スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2015.08北アルプス表銀座~裏銀座テント泊縦走登山(2)【2日目:燕山荘~ヒュッテ西岳(西岳)】



【2015.08北アルプス表銀座~裏銀座テント泊縦走登山】山行一覧

◆1日目:中房温泉~燕山荘(燕岳、北燕岳)
◆2日目:燕山荘~ヒュッテ西岳(西岳)
◆3日目:ヒュッテ西岳~槍ヶ岳山荘(槍ヶ岳)
◆4日目:槍ヶ岳山荘~双六小屋(樅沢岳、双六岳)
◆5日目:双六小屋~三俣山荘(三俣蓮華岳、鷲羽岳)
◆6日目:三俣山荘~野口五郎小舎(水晶岳、野口五郎岳)
◆7日目:野口五郎小舎~烏帽子小屋(ニセ烏帽子岳、烏帽子岳)
◆8日目:烏帽子小屋~高瀬ダム

登山概要・データはコチラ



西岳(2,758m/ 長野県松本市・大町市)

■この日の歩行ルート
燕山荘~ヒュッテ西岳~西岳~ヒュッテ西岳(泊)


ルート詳細はコチラ
※この日はGPSの調子が悪かったようで、途中から直線的にルートが記録されてしまっています

■今回のコースと所要時間
所要時間合計(テント設営撤収、食事、休憩等込み):約9時間20分

(行動時間)
※全体的に、細かい休憩などは含まれてしまっています。
燕山荘(トイレあり)―【約3時間】→大天井ヒュッテ(トイレあり)―【約30分】→ビックリ平―【約2時間5分】→ヒュッテ西岳(トイレあり)―【約10分】→西岳頂上―【約8分】→ヒュッテ西岳(テント泊)

■参考マップ
山と高原地図 37 槍ヶ岳・穂高岳



初日は中房温泉から燕岳~北燕岳に登り、燕山荘でテント泊をした私たち。
翌早朝に目を覚ましてテントから顔を出すと、眼下に広がる雲海と空との境目は、すでに真っ赤に燃え始めていました。

私はみるみる広がっていく朝焼けを眺めながら、スープで身体を温め、朝食をとりました。
今朝のご飯はサタケ マジックパスタ。元々ナポリタン味がお気に入りでしたが、最近(なのかな?)新メニューが増えていたので、今回新しい味を全種類持って来たんですよね(笑)やっぱり美味しかったです

やがて、雲海の上に太陽が顔を出しました。
おはようございます
表~裏銀座2日目1

目覚めたばかりの太陽は、瞬く間に全てのものを朝の色に染め上げていきます
白砂の燕岳も、その頂上に集う登山者さんたちも、みんなみんな赤に染まっています!
表~裏銀座2日目2

うん、今日もいい天気
私たちはテントを片付けて身支度を整えると、大天井岳方面へと続く縦走路を歩き始めました

ここからの道でも、砂地の斜面には沢山のコマクサの花を見ることができました
それに、顔を上げれば槍ヶ岳がこんなに迫力ある姿を見せてくれているんです
表~裏銀座2日目3

そして、蛙岩を過ぎた辺りからはこの景色。
私たちがこれから歩いていく道が、ずっと、ずーっと見えています!
(アップダウンが結構ありそう、というのは見なかったことにしておこう・苦笑)
表~裏銀座2日目4

燕岳から大天井岳方面を目指す登山者さんが結構いらっしゃったので、私たちはタイミングを見計らって何組かのグループを抜かさせて頂きながら順調に進んでいきました。
といってもハイペースで歩いていたわけではなく、いつも通り花や景色を楽しみながら、マイペースに歩いていましたよー(笑)

特に、生き生きとしたコマクサの花が咲いていると、他の登山者さんのご迷惑にならない場所ではついつい足が止まってしまいます。
こんなに小さくて繊細な雰囲気の花が、こんなにも過酷な環境の中で花開いて、その命を未来につないでいるなんて・・・本当にすごいことですね
表~裏銀座2日目5

こんな風に、この縦走路はとっても素晴らしく楽しいところなのですが、8日分の重荷を背負った身には、岩ゴロゴロ地帯やアップダウンのある道がかなりこたえました
さらに、歩き始めは陽が低かったり稜線の少し西側を歩くところが多かったりして日陰がメインだったのですが、ここに来て、太陽にじりじりと照らされながら歩く場所も増えてきました

これがまた・・・暑いのなんのっ!!
下界に比べれば気温自体はかなり低いのですが、太陽のパワーがとにかく強いんですよね。
表~裏銀座2日目6

やがて背の高い木々に囲まれたエリアに入りました。陽射しが遮られて涼しくなるかと思いきや、風が通らないのでもっと暑いっ(苦笑)
しかも岩がちな急坂だったりして一時的に渋滞も発生していたので、その暑いエリアでしばらく待機する必要があり、一気に汗だくになりました

