スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2009.05天覧山・多峯主山ひとり登山(2)

天覧山・多峯主山ひとり登山、(1)の続きです。

湿原の中に伸びる道を奥まで進むと、見返り坂と飯能笹の説明が書かれた看板にぶつかりました。
ここから多峯主山の頂へ向けて、再び山道を登り始めます。
多峯主山の道

森はぐっとその濃さを増してきましたが、道の歩きやすさは変わりません。
この見返り坂、源義経の母である常盤御前が、その景色の良さに感動して振り返りつつ登ったことから名づけられたそう。確かに私も登山中に素晴らしい眺望に出会った時は、振り返ったり立ち止まったり写真を撮ったり大騒ぎですもんね~。(例えば黒斑山雲取山大菩薩嶺など。)
しかしここでは振り返れど振り返れど森の中の一本道しか見えず、常盤御前の感動が良く分からないままに見返り坂を越えてしまいました見返りポイントはどこだったのかな・・・

やがて森の開けた場所に、すごく雰囲気のある池が現れました~。
雨乞池
これは雨乞池と言って、山頂近くにありながらいまだかつて枯れたことがないのだそう。
今日のカメラが広角の利かないものなので、全景を写すことはできませんでした

そこから少し急な坂を登って黒田直邦なる人物のお墓の前を通ると、すぐに山頂への道にぶつかりました。
山頂への看板

そしてここからひと登りで、多峯主山頂に到着です~!
多峯主山頂
ここは座れるベンチなんかも多くあって、既に団体さんや夫婦など、何組もの人たちが休んでいました。木々に遮られる方角もあるけど、景色は良いです
ただ、少し雲が多くなってきたのか、遠くの景色は天覧山の山頂よりも霞んで見えました。
多峯主山からの眺望
座る場所が空きそうになかったので、少し休憩してから吾妻峡方面へ下山を開始。
すると10分と歩かずに、今度は御嶽八幡神社にぶつかりました。
御嶽八幡神社
ここにもベンチが2つほどあって、最初は埋まっていたのですが、1人で座っていた女性がすぐに場所を空けてくれて、隣に座らせてもらいました
「どちらからいらしたんですか~?」
お互い1人登山なので、気軽な会話から始まって、気付けばお茶を頂きながら30分もお喋りしちゃいました
その女性、娘さんがちょうどうちの母と同年代というから、私にとってはお婆・・・・(以下自粛)といってもおかしくない年齢なのですが、とてもそうとは思えないほどに気持ちも身体も若々しい方でした!
「私も少し前までは団体で山登りを楽しんでいたけれど、最近では夫婦や1人でのんびりとマイペースに登るのが楽しくてねぇ」
「どんなに小さな山でも、山の装備はしっかりと持って来るんですよ」
「私は死ぬまで山に登っていたいんです」
その方の穏やかな口調に耳を傾けながら、あぁ、この方は山も人生も愛しているんだなぁって感じました。
歳が離れていたって、「山」っていう共通のキーワードを通じて交流が持てる・・・素敵なことですよね

私も死ぬまで山に登っていられたらいいなぁ。山女子からいつか山熟女・・・山婆・・・・・・・
あれっ、なんだか方向性を間違えている気が。(笑)

さて、ちょっと長居してしまいましたが、天気も気になるので先へ進むことにします。
女性にお茶のお礼と「お気をつけて」なんて挨拶をして、一路下山コースへ。
立派な木ですね~
この辺りの道は、西武鉄道ハイキングマップにも書かれている通り、岩がごつごつとして結構歩きづらいです。
それでも、とても雰囲気の良い道なので辛くはありませんよ~。
鳥居をくぐります
やがて、山道を抜けて再び開けた道へと出てきました。
ここからはウグイスの声を聞きながら、のんびりお散歩コースになります。
開けた道
実はこのとき、すぐ近くの木でさえずっているウグイスの姿を発見したんです
慌ててカメラを出して撮影したんだけど・・・ピントが手前の葉っぱに合っちゃって、ぼんやりと「うぐいす色の何か」が見えるばかり・・・
というわけで写真はありません・・・

そこから5分ほどで多峯主山の道は終了。大きな車道とぶつかりました。
本当はここから吾妻峡へ行きたかったのですが、入り口が良く分からなかったことと、小雨がぱらつき始めたこともあって、このまま飯能駅へとまっすぐ戻ることにしました。
歩道が狭くて、車のびゅんびゅん走る結構危ない道を40分ぐらい歩いたでしょうか。見覚えのある交差点に到着して、ようやくほっと胸をなでおろしたのでした~。

そして駅に着く前に、ちょっと寄り道。
竹むらのそば!
日和田山登山以来の「竹むら」のお蕎麦
やっぱり美味しかったです~あぁ、ここの天ぷらそばは病みつきになりそう・・・

大通りからちょっと横に入るだけで、新緑の森に包まれる。天覧山から多峯主山へ至る道は、街中にありながら気持ちの良い森林浴ができる貴重な場所だと思います。この自然を守っている地域の方々に感謝しつつ、自分たちも自然に優しくありたいと思いました。

