スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2014.09巾着田からの日和田山~物見山登山

日和田山(305m)・物見山(375m)/埼玉県日高市


ルート詳細はコチラ

■今回のコースと所要時間
所要時間合計(休憩等込み):約4時間55分

(行動時間)
日和田山登山口駐車場―【約10分】→巾着田(トイレあり)―【約15分】→日和田山登山口(トイレあり)―【約15分】→鳥居(男坂・女坂分岐)―【男坂経由約20分】→金刀比羅神社の鳥居―【約10分】→日和田山頂上―【約25分】→高指山―【約30分】→物見山頂上―【約2分】→三角点―【約55分】→金刀比羅神社の鳥居―【女坂経由約20分】→日和田山登山口
※トイレは高指山~物見山間の駒高集落にもあり。

■参考マップ
山と高原地図 22 奥武蔵・秩父


前回の三頭山登山に引き続き、今回も足の状態を確認するために軽めの登山に出かけることにしました!
向かったのは久しぶりの奥武蔵、私の「心の裏山」でもある日和田山です

日和田山の登山口近くには、有名な観光スポットの巾着田があります。
ここは春になると菜の花や桜がとてもキレイで、日和田山とセットで訪問するのも楽しいんですよねー
(過去2009年4月2010年4月に、巾着田~日和田山を訪れました)

今回は9月だから、花の景色は楽しめないだろうって?いやいや、そんなことはないんです!
実はこの時期、曼珠沙華(彼岸花)の花がものすごいんですよー!

というわけで、混雑を見越してかなり早い時間に登山口までやってきた私たち。
まだガラガラの駐車場に車を停めて、巾着田へと向かいます。

巾着田の入り口までやってくると、朝早い時間にもかかわらず、既に多くの人たちの姿が見られました。
それもそのはず、今まさに曼珠沙華が見頃を迎えていたのです!

じゃーんっ!!これはすごいっ!!
一面の曼珠沙華!

林床を覆い尽くす曼珠沙華の真っ赤な花が、幻想的というべきか、いや異様というべきか、とにかく圧倒されるほど独特の世界を創り出しているんです
この中を歩いていると、自分が赤い大地を踏み分けているような、赤い水面を漂っているような・・・そんな不思議な感覚にとらわれます。

私たちはカメラをあちこちに向けながら、曼珠沙華の世界を進んでいきました。

時々真っ赤な花に混ざって、いくつかの白い花も咲いていましたよー!とっても目を引きますねー
白い花も

これ以上曼珠沙華の写真を紹介し続けると、それだけでレポートが1本終わってしまいそうなので(苦笑)、そろそろ先へ進みます。

さぁ、次はあちらの日和田山へお邪魔しますよー
日和田山へ

駐車場に戻った私たちは登山装備を整え、日和田山登山口へと向かいました。
こちらは登山口にあった、位置関係の分かりやすい案内図。
案内図

登山口を入ると、すぐにトイレがあります。この辺りは道が何本も分かれているのですが、そのうちみんな合流するものと思われます。
私は足のことも考えて、できるだけなだらかな道を選んで進んでいきました。

朝陽の射す林の中をゆっくりと登っていくと、前方に大きな鳥居が現れましたー。
鳥居

ここをくぐると、すぐに道が二手に分かれます。岩場の登りを楽しみにしていた私たちは迷わず左手の男坂へ。
少し進むと水場に到着しました。(ここの水は飲めるのかなぁ??)
水場

ここからは奥の急な岩場を登っていく道と、土の道を登っていく道の2つがありました。これまでは前者の方を登ることが多かったと記憶していますが、後者の道が見晴台経由のようなので、今回はそちらへ進みます。
登っていくと広葉樹が出てきて森が明るくなり、ベンチのある見晴台っぽい所に出ました。でも、木々が茂っていて見晴らしはなさそう

そのまま頂上方面へ進んでいくと、前方の木々の合間に大きな岩場が見えてきましたー!
ようやく男坂の核心部、岩場の登りが始まりますねー

・・・と、あれっ!?
大岩に付けられた○印や矢印のマーキングは、岩場の左手を回り込むような形になっています。
大岩

確か、前回まではこの岩場の中央をよじ登っていたんだけどなぁ・・・と思いながらマーキングに従って進むと、山頂直下の鳥居が見えてきましたー!
これまでの記憶と違って、あんまり岩登りらしいことをしないまま鳥居に着いてしまった感じです。これにはちょっと拍子抜け(苦笑)

それでも今日はよく晴れていて、広く景色を見渡すことができました!
鳥居の上方に回り込むと、先ほどまで歩いていた巾着田も見下ろすことができましたよー。
鳥居ごしの巾着田

さらに、写真では分かりづらいのですが、ここからは富士山も見えました!とってもいい眺めですねー
素晴らしい長めです

人もまだほとんどいなかったので、私たちは景色をゆっくりと楽しんでからその上の神社を経て山頂へ向かいました。
この辺りの岩場はやや歩きにくいので慎重に進みます。

そして、日和田山に登頂!
日和田山頂上!

