スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2014.07【中国地方登山旅行】伯耆大山登山

※登山旅行のレポートについて

【2014.07中国地方登山旅行】山行一覧
◆伯耆大山
◆下蒜山
◆扇ノ山
◆小鹿渓


伯耆大山(弥山:1,710.6m)/鳥取県大山町ほか
※丹沢の大山(おおやま)と区別するため、ここでは伯耆大山(ほうきだいせん)と表記します。


ルート詳細はコチラ

■今回のコースと所要時間
所要時間合計(休憩等込み):約4時間45分

(行動時間)
夏山登山口(近くの駐車場にトイレあり)―【約2時間40分(10~20分ごとに一合目~九合目を通過)】→頂上避難小屋(トイレあり)―【約2分】→頂上―【約1時間40分】→夏山登山口

■参考マップ
山と高原地図 53 大山・蒜山高原


伯耆大山は鳥取県にある独立峰で、中国地方の最高峰でもあります。
最高地点は剣ヶ峰(1,729m)ですが、周辺の崩落が激しいため、通行しないようアナウンスされています。(県警ホームページなど参照)
今回は、北側斜面を登り弥山頂上(現在の伯耆大山頂上)へと至る一般ルート、「夏山登山道」を利用させて頂きました。

登山口
夏山登山口からいよいよ登山開始!最初は石段を登っていきます。

階段です
道は山頂に至るまで、とてもよく整備されていました!
ですが、延々と続く石段や丸太階段の登りはかなり足に響きますね・・・
道中には合目表示や100mごとの標高表示があって、細かい目標設定ができたのでありがたかったです

日本海にもほど近い独立峰のためか、今回の旅では周囲が晴れているのに伯耆大山だけは雲に覆われている、という場面を何度か目にしました。
この日もその例に漏れず、登山口では晴れていたのに登っていくにつれどんどん雲が増えていきました。そのため、木々の合間からは景色は望めず

鮮やか!
それでも、身近なところで美しい自然を楽しむことができました!
とっても鮮やかなツツジの花です

ホタルがいました
そしてこちらはなんと、ホタルではありませんかっ!!
実は、弥山の頂上付近には多数のヒメボタルが生息しているそうなんです。夜、山の上でホタルの光を眺められたら、どんなに素敵でしょう・・・
この子は頂上付近のホタルとは少し違うようですが、それでも出会えてとっても嬉しかったです

ホトトギスも
それから、これはホトトギスの仲間かな?見られる花の種類も豊富です。
遠くの景色が望めなくても、こんなに沢山の見どころがあるんですね

美しい森
また、この辺りの森にはブナと思われる木々が目立ちました。登山道脇には目を見張るような大木が立ち並んでいることも。
この独特の美しさに心をぎゅっとつかまれます。この森を歩くためだけにここを訪れても十分に価値があると思えるほどでした

花もいっぱい
標高を上げていくにつれ、見られる花の種類もさらに増えてきました。
手前のピンクはシモツケでしょうか?奥には青いアジサイの花も咲いていますよー。なんともカラフルな登山道

ガスガスですねー
そしてようやく六合目まで登ってきましたー!開けた場所に出たのですが・・・あれっ、お天気が
雨こそ降っていないものの、ガスで辺りは真っ白です。残念ながら、景色は望めそうにありません。

癒されます
そうなると、ますますお花の鑑賞がはかどります(笑)
本当に花の種類が多いんです

目立っています!
こちらは少し遠目の斜面をズームした写真ですが・・・花の色がちょっとずつ違っていて、とってもキレイなのすごく目立っていました。

ハードです
しかし、登山そのものはそう簡単には進みませんでした。
五合目を過ぎた頃からはますます坂がきつくなり、岩の段差も増えてきたんです。
しかも、股ぐらいの高さの大きな段差も少なくなかったので、もはや「登る」というよりは「乗り越える」に近い感覚で高度を上げていきました
岩も濡れていて滑りそう。気を付けて足を運びます。

