スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2012.08立山・剱岳登山(1)【1日目:立山編】

立山(雄山(3,003m)・大汝山(3,015m)・富士ノ折立(2,999m)/富山県中新川郡立山町)



■今回のコース(出発&到着時刻)
9:30室堂9:52→10:51一の越山荘11:00→12:10雄山神社社務所(鳥居前で順番待ち)12:32→12:35雄山頂上12:45→13:10大汝山頂上13:13→13:27富士ノ折立→16:00剣沢キャンプ場

■参考マップ
山と高原地図 36 剱・立山 北アルプス


登山を始めて4年。それこそ毎週のようにあちこちの山へお邪魔していましたが、まだまだ私には「憧れの山」が沢山あります。
今回実現した立山や剱岳への登山も、これまでずっとずっと憧れてきたものでした

というわけで、今回の登山レポートはかなり長くなることを予告します!(笑)


私がこの日まで立山・剱岳へお邪魔することができなかったのは技術的な理由によるところが大きいのですが、アクセスの問題も少なからずありました。
このエリアはマイカーで直行できたり、シャトルバス1本でアクセスできるような場所ではないんですよね。

というわけで、立山登山の玄関口となる室堂へのアクセスをダイジェストでご紹介します!

まず東京から車で扇沢へと向かい、そこから関電トロリーバスに乗って黒部ダムへ。(所要約16分)
トロリーバス

黒部ダムからは雄大な山岳風景と迫力の観光放水を眺めながら、黒部湖駅まで15分ほど徒歩で移動。
黒部ダム!

黒部湖駅からは最大勾配が31度もあるという黒部ケーブルカーに乗って黒部平まで。(所要約5分)
ケーブルカー

黒部平から大観峰までは立山ロープウェイで。立山の景色がものすごいです(所要約7分)
ロープウェイ

最後に大観峰から立山トンネルトロリーバスに乗って、室堂に到着です!(所要約10分)
扇沢から室堂まで、待ち時間も含めて3時間近くかかりましたー
室堂到着!

室堂に移動するだけの行程でも見所は多く、観光として十分に楽しむことができました
実際に観光目的の方も大勢いらっしゃいましたよー。
各乗り物はかなり混雑していましたが、時刻表がよく考えられていて、乗り継ぎはスムーズでした

こうして朝9時半頃、ようやくたどり着いた室堂では、想像を絶するほどの景色が広がっていました
わずかに雪を残す、雄大で美しい立山がどーん!!もはや言葉になりません
ものすごい景色!

長旅の疲れは一気に吹き飛び、これから出会う景色へのワクワク感でいっぱいになりました。
さぁ、長い山旅の始まり始まりー
準備を整えた私は遊歩道を歩き始めます。
最初は遊歩道

ここからしばらくはこのようによく整備された石畳の道が続きました。
道の両脇の草原には高山植物が咲き乱れています
花の写真だけで今日のブログが終わってしまいそうなので、厳選して1枚だけアップしますね(苦笑)
花も咲いてます!
ウサギギクかなぁ?この花とってもかわいくてお気に入りです☆

花だけでなく、山々の景色も本当に素晴らしいものでした。
今見えているのは絵画ではなく本物の世界の景色なのでしょうか。ここはもしかしたら天国なのでしょうか?
あぁ・・・もう何も言えません
素晴らしい山の景色

信じられないほど美しい景色の中を夢心地で歩いていくと、やがて傾斜がきつくなってきました。
周囲にも大岩が増えて、荒々しい光景に変わります。
あの上に見える一の越山荘を目指して、みんなが息を弾ませ登っていきます。
登ります

そして、一の越山荘に到着ー!
標高はすでに2,700mほどあるので、やはり普段以上に心拍数が上がっています。深呼吸、深呼吸。
一の越山荘

一の越山荘から先は、一段と急な坂になりました。
しかも大岩がゴロッゴロしていてかなり登りづらいです

足を進めるほどに、眼下の山荘がどんどん小さくなっていきます。
この高度感、まるで鳥になったみたい!すごいなぁー!
高度感があります

それにしても、この道はかなりハードです
人も多いので、落石に注意しながら足場を選んで登っていきます。
ハードな登りです

しばらく登ると傾斜が少し落ち着いてきたので、辺りの景色を楽しみながら進んでいきました。
登り切った先に建物が見えています。あれはきっと神社の社務所だね。あと少し、頑張ろう

そう思った時、私に突然の出会いが訪れたのです!!

「あーっ!!雷鳥さんがいるーっ!!
らっ、雷鳥がっ!!

斜面の岩の上にメス雷鳥さんが姿を現してくれたんです
写真の右下に、少なくとも3羽の雛雷鳥さんたちがいるのも見えるでしょうか?
先ほどから少しずつガスが出てきたことが気になっていたのですが、それが結果として雷鳥ファミリーの登場につながったのかもしれません

私は大喜びで写真を何枚も撮りながら、近くを通りかかった方々にも「雷鳥がいますよー!」と伝えてみました。
ですが、雄山までは観光客の方も多いためか、この時は雷鳥に関心を示す方があまりいらっしゃらないようでした

というわけで、雷鳥のほぼ独占取材状態になった私(笑)
立山では雷鳥さんに会うことも楽しみの一つにしていたので、それが実現してとっても嬉しかったです

こうしてしばらく雷鳥さんを観察してから、私は再び登っていきました。
そして、先ほど見えていた雄山神社の社務所に到着!

