スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2015.02権現岳・三ッ頭登山(2)

権現岳・三ッ頭登山、(1)の続きです。

天女山入口ゲートから出発して、急坂を前三ッ頭まで登ってきた私たち。
素晴らしい眺めをしばらく楽しんでから、三ッ頭へと向かいました。
権現岳20

相変わらず急な雪の斜面を登って再び森の中へ。
輝く白い雪に落とされた枝葉の影は、美しく繊細な絵画のようでした
権現岳21

編笠山の頂上一帯がバッチリ見えてきましたよー!「編み笠」とはよく言ったもので、とてもキレイな形をしていますよね
実際に登ると大岩がゴロッゴロですが、遠くから眺めるのもまた楽しい山です!
権現岳22

そして、白い世界をひたすら登って・・・
権現岳23

無事に三ッ頭までやってくることができましたー!
権現岳24

目の前に広がるのは、この景色。
やっと、会えた・・・
権現岳25

尖った岩の立つ権現岳から、阿弥陀岳、中岳、そして八ヶ岳の主峰、赤岳。
この圧倒的な山の景色。ずっとこの景色に会いたくて、会いたくてここまで来たんです

本当に美しいなぁ・・・。
私は行動食をつまみながら、しばらくこの景色を眺め続けました。

・・・さて。
この景色を見ることができたので気持ち的に満足ではありましたが、時間的にも体力的にもまだ余裕があり、お天気も大幅に崩れることはなさそうだったので、当初の計画通りに権現岳まで向かうことにしました!

装備や服装を調整し、あの頂に向けていざ出発

とっ、なぜか三ッ頭のすぐ先のエリアだけはものすごく雪が緩んでいて、一歩踏み出すごとにズボーッ!とハマりまくりました
な、なんじゃこれーっ!?!?
権現岳26

しかしすぐに雪の状態は落ち着き、トレースも明瞭で歩きやすくなりました。
ふーっ、危なかった。。このままずっと踏み抜きゾーンだったら、権現岳までたどり着けなかったかも・・・
権現岳27

進んでいくほどに、目の前に聳える山々はさらに大きさを増し、圧倒的な迫力で目の前に迫ってくるようになりました。
この壮大でものすごい景色の中を、小さな小さな自分が歩いているんだと思うと、とっても不思議な気持ちになります。
権現岳28

とにかく一歩、一歩、足取り確かに進んでいきます。ゆっくりと、確実に。
そして、頂上へと向かう坂をゆっくり登っていきます。ここを訪れる皆さんが指摘されている、核心のトラバース箇所も見えてきました
権現岳29

ここは傾斜のきつい斜面に、1.5足分くらいの幅のトレースが付いていて、谷側の雪は崩れやすい状態でした。
少し前にすれ違った方からも、「雪がかなり滑りやすい」と聞いていたので、とにかく集中して、慎重に進みました。

核心部を抜けても、足のすぐ脇はこれだけの急斜面ですから、油断は禁物です
(写真右側にちょっとだけ見えてる黒っぽいものが靴で、左側はこれだけすとーんと切れ落ちています)
権現岳30

そして・・・斜面を登り切ると、やってきましたー!頂上の岩場と、祠です!
権現岳31

2009年に登った時の記憶を辿りながら岩場へ入り、上の方に目を凝らすと・・・岩に混ざって人工物らしきものが氷漬けになっているのが見えました。

もしやあれが・・・と岩に登っていき、氷を払ってみると・・・
あった!権現岳の山頂標識です!

ちょっと見づらいですが、権現岳頂上にて、標識と富士山の2ショット
権現岳32

ここまでこれたんだね、登れたんだねぇ。嬉しいなぁ

それでも、あまりのんびりしていると日没も気になるし、雪が緩むのも困るので、早めに下山を始めることにしました。
さぁ、雲の上のこの世界から、日常の世界へ・・・ちゃんと無事に帰ろうね!
権現岳33

頂上直下の下りは危険なので、同行者さんと声を掛け合って注意を促し合いながら進みました。足がだいぶ疲れてきましたが、集中集中。
権現岳34

そして、高度感溢れるモノクロの美しい稜線を眺めながら、ひたすら来た道を戻っていきます。
権現岳35

こうして三ッ頭まで無事に下りてくることができました!ちょっと休憩。
しかしこの時、遠くの山々には、上の方から黒っぽい雲が少しずつ下りてきているのが見えました。早めに下山しないと
権現岳36

私たちはペースを上げて前三ッ頭まで戻ってきました。ここでピッケルをストックに持ち替え、さらに下っていきます。
樹林帯に入ると風が落ち着いたので、服装を調節しながらひたすら標高を下げていきます。
権現岳37

それにしても、斜面がかなり急に感じられます。
・・・よくここを登ってきたなぁ(笑)

こうして標高2,000m辺りまで下ってきて、そろそろ傾斜も緩んできそうなところで、アイゼンを外しました。
そこからもどんどこどんどこ下っていきます。あぁ、足が疲れたーっ!

そして道がなだらかになってきた辺りからは、予想通り雪の踏み抜きが始まりました
いきなり踏み抜くと危ないので、スピードは控えめにして、できるだけ締まっていそうな雪の部分を選んで足を置いていきました。
それでもやっぱり、しばしばズボーッと踏み抜いたりするんですよね(苦笑)

というわけで精神的にも疲れてきたので、途中からはわかんを装着して下りました
さすがにわかんでもたまに踏み抜きはありますが、だいぶ歩きやすくなったので再びペースアップすることができました。
権現岳38

そして、徐々に雪が融けて地面が露出するようになってきたので、わかんを外してひたすら下ります。
朝スケートリンクみたいに凍結していたところは、幸いほとんどが融けて土が露出していたので、下りやすかったです!
所々に凍結箇所が残っていたので、そこは慎重に下りました。

最後に、ワイルドな階段(笑)を下り切って登山口に到着ー!!
そこからゲートを出て、天女山入口の駐車スペースまで無事に戻ってくることができましたっ
権現岳39

ふぅー、お疲れさまでしたーっ


こうして、今回は無事に権現岳までお邪魔することができました。
このコースは随所に素晴らしい景色を望むことができるし、とても登りごたえがありますね。
下山後、大きな達成感と充実感に包まれた登山になりました

今回も、本当にありがとうございました!

【終わり】
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2015.07.10 Fri 11:51  |  お疲れ様でした!

雪山♪良いですね♪yamajoshi の行動力と山の感じかたをいつも参考にしながら山行を楽しませてもらってます!

同じ山でも気分や季節により感じかたは様々ですよねぇ♪八ヶ岳いつかは行ってみたいなぁ♪

安全で良い山行を~❕

  • #-
  • 山小僧
  • URL

2015.07.28 Tue 22:02  |  山小僧様(2)

山小僧様、こんばんは!コメントありがとうございます。

今回のこちらのコースは、一度是非お邪魔したいと以前から調べていたところだったので、実行することができてとても嬉しかったです。
予想通り、いやそれ以上に素晴らしいところでした^^

同じ山でも、行くたびに新たな発見や感動がありますよね。特に夏と冬ではまるで別の山のようになってしまうのも、日本の山の面白さだなぁと感じます。

はい、安全には特に気を付けて、これからも山を楽しんでいきたいと思います☆
山小僧様も、ぜひ八ヶ岳へ♪

  • #-
  • yamajoshi
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/559-5ab3fbb6
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。