スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2015.08北アルプス表銀座~裏銀座テント泊縦走登山(5)【5日目:双六小屋~三俣山荘(三俣蓮華岳、鷲羽岳)】



【2015.08北アルプス表銀座~裏銀座テント泊縦走登山】山行一覧

◆1日目:中房温泉~燕山荘(燕岳、北燕岳)
◆2日目:燕山荘~ヒュッテ西岳(西岳)
◆3日目:ヒュッテ西岳~槍ヶ岳山荘(槍ヶ岳)
◆4日目:槍ヶ岳山荘~双六小屋(樅沢岳、双六岳)
◆5日目:双六小屋~三俣山荘(三俣蓮華岳、鷲羽岳)
◆6日目:三俣山荘~野口五郎小舎(水晶岳、野口五郎岳)
◆7日目:野口五郎小舎~烏帽子小屋(ニセ烏帽子岳、烏帽子岳)
◆8日目:烏帽子小屋~高瀬ダム

登山概要・データはコチラ



三俣蓮華岳(2,841m/富山県富山市、長野県大町市、岐阜県高山市)・鷲羽岳(2,924m/長野県大町市、富山県富山市)

■この日の歩行ルート

ルート詳細はコチラ

■今回のコースと所要時間
所要時間合計(テント設営撤収、食事、休憩等込み):約6時間35分

(行動時間)
※全体的に、細かい休憩などは含まれてしまっています。
双六小屋(トイレあり)―【約2時間5分】→三俣峠―【約15分】→三俣蓮華岳―【約15分】→三俣峠―【約30分】→三俣山荘(トイレあり)―【約1時間5分】→鷲羽岳―【約40分】→三俣山荘(テント泊)

■参考マップ
山と高原地図 35 鹿島槍・五竜岳 北アルプス
山と高原地図 36 剱・立山 北アルプス
山と高原地図 37 槍ヶ岳・穂高岳



今日は明るくなるまでゆっくり寝ていても良かったのですが、ここ数日の早起きに身体が慣れてしまったのか、暗いうちにもう目が覚めてしまいました(笑)
しばらく寝袋の中でゴロゴロしてからゆっくりと起き上がり、朝食にマジックパスタ・・・ではなく、今回はシリアルをいただきました

さーて、そろそろテントを片付けようかなぁーと外に出てみると、フライシートがかなり結露していました。
こうなるとテントがさらに重くなってしまうのですが、今日の移動距離はとても短いので、それほど気にしなくても大丈夫そう。
ひとまず水分をあらかた拭き取ってからパッキングして、荷物一式を持って小屋の前へ移動しました。

すでに朝の陽射しが山々まで届いていて、辺りはまぶしい光にあふれています。見上げた空も青一色
目を細めながら身支度を済ませ、私たちは今日も歩き始めました!

まずは昨日、暑さで汗だくになっていた細い急坂を登っていきます。
朝イチでハードな登りになるので少し心配でしたが、昨日もしっかり休めたためか、思った以上にスムーズに身体が動きました。

こうして分岐まで登ってきたところで、いったん小休止。
何しろ、今日予定している移動時間は2時間程度と、とっても短いんです。
早く着き過ぎないように休み休み行きますよー!(笑)

ゆうべお世話になった双六小屋と、今日の宿泊予定地である三俣山荘は近い距離にあるので、裏銀座を縦走するなら通常だとどちらかに泊まってどちらかを通過することが多いのではないかと思います。

そうすれば、山行を1日短縮できるのですが・・・私の今回の目的は登山概要・データ編に書いたとおり、「山で過ごす時間を楽しむこと」だったんです。

双六小屋も三俣山荘も、どちらも素晴らしいロケーションにある小屋で、テント場もとっても魅力的でした。
それに、双六小屋周辺のゆったりとした雰囲気や、三俣山荘のすぐ近くに聳える鷲羽岳の雄々しい姿を、それぞれじっくりと味わいたいと思っていました。

というわけで、天気もいいことだし、予定通り今日は三俣山荘泊まりにします


小休止を終えた私たちは、三俣山荘へ向けて歩き始めました!
ここからは双六岳頂上を経由するコースと巻き道コース、そしてその中間の中道コースがあるのですが、今回は巻き道コースを使うことにしました。
表~裏銀座5日目1

しばらくはなだらかで歩きやすい道。斜面がお花畑になっていて、ここには写真を載せきれないほど多種多様な花たちが咲き乱れていました。
キレイだなぁー
表~裏銀座5日目2

景色も大きく開けていたので、雄大な山の風景も楽しみながら、気分良く歩くことができました

しばらく行くと向こうからやってきた登山者さんとちょこちょこすれ違うようになりました。
そのうちのお一方とお話をした時に、「双六小屋の食事はとっても美味しいよね!」と言われたんです。

あぁ・・・私たち、自炊だったから双六小屋で食事しなかった・・・
その方のお話では、双六グループの小屋の食事はとてもこだわっていて、本当に美味しいとのこと。こ、これはまた食べに行かねば・・・!!

