スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2012.07甘利山・千頭星山登山(1)

甘利山(1,731m)・千頭星山(2,139m)/山梨県韮崎市・南アルプス市



■今回のコース(出発&到着時刻)
9:48登山口→10:12甘利山山頂10:19→10:50奥甘利山→12:01千頭星山12:14→13:24甘利山山頂→13:43登山口

■参考マップ
山と高原地図 41 北岳・甲斐駒


今回私たちが目指したのは、南アルプス・鳳凰三山の南東に位置する甘利山と千頭星山です。

以前、南アルプス登山の計画を立てるために地図を開いていたところ、これらの山々の名前がちらりと目に入りました。
「へぇ、変わった名前だなぁ。どういう山なんだろう?」と調べたところ、甘利山はレンゲツツジの花が有名なところなのだと分かりました。

コース的にも楽しくハイキングができそうなので「ぜひ歩いてみたい」と思っていたものの、なかなか機会に恵まれず・・・。
そして今回、ようやく実現に至ったわけです

有名なレンゲツツジの開花シーズンは6月頃のようなので、この時期は有名なその景色を見ることはできなさそうです。
ですが、時期を外すことで混雑を避けられそうなので、静かな山歩きが好きな私にとってはむしろ好都合でした(笑)


今回はアクセスの良い甘利山グリーンロッジ方面から登ることにして、私たちは登山口へと車を走らせました。
登山口の駐車場に到着すると、朝9時過ぎにもかかわらず駐車している車は2台くらいしか見られませんでした。
駐車場

空いてる、ラッキー♪と思いながら奥の方に車を停めた時、恐ろしい出来事が起こったんです!!

バチン!バチン!
車のあちこちから、何かがぶつかるような音がしてきます。
「えっ、何?」と窓越しに外を見てみると・・・なんと、無数の大きなアブが車に次々と体当たりをしているではありませんかーっ!!

こんなに熱烈に歓迎されるような有名人になった覚えはないし(笑)、何よりこれではドアを開けることすらできません

アブが追ってこない場所を求めて駐車場内をウロウロと移動し、なんとか安全な場所に駐車することができました。
ふー、広い駐車場で良かった・・・

こうして私たちは用心深く辺りの様子をうかがいながら(苦笑)手早く準備を済ませました。
それでは、登山スタート!今回は甘利山~奥甘利山~千頭星山」を往復するコースを歩く予定です。
案内図

私たちは案内表示に従って、登山道へ入ります。
奥に見えるログハウスのような建物は、つつじ苑さんという軽食のとれるお店のようです。
登山道へ

実はここの脇を通りかかった時、ソフトクリームの看板が出ていたんです。
「下山したらここでソフトクリームを食べよう!」と心に決めて登り始めました(笑)

登り始めは森の中。柔らかな緑の空から陽射しがこぼれてきて、地面に葉っぱの形の影を落としています。
たまらなくいい雰囲気ですねー
森の中

うん、たとえ花がなくても、こういう雰囲気の森を歩くのってとっても楽しいなぁー

少し歩くと森が開けてきて、空が広くなってきました。
高原の散歩道みたいだね
雰囲気のいい道です!

その時!
「あっ!花が咲いてるー!!
花が咲いてる!


後で調べたのですが、この花はキバナノヤマオダマキのようです。
これまで名前は知らなかったのですが、山歩きの途中で何度か見かけてとても好きな花のひとつになっていました。
ここで出会えるとは・・・嬉しいなぁー

よく見れば、あちこちに色とりどりの花が揺れています。
さっき「花がなくても」って思ったけど、早速撤回します(笑)
花、沢山ありましたよー!!

こちらは登山道脇に名前の案内がかけられていた、キンバイソウ。
こちらにも花

他にも沢山花の写真を撮りましたが、先へ進まなくなってしまうので一旦このくらいにしておきましょう(苦笑)

登山道はこんな風に、とてもよく整備が行き届いています。
足元には藁?みたいな枯れ草が敷き詰められていて、柔らかい感じがするのでとても歩きやすいです
整備された登山道

それから、木道になっているところもありましたよー。
登山というより開けた丘の上を歩いている感覚で、爽快な気分になりますねー
木道

木道の両脇にも、沢山の花が見られました。
こちらはハクサンフウロ。
花が沢山

そしてこちらはヤナギランの一部分をアップで撮影したところ。
ヤナギラン

ところどころに花の写真と名前の書かれた案内が出ているので、すごく分かりやすいです。

また、今の時期は花はありませんでしたが、ツツジらしき低木が沢山見られました。
これだけの数の株が一斉に開花したら、山が花の色に染まってとってもキレイなんだろうなぁ

甘利山の山頂までの道にはやや傾斜のついた坂もありましたが、歩きやすいこともあってほとんどきつさは感じませんでした。
私たちは花を眺めながら楽しく進んでいきました
山頂へ向かいます

こうして小高い丘のてっぺん、甘利山の山頂に到着ー!
残念ながら雲が多くて周囲の景色は見渡せませんでしたが、大きく開けていてとっても気持ちの良い場所です
甘利山山頂

ちなみに、ここまでの道のりは標準コースタイムに比べてかなり遅くなっていると思います。
何しろ花の鑑賞時間が長かったので・・・(笑)

さて、それでは千頭星山へ向けて進んでいきましょう
ここからもきちんと道は続いています。
千頭星山へ

少し下ってから、登りベースの道が始まりました。
甘利山の山頂までは数組の登山者さんを見かけましたが、ここから先はほとんど人の姿を見ることはありませんでした。
とっても静かで快適な山歩き。それでもレンゲツツジの最盛期にはきっと大いに賑わうことでしょう。

この先はまた少し雰囲気が変わって、背の高い木が増えてきました。
木が増えてきた

それでも、まだまだ花との出会いは続きます!
こちらはホタルブクロの仲間でしょうか?先がまだ開いてないのか、まん丸なシルエットがナスみたいでとってもカワイイ
まん丸な花

散策気分で登れた甘利山に比べると、この辺りは坂もきつくなって、登山らしさが増してきました。
登山道の両脇は先ほどまでのお花畑とは違って、笹の姿が多くなってきています。
笹が増えてきました

そして、こちらにもキレイな花が
以前飯盛山でも出会ったカワラナデシコのようです。
カワラナデシコかな?

この先もまだまだ、色々な出会いが続きます!

【次回へ続く】
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2013.04.14 Sun 12:06  |  山行リスト

こんにちは。
やはりこの方がすっきりして見やすい、前の様に一覧で表示するよりシンプルで良い。

かなり回復したようで記事も明るく感じられます。
内容も豊富でゆっくり楽しめます。

「甘利山・千頭星山 」 良い所ですね。
思わず行きたくなってしまいます。
花の季節は人で一杯でしょうね、駐車場の広さ整備された木道想像されます。

次回も沢山の花が待っているものと楽しみにしています。

  • #-
  • tahara_t2
  • URL

2013.04.23 Tue 21:39  |  tahara_t2様

tahara_t2様、こんばんは!コメントありがとうございます。

はい、甘利山・千頭星山は素敵なところでした☆
特に甘利山までなら駐車場からすぐ登れることもあって、花の時期は駐車場がすぐにいっぱいになってしまうみたいですねー。
それでも一度、花の色に染まった景色を見てみたいですね♪

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/426-49595beb
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。