何とかそのエリアは通過できたものの、いったん重くなった足取りはなかなか回復してきません。
当初は大天井岳に登頂してから西岳方面に向かう計画を立てていましたが、予定のコースタイムよりも遅れが出てきていたことと、今後の日程を考えて、無理せずまき道から西岳方面へ向かうことにしました

汗をかきかき、ゆっくりゆっくりと進んでいく私たちを、北アルプスの雄大な景色と足下のかわいらしい花たちが励ましてくれました
表~裏銀座2日目7

こんなにハードな道も出てきましたが、重い荷物でバランスを崩さないよう気を付けて、慎重に通過しました。
表~裏銀座2日目8

そして、この美しい道を一歩一歩、進んでいきます。
暑いけれど・・・これだけの良いお天気の中を歩けるなんて、とっても幸せなことですね
表~裏銀座2日目9

この先に現れた分岐で、私たちは大天井ヒュッテへ直行するルートへと進みました。
前回は大天井岳頂上方面へ登っていったので、ここからは初めて歩く道になります。

それが、こちらの道はかなり険しいところでしたー!!
右側がスパーンと切れ落ちててものすごく高度感のある岩場や細道など・・・そのぶん景色は素晴らしいのですが、滑落などの危険性の高い道でした
私たちは背負ったザックの重さと大きさを考えながら、声を掛け合って慎重に進んでいきました。
表~裏銀座2日目10

さぁ、そろそろ大天井ヒュッテが見えてくるはず。
まだかな、まだかな、もうちょっとかな・・・・?そんなことを思いながら進んでいくと、ようやく急斜面の下に建物が見えてきましたー!
表~裏銀座2日目11

ちなみに・・・上の写真の建物の向こう側に、立派な山が見えますよね。
その頂に向かってかなり急に見える登山道が続いていますが・・・これは牛首展望台というところで、上からの眺めがとっても良いそうです
西岳方面へ向かう道はこの展望台を巻いているので、今回私は登らないのですが、この景色をパッと見た時、一瞬「え!ヒュッテを出たらいきなりあの山を登るの!?」と勘違いしてしまい、焦りました(苦笑)

私たちは急な坂を一気に下って大天井ヒュッテにたどりつきました!
建物の前で背中の重荷から解放されて、ふわぁーっ!!と声を上げていると、休憩されていた登山者さんから「アイス美味しかったよー」との情報が

えっ?こんなところにアイスが売られているの?と驚いて売店に行ってみると、なんと冷凍庫が置かれていたんです!
こうして私たちは、冷たいドリンクとアイスをゲットして、火照った身体をクールダウンさせることができました

コースタイム的に見ると、大天井ヒュッテはこの日予定している行程のほぼ中間地点にあります。
前半だけでも荷物の重さや暑さもあってかなり体力を消耗していたので、ここでしっかりと休憩をとることにしました

この辺りは燕岳周辺に比べると、行き交う登山者さんの数はとても少なく、静かでのんびりとしたところです。
私たちは1時間近くの間、外のベンチに腰を下ろして水分補給をしたり、地図を眺めたり、お喋りしたりとのーんびり過ごしました。

そして、元気を回復したところで、荷物をまとめて再出発!
目指すは本日の宿泊地、ヒュッテ西岳です
表~裏銀座2日目12

大天井ヒュッテを後にしてしばらく、私たちは稜線東側の斜面の道を進んでいきました。
夏の青空に緑が映える美しい道ではありますが・・・やっぱり暑ーいっ

風もなかったので、また全身から汗が噴き出し始めました。
あんまり長時間この道を歩き続けていたら、熱射病になってしまいそう
意識して水分補給をしながら、真夏の陽射しの中を一歩、一歩、進んでいく私たち。

そしてようやく稜線へと上がり、景色が大きく開けましたー!
ここがビックリ平と呼ばれる場所のようです。

私の目にまず飛び込んできたのが、岩と雪と緑に覆われた美しい裏銀座の山並み。
「おぉーっ、景色が・・・!!」と言いかけたその瞬間、とっても涼しい風がさぁーっと吹き付けてきました!

「うわぁー!涼しいっ、気持ちいいーっ!!
私は思わず両手を広げ、風を全身に浴びてしまいました!あぁー、風がありがたい
このスポット名の由来について本当のところは分かりませんが、少なくとも私はこの雄大な眺めと風の涼しさにビックリしたのでした(笑)

こうして熱射病寸前のバテバテ状態から、一気に元気を取り戻した私たち。
ここからは、信じられないほど美しく、夢のように楽しい道が始まりました。

右手前方には、槍ヶ岳!!
あぁ・・・なんという迫力と美しさでしょうか。言葉になりません。
表~裏銀座2日目13

さらに、見渡す限り、辺りには誰も、だーれもいないんですっ!!
この雄大な山のまっただ中で好きなだけ風を浴びて、思うままに足を止めて、気の済むまで景色を眺めて・・・私はこの幸せな時間を噛みしめながら進んでいきました。
表~裏銀座2日目14

赤岩岳の辺りでは、道が山頂の東側を巻くので風が止まり、また暑さがぶり返してきました
それと同時に、今日ここまでの行程で蓄積した疲れもじわじわと感じられるようになりました。

やがて大きなケルンのある見晴らしの良い場所に出たので、10分ほど休むことにしました。
腰を下ろして景色を眺めながら水分補給をして、またまた元気を取り戻してから再出発!

