スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2012.09槍ヶ岳テント泊登山(2)【2日目】

槍ヶ岳テント泊登山、(1)の続きです。

初日に新穂高の登山口から槍平小屋まで上がり、テント泊をした私たち。

この日は朝4時頃に起きて、まずは朝ごはんを食べました
朝ごはん

このマジックパスタ ナポリタン、結構好きなんですよね
今回はシンプルにそのまま頂きましたが、やや甘め&濃い目の味付けなので、余裕がある時はここにいんげんなどの野菜やポークビッツなどを足したりしています

そして準備を整えたら、5時過ぎにテント場を出発!
外はまだ暗いものの空は既に白み始めていて、朝の訪れが近いことを予感させます。
出発!

テント場からしばらくは、樹木や草に囲まれた細い登山道を登っていきます。
昨日のうちに下見で少し歩いていたので、薄暗いものの迷うことなく進んでいくことができました。

5時半を過ぎる頃には木々もまばらになり、上空が開けて辺りがだいぶ明るくなりました!
色々な植物の花や実などをちらちらと見ながら、私たちはさらに登っていきました。
登ります

向こうには青空とギッザギザの山並みが見えています!
すごい迫力だなぁー
すごい迫力

岩がちで細い道は、こんな風に整備されている箇所もありました。
整備されている道

また、前日に一時雨が降っていたためか、道も植物もしっとりと潤っていました。
水滴を沢山つけた赤い実
赤い実

こちらの花も青が一段と鮮やかですねー
青い花

そしていよいよ、前方の景色も大きく開けてきましたー
景色が開けました

昨日あれだけ重かった足取りが、今日は実に軽やかです。
昨日は行動予定を短縮して槍平までとしたことで、体力の回復と睡眠不足の解消をうまく図れたのではないかと思います。
また、槍ヶ岳頂上の往復に不要な物をテントに置いてくることができたので、荷物が軽かったことも良かったと思います。

お陰で、昨日よりも傾斜のきつい道が続くものの、色々な景色を楽しみながら登っていくことができました
さらに登る

こちらはアザミの仲間かな?沢山咲いていてとてもキレイでしたよー
アザミの仲間かな?

そしてなんだか美味しそうな実も・・・(笑)
美味しそう(笑)

私たちの歩いているところにはまだ陽は届いていませんが、向こうの山並みは朝陽に照らされて美しく輝いていました。
うーん、いい景色。青空が気持ちいいですねー
いい景色!

こうして、私たちは順調に千丈乗越方面と飛騨乗越方面の分岐(千丈分岐)までやってくることができましたー!
千丈分岐

ここは休憩するのにちょうど良さそうな小広いスペースになっており、救急箱が置かれています。
救急箱の中身はちゃんと入っていました。関係者の方々が補充されているのですね。本当にありがたいことです

ここまでかなり順調なペースで登ってきて、私たちの体調は非常に良い状態でした。
しかし、この先の急登を考えて、ここでいったん小休止することにしました。

以前歩いた表銀座のルートとは違って、こちらのルートはここまで登っても、目指す槍ヶ岳山頂の姿を見ることができませんでした。

それでも前方に広がる壁のような急斜面を登り切って飛騨乗越までたどり着けば、その先に大きな「とんがり山」が見えてくるはずです。

うん、それもいいね。槍ヶ岳の姿が見えた時にはきっとすごく感動するだろうな。
私は本当にわくわくしながら、飛騨乗越に向けて歩き始めました!
登ります

この時頭上には青空が広がっていたのですが、前日の雨で地面が湿っていたためか、稜線付近はガスに覆われて白く霞んでいました。
このままだと、槍ヶ岳もガスに隠されてしまうかも・・・
どうか、晴れて下さい。お願いします・・・!!

私たちは岩だらけの急坂を、ジグザグに登っていきました。
見れば、斜面をまだらに覆う植物たちが、ほんのり黄色に色づいているではありませんか。
これって黄葉だよねぇ!?すごーい、キレイっ!!
黄葉してる?

まだ時期には少し早かったものの、予期せず秋の美しい風景に触れることができてしまいました。
なんてラッキーなんだろう

それから道はハイマツの間にも続いていきました。雷鳥さんはいないのかなぁ?キョロキョロしながら登ります。
雷鳥さんいないかなー

その先に、「標高3,000m」と書かれた小さな看板がありましたー。
そうか、3,000mを超えたのか。よし、あとちょっと!
3,000mを超えました!

坂はきつかったけれど、私たちは立ち止まることなく空へ空へ、まるで槍ヶ岳に導かれるようにしてどんどん登っていきました。
そして、飛騨乗越まで上がってくることができましたー!!

最初に目が行ったのは、右手の大喰岳方面の景色。
うわー、大きいっ!ものすごい迫力です
こちらの縦走路にも強烈に心惹かれました。
ものすごい縦走路!

そして目指す左手方向へ進み始めると、こちらには槍ヶ岳山荘のテント場がありました。
槍ヶ岳山荘のテント場

ここはテント場といっても整地された広場があるわけではなく、険しい岩場の合間にテント1張り分ずつくらいのスペースが設けられているといった雰囲気でした。
とってもワイルドだけど、ここでテント泊できたらものすごい景色をずっと見ることができるんだろうなぁ
いつか泊まってみたいです!

私たちがこの辺りまで来た時、幸いなことにガスがすーっと流れてまぶしいほどの青空が広がりました。
やった、晴れた!これで景色が見えるようになったよー

そんな私たちの前に、驚くような光景が現れました。
それは、なんと・・・

山の形の雲を頭の上に浮かべた、槍ヶ岳ですっ!!

ついに・・・槍ヶ岳

す、すご――――いっっ!!

【次回へ続く】
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2013.06.10 Mon 22:29  |  すごい

富士山と言い、凄い。
やはり山に愛されているのかも!!

山女子さんのブログを見ていても、北アルプスは何か違う。
もっと北アルプスを歩いてほしい。

槍ヶ岳のテント場、一晩泊って見たい。

  • #-
  • tahara_t2
  • URL

2013.06.11 Tue 12:55  |  わくわくしますね

yamajoshiさん こんにちわ。

今日もお昼休みにお邪魔しました。
あこがれの槍ヶ岳の記事なのでわくわくしながら
読まさせて頂いています。

新穂高温泉からのルートがあることは知っていましたが
詳細なレポートなので大変参考になります。
私はまだまだ、低山登山が主体ですが、いつかはチャレンジ
したいという夢を持っています。

毎日、続編がUPされているかと期待して見ています。
3回目の記事も期待していますヨー!

足は徐々に良くなっていますか?
焦らずにじっくりと対応して完治してください。
お大事に。
               yokko

2013.06.15 Sat 22:37  |  tahara_t2様(2)

tahara_t2様、こんばんは!コメントありがとうございます。

北アルプス、いいですよね。2012年は特にお邪魔する機会が多かったように感じます。
2012年10月にも北アルプスにお邪魔していますので、そのレポートもそのうちアップさせて頂きますね☆

2013.06.15 Sat 22:42  |  yokko様

yokko様、こんばんは!コメントありがとうございます。

はい、今回は新穂高温泉から槍ヶ岳へ登るコースを歩きましたが、とても楽しかったですよー☆
今度は別のルートからお邪魔してみたいと思っています。
槍ヶ岳のレポートは今日までに全てアップしましたので、お暇な時にでもご覧頂けると嬉しいです♪

ありがとうございます。足の状態はゆっくりながらも確実に良くなってきています!
焦らずしっかり治していきたいと思います(^^)

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/445-7f69f7b7
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。