ここも一部の景色が大きく開けていて、ビル群なども見えていました。私たちはベンチに腰を下ろして、景色を楽しみながらおむすびやパンを食べて少し休憩

実は、ここまで登ってきて足の状態が思わしくなければ、このまま下山する予定でした。
しかし、足の調子は良くなっていたので、まずは高指山まで、そしてそこでもう一度状態を確認して、問題なければ物見山まで進むことにしました
理解のある仲間に感謝です

こうして日和田山を後にして、さらに先を目指した私たち。
山頂直下は結構急なので、注意して下ります。柱状節理みたいな岩の形が面白いですねー!
結構急です

その後は全体的に歩きやすいものの、時々ツルツルになっていて滑りやすい道を進んでいきます。
両脇に高く伸びる針葉樹たちが、登山道を「秘密の小道」風に演出してくれています。これが私のとっても好きな雰囲気なんです
森の中の道

いったん登って舗装道路に出ると、大きな鉄塔が見えました。この辺りが高指山なのですが、近くに行くと立ち入り禁止だし・・・まぁ、「この辺り」ということで(笑)
高指山のあたり

ここでもう一度足の状態を確認しました。うん、調子は良好。というわけで、物見山まで向かうことにします
というわけで、私たちは舗装道路をさらに進んでいきました。

そのうち見晴らしが良くなって、駒高の集落に差し掛かりました。ここにはトイレと売店&喫茶の「ふじみや」さんがあります。
ふじみやさんはまだ営業前のようなので、もし帰りに営業をしていたら立ち寄ることにして先へと進みました。
ふじみやさん

私たちはふじみやさんの少し先から再び登山道へ入っていきます。
こちらも緑の中に伸びる茶色い一本道の景色が美しくて、歩いているだけでもとっても楽しいです
進みます

マイペースに登っていくと、先が明るくなってきました。
そして、物見山の頂上標柱の場所に到着!
物見山登頂!

ここは空が開けているものの、木々が茂っていて遠くの景色は望みづらいです。それでも、ポカポカとした広い場所なので休憩にはぴったり
見晴らしは・・・

だけど、私はなぜか、この先数分のところにある三角点の場所が好きなんですよねー(笑)
木々に囲まれて薄暗く、じっとしているとすぐに肌寒くなってしまうのですが、なんだかここが落ち着くんです。
この時もここのベンチに腰を下ろして、みんなで少しお喋りを楽しみました
三角点

それから、私たちは来た道を引き返し始めました。今度は下りベースになり、滑りやすい道もあったのでより慎重に進みました。
この頃になると、登ってくる人の数も増えてきました。笑顔で挨拶を交わしながら道を譲ります。
駒高まで戻ると、先ほど通ったふじみやさんが開いていたので立ち寄ることにしました!
実は、ここで山バッジを売っているんですよね。今まで知らなかったのですが、せっかくなので購入することにしました!

お店の方はとても優しくて、「今日はいいお天気で良かったわねぇー」とフレンドリーに話し掛けて下さいます。私たちはちょっと立ち話をしました。
ここにはアイスやジュースも売っているので、ゆっくり休憩するのも楽しそうです。眺めも良いし、この辺りは本当に素敵なところですね

お店を後にした私たちは、高指山を経て登山道に入り、日和田山の頂上は巻いて鳥居の場所まで直行しました。
鳥居周辺にはすでに大勢の登山者さんがいて、かなりの混雑。早めに来ておいて良かったなぁ。

ここからの下りは女坂経由としました。男坂と違って土の道をジグザグに下る感じなのですが、時々木の根が張り出した段差の大きいところもあって、意外と油断できません
女坂

こうして無事に下山を果たした後、私たちは登山口と巾着田の中間ぐらいのところにある「阿里山カフェ」へ向かいました。
ここのカフェは外から見てもとってもお洒落な雰囲気で、ずっと興味を持っていたのですが、立ち寄る機会がこれまでなかったんですよねー。

今回はまだ席も空いていたので、スムーズに座ることができました。
ドリンクも食事もとっても凝っていていい感じ!みんなで楽しい時間を過ごしました
阿里山カフェで

食事を終える頃にはお店にも順番待ちの行列が出来て大賑わい。
外には巾着田へ向かう人々や駐車場待ちの車の列もできて、辺り一帯が大混雑になっていました

私たちはかなり早い時間から行動していたため、混雑に巻き込まれることなくスムーズに1日の予定を終えることができました。タイミングが良かったみたいだね
こうして久しぶりの「心の裏山」歩きを、十分に満喫することができたのでした。

日和田山はやっぱりいいお山ですね。またお邪魔します!

【終わり】
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2014.12.07 Sun 07:03  |  奥武蔵は良いですね♪

このコースはサクッと行かれてしかもしっかり山を堪能できて良いですね♪山小僧も道路凍結時期は奥武蔵を堪能してます!

東吾野からの橋本山~ユガテ~北向地蔵をからめて日和田山も良いですよ♪

先日は鳥首峠~蕨山~金比羅山を縦走してきましたよ♪

また奥武蔵~秩父へ是非来てくださいね♪
楽しい山行を♪

  • #-
  • 山小僧
  • URL

2014.12.15 Mon 21:51  |  山小僧様

山小僧様、こんばんは!コメントありがとうございます。

奥武蔵はいいですね!お邪魔するととても心が落ち着く気がします。
橋本山~ユガテをからめたコースがあるのですね。チェックしてみます!

はい、また是非奥武蔵~秩父方面の山へお邪魔したいと思います(^o^)

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/529-c3b1317a
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。