こうして花や景色を眺めながら、休み休みのんびりと歩いていった私たち。
表~裏銀座5日目3

全体的に下りベースで、キレイな水の流れる小さな沢を渡ったりしながら進んでいくと、だんだん岩がゴロゴロした険しい下りや急登、ハイマツに囲まれた細道など、少し歩きづらいところも出てくるようになりました
湿ったテント類で荷物が重くなりがちなのも影響しているのか、足取りもやや重め・・・

それでも、景色は広くゆったりとしていて、残雪の白がまぶしく輝き、とてもキレイです
そして、花、花、花!
表~裏銀座5日目4

表~裏銀座5日目5

本当に素敵な道。
早くも私は、裏銀座の魅力に惹き込まれてしまいました

その後、道がだんだんと登りベースになっていき、足取りがさらに重くなってきました。
と、左手の稜線上に、行きかう登山者さんたちの姿が見えました。そして、その先には山頂標柱らしきものも・・・!

あれが三俣蓮華岳の頂上かぁー!と分かったところで、三俣峠に到着ー
山荘へはこのまま直進すれば良いのですが、私たちはいったん荷物をデポして、三俣蓮華岳の頂上へお邪魔してくることにしました
表~裏銀座5日目6

というわけで、必要な荷物だけを持って、頂上へ向かう急な坂道を登っていきます。
勾配はかなりきつく、ざれていてかなり歩きづらい坂です。それでも、左手の斜面には美しいお花畑と残雪の景色が広がっています
キレイだなぁ・・・としみじみ感じながら、足を滑らせないよう気をつけて登っていきました。

そして、無事に三俣蓮華岳に到着!
一部に雲が湧いていますが、眺めも素晴らしいですよー!
表~裏銀座5日目7

私たちは少しの間頂上で景色を楽しんだ後、再び滑りやすい坂道を慎重に下っていきました。
そして、三俣峠まで戻ってくると、ザックを背負い直して山荘方面へ

ここから山荘までは近いようで、30分くらいかかりました。しかも、なかなか歩き応えのある道のりです。
やや雲が増えてきましたが、向こうに聳える槍ヶ岳の美しいシルエットがはっきりと見えていました!
表~裏銀座5日目8

そして、辺りをハイマツに囲まれた細い道を通っていき・・・
表~裏銀座5日目9

小屋を見下ろせる場所まで出てくると・・・
そこから、鷲羽岳の山容を大きく望むことができましたー!!
表~裏銀座5日目10

大きく翼を広げたような、その雄々しい姿に思わず息を呑みます。
ここまででも鷲羽岳の姿は色々なところから眺めることができていましたが、その姿を一番その名に相応しい角度で、もっとも近く、広く、大きく捉えることができたのがこの場所でした。
なんという迫力だろう。なんという偉大さだろう。
やっと会えた―――。


ここから、もうすぐそこに見えている三俣山荘まで一気に下っていきます。
下りながら、私は鷲羽岳に会えた喜びと感動で胸が一杯になり、涙がこぼれそうになりました。

今回の山旅で、一番会いたかった山です。
ここに来るだけなら、もっと近い登山口から、もっと短い日数で来ることもできたはずです。

それでも、敢えて遠回りをして、北アルプスの山々の険しさや優しさ、美しさを全身で感じながら、5日かけてここまでやってきました。

5日かけて、鷲羽岳さんに会いに来ました!

