スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2013.12 高尾山登山(4号路・3号路)

※こちらはアフリカ登山の前に登った記録です。

高尾山(599m/東京都八王子市)


ルート詳細はコチラ

■今回のコース(出発&到着時刻)
1号路登山口5:37→ケーブルカー山頂駅6:18→4号路入口(浄心門)6:28→7:10高尾山山頂―(一丁平方面散策)→高尾山山頂8:16→3号路入口8:30→1号路合流(浄心門)9:10―(天狗焼きを買って1号路)→登山口9:47

■参考マップ
山と高原地図 27 高尾・陣馬


時は2013年12月。アフリカ行きが近づいてきて、毎日準備で大忙しになりました
ここ最近はキリマンジャロ登山前のトレーニングを兼ねて距離の長いコースを歩くことが多かったのですが、そろそろ時間も無くなってきました

直前にハードな登山をして怪我をしたり、体調を崩してもいけないので、今回は近場で短めのコースにしよう。
そう考えて、今回は高尾山にお邪魔することにしました

前回高尾山~陣馬山を歩いたばかりではありますが、今回は今まで歩いたことのない4号路と3号路を利用することにしました!
高尾山は子どもの頃から何度かお邪魔してるけど、1号路か6号路か稲荷山コースしか使っていないんですよねー。

というわけで、高尾山の未知のコース歩きが楽しみです


ですが・・・いつも通り混雑を避けるために早めに家を出たものの、時間がちょっと早すぎたみたい(苦笑)
真っ暗登山口

今回、4号路入口(浄心門)までは1号路を登ります。
以前高尾山ナイトハイクをした時に、1号路の薮から大きな唸り声が聞こえて驚いたことを思い出しますね・・・

私たちはヘッドライトを装着して、1号路へと入っていきました。
舗装道路のコースなので、他のコースより歩行上の危険は少ないと思うのですが・・・違う意味で怖いです
ここを登ります・・・

ところが、そこから10分ほど登ったところで、私たちは奇跡の出会いに恵まれたのでしたー!
前方右手の大木から、登山道を挟んだ左手の大木へ向けてすぅっと何かが飛んだんです!!

えっ!!もしかして・・・・!!

目を凝らしてみると、登山道脇の大木の上の方に、なんとムササビがとまっているではありませんかー!!
しかも・・・2匹もいるーっ!!

彼らはこちらの様子を窺いながら、幹の裏側へと回り込んでいきました。
彼らが木の幹に爪を立てる音が、静かな登山道に響きます。

わ、わわわわ・・!!すごい、野生のムササビに出会えるなんて・・・!!

私は完全に取り乱していたものの、大声を出したりライトを当てたりして彼らを驚かせてはいけないので、ライトを逸らせ、じっと黙って観察しました。
というわけで、写真が無いのです・・・ごめんなさい

その後、彼らは森の奥へ向けて飛び去っていきました。
予想以上に大きな身体、大きな瞳、そして空飛ぶ座布団のような姿(笑)まで確認できてしまいましたー

高尾山でムササビに会えたらいいなとずっと思っていましたが、まさか今回会えてしまうとは・・・!!
暗闇の中、一気にテンションアップです!

ムササビたちはねぐらに帰っていったのでしょう。その後彼らに出会うことはありませんでした。
私たちはひたすら舗装された登山道を登っていきます。これがなかなか急でキツイ

それでも、木々の向こうに覗く空は少しずつ明るくなってきました。
できれば開けた場所まで出て、夜景を見たいところだけど・・・ちょっと間に合わないかな!?

私は息を弾ませながら、やや速めのペースで登っていきました。

そして、ケーブルカーの山頂駅に到着
まだ運行が始まっていないので、辺りはしんと静まり返っていました。

そして、ここでようやく景色が大きく開けましたー!!
幻想的な景色

街の明かりが少しずつ消えていき、空はどんどん明るくなっていく。
そんな夜と朝の境目の時間、とても幻想的で美しい光景でした

それから私たちは、山頂目指してさらに先へと進んでいきました。
進みます!

