スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.06高尾山~陣馬山ひとり縦走登山(2)

高尾山~陣馬山ひとり縦走登山、(1)の続きです。

※本レポートは、2010年6月に登山した時の内容を記したものです。現在とは状況が変わっている場合もありますので、ご了承ください。

高尾山口から6号路を通って高尾山に登頂し、そこから陣馬山を目指す縦走路を歩き始めた私。
道はとてもよく整備されていて、とっても歩きやすいです
それから、トイレやベンチなどの設備も整っていましたよー。
設備が充実

ですが・・・お天気の良さも相まって、かなり暑さを感じるようになってきました
まだ6月とはいえ、真夏のような気候です。

今回陣馬山まで無事に歩き通せるかどうかは、体力というより暑さが重要なポイントになってくるかもしれないなぁ。
ザックの中には冷たい氷水を入れたサーモス 真空断熱ポケットマグを入れていましたが、予備の水(常温)が入ったプラティパス 1.0Lプラティパス ドリンクチューブキットを取り付けて、こまめに水分補給ができるようにしました。

ハイドレーションのセッティングをしていた場所には、とてもキレイな花が咲いていましたよー!木にびっしりと白い花がついていたんです。すごい
花がすごいです!

装備を整えた私は、さらに先へと進んでいきました。
うぅ、これは長い・・・暑さがこたえます(苦笑)
長い階段

しかし、そのきつさを忘れさせてくれるような景色が私を待っていてくれました!
ここが一丁平の展望デッキです!
一丁平

ここからは丹沢の山並みから富士山まで一望できるようです。この日はやはり遠くは霞みがちでしたが、開放感のある景色に気分がすぅっと軽くなりました

さぁ、それでは次の目的地、小仏城山へ!
私は再び歩き始めました。

この先にはいくつもの太い枝がくねくねと伸びているいる大きな木々の立ち並ぶ道がありましたー。
前を行く登山者さんと比較して、その大きさが分かるでしょうか。
とっても雰囲気がいいですねー
雰囲気の良い道

それからは鬱蒼と木々の生い茂る木陰の道になり、いくぶん涼しさが感じられるようになりました。
しばらく進んで再び丸太の階段を上って行くと、「おでん」ののぼりの立てられたお茶屋さんにたどり着きましたー!
城山茶屋に到着

城山茶屋ということは・・・小仏城山に到着だね
広場の一角には山頂標柱がありました。早速ここで記念撮影。
小仏城山

私はベンチに腰掛けて、行動食をつまみながら少し休憩を取りました。
先はまだまだ長いから、水分とエネルギーをこまめに補給しつつ、体力も温存していかないとね

休憩を終えた私はザックを背負い直し、さらに先へと進んでいきました。
辺りは背の高い針葉樹がずらりと並んでいて、少し薄暗い雰囲気です。
木々に陽射しを遮ってもらえるのでだいぶ歩きやすくなりました。これはありがたいですねー
歩きやすい道

10分ほど進んだところで、ベンチが沢山置かれた場所に出てきましたー。
近くの切り株から、こんなにかわいらしいキノコ3兄弟が生えていたんです。とってもキュート
キノコ3兄弟

縦走路は歩きやすいだけでなく、こんな風に指導標もしっかりと設置されていました。
距離が分かるのでとても助かりますねー。次の影信山まではあと1.3kmか、頑張ろう
(今は敢えて陣馬山までの距離については触れないでおきます・・・苦笑)
あと1.3km

そして、ベンチや案内図が設置された小仏峠に到着ー
名前は聞いたことがあったけど、ここがその峠なんだね。
小仏峠

この辺りには別ルートからやってきた登山者さんたちも多くいらっしゃいました。
昔々もこんな風に色々な人たちが行きかっていたのかな。

私は人の続いているタイミングを少し見送ってから、影信山方面へと進み始めました。
この辺りもとっても歩きやすいですねー。反対側からやってくる登山者さんたちとも多くすれ違うようになりました
歩きやすいです

幸いなことに体力にもまだ余裕があったので、私は山の空気を楽しみながら歩き続けました。
木漏れ日も気持ちがいいね!
木漏れ日

やがて、木々が切り開かれて景色の開けた道へと差し掛かりましたー。
そこからは深い森が見えています。
森が見えます

それでも、陽が射すとやっぱり暑いです(苦笑)
乾いた道は砂埃も立ちやすかったので、私は立ち止まらずに景色を見ながら進みました。
開けた道

そこから少しで、影信山のお茶屋さんに到着しましたー!
やったー!ここでお昼ご飯だー!!
お茶屋さんに到着!