私は一歩一歩を大切に踏みしめながら、下っていきました。
最後は雪田を回り込んで、テント場が点在する道を通って、木々に覆われた細い道を抜けて・・・無事に三俣山荘へと到着しました!
表~裏銀座5日目11

こちらの山荘もキレイなところで、2Fには展望食堂なる場所があるようです(後で行かねば!!)。
山荘の方のお子さんかな?まだ小さいのにお手伝いをしっかりしていてとってもえらいんです

テントの受付のため、ザックを下ろして山荘内へ入った私たち。
朝食にシリアルを食べてきましたが、もうお腹が空いたのかも・・・。ついつい売店でカップラーメンを買ってしまいました(笑)

そして早速、いただきまーす!!
ううー、やっぱり山で食べるカップラーメンは格別の美味しさです!!
表~裏銀座5日目12

カップラーメンを食べ終わった私たちは、テント場へと向かいました。
ここのテント場は広い範囲に点在していて、沢沿いやハイマツの合間の広場など、色んなタイプがありました。
そして、この日も早く着いたので、場所は選び放題!私たちはテントが張りやすく、眺めの良い場所に設営しました。

この時点でもまだ午前中。体力的にもまだまだ余裕があったので、私たちはサブザックを持って再び山荘前に戻りました。
トイレを借りて身支度を整えたら・・・さぁ、いよいよ鷲羽岳さんにお邪魔してきますよー!

歩き出してすぐに、道はハイマツの生い茂るまっただ中へ突き進んでいきます。
表~裏銀座5日目13

道が細いので、大きなザックのままだったら引っかかって大変だったかもしれません。
今回は小さなサブザックだったので、スムーズにハイマツの林を抜けることができました

目の前に大きく聳える鷲羽岳。
その迫力もさることながら、砂地の斜面をほぼ直登しているように見える道の潔さにも驚きます
いやぁー・・・、これはかなり登り応えがありそうだなぁ。
表~裏銀座5日目14

だけど、本当に美しい山です。こうして見上げているだけで、本当に満足してしまうような山です。
その頂にお邪魔しようだなんて恐れ多い気もしますが・・・
鷲羽岳の手ざわりを、足ざわりを、この山が持つ空気感を、しっかり全身で味わってきます

こうしていよいよ、頂上へ向けた登りがスタート。
ここから頂上へ至る道はかなりの急斜面で、細かくジグザグを刻んでいるものの、一気に上へ、上へと続いていました。
ザラザラと砂や石が崩れて滑りやすいところもあり、足運びにも気を遣います。

雲がだいぶ増えていたものの、この時は陽射しも強くてかなり暑かったです
私は自分のペースをしっかり守って、じっくり丁寧に高度を上げていきました。

急坂だと思っていた斜面を登り切ったー!と思ったらもっと急になって、あそこが頂上だ!と思っていたところは頂上ではなくて、と色々ありましたが(苦笑)、私は着実に頂上へと近づいていきました。
表~裏銀座5日目15

すごいなぁ。鷲羽岳。本当に、本当にすごい山だ。大きな山だ!

いつの間にか太陽は雲に隠されて、肌寒いほどの風が吹き始めていました。
それを追い風にして私はペースを上げ、ついに鷲羽岳に登頂することができましたーっ
表~裏銀座5日目16

やったぁぁぁ!
ありがとうございます

頂上からの眺めは素晴らしく、この時は雲が増えてしまいましたが、その合間にちらちらと槍ヶ岳の姿を望むこともできました。
腰を落ち着けてのんびりと雲が流れるのを待ちたいところでしたが、ここだけ携帯の電波が入ったので、家族に無事のメールをしたり、天気予報をチェックしたり、明日お邪魔する山小屋へ連絡したり・・・と、結構忙しく過ごしていました(苦笑)

しかも、この場所には冷たい風がピューピュー吹き付けてきたので、急激に身体が冷やされました。
さらに、しばらくするとポツ・・・ポツ・・・と雨が降ってきたような!?

すぐにレインウェアを着込み、連絡などの用事を急いで済ませると、私たちは天候がこれ以上悪化しないうちにと下山を始めました。


ところが、頂上直下の斜面を下っていくと、あっという間に空が明るくなり、暑くなってきました
どうやら、頂上付近だけ雨雲がかかっていたようです。私たちはレインウェアを脱いでザックにしまうと、再び落ち着いて下り始めました。
表~裏銀座5日目17

ざれていて滑りやすいところもあるので気をつけながら、それでもぐんぐん下っていきました。
そして下りが一段落し、ハイマツの茂みを抜けて・・・三俣山荘に無事戻ってきましたー!

