スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2014.12丹沢表尾根(二ノ塔~塔ノ岳)登山(1)

二ノ塔(1,144m)・三ノ塔(1,205m)・烏尾山(1,136m)・行者岳(1,180m)・新大日(1,340m)・塔ノ岳(1,491m)/神奈川県秦野市


ルート詳細はコチラ

■今回のコースと所要時間
所要時間合計(休憩等込み):約8時間45分

(行動時間)
菩提峠駐車場―【約1時間】→二ノ塔―【約15分】→三ノ塔―【約40分】→烏尾山(トイレあり)―【約20分】→行者岳―【約50分】→新大日―【約40分】→塔ノ岳(トイレあり)―【約40分】→新大日―【約40分】→行者岳―【約20分】→烏尾山―【約25分】→三ノ塔―【約10分】→二ノ塔―【約50分】→菩提峠駐車場
※菩提峠にはトイレはないので、そのちょっと手前にある公衆トイレかヤビツ峠の公衆トイレに寄っておくのが吉。

■参考マップ
山と高原地図 28 丹沢


この前は高取山~仏果山にお邪魔しましたが、今回もまた丹沢の山へ出かけることにしました!

塔ノ岳はこれまで何度かお邪魔していますが、表尾根を縦走するコースを歩いたことはなかったんです。
戸沢登山口から、行者岳と新大日の間で表尾根に合流するコースは歩いたことがあります)

見晴らしも良くて、登りごたえのありそうなコースなのでとっても楽しみ
こうして、登山口となる菩提峠駐車場までやってきたのでした。

駐車場には何も施設はなく、車はまだ数台しか停まっていませんでした。
地面は霜で真っ白!とっても寒いです。
駐車場

ここから近道もあるようですが、私たちはいったん少し車道を戻ってこの「表尾根1」の案内表示のあるところから登山道へ入りました。
ここから入ります

針葉樹の薄暗い森の中に続いていく登山道は、始めのうちは結構大きめな段差の階段になっていました。
そこからいったん林道を渡って、さらに登っていきます。
霜がすごい

辺りには霜や霜柱が沢山出ていて、とっても寒々しい雰囲気でした。
ざくざくした霜柱は、まるでハッカのキャンディーみたいで美味しそう!(笑)
キャンディーみたい!

やがて、森が広葉樹主体となり、明るい雰囲気に変わりました。
真っ青な空が見えて、とっても気持ちがいいです
空が青いです

振り返ると、大山がどーんと聳えていました。あちらも木々の合間が白くなっていますね。
こうして見ると、大山はとても威厳があってどっしりとした山なんだなぁと強く感じます。
標高などは全く違いますが、その存在感はどことなく北アルプスの笠ヶ岳を思い出させるものがありました。
大山

さらに、眼下の景色もとても素晴らしかったです
海が、朝陽を受けてキラキラと輝いています!
海

こうして辺りの景色を楽しみながら順調に進んでいった私たち。
細めの木段を登り切ると、二ノ塔の頂上に到着しましたー!
二ノ塔

ここはそれほど広くはありませんが、テーブル(ベンチ?)がいくつか置いてありました。
地面もテーブルも霜で真っ白になっていますねぇ・・・って、
霜がすごい・・・

その向こうに見えているのは、富士山ではありませんかーっ!!

裾野までくっきり見えているよ、すごーいっ!
眺めの良い表尾根だけに、今後の見晴らしにも大いに期待が膨らみます。

私たちはここで5分ほど休憩を取った後、再び歩き始めました。周囲には低木や笹などの草が増えてきたので、進路の景色がとても見やすくなりました。
とっても気持ちの良い道ですが、この下り階段は積もった霜(雪?)が固まっていてかなり滑りやすかったです
スリップしないよう、かなり気を遣って慎重に下っていきました。
下ります

そして、今度は坂をがっつりと登っていきます。やはりいくつものピークを越えていくので、アップダウンが多いようですね。
登ります

そして、坂を登り切ると三ノ塔の頂上に到着しましたー!
ここはとても広いところで、立派な休憩所の建物やベンチなども設置されていました。
三ノ塔

こちらが三ノ塔の山頂標柱。富士山や反対側の海方面など、広く見渡すことができます。素晴らしい眺めです
素晴らしい眺め

私たちは腰を下ろして、この素晴らしい景色をおかずにおむすびを頬張りました
そして、荷物をまとめて再出発!まだまだ先は長いです
再出発

景色は大きく開けていて、これから進む尾根道がずーっと先まで見えています。
ポコポコといくつものピークを越えて、塔ノ岳の方までずーっと見通せたんですよー
ここはなんて素晴らしいところなんだろう!人気が高いのもうなずける、気持ちの良い尾根道です
前方の眺め

次なるピーク、烏尾山は、ここからいったん標高が下がります。
ここの下り階段は日当たりが悪いようで、雪が凍ってかなりツルツルになっていました。
かなりツルツル

ここはちょっと危なかったので軽アイゼンを使いましたが、その先に木道なども出てきたので、再び軽アイゼンを外しました。
そこから登り返して、烏尾山の頂上へ
ここには三角屋根のかわいらしい小屋がありました!
烏尾山荘

頂上は二段式の広場になっていて、どちらにもベンチなどが複数設置されていました。
富士山や海の見晴らしが最高です!
富士山も見えます

そして、1段目の広場と2段目の広場の間に簡易トイレが1基ありました。
丹沢のトイレは使用済みの紙を持ち帰るシステムになっていて、持ち帰り用のビニール袋も用意されていました。ありがたいですね

私たちはここの広場で少し休んでから、さらに先を目指して歩き始めました。
この先辺りから、登山道の霜が融けてややぬかるんでいるところが出始めましたこの時点ではぬかるみはそれほど激しくなかったのですが、帰りのことを考えるとちょっと怖いですねぇ・・・

さらに、私が勝手に丹沢名物と思っているのですが、かなり立派なトゲの付いた木があちこちに出てくるようになりました。
中には登山道のど真ん中に生えていたり、トゲがいっぱいに付いた枝が飛び出していたりするので、刺されないよう注意して進みました。

また、ブナと思われる立派な大木も見かけました。とても迫力がありますねー!!
立派な木も

こうして素晴らしい景色を楽しみながら、ここまで気持ち良く歩いてきた私たち
果たして、この先もスムーズに進むことができるのでしょうか・・・・・・!?

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/544-1442ac13
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。