スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2014.3 鎌倉アルプス(天園ハイキングコース)登山(+覚園寺立ち寄り)

大平山(159.2m)/神奈川県鎌倉市


ルート詳細はコチラ

■今回のコースと所要時間
所要時間合計(休憩等込み):約3時間20分

(移動時間)
建長寺―【約70分】→大平山山頂―【約40分】→瑞泉寺近くの舗装路―【約10分】→鎌倉宮―【約15分】→覚園寺―【約25分】→鶴岡八幡宮―【約10分】→建長寺

毎年何かと慌ただしくなる年度末。せっかくの休日にも片付けなければならない仕事が残っていて、時間や体力を100%山に使えなくなってしまいました(泣)
でも、こういう時こそ適度な気分転換が必要です

というわけで、アクセスが良好でコースタイムが短く、体力的にも無理のないハイキングコースを調べ、鎌倉アルプスへお邪魔することに決めました!
鎌倉はこれまでに何度もお邪魔していますが、いつも観光ばかりで山歩きをしたことはなかったんですよねー。
いったいどんな雰囲気のコースなんだろう?とワクワクしながら出かけました。

いつも鎌倉へは電車でアクセスしていましたが、今回は特に何も考えず、車で向かいました
ところがこれがちょっと失敗。近隣に駐車場は多数あるのですが、土日の駐車料金は平日よりも割高だったり、上限設定がなかったりするところがほとんどだったんです。
結局今回は駐車料金が気になってしまって、ゆっくり食事をしたり買い物をしたりすることができませんでした
今度土日に来る時はやっぱり電車にしようっと(苦笑)


北鎌倉駅近くの駐車場に車を停めた私たちは、まず建長寺へと向かいました。
天園ハイキングコースは建長寺の中を通って進むので、拝観料を支払って中へと入ります。(明月院付近から入るコースもあり、そちらは拝観料などはかからないようです)

まだ人の少ない朝の時間帯。静かな境内を、荘厳な造りの建物を見上げながら歩いていきます。
こちらは立派な山門(三門)。じっくりと見ていったら1日があっという間に過ぎてしまいそう!
建長寺

私たちはお寺でトイレを借りて、脇の道から奥の方へと進んでいきました。
随所に和の雰囲気を感じさせる道(半僧坊道と言うようです)をしばらく歩き、鳥居をくぐって意外と長い石段を登っていくと、半僧坊へとたどりつきましたー!
斜面には様々なポーズの天狗たちが立ち並んでいます。これは圧巻!!
天狗です

天狗さんたちの脇から石段を上がって半僧坊の建物の前まで来ると、中からお参りの人たちかな?の話し声が聞こえてきます。
ここは見晴らしも良くて、生い茂る森の向こうに相模湾を望むことができました
また、脇にあるウッドデッキ風の展望スペースからは、天気が良ければ富士山が見えるのだそうです。
この日は晴れてはいましたが、遠くは霞んでいて富士山の姿は見ることができませんでした。

この少し上にも展望台があるとのことなので、早速そちらへ進んでみることにしました。
ここからはいよいよ山道という感じ。急な階段をよいしょ、っと登っていきます。
階段

そして、やはりウッドデッキ風の展望台に着きましたー!
ここからも相模湾を見渡すことができましたよー
展望台

さぁ、それではいよいよ山の中へ
展望台から奥へと入っていくと、想像以上に深い森が私たちを待っていたのでした。

まず出迎えてくれたのは、椿(かな?)の花咲くトンネル
椿?のトンネル

それから、一斉にダンスをしているかのようなぐねぐねの木々。
ぐねぐねです

朝早めの時間だったためか、この時は人もほとんどおらず、驚くほど静かな森を進んでいくことができました

道は日頃多くの人が歩いているようでよく踏まれており、はっきりとしています。丸太で階段状に整備されたところもありました。
この時は全体的に道は乾いていましたが、ぬかるんでいる所もたまに通りました。雨の多い時期は注意が必要かも
ぬかるみ

また、登山道上は大きな岩でごつごつしていたり、木の根が張り出してきているところも多くありました。
鎌倉のハイキングコースということで、石畳の散策道のようなイメージをしていた私は、思った以上にワイルドな雰囲気の登山道に驚きました

岩場は時に、このようにロープが付けられるようなところもありました。
段差が大きかったりして結構歩きづらいので、岩が濡れている時は特に気を付けた方が良さそうですねー。
岩場

建長寺の辺りから、時々このような案内表示が立てられていました。
距離も書いてあるのでとても分かりやすいですねー
道案内

ですが、これから自分がどこへ向かうのか、コースを事前にきちんと把握していないと、間違えて違うお寺に下山してしまうかも(苦笑)

そこからもさらに、ワイルドな雰囲気のとても楽しい登山道が続いていきました。
時にはこんな迫力ある場所も!地層も見えていますよー!!
迫力です

まさか、鎌倉の裏山にこんなに素敵なコースがあったとは・・・。
予想外の新発見に、私はとても嬉しい気持ちになりました

そして開けたところに出ると、そこは鎌倉市の最高地点である大平山の山頂でしたー!
大平山の山頂!