今回、お昼に雑炊を作ろうと思って食材や調理器具を準備してきていました。
ガスを使うにはお茶屋さんに声を掛ける必要があったので立ち寄ってみたところ、そこの「名物なめこ汁」という張り紙に強烈に心惹かれました(笑)

というわけで・・・じゃーん!
なめこ汁&雑炊のお昼ご飯です
きのこ汁と雑炊(作成中)

雑炊となめこ汁だとどちらも汁物なんじゃ・・・というツッコミは無しでお願いします!(笑)
このルートにはトイレがいくつも設置されているので、いざという時も安心ですね。

こうして、お茶屋さんのテーブル&ベンチで1時間近くのんびりと過ごした私。
しっかり休憩もできたし、そろそろ先へ進もうか・・・と、荷物をまとめて歩き始めました。

お茶屋さんから少し下ったところにあるキレイなトイレを借りてから登山道に復帰すると・・・あれっ!?
先ほど休憩したお茶屋さんの裏手に、なんだかものすごく見晴らしの良い広場がありましたー!
見晴らし良好

そして、ここに影信山の山頂標柱が・・・!!
影信山

多くの人々は、こちら側で景色を眺めながら休憩をしていたのでした。
そうだったのかー!私もこの景色が見える場所で食事をすれば良かったかも。

とは言えもう一度なめこ汁を飲むわけにもいかないので、そのまま先へと進むことにします(苦笑)

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2013.08.13 Tue 07:39  |  その白い花っぽいやつ…

ゆっくりと、しかし着実に回復しているようで何よりです(*´∀`)

――――ところで、その白い花っぽいやつはご存じの通り
ヤマボウシ君ですよねヾ( *゚ ゚)ノ゛?

最近知ったのですが、近縁種のアメリカヤマボウシ、所謂ハナミズキと一緒で白い部分は苞(葉っぱみたいなもの)で、
花は中心部分の黄色いやつなんですって(*´ω`)紛らわしいww

6月だったら丁度咲いてたんじゃないか知らん

2013.08.13 Tue 22:02  |  

こんばんは。

過去記事は見ている方ものんびり出来て良いです。

白い花は「花ミズキ」ですか?
キノコはシイタケの様ですね、山に登ったら遠くだけでなく足元にも楽しみが。
ナメコ汁も美味しそう。
高い山でなくても思いっきり楽しむ姿が気に入ってます。

治療頑張っていると思いますが、そろそろ復活登山も織り交ぜてUPして下さい。



  • #-
  • tahara_t2
  • URL

2013.08.31 Sat 21:14  |  p228様

p228様、こんばんは!コメントありがとうございます。

花について情報ありがとうございました。知識不足でほとんどの花が「キレイな花」「カワイイ花」程度の認識しかなく・・・(苦笑)少しずつ花の名前を覚えていっているところです。
こうして教えて頂くことで、より印象に残って名前を覚えやすくなるのでとてもありがたいです☆

それにしても白い部分は花びらではないのですね。驚きです!

2013.08.31 Sat 21:18  |  tahara_t2様

tahara_t2様、こんばんは!コメントありがとうございます。

高尾山は子どもの頃から親しんでいましたが、縦走することで新たな楽しみを見つけることができました!
なめこ汁やカキ氷も美味しいんですよー☆

過去記事でアップしやすいものは今日で一段落したので、そろそろ手術後の登山レポートがアップできるようになるかもしれません。
それ以上にまた山へ行っている時間の方が長くなってしまうかもしれませんが・・・(苦笑)

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/462-a8301270
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。