そして現れた浄心門のところで、1号路を離れて右手に進路を変えます。
さぁ、いよいよここから初めての4号路に入りますよー

4号路へと足を踏み入れると、辺りは一気に山道らしくなりました。
誰もいない静かな登山道を、落ち葉を踏みながら歩いていきます。
出だしは急坂などもなく、晩秋の散歩道といった雰囲気。
4号路

基本的にずっと林の中ではありますが、時折木々の合間から向こうの景色を望むことができました。
紅葉の盛りは過ぎているものの、所々に鮮やかな赤や黄色が残っています

そして、4号路の中で最も有名なスポットである吊り橋に到着!思ったより立派な造りです。
でもあんまり揺らすと怖いので、おとなしく通過しました(苦笑)
吊り橋

また、道中には高尾の動植物に関する色々な情報看板が立てられていました
看板

この写真の看板以外にも、アリとスミレの意外な関係?や、イイギリという木の四季それぞれの楽しみ方などなど、大人でも面白く読める情報がいくつもありました。
ここに住む生き物たち、みんながみんなとっても大切な存在で、彼らがいるからこそ高尾の自然が豊かに保たれているんだなぁとしみじみ感じましたよー
興味のある方はぜひ高尾山4号路へ!(笑)

吊り橋から先は、傾斜のあるところや木の階段などが出てきます。
道幅が細いところもあるので注意が必要ですが、全体的にとてもよく整備されていて歩きやすいです。
何より、森の雰囲気がいいですねー
登山道

その後現れた長めの階段を登っていくと、前方に建物が見えてきました。
あ、あれはもしかして・・・

というわけで、山頂直下のトイレの脇で、1号路の舗装道路と合流しましたー
合流!

ここまで来ればもう山頂は目の前です。
少し登って・・・高尾山無事登頂!!
高尾山頂

この日は雲の多い空模様でした。
そのおかげで、オレンジ色の光が、幾筋も街に降り注いでいるような景色を見ることができましたよー!
何とも言えない美しさです
美しい光の筋

そして、富士山方面はと言いますと・・・
うーん、今日はやっぱり富士山は出てきてくれないみたいだね。
それでもとっても爽快感のあるいい景色です!
こちらもいい景色!

こうして山頂で少しの間景色を眺めた後、私たちは少し先のもみじ台周辺を散策してくることにしました。
「シモバシラ」がそろそろ見られないかなぁ?と思って少し探してみたのですが・・・見つかりませんでした。残念!

その代わりに、こんなに可愛らしい木の実を見つけることができましたよー
紫の実

黒い実

散策を終えて高尾山頂の手前まで戻ってきた私たちは、ベンチに腰を下ろして軽食を取りました。
今回は調理はせず、おにぎりとサーモス 山専ボトルに入れてきた熱いお湯を頂きました

それから山頂へと戻った私たちは、今度は3号路経由で下山することにしましたー!

まず稲荷山コースの長い階段を下り、そこから5号路を通って3号路へと入りました。
この辺りは落ち葉がいっぱい!
落ち葉がいっぱい!

登りで使った4号路と同様、こちらの3号路もとても山道らしい雰囲気です。
距離が長めなこともあってか、登ってくる人の数もまばら。広葉樹と針葉樹の混じった静かな森の中を下っていく、歩きやすい道でした
3号路

また、こちらにもまだ紅葉の残りがありましたー!
とても鮮やかで、心が洗われるような美しい光景です
まだ紅葉が・・・!

ただ、途中で境界を示す杭のようなものでしょうか?赤い円柱状の石が登山道の真ん中に突き出しているのを見かけました。
景色ばかりに見とれているとつまずいてしまうかも道幅が狭いところも多いので、足下注意ですね!
足下注意!