このすぐ先に見える岩だらけのピークが、雄山の頂上です。
頂上には峰本社があり、直下の鳥居を入ったところで拝観料を支払うようになっていました。
雄山の頂上方面

山頂へは登山者(登拝者)がある程度の人数でまとまって上がり、祈祷をして頂く形になっています。
山頂は広くはないため、現在山頂で行われている祈祷が終わって、登頂された方々が下りてくるまで直下の鳥居付近でしばらく待ちました。

そしてついに、私たちの順番がやってきましたー!
この急な石段を登ります。
石段

こうして、雄山頂上に到着!!
雄山頂上!

私たちは同時に登られた方々と一緒に山頂の砂利の上に座って神官さんに祈祷をして頂き、その後お神酒も頂きました。
山頂でこのような経験をするのは初めてのこと。日本三霊山のひとつである立山ならではの、貴重な登頂体験をすることができました!
今回の登山、そして今後の登山も事故なく安全に楽しめますように・・・


無事に雄山への登頂と祈祷を済ませて鳥居のところまで下りてきた私たち。
しかし、ちょっと気がかりなことがありました。

今日はこの後大汝山、富士ノ折立と縦走して剣沢のキャンプ場まで進む計画なんです。
富士ノ折立から剣沢キャンプ場までは特に距離が長いのですが、山頂での待ち時間が結構あったために現時点で予定よりも時間が遅れていたこと、そしてガスが濃くなってきていることが心配でした

私は普段、遅くとも14時頃にはその日の宿泊地に到着するよう計画を立てているのですが、今回はアクセスの都合で出発時間が遅くなることもあり、15時頃の到着を予定していました。
しかし、実際のコースタイムを計算してみると、剣沢到着が15時半を過ぎてしまいそうでした。

うーん・・・今後の状況によっては剣沢まで進むことを諦めて、引き返すか雷鳥平方面へ下ることも考えた方がいいかもしれないな。。
とにかく今は先へ進もう!

こうして私たちは、大汝山方面の縦走路へと進んでいったのでした。
大汝山方面縦走路


【次回へ続く】
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2013.05.01 Wed 22:16  |  いい場所ですよね

わたしが最も好きな場所の一つです。
かれこれ20回以上行っています。

アルペンルートの開通から間もない『雪の大谷』の散策がある時期から真夏の繁忙期、そしてシーズンの最終日。1年で3回行った年もありました。

その時々に趣があって感動です。室堂では『玉殿湧水』をいただき、ホテルの喫茶店で『玉殿湧水』で作った水出しコーヒーを飲み、ミクリが池温泉につかる・・・こんなオマケもいいもんです。

雄山もご多分に漏れず山岳信仰の中心ですが、先人の功績に触れながらの山行もいいもんですね。

アルペンルートの行き過ぎた観光地化には辟易もし、周りで聞こえる北京語・広東語・ハングルにも驚かされます。

私は20回も超えて行っているのに、晴れたのは1回だけ(笑)、綺麗な写真とともに続き楽しみにしてます。

2013.05.01 Wed 22:25  |  待っていました。

待っていた立山。

とうとう此処まで来ましたね、山では足の速い山女子さんもブログでは一年遅れ。(^_^;)

UPする間もなく山に行っていたから仕方が無いと言え、待ちくたびれた。
山女子さんには申し訳ないけれど、今回の治療は私にはラッキーでした。

これから剣、槍へと続く記事を楽しみにしています。

もう少しリハビリ頑張って下さい。

  • #-
  • tahara_t2
  • URL

2013.05.02 Thu 00:13  |  

スゴイ(人゚∀゚*)キレイなお山ですねー♪
いつか行ってみたーい!!
すごいなー♪

2013.05.09 Thu 21:49  |  海花様

海花様、こんばんは!コメントありがとうございます。

海花様はこちらに20回以上も行かれているのですねー!すごいです!
雪の残る時期や紅葉の時期もとてもキレイでしょうね。

玉殿湧水、私も登山前にたっぷり頂きました!あの景色の中でコーヒーを飲んだり、温泉に浸かったりするのもいいですね。
またのんびりとお邪魔したいです。

今回は雨女なのに意外と天気の良い時が多かったです(笑)続きもどんどんアップしていきますね☆

2013.05.09 Thu 21:52  |  tahara_t2様

tahara_t2様、こんばんは!コメントありがとうございます。

はい、ようやく立山までやってきました(笑)
山と同様にブログもかなりマイペースなので、すっかり遅れてしまいましたe-330

しばらく山へは行けないので、ブログ上の登山が進みそうです。
ありがとうございます。これからもリハビリ頑張ります!

2013.05.09 Thu 21:54  |  のぼ様

のぼ様、こんばんは!コメントありがとうございます。

はい、立山とっっっってもキレイです!
アクセスは乗換えが色々あってちょっと大変でしたが、駅を出るとこの景色というのがすごいですよね。

シーズンは混雑することも多いですが、ぜひ計画なさって下さいね☆

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/434-951b09b3
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。