「いつかまた、この山でお会いしましょう!」
道中知り合った女性とこんな言葉でお別れしたのですが、連絡を取ったり、待ち合わせなんかしなくても、きっとまたお会いすることができると信じています。
いつでもそこに山があるから、ね

【終わり】

(自分用メモ)
◆今回のルート
飯能駅(10:45)→天覧山登山口(11:15)→途中の広場(11:20)→十六羅漢(11:25)→天覧山頂(11:30)→アカメヤナギと湿原(11:38)→見返り坂看板(11:45)→雨乞池(12:00)→多峯主山頂(12:10)→御嶽八幡神社(12:20)→多峯主山下山終わり(13:10)→竹むら(13:55)

◆周辺の天気予報
飯能市のYahoo!天気情報

◆水場とトイレ
トイレは飯能駅や天覧山中腹の広場にあり。天覧山のトイレもキレイだった。
水場はないと思われ(・・・というかあっても汲むのはちょっと勇気がいりそう)。天覧山頂に売店があってビールなども調達可能。
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
▼関連ワード
天覧山
多峯主山
飯能

Comment

2009.05.22 Fri 13:44  |  参考になりました

明日夫が仕事なので1人で日和田山へ行こうとリサーチしていて偶然ヒットしました。

女性の1人登山応援します。
またおじゃまします。

  • #-
  • トラおばはん
  • URL

2009.05.22 Fri 22:37  |  ありがとうございます!

コメント&応援頂きありがとうございます!とっても嬉しいです。

日和田山、本当にいいところですよね~e-69もし物見山を抜けて武蔵横手駅まで行かれる場合には、駒高の集落から物見山への道へ入るところが少しだけ分かりにくかったのと、武蔵横手駅の電車が1時間に2本ぐらいしかないことに注意して頂ければと思いますe-454
よろしければまた遊びにいらしてくださいね~。それではお気をつけて、良い山旅を!

  • #-
  • yamajoshi
  • URL

2009.06.07 Sun 19:30  |  

こんにちは。
今日、自宅そばの多峯主山~吾妻峡をトレイルランし、帰宅してからブログを書いている時、こちらのブログを知り、読ませていただきました。
色々な所に行かれているんですね。
とても羨ましいです。
ブログを拝見していたら……リタイアしたら僕も行くぞ~という気持ちになってきました。
また読ませていただきます。

  • #-
  • リュウ
  • URL

2009.06.09 Tue 08:10  |  こんにちは!

リュウさん、コメントありがとうございますe-69
多峯主山~吾妻峡のトレイルラン!私も登山中にトレイルランの方とすれ違いましたが、本当にすごいですよね。歩くだけでもゼーゼー言ってる私にはとてもマネできませんe-330

リュウさんのご自宅近くには素敵な山が沢山ありますよね~。私もちょこちょこお邪魔してます。
お時間あれば、また是非当ブログにも遊びに来て下さいねe-454

  • #-
  • yamajoshi
  • URL

2012.11.24 Sat 22:54  |  紅葉を見てきました

はじめまして。
東京練馬区に在住の者です。

疲れすぎるわけにもいかない(翌日仕事で)、
でも山を少しは味わいたいで、たまたま天覧山をみつけたのですが、なかなかふんぎりがつかないところに、山女子ブログさんの記事を見つけ、気持ちが定まり、行って参りました。

ほどよい紅葉で、なかなかよかったですよ。
「グラデーション系紅葉」とでもいう様子でした。

山女子さんの記事がとてもわかりやすくて参考になりました。
また遊びに来ます。ではでは。

2012.11.26 Mon 22:23  |  ヨギ様

ヨギ様、初めまして!コメントありがとうございます。

天覧山は行程が軽いのにちゃんと登山気分も味わえる素敵な山ですよね☆
グラデーション系紅葉、いいですねー!!私もぜひ見てみたいです(^o^)

ありがとうございます。またよろしければお時間のある時に遊びにいらして下さいね♪

2014.01.18 Sat 00:06  |  

はじめまして
今日高校が休みだったのでさいたま市の自宅から自転車でツーリング&天覧山ハイキングに行ってきました
どこ行こっかな〜と迷ってたらちょうど山女子さんのブログを見つけ、「おお!いいじゃん!」みたいな感じで即決でした笑笑
今度は多峯主山〜吾妻峡にも行こうと思ってます
また参考にさせて下さい!

  • #-
  • まさきんちょ
  • URL

2014.01.27 Mon 22:12  |  まさきんちょ様

まさきんちょ様、こんばんは!コメントありがとうございます。

さいたま市から天覧山まで自転車で行かれたのですか!?
思わずルート検索してしまいましたが、結構距離がありますよね。すごいですねー!!

はい、多峯主山方面もとっても雰囲気が良くて素敵なところだった記憶があります。
次回もどうぞ楽しんで!

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/44-5f7566e4
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。