159.2mという標高ながら、その眺めは爽快そのもの。
ぽかぽかとして気持ちも良かったので、大きな岩のひとつに腰を下ろして軽く休憩をとりました。
とっても気分がいいですねー
大きく開けています

ここまで来ると、単独の方からグループの皆さんまで、多くの方が行き交うようになりました。
私たちはおむすびを頬張りながら、進路に見えている森や地形を眺めて過ごしました。

そして、再び出発
開けた坂道を下って行き、ゴルフ場脇のなだらかな道をしばらく歩いていくと、お茶屋さんにぶつかりましたー!
天園峠の茶屋さん

こちら「天園峠の茶屋」さんですが、思わず「天国峠の茶屋」と読んでしまいました(笑)
そしてこの辺りが、どうやら横浜市の最高地点のようです。(先ほどの大平山山頂は鎌倉市の最高地点でした)
「鎌倉アルプスって、横浜市も通っていたんだねぇ!」と、こちらも新発見。

ここは休憩にぴったりの場所で、メニューにもとても心惹かれました。
でも、ついさっきおむすび休憩をとったばかりの私たち。少し悩みましたが先へ進むことにしました。

そのすぐ先にも天園休憩所さんがあり、手描きイラストのおでんの看板に思わず足が止まりました・・・(苦笑)が、ここも今回は立ち寄らずに進みました

その先は、かなり荒々しい雰囲気の道になりましたー!
鎌倉の裏山をちょっと散策のつもりでここへ来ると、驚いてしまうかもしれませんねー。
ワイルドー!

そしてこの辺りで、タイワンリスと出会いました!
枝から枝へと素早く飛び移っていったのでキレイな写真は撮れませんでしたが、ふさふさの尻尾が印象的でした。

道はずっと岩がちでワイルドな雰囲気というわけではなく、歩きやすい土の道も続きました。
しかし、所々にものすごく立派な大木がどかん、どかん!と立ち並んでいたりして、思わず足を止めて口をぽかんと開けたまま見上げてしまいます。
木がすごい!

こうして森の景色を楽しみながらしばらく進んでいくと、景色が開けて眼下に町並みが広がりましたー
もう手の届きそうなほど近いところに家々が見えています。そろそろ町に下りるのかな?

別の方角には、こんもりと広がる森も眺めることができました
森も見えました

「新緑」というにはまだ少し早い気がしますが、木々の密度の濃さは十分に伝わってきます。
すごいなぁ、鎌倉にはこんなに豊かな自然があったのか・・・

その後再び森の中を進んでいき、階段を下っていくと舗装道路にぶつかりましたー!
案内版には「天園ハイキングコース入口」と書かれています。私たちにとってはここが出口。登山道はこれでおしまいのようですね。
町へ下りてきました

さて、ここからは鎌倉のお寺巡りスタート
とは言っても、冒頭でお伝えした通り刻一刻と値上がりしていく駐車料金が気になるわけでして・・・(苦笑)
立ち寄りたい場所があらかじめ決まっていたこともあり、今回は瑞泉寺は見送って鎌倉宮方面へと進みました。

静かで落ち着いた雰囲気の町の道を10分ほど歩くと、鎌倉宮にたどり着きました。
白と赤の鳥居が目に鮮やか。梅の花もとってもキレイでした
鎌倉宮

ここでお手洗いを借りまして、ここからちょっと寄り道コース。
鎌倉宮からさらに奥、静かな細道をしばらく進んだ先にある、覚園寺を訪れました。
覚園寺

今回、鎌倉アルプス登山以外のもうひとつの目的が、こちらのお寺でお守りを買うことでした。
その目的が達成できたので、私たちは来た道を引き返し、鎌倉駅方面へと歩いていきました。

ここまで来ると、周囲は観光客の方々でいっぱいです!
私たちは人々の波にもまれながら、鶴岡八幡宮までやってきました。

大銀杏が倒れてしまってからは初めてこちらを訪れましたが、本当にあの存在感ある大木がいなくなっていたので少し淋しい気持ちになりました
鶴岡八幡宮

でも!残った部分からは芽が出て、今は若木が育っているのだそうです
長い長い年月が必要だと思いますが、この若木にはぜひ立派に育ってもらいたいですねー!

こうして、本日の行程を終えた私たち。
ここから北鎌倉の駐車場までは電車を使ってもいいのですが、余力があったのでそのまま歩いていくことにしました。
長ーい坂道を上っていって、建長寺の横を過ぎて・・・北鎌倉到着!

・・・と、その前に。
今回は時間が気になってしまい、どこかのお店でゆっくり食事をすることができなかったので、「いも吉館」さんで食べ歩き用に紫いもコロッケを買いましたー
コロッケ

こちらのコロッケは中が紫色!とてもジューシーで食べやすかったです

こうして無事に駐車場まで戻ってくることのできた私たちは、表示された駐車料金に驚きつつ(苦笑)鎌倉を後にしたのでした


鎌倉は親しみのある観光地ですが、今回鎌倉アルプス(天園ハイキングコース)に初めてお邪魔して、その自然の豊かさにとても驚かされました。
距離はそう長くはありませんが、鬱蒼とした森があったり、ワイルドな岩場があったりととても魅力にあふれたコースだと思いました。

また、途中にお茶屋さんがあったり、下山後には鎌倉観光もできたりするのでゆっくりと1日かけて巡るのにぴったりですね。
今度は私も時間を気にせず楽しみたいと思います!

【終わり】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/499-95e39f55
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。