スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2012.10岳沢紅葉トレッキング(1)【1日目】

岳沢(岳沢小屋2,170m/長野県松本市安曇上高地)



■今回のコース(出発&到着時刻)
【1日目】
上高地バスターミナル9:33→9:42河童橋9:46→9:59穂高・岳沢登山路入口→10:39風穴―(写真撮りながらのんびり移動)→12:32岳沢小屋(テント泊)
【2日目】
岳沢小屋テント場7:40―(上部散策)→9:15岳沢小屋テント場10:18―(景色見ながらのんびり移動)→11:34風穴→12:05穂高・岳沢登山路入口→12:20河童橋

■参考マップ
山と高原地図 37 槍ヶ岳・穂高岳


自分の登山を少しずつステップアップさせて北アルプスへお邪魔するようになった頃から、槍・穂高の山々は常に私の夢の場所であり続けました。
そしてついに先月、槍ヶ岳にお邪魔することができたんです。

実はこの時の計画段階では、奥穂高岳への縦走も検討していました。
しかし、テント泊装備を背負っての難所の通過や混雑の心配、それに「夢の山々を一気に歩き通してしまうのはもったいない」と思った(苦笑)ことから、奥穂高岳へは来夏以降、もっと自分があの稜線を歩くのにふさわしい登山者になってからの楽しみに取っておくことにしました

その代わり・・・10月に入ってから上高地に紅葉を見に行くことに決めていたんです
どうやら今年は紅葉の当たり年のよう。本当は涸沢の紅葉にもう一度出会いたいと思っていましたが、大混雑することもちょっと気になっていました

そこで色々検討した結果、今回はちょっと違った計画を立てることにしたんです!
それは、同じ上高地出発でも涸沢ほど知名度が高くない岳沢(だけさわ)への紅葉トレッキング。
そして岳沢にテント泊した翌日は、天候や道の状況が許せば前穂高岳へ登り、上から涸沢の紅葉を眺めてみようという計画です

こういう計画を立てている時も楽しいんですよねー。登山は計画段階から始まっているというのも頷けます


こうして当日の朝、シャトルバスで上高地入りした私たち。
まずは観光の方々に混ざって、背の高ーい木々が立ち並ぶ遊歩道を進んでいきます。
まずは移動

そして河童橋の辺りまで来ると、こんな景色が!!
うわぁー!!キレイーっ!!
キレイ!

秋雲の広がる空の下には岩の露出した西穂高~奥穂高岳、そして奥穂高岳から前穂高岳へと続く吊尾根が見えています。
その荒々しい山肌には鮮やかな黄葉が張り付き、大きなうねりとなって沢へと流れ込んでいくかのようでした。
なんという絶景!!あまりにも信じられない美しさに、ここは天国なのだろうかと錯覚してしまうほどです

あまりにキレイなので、奥穂高岳の辺りをズームでも撮ってみました
何とも形容しがたい、雄大かつ繊細なこの美しさ・・・写真で伝わるでしょうか。
美しい・・・

実は、岳沢というのはここから見えているこの沢のことなんです。
つまり、私たちはこれから、この天国みたいな景色の中へ入っていくんです!

この景色を前にした私も、今こうして登山レポートを書いている私も、どちらもテンションのゲージがMAXを大きく振り切っています(笑)

私たちはしばらくこの景色に目と心を奪われた後、いよいよ岳沢へ向けて歩き始めました。
はじめは観光客の方も多く歩いている遊歩道です。

澄み切った沢の流れの中に、立ち枯れの木々が静かに佇んでいます。
その様子を、大きな山が優しく見下ろしています。
「心が洗われる景色」とは、まさにこういうことなのかもしれないなぁ・・・
心が洗われます

この遊歩道はこんな風にキレイな木道も整備されているので、とても歩きやすかったです。
登山をされない方でも、十分に上高地の美しさを堪能できるのではないでしょうか
歩きやすい道

そしていよいよ、穂高・岳沢登山路の入り口までやってきましたー!
ここからは観光コースを離れて、山の世界に入ります。
いよいよ山の世界へ

登山道は下草の生い茂る深い森の中に伸びていました。思った以上に整備されているようですねー。
ここからしばらくは傾斜もそれほどきつくはありませんでした。
整備されています

辺りの木々は高く高く空に手を広げています。
大きな自然の中に分け入っている感覚。自分という存在がいかに小さなものなのかを感じます
大きいです!

コケたちも生き生きしています
コケも生き生き

しばらく進むと、少し開けた場所がありましたー。
そこから見えるのは岩と森と黄葉の景色。
すごい、これから先が楽しみだなぁー!
少し開けました!

と、途中にはこんな場所もありました。
道は木の階段が整備されているのですが、その脇には倒木が押し寄せてかなり荒れた雰囲気になっています
荒れたところも

そこを過ぎると、道はまた落ち着いて歩きやすくなりました。
時折木々の合間にチラチラと見える景色を楽しみながら進んでいきます。
景色を眺めながら・・・

すると、今度はこんな面白いモノに出会いましたー!
大きな岩が積み重なった場所に看板が立てられていて、「風穴 岳沢名物天然クーラー」と書いてあります。
天然クーラー?


「天然クーラー?面白そう!
興味を持ってその岩場に近付いてみると、岩の隙間から本当にクーラーみたいな冷たーい風が吹き出してくるではありませんか!
こ、これはすごい!ウチにも欲しい!(笑)

私たちはしばし涼を取ってから再び歩き出しました。
進みます

すると、辺りの大きな木々が姿を消し始め、明るい空が見えてきましたー!
心なしか黄色い葉っぱが増えてきたような・・・。
明るくなってきた

もしや、この先には「あの景色」が待っているのでは・・・!?

【次回へ続く】
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2013.07.04 Thu 12:37  |  

yamajoshiさん、こんにちは♪
これは、私には全然想像のできない場所でした。
岳沢ですか。
色んなドラマが待っていそうですね。
私も行きたくなりました。
さあ、この先どんなドラマが待っているのでしょう。
続きが楽しみです。(^^)/

2013.07.05 Fri 23:26  |  クロちゃん

クロちゃん、こんばんは☆コメントありがとうございます。

はい、今回は涸沢ではなく岳沢へ行ってみました!私も初めてお邪魔する場所でしたが、想像以上に素晴らしい景色と出会うことができました☆

(2)も先ほどアップしました。かなりのドラマがありましたよー!よろしければご覧下さい♪

2013.10.04 Fri 13:34  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/452-4a09f029
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。