スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2015.08北アルプス表銀座~裏銀座テント泊縦走登山(3)【3日目:ヒュッテ西岳~槍ヶ岳山荘(槍ヶ岳)】



【2015.08北アルプス表銀座~裏銀座テント泊縦走登山】山行一覧

◆1日目:中房温泉~燕山荘(燕岳、北燕岳)
◆2日目:燕山荘~ヒュッテ西岳(西岳)
◆3日目:ヒュッテ西岳~槍ヶ岳山荘(槍ヶ岳)
◆4日目:槍ヶ岳山荘~双六小屋(樅沢岳、双六岳)
◆5日目:双六小屋~三俣山荘(三俣蓮華岳、鷲羽岳)
◆6日目:三俣山荘~野口五郎小舎(水晶岳、野口五郎岳)
◆7日目:野口五郎小舎~烏帽子小屋(ニセ烏帽子岳、烏帽子岳)
◆8日目:烏帽子小屋~高瀬ダム

登山概要・データはコチラ



槍ヶ岳(3,180m/長野県松本市・大町市、岐阜県高山市)

■この日の歩行ルート
ヒュッテ西岳~槍ヶ岳~槍ヶ岳山荘(泊)


ルート詳細はコチラ
※この日もGPSがうまく機能していなくて、登山途中の一部しか記録できていなかったようです

■今回のコースと所要時間
所要時間合計(テント設営撤収、食事、休憩等込み):約6時間30分

(行動時間)
※全体的に、細かい休憩などは含まれてしまっています。
ヒュッテ西岳(トイレあり)―【約1時間5分】→水俣乗越―【約2時間5分】→ヒュッテ大槍(トイレあり)―【約45分】→槍ヶ岳山荘(トイレあり)―【約20分】→槍ヶ岳頂上―【約20分】→槍ヶ岳山荘(テント泊)

■参考マップ
山と高原地図 37 槍ヶ岳・穂高岳



私たちの登山3日目は、まだ人々も太陽も寝静まっている、真っ暗なうちから始まりました。
静かにお湯を沸かして、ホットドリンクで目を覚ました後、サタケ マジックパスタの朝食をとっていると、周囲のテントからもゴソゴソと物音が聞こえ始めました。

身支度を整え、寝袋などテント内の物を片付けてから外へ出ると、東の山並みの向こうから、眩しい朝陽が昇ってきました。
これは!と思って西側の景色を見に上がると、そこには赤々と燃える槍ヶ岳の姿が・・・
表~裏銀座3日目1

その山のことを、私は一昨日も、昨日もずっと眺め続けてきたはずです。
それでも、今そこに聳えているその山は、その時とは雰囲気がまるで違っていて、別の世界の景色であるかのようにさえ感じられました。

この景色は、この時、この場所にいなければきっと見ることができなかったのだと思うと、「ここまで来て良かったなぁ」としみじみ感じます。
山の神様・・・今日も、素敵な朝をありがとうございます

こうしてしばらく朝の景色に酔いしれた後、私はテントを片付けて荷物をまとめ、いよいよ槍ヶ岳へと向かう縦走路へと足を踏み出しました。
この日登っていく東鎌尾根は、急峻な岩場が多く危険度の高いルートとも言われています。
岩への引っかかりや落石などの危険を考えて、マットなどのザックに外付けしていたものは全てザックの中にしまい、ヘルメットも用意して出発しました。

最初はまず、下り・・・というより"激下り"からのスタートです。
ハシゴや階段状になっているところもありますが、足下が岩や砂地だったりするのでスリップには十分注意して下っていかなければなりません。
しかも今回は背中のザックがかなり大きいので、自分の車幅感覚ならぬ、ザック幅・奥行・高さ感覚が狂いがち。(苦笑)
岩や木などに重たいザックをぶつけてバランスを崩しては大変なので、危険個所などは特に声を掛け合いながら、慎重に進んでいきました。

この写真の左下の方へ道が続いているのが分かるでしょうか・・・
表~裏銀座3日目2

この辺りはまだ日陰だったので良かったのですが、いったん道が登りになって日なたに出たら、まだ朝早い時間だというのに陽射しが暑く感じられました
今日は開けた尾根道がメインなので、涼めるような場所はなかなか無いかもしれません。焦りは禁物ですが、日が昇り切るまでになるべく進んでおきたいところ。

それからまた下って日陰に入り、スリリングな木道などを進んでいくと、水俣乗越にたどり着きました
ここからは槍沢方面に下っていくこともできます。天気や体調などの状況が悪かった時のエスケープルートのひとつにしていましたが、今日は大丈夫そう!
ちなみにここからはとても危険なバリエーションルートである北鎌尾根へ向かう道もあるのですが・・・もちろん今回は行きませんよ