すると、その先に待っていたのはこんなに険しい痩せ尾根でしたーっ
最後まで気を緩めずに、慎重に、慎重に・・・。
表~裏銀座2日目15

そして西岳のピークを巻いて裏側へ回り込むような形で進んでいきます。
もうこの頃になると、目的地が近いということもあってか、心身ともにだいぶ疲れを感じてきましたー

まだかな、まだ着かないかな・・・なんて思いながらひたすら進んでいくと、向こうにテント場らしき土の広場が、続いて赤い屋根の建物が見えてきました。
ヒュッテの背後には穂高連峰の山々も聳えていますよー
表~裏銀座2日目16

やった、もうすぐだ!とペースアップして進んでいく私たち。
ヒュッテの手前で西岳頂上へ向かう道との分岐がありましたが、この大荷物を背負ったまま登る気にはなれず(苦笑)、そのままヒュッテを目指しました。

こうして無事にヒュッテに到着ーっ
私たちは受け付けを済ませてから、テント場へと移動しました。

テント場はヒュッテから少し先へ進んだ稜線上や、稜線から一段下がったところなどにあって、路面が土ベースなのでテントが張りやすそうです。
しかも先客がほとんどいなかったので、好きな場所を選ぶことができました!

見晴らしを考えると稜線上が良かったのですが、夕方にかけて風や雷が発生する可能性もあるので、一段下がったところにテントを張ることにしました。
というわけで広場の端の方にテントを設営したのですが、早速沢山のアブに囲まれてしまいました(苦笑)

とはいえ、ここのアブはハナアブ系で、人を刺すタイプのアブとは違います。
彼らはここに暮らしていて、私たちはお邪魔している立場なので、テント内に入られないようにだけ気を付けて、外では仲良く(?)することにしました(笑)

お腹が空いていたので、マルちゃん正麺 袋めん(味噌味)を作って食べてみたら、これがまた美味しいのなんの今朝からの疲れが一気に吹っ飛びました

こうしてしばらくテント場でゆっくり過ごしてから、サブザックに必要な荷物だけを詰めて、西岳へ出発!
ヒュッテから西岳の頂上までは、10~15分で登れてしまうんですよね。午後のお散歩にはちょうど良かったです

私たちは先ほど通り過ぎた分岐から、細くて急な坂を一気に登っていきます。
距離は短いものの、息が上がります
表~裏銀座2日目17

そして、西岳に無事登頂ーっ!!
表~裏銀座2日目18

小ぢんまりとした頂上ですが、ここからは大天井岳方面~常念岳、槍・穂高、裏銀座と、素晴らしい眺めをぐるりと楽しむことができました。
あぁ、来て良かったなぁ
誰もいないこの場所で、私たちはしばらく景色を楽しんでからテントへと戻ったのでした。

その後はテントでのーんびり。
夕方頃に少しだけ雨がパラついたのですが、テント内でうたた寝していたので特に影響はありませんでした!

雨が上がったところで、夕食タイム。この日のメニューは小さめどんぶりシリーズ 麻婆なす丼小さめどんぶり 牛とじ丼を使った贅沢二色丼ー!!
表~裏銀座2日目19

えっ、量が多い?1人で食べたわけじゃなくて、取り分け用です!(笑)
明日以降もハードな道のりが続くので、たっぷり食べて、しっかり寝て、体力を回復させないとね☆

食事を終えた私たちは、陽が落ちる頃にいったんテントを出て、稜線に立ちました。
そして、薄闇に包まれた常念岳や、槍ヶ岳の姿を、じっと眺めていました。

常念岳の向こうに湧いている大きな積乱雲が、時折音もなくピカピカと光っています。
その様子はとても幻想的でしたが、あの雲がもしこちらにやって来たらと考えると、ぞっとします。
自然は偉大で、美しくて、恐ろしいものだなぁ。

さらに夜の闇が辺りを覆い始めると、槍ヶ岳の尖った頂の側に、小屋の明かりが星のようにキラキラと輝き始めました。
表~裏銀座2日目20

槍ヶ岳山荘・・・明日、私たちはあんなところまで行くんだね。
明日は東鎌尾根という険しいルートを歩くことになります。

無理せず、山を楽しもう。そのためには、しっかり休んで体調を万全の状態にしておかないと。
そして私はテントに戻ると、寝袋へともぐりこんだのでした。

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/576-d684435d
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。