こうして3号路の森と情報看板を楽しんだ私たちは、浄心門のところで1号路と合流しましたー。
あぁ、楽しかったー!やはり1号路は一番人気のようで、登ってこられる登山者さんの数も多いです。

ここからは1号路を下って登山口まで戻るのみなのですが、その前にちょっと寄り道。
ケーブルカー駅の前にあるお店で、天狗焼を買いましたー
天狗焼

友達が「天狗焼が美味しくてハマってる」って言っていたのですが、私は今まで食べたことなかったんですよねー。
かわいらしい天狗さんの見た目なので食べるのが勿体ないところですが(苦笑)、食べてみると中身はなんと黒豆餡。
上品な甘さがとっても美味しかったです


今日はムササビさんとの出会いに始まり、初めての3号路・4号路、そして天狗焼と内容盛り沢山な高尾山登山になりました。
子どもの頃から何度もお邪魔している高尾山ですが、それでもまだまだ知らないことが沢山あるんですよね。

これにて2013年の日本での登山は終わりです!
やっぱり高尾山はいい山だなぁ。山登りって楽しいなぁ。としみじみ思いながら1号路を下っていった私なのでした
1号路を下ります

【終わり】
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2014.03.09 Sun 17:32  |  こんばんは

高尾山って、低山ゆえに色々な楽しみ方があって奥深いですよね♪

ムササビに会えたなんて、うらやましい(笑)
天狗焼きも美味しそうです(*^_^*)

ナイトハイクの記事も見ました。
高尾~陣馬のナイトハイクを今年中にしたいと思っていましたが、初心者にはハードルが高いのですね^^;
高尾山だけにしておこうと思います。

  • #-
  • Ko‐S
  • URL

2014.03.15 Sat 23:57  |  ムササビ

はじめまして こんばんわ^^
夜の高尾山でムササビ見られたんですね。
羨ましいですね。
私も高尾山によく登りますが夜は行ったことがないので
ムササビはさすがに見れませんw
天狗焼き、私はハマりました♪疲れた時に丁度いい甘さなんです。
そうそう、先月の大雪の後に雪の高尾山に行きましたが凄い雪の量でしたよ。
ではでは
pin

2014.03.27 Thu 00:10  |  

ブログは時々拝見させていただいてます。
参考になる事が多く、利用もさせていただいてます^^

22日高尾山へ行きました。
帰りは1号路で下ってきたのですが、多分ここに書かれている
大木のところで、ムササビと出逢いましたよ♪
それも・・・午後3時前。

たくさんの人が上を見ていたので、なんだろう〜と見上げると!
木の穴の中に、うごめくモノが!!!!
まったりしたムササビちゃんが、とても可愛かったぁ〜^^

↓証拠写真(笑)
http://achami-love.blog.so-net.ne.jp/2014-03-24#more

高尾山は、ミラクルなお山ですよね☆

2014.03.31 Mon 21:41  |  Ko‐S様

Ko‐S様、こんばんは!コメントありがとうございます。
返信が遅れてしまってごめんなさい!

高尾山、お邪魔すればするほどその奥深さに驚かされます。
アクセスもしやすいので、今後も沢山お邪魔すると思います!

ナイトハイクは、昼間の登山とは雰囲気が全然違っていてちょっと怖かったですe-330
私は怖がりなのかもしれませんねー(苦笑)

2014.03.31 Mon 21:44  |  pin様

pin様、こんばんは!コメントありがとうございます。
返信が遅れてしまってごめんなさい!

はい、この時は本当に偶然ムササビと出会えてしまいました!
会えると分かっていたら、もっとちゃんと観察グッズなどを持って行ったのですが・・・(苦笑)

天狗焼きは今回初めて食べましたが、人気の理由が分かった気がします!美味しいですねー!
私も大雪の後、少ししてからお邪魔しました。本当にすごい雪でしたねー。

2014.03.31 Mon 21:54  |  achami様

achami様、こんばんは!コメントありがとうございます。

achami様は昼間に高尾山でムササビに出会ったのですねー!それはすごいっ!
ムササビって本当にかわいいですよねーe-266

たまに日中も出てきていて、目撃情報があるみたいですね。私も明るい時に会ってみたいですe-446

2016.05.15 Sun 05:15  |  

赤い杭は、危険なので気を付けましょう。

  • #-
  • ...
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/491-ac01e7ff
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。