さぁ、先へ進みましょう
下りはここで一段落して、今度は登りベースの道になります。
いきなりこんな岩場になるので、「いよいよ来たか」と気を引き締めて登っていきました
表~裏銀座3日目3

そして開けた場所に出ると、槍ヶ岳がどーんっとにかくものすごい迫力のある景色です!
だけど・・・もしかしてこの尾根上を行くの?登って、下って、登って、下って・・・えええーっ!!
表~裏銀座3日目4

その距離以上に気の遠くなるような道のりでしたが、とにかく気を付けて一歩ずつ、前へと進んでいきます
険しさはかなりのものでしたが、こうしたハシゴなども随所に設置され、かなり整備されている印象を受けました。
表~裏銀座3日目5

いつの間にか道は日なたになり、加えて両手両足を使う全身運動なので一気に暑くなってきます
それでも、全体的に人が少なかったので、自分のペースで水分補給したり、立ち止まって呼吸を整えたりすることができたのはラッキーでした。

それから、こんなにも高度感溢れる長ーいハシゴも下りましたよー!
これは高所恐怖症の人だと大変かもしれません
表~裏銀座3日目6

こんな風に、ここは険しくハードではありましたが、一方でとても楽しい道でもあったんです。
掲載枚数の都合で写真は載せ切れていませんが、色んな花があちこちに咲いていたんですよー
それに、槍ヶ岳をはじめとした山々の景色が本当に美しくて、美しくて・・・
こんなに信じられないような、夢のような世界の中で、私は生きている。歩いている。そう考えると、感動が止まりませんでした。

そしてもうひとつ、谷から吹き上げてくる風がとっても涼しかったことも、私の足を軽くしてくれました。
地形的に「いい風の吹いているスポット」がルート上にいくつも現れたので、昨日ほど暑さに体力を奪われることもなく、とても快適に登っていくことができたんですよー
表~裏銀座3日目7

いやー、なんて楽しい道なんだろう
浮かれてばかりはいられないような険しい道がまだまだ続いていましたが、心身共にかなり余裕を持つことができました。
表~裏銀座3日目8

こうしてヒュッテ西岳を出発してから3時間ちょっとで、ヒュッテ大槍にたどり着きましたー!
見て下さい、この景色!ここはなんという素晴らしい立地の小屋でしょうかっ
表~裏銀座3日目9

今日の宿泊予定地はここではないのですが、私たちは中で少し休ませてもらうことにしました。
ペットボトルのドリンクを買って、喉を潤します。あぁー、美味しいっ

ひと休みして気分をリフレッシュさせた私たちは、再び荷物を背負って歩き始めました。

もう、槍ヶ岳はすぐ目の前にあります
初日の燕岳から眺めていた槍ヶ岳。翌日、気持ちの良い稜線で、並んで歩いていた槍ヶ岳。
それが、もうすぐそこに・・・

この角度と距離から見上げる槍ヶ岳もまた新鮮で、とっても迫力満点でした!
表~裏銀座3日目10

槍ヶ岳へ向かう花道のように、周辺には色々な花が咲き乱れていました
表~裏銀座3日目11

それでも、まだまだ険しい岩場や細いトラバースなど、油断大敵な道が続いています
私たちは足を踏み外さないよう、十分気を付けて登っていきました。
表~裏銀座3日目12

こうして槍ヶ岳山荘を目指して登っていく私の左手下方には、槍沢ルートで槍ヶ岳山荘を目指す登山者さんたちの姿が見えていました。
よくよく見てみると、テントマットを背負った団体さんがかなりの人数いらっしゃるようです。

・・・ん?あんまりのんびりしていると、テント場が埋まっちゃうかも!?
そう気づいた私は、急にペースアップ山荘直下の急坂は、もはや小走りで登っていきました(苦笑)

そして、無事に槍ヶ岳山荘に到着ーっ!
まずはテントの受け付けをしてきまーすっ
表~裏銀座3日目13

こうして早めに受け付けできたおかげで、無事に良いスペースを確保できました
ここ槍ヶ岳山荘のテント場は険しい場所にあって、人気の割に設営スペースが限られているため、受け付け時に場所が指定されるんですよね。
そのため、定員オーバーしてしまうと小屋泊まりに変えるか、少し下った殺生ヒュッテのテント場などに移動することになるんです。
表~裏銀座3日目14