やっぱり、花!
そんな時でも、花たちが足下でそっと私たちを励ましてくれていました

ダイセンキャラボク
ようやく8合目の標識を過ぎ、標高も1600mを超えてくるようになりました。
辺りはガスガスで見通しはあまり利かないのですが、頂上周辺の木道が整備されたエリア付近まで登ってこれたようです
ここに群生しているのが、ダイセンキャラボクです。

ダイセンキャラボクの森 内部
ダイセンキャラボクの森の中を覗き込んでみてびっくり!地面を這うように広がる無数の枝たちが複雑に入り組んで、まるで迷路のようです
秘密の森の世界を見てしまったような、そんなワクワクした気分になりました

木道です
そしてついに、山頂手前の木道に差し掛かりましたー!
辺りはお花畑にもなっていて、晴れていたら幸せな気分で歩くことができただろうと思います。
でも、この日はとにかく風が強くて・・・寒ーいっ!!

避難小屋
滑らないよう気を付けながら木道を進んでいくと、ガスの向こうにぼんやりと建物が見えてきました。
あれが頂上の避難小屋だね。ようやく着いたー

伯耆大山頂上
この避難小屋のすぐ裏手に伯耆大山(弥山)の頂上がありました
が、ここで景色を見ながらのんびり・・・というわけにはいかなかったので(苦笑)、記念撮影だけして避難小屋に駆け込みました。
小屋はキレイで広く、何組もの登山者さんが休憩されていました。ここに宿泊してホタルやご来光を楽しむスタイルもあるようですね。

下ります
私たちは避難小屋でおむすびと行動食をつまんだ後、装備を整えて下山を開始しました。
この天気ですが、登ってくる方は大勢いらっしゃいました。
道を譲りながら、ゆっくり下っていきます。

美しい森です
このコースは登りもなかなか大変でしたが、下りも段差や階段だらけなのでかなり足が疲れましたー!
ここが子どもたちも登る一般コースだなんて・・・すごすぎる!!
終盤はだいぶヘロヘロになってしまいましたが、それでも美しいブナの森に癒されながら無事下山を果たし、近くの温泉に飛び込んだのでした


伯耆大山は登っても眺めても楽しめる、まるで富士山のような存在感のある山だと感じました。
ある時は鳥取の海岸沿いから、そして岡山の山間部から、今回の旅の途中で何度も伯耆大山の姿を眺めていましたが、望む方角が変わると雰囲気も大きく変わり、見ていて飽きることがありませんでした

伯耆大山やその周辺には多数の登山コースやピークがありますし、季節によっても全く違った山登りができそうです。
今回は頂上付近のお天気がイマイチでしたが、今度は晴れた時に、そして別の季節に、時間をかけて何度でも訪れてみたい、そんな魅力に溢れた山だと感じました

【終わり】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2014.11.10 Mon 05:50  |  

9月に大山を見上げることの出来る倉吉に行って来ました。
ぽつんと映える大山の姿が神々しかったです。

2014.11.12 Wed 21:42  |  

こんばんわ。
伯耆大山っていつ晴れるんでしょうね?
私が登る時は、ほとんど頂上付近が見えない状態です。
いつも下山してから見上げると、いい感じで雲が切れていることが多いです。
剣ヶ峰まで行けるといいんですがね・・・

  • #-
  • 横浜五郎
  • URL

2014.11.18 Tue 22:13  |  夢酔藤山様

夢酔藤山様、こんばんは!コメントありがとうございます。

大山は登るだけでなく、見上げるのも良い山ですよね。この時の山旅の間、次回は大山の見える場所に何日も滞在して、ずっと眺め続けているだけでもいいな、時々登らせて頂けたらもっと幸せだな・・・などと考えていました!

2014.11.18 Tue 22:15  |  横浜五郎様

横浜五郎様、こんばんは!コメントありがとうございます。

横浜五郎様も登られる時はお天気がイマイチなのですね。やはりガスが出ることも多いのでしょうか。
今度は晴れている時に是非お邪魔してみたいです!

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/521-433776d4
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。