私たちは、テント泊受付時からずっと気になっていた展望食堂にそのまま吸い込まれていきました(笑)
そして、なんともレトロな雰囲気漂うサイダーと、ちょっと珍しいジビエ丼、そしてオムライスをシェアして頂きました!
表~裏銀座5日目18

ジビエ丼は見た目の通り、変なクセや臭みなどもなくまさに牛丼といった感じ。
しかも、これまでフリーズドライ食ばかりだったためか、久しぶりの手作り料理の味に感動しました
フリーズドライのご飯もとっても美味しいんだけど・・・なんだろうなぁー。
「お米の粒が一粒一粒立っていて、甘みが口いっぱいに広がり・・・!!
「フライパンで焼いたこの卵の風味が、たまらない・・・!!
と、まるでテレビのレポーターみたいな感想がついつい止まらなくなってしまうほど、美味しかったです(笑)

そして食後にはコーヒーをここ三俣山荘ではサイフォンで淹れたコーヒーが名物になっているんです。
スタッフさんが目の前で淹れて下さるのですが、ビーカーの中のお湯が下から上に吸い上げられていく様子がなんとも不思議で、ついつい凝視してしまいました(笑)

そして出来上がったコーヒーがこちら!
表~裏銀座5日目19

コーヒーに詳しくないのでうまく説明できませんが、私はミルクと砂糖を入れて、美味しく頂きましたよー


こうしてランチとコーヒーで贅沢な時間を過ごした後、私たちはテント場に戻りました。
ここはテント場のエリア内にキレイな沢が流れていて、水場で美味しくて冷たいお水を自由に汲むことができます!
私たちは少し衣類を洗って、頭も流して、すっきりしました。

それからはテントの上に広げた寝袋と一緒に、自分も外で甲羅干しをしながら、鷲羽岳をぼーっと眺めて過ごしました。
なんだか、山で過ごしているっていう実感がすごくあるなぁ
山時間、いいもんだなぁ

そのうち上空に雲が広がって、雨が降り出しました。
というわけで、今度はテントの中でゴロゴロ、のーんびり。

この日の雨は以外と長く降り続いていましたが、夕方にはやみました。
それでは晩ご飯タイム♪

お昼にも山荘の食堂で贅沢な食事を頂きましたが、夕食も贅沢メニューでいきますよー
アマノフーズ コクと旨みのビーフシチューと、極食 なすの揚げ煮です!
どちらもなかなかいいお値段なのですが、たまにはこういうのもいいよねー(笑)
表~裏銀座5日目20

お味の方はというと・・・ビーフはまさにビーフ!なすも今そこで揚げたような風味で、まさか山奥でこうしたメニューが食べられるとは思ってもみませんでした
今回は1週間以上も山にこもるので、衛生面と重量の都合で生の食材は持ってこれませんでしたが、これだけ美味しいものをお湯だけで作れるなんて、フリーズドライってすごい技術ですよねぇー。登山だけでなく、非常用にも活用できそうです。

食事を終えた私たちは、寝る前にトイレを借りようと山荘へ向かいました。
そこには夕焼けに染まる、信じられないほど美しい鷲羽岳の姿が・・・。
表~裏銀座5日目21

あぁ、なんという世界がここにはあるんだろう。なんという美しい世界を私は生きているんだろう。
1日の始まりから終わりまで、ずっとずっと美しい山の景色を見ていられる幸せ。
山で過ごす時間が、私にとってどれだけ大切なのかを感じます。


会いたかった鷲羽岳。
美しく雄々しい姿をずっと見せて下さったことに、登らせて頂けたことに、感謝です。
ありがとうございました


さぁ、明日からもまだまだ私の山旅は続きます!
未知の世界、新しい出会いに期待して・・・お休みなさい。

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2016.01.27 Wed 22:23  |  鷲羽岳

こんばんは。

感動が伝わってきます。
裏銀座の広大な山塊が山女子さんには合っている気がします。
ここから黒部五郎、薬師を抜けて立山へ行くのが「日本オートルート」
もう一日使って雲ノ平、高天原は贅沢すぎるのかな。?

歩き終わった後の感想がとても楽しみ。
一日を一度でUPしなくても良いと思うのですが。?
沢山の写真がもったいない。(;^_^A

  • #-
  • tahara_t2
  • URL

2016.02.01 Mon 22:04  |  tahara_t2様

tahara_t2様、こんばんは!コメントありがとうございます。

裏銀座方面は今回初めてお邪魔しましたが、本当に感動の連続で大好きな場所のひとつになりました!
黒部五郎、雲ノ平方面も次回是非計画したいと思いますe-454

おっしゃる通り、今回も沢山の写真を撮っているので、1日1記事にまとめてしまうと写真を選ぶのが大変で・・・e-263
ただ、この後にも色々な山へお邪魔しているので、それらのレポートもアップしていかないと・・・と、バランスがなかなか難しいところです。

今回に限らず、ブログにアップできなかった山の写真などが多数あるので、何らかの形で公開できたらと考えていますe-454

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/579-c3986b5e
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。