以前、飛騨側から槍ヶ岳へお邪魔した時に、ここのテント場を通りかかって「いつかここに泊まってみたいなぁ」って思ったんですよね。
その夢を叶えたくて・・・だから最後はちょっと頑張りました(笑)


無事にテントを設営した後、最初は「ちょっとお昼寝しようかなー♪」なんて思っていたのですが、少し雲も湧いてきていたので、天気が崩れる前に槍ヶ岳の頂上へお邪魔してくることにしました

サブザックに必要な荷物を詰めて、いざ出発!
表~裏銀座3日目15

槍ヶ岳は混雑のピークになると、まるでディズニーランドのアトラクションのように大行列になるらしいのですが、この時はタイミングよく、渋滞はほとんどありませんでした。
途中で下りの人と道が一緒になるところや、ハシゴのところでは少し待ち時間がありましたが、おおむねスムーズに登っていくことができました

こうして見ると、「これが登山道なの?」と驚くような険しいところですよね。
とにかく落ち着いて、三点支持で確実に登っていきました。
表~裏銀座3日目16

そして・・・槍ヶ岳、無事登頂!!
やったね、おめでとう!そして、ありがとう!
表~裏銀座3日目17

ここからの景色もぐるりと実に雄大です。
この時は山の上の方に雲が湧いていて、景色は少し霞んでしまいましたが、強い爽快感を味わうことができました

さぁ、行き交う登山者さんたちの波が途切れたタイミングで、下りましょ
表~裏銀座3日目18

登り以上に下りは危険なので、気を付けて確実に下っていきました。
幸い人の少ないタイミングだったので、比較的スムーズに山荘まで戻ることができました!

その後はテントでのーんびり。
マルちゃん正麺 袋めん(味噌味)を食べてー、うたた寝をしてー、辺りの景色を眺めてー・・・と、完全にダラダラ生活です(笑)

でも、こういう時間がとっても幸せだと感じるんですよね

時間が経つにつれて、テントの数も増えてきて辺りは大賑わいになりました。おそらく小屋泊まりの方の数はもっともっと多かったことでしょう。
さすが人気のお山だね!

さて、そろそろ夕食タイム。
この日のメニューは・・・贅沢二色丼ですっ!!(笑)
表~裏銀座3日目19
昨日と同じじゃん!と言われてしまいそうですが、今日は小さめどんぶりシリーズ 親子丼小さめどんぶり 中華丼の二色なので、全然違うんです!(爆)
※昨日は牛とじ丼と麻婆なす丼でした。

このシリーズ、本当に美味しくてお気に入りです

夕食時には辺りはかなりガスガスで、槍ヶ岳も霞んでしまうほどでしたが、そのうち風が出て来て少しずつ晴れてきました。
そして、沈みゆく太陽を、雲の合間に見ることができましたー
表~裏銀座3日目20

今日も無事に歩かせて頂き、ありがとうございました。
私は今日も、こうしてちゃんと生きている。山を歩いていると、そのことを強く実感できます。
そして山は、生きるということがどれだけ尊いことかも教えてくれるんです。
生きていることに、感謝、感謝だね

これにて、表銀座の縦走は終わり。
いよいよ明日からは、裏銀座の縦走が始まります!!

私にとって、裏銀座は未知の世界。
どんな道が、どんな景色が、どんな出会いが私を待っているんだろう・・・。
沢山のワクワクを胸に、私は眠りについたのでした。

【次回へ続く】
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2016.01.17 Sun 16:23  |  

こんにちは〜♪槍の肩でテントなんてとても素敵ですよね!
わたしが訪れたときは槍平から登ってそのまま横尾まで抜けてしまったのであのテント場を見ながら下るのは本当に心残りでした。わたしも今度槍に行くときは是非泊まりたいと思います。
それと西岳のテント場もすごく良いと聞いてますので今回の山女子さんのルートほんとにうらやましい♪
続きも楽しみにしています(*^^*)

2016.01.19 Tue 22:57  |  ゆず様

ゆず様、こんばんは!コメントありがとうございます。

登山をしているとき、「ここのテント場素敵だなぁ、今度泊まってみたいなぁ」って思うことがよくありますよね♪
槍の肩のテント場は大人気で混雑しますが、素晴らしい立地のところでした!

西岳のテント場もとても眺めが良くて、私がお邪魔した時は人も少なかったのでゆったりと泊まることができました。
今回の縦走でお世話になったテント場は、どこもそれぞれに魅力があって、泊まり歩くのが楽しかったです☆

ありがとうございます!これからもマイペースに続きをアップしていきますね(^^)

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/577-41f4d0d4
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。