スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2015.02【エクアドル登山旅行】チンボラソ登山(登頂なし)

※登山旅行のレポートについて

【2015.02エクアドル登山旅行】山行一覧
◆ピチンチャ登山
◆コトパクシ登山
◆チンボラソ登山

※エクアドル登山旅行の報告記事はこちら
今年最初の登山旅行は、南米・エクアドルへ!


チンボラソ(Chimborazo:6,310m/エクアドル・チンボラソ県)


※ルートラボだと周辺の詳細地図が無いようです
ルートマップページはコチラ

■今回のコースと所要時間
所要時間合計(休憩等込み):約5時間5分

(行動時間)
カレル小屋駐車場(標高約4,780m、トイレあり)―【約1時間25分】→クランポンポイント―【約2時間25分】→最高地点(引き返した地点)(標高5,200m位?)―【約1時間15分】→カレル小屋駐車場
※全体的に時間が不正確なところもあります。また、細かい休憩時間なども含まれてしまっています。


コトパクシ登山の次は、いよいよエクアドル最高峰のチンボラソへ。
チンボラソの標高は6,310m。もし登頂できれば、初めて6,000mを超える場所に立つことになります

チンボラソ登山の際には、前日に標高約5,000mのところにあるウィンパー小屋まで上がって宿泊するのが一般的なようですが、コトパクシと同様に、こちらも改修工事が長引いているため宿泊不可でしたー
そこで今回も前日は麓の宿に泊まり、当日に標高約4,780mの駐車場まで車で移動してから登り始めることになりました。

登山前日に麓の宿へと移動する途中、車窓からはこんな景色が。
畑かな?牧草地かな?まるでパッチワークみたいに広がっていて、とっても独特な雰囲気ですねー
チンボラソ1

チンボラソへ近づくと、果てしなく広がる荒野のような景色の中に、突如動物の群れが現れました
これはビクーニャと言って、リャマやアルパカの仲間だそうです。
こんなに近くで沢山見られるなんて、とっても感激!
チンボラソ2

しかし・・・肝心のチンボラソは、そのほとんどが雲の中でした
チンボラソ3

それでも、時々雲の間から覗く山の姿には、ものすごいオーラがあって圧倒されました。
それは黒々とした岩と白い氷河によって描かれた、モノクロの世界の光景のようでした。

そして、無事に麓の宿へと到着したのですが・・・
なんと、突然雷が鳴り始め、ヒョウも降ってきてしまいましたー
その模様を動画でどうぞ・・・。氷の粒たちは楽しそうにダンスをしていますが、それを見つめる私はすっかり青ざめていたのです



私は窓からずっと外を眺めながら、雲に隠れて見えない山のことを考えていました。
コトパクシと同じように、チンボラソも天気が悪くて登ることができなくなってしまうのかなぁ・・・

山の上の状況は行ってみないと分からないとのことで、ひとまず明日の行程を確認してから食事をとり、その後出発まで部屋で仮眠をとることに。
そのうちに雨はやみ、美しい夕焼けが広がり始めました。

ふと気付けば、夕日に照らされてオレンジ色に輝く、チンボラソの姿が・・・!!
チンボラソ4

それは息を呑むほど美しく、神々しい光景でした。
岩と雪の描き出す複雑な模様は、まさに自然の創り出す芸術作品。
さらに、その手前にはなんと、二本の虹も現れたのです!!

どうかこれが、幸運のしるしでありますように・・・。
私は祈るような気持ちで、ベッドへと入ったのでした。




※ここからは写真がほとんどありません。当日書いた日記を再構成してアップします。


短時間の仮眠の後、軽いシリアルの朝食を取って宿を出発。
駐車場へ向かう道は真っ暗で、辺りの雰囲気はあまりよく分かりませんでした。
ただ、遠くの空に浮かぶ雲が、時々不気味にピカピカと光っているのが見えました。

「ストームだ」

ハンドルを握るガイドさんの言葉に、「どうか、こちらに流れてきませんように・・・」と祈りながら空を眺めました。

駐車場に着いて車を降りると、辺りは風もなく実に穏やかで、「暖かい」とさえ感じられるほどでした。
良い方向に予想が外れたことで、驚きと共に期待感も湧いてきました!


準備を済ませたら、いよいよ出発。
はじめのうちはなだらかで、雪はあるものの歩きやすい道を進んでいきます。

私たちのほかには誰もおらず、辺りは静けさに包まれていました。
私はただ、雪を踏みしめる音と時々響くピッケルの金属音、そして自分の呼吸の音だけを聞きながら歩いていました。

コトパクシ登山で高度順応が進んだことと、この日のガイドさんのペースがちょうど良かったことから、脈も呼吸もとても安定していました。
やがて標高は5,000mを超えましたが、頭の中は実に冴えわたっていて、身体中の細胞ひとつひとつに力がみなぎっているようにさえ感じられました。

私たちがこれから向かう稜線を見上げると、実際の距離よりも何だか短く感じられるようでした。
それほどまでに、この日は調子が良かったんです。


ウィンパー小屋を過ぎてしばらく進んでいくと、だんだん傾斜がきつくなってきました。
そして、岩と雪の混ざった道を黙々と登っていくと、斜度がさらに増しました。
私たちは、ここでアイゼンを装着します。

天気が穏やかだったことと、ガイドさんの配慮もあって、コトパクシの時とは違い、こまめに水分や栄養補給もできていました。
アイゼン装着時には、アミノバイタルゴールドもばっちりチャージしました

やがてちらほらと小雪が舞い始めましたが、相変わらず風はほとんどありませんでした。
前回のコトパクシでは、強い風を受けながらの登山がどれだけ体力を消耗するのかを思い知らされたので、これは本当にありがたいことでした。

天気さえこのまま持ってくれれば、今日は登れるかもしれない!
私は急坂やトラバースも数種類の足運びを使い分けて、体力のロスを最小限にしながら順調に高度を稼いでいきました。
チンボラソ5


・・・ところが。


状況は、私の望まない方向に急変しました。
足下の雪の状況ががらりと変わり、柔らかな新雪が斜面を覆うようになったのです。

先行するガイドさんが足を踏み出すと、周囲の雪面に亀裂が走り、柔らかな雪がその下に隠れていた脆い砂と共に、ざらざらと崩れ落ちていきました。

雪の状態が悪い・・・。

それからはヘッドライトで上方を照らし、ルートを探りながら進んでいきました。
いったんノーマルルートを外して右手にトラバースするなど、手を尽くしましたが・・・じきに、その足も止まることになりました。


そして・・・私たちはついに、ひとつの決断に至りました。

「もう、これ以上登ることはできない」


天気は悪くなかったけど、自分自身のコンディションもとても良かったけど・・・山とはそういうもの。何より生きて帰ることが大切なんだ。
だから、この判断は正しかったと思います。

それでも・・・この決断をしてから下山を始めるまでに、ほんの少しだけ、ガイドさんから時間をもらいました。
1分だけ涙をボロボロ流して大泣きして、その後笑って記念撮影をして、気持ちの整理をつけました。

ピークハントが第一の目的ではないので、これまで山に登れなくて泣いたことなんてありませんでした。
でもこの時は、こんなにも威厳に満ちあふれ、神々しいほど美しいこの山に、自分の持てる全てで向き合えなかったこと、
そして、夜が明ける前に下山してしまうことで、この山の上にしかない世界の光景を見ることができなくなったこと、
それがとても残念でした。


・・・さぁ、気持ちは切り替わった!下山開始!
崩れやすい雪と砂の斜面は、下りもとても危険でした。気を付けて足を運んでいきます。
チンボラソ6


雪の状態が落ち着き、傾斜も緩んできた頃にアイゼンを外します。
だいぶ歩きやすくなって気持ちに少し余裕が出てくると、頭の中に色々なことが思い浮かびました。

前日宿泊した宿で、
「あなたたちの超ウルトラスーパー幸運を祈ってる!登山楽しんで!
と声を掛けてくれた、地元のお姉さんの笑顔。

「あなたたちに会えて良かったですよ。グッドラック!
と握手してくれた、地元のベテラン登山家さんの温かい手。

それから下山まで、そして車で麓の宿に戻るまで、よせばいいのにそんなことを何度も思い出しては、メソメソしてしまいました(苦笑)


本来の予定よりも遥かに早く、まだ暗いうちに宿まで戻ると、言いようのない脱力感に襲われました。
冷え切った身体をシャワーで温めて、ベッドに沈みます。
ほとんど寝ていないというのに寝付くことはできず、朝を迎えるまでぼんやりと過ごしました。

すっかり辺りが明るくなってから、ようやく動き出して宿の食堂に顔を出すと、
「どうだった?」
と、スタッフさんや宿のお客さんたちから声を掛けられるので、何度も同じ説明をすることになりました(苦笑)

そして、

「そうだったの・・・。うん、でもまた来ればいいわよ!
「悲しむ必要はないよ。山ってさ、登れる時は登れるし、登れない時は登れないものだよね

そんな優しい励ましに、心が救われました
これで良かったんだ。生きて帰ってこれたからこそ、今私はここにいるし、また山に行けるんだ。
そう、しみじみと感じました。

今回の登山直前、「山があまりにも大きくて緊張する」とこぼす私に、ガイドさんがこう言ったんです。
「Take it easy.君が第一にやるべきなのは、登山を楽しむことだよ。」

前回のコトパクシでは、とにかく登ることに必死で、山を楽しむ余裕があまりなかったように思います。
今回は時間は短かったし、景色もほとんど見られなかったけど、山の空気感を、その手ざわり、足ざわりを、そして自分自身との対話を、ちゃんと楽しむことができていました


"私の登山"が何かを思い出させて下さったガイドさんとエクアドルの山に、
そして、涙が出るほど温かく接して下さった皆さんに、心から感謝しています。
ありがとう。本当にありがとう


ご飯も美味しくて、人が皆底抜けに明るいこの国に、もっと成長してからまた来ようと思います。
その時もし、あの山が私を受け入れて下さるのなら、山の神様が許して下さるのなら・・・氷河の上から地球を見下ろしてみたいと思います!

なにはともあれエクアドル、楽しかった!
ありがとうございました

【終わり】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2015.06.23 Tue 23:49  |  無念でしたね!

お疲れ様でした!と同時に残念でしたね!登頂して山に勝つのではなくて、山そのものそして自然を満喫し肌で感じ取り楽しむことが大切なんですね♪yamajoshi の涙が教えてくれました♪

山小僧も山と共に成長しなくちゃなぁ~。
生きてこそ!ですね!

  • #-
  • 山小僧
  • URL

2015.06.26 Fri 22:25  |  山小僧様

山小僧様、こんばんは!コメントありがとうございます。

はい、こちらのチンボラソは特に、まだ真っ暗なうちに下山することになってしまったので、山の景色を見れなかったことが残念でした(泣)
それでも、初めての南米旅行、観光や食事も含めて満喫することができましたよー^^

はい、私も登らせて頂く山に失礼のないよう、登山者としてもっともっと成長していきたいと思います!
まさに生きてこそですね。山小僧様も、どうぞお怪我など気を付けて、良い山を☆

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/556-926fe60a
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。