スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2015.08北アルプス表銀座~裏銀座テント泊縦走登山(8)【8日目:烏帽子小屋~高瀬ダム】



【2015.08北アルプス表銀座~裏銀座テント泊縦走登山】山行一覧

◆1日目:中房温泉~燕山荘(燕岳、北燕岳)
◆2日目:燕山荘~ヒュッテ西岳(西岳)
◆3日目:ヒュッテ西岳~槍ヶ岳山荘(槍ヶ岳)
◆4日目:槍ヶ岳山荘~双六小屋(樅沢岳、双六岳)
◆5日目:双六小屋~三俣山荘(三俣蓮華岳、鷲羽岳)
◆6日目:三俣山荘~野口五郎小舎(水晶岳、野口五郎岳)
◆7日目:野口五郎小舎~烏帽子小屋(ニセ烏帽子岳、烏帽子岳)
◆8日目:烏帽子小屋~高瀬ダム

登山概要・データはコチラ



■この日の歩行ルート
烏帽子小屋~高瀬ダム。GPSの不調によりスタート直後に記録が切れてしまったので、ルートマップはありません。ごめんなさい

■今回のコースと所要時間
所要時間合計(テント設営撤収、食事、休憩等込み):約2時間55分

(行動時間)
※全体的に、細かい休憩などは含まれてしまっています。
烏帽子小屋(トイレあり)―【約2時間20分】→北アルプス裏銀座登山口―【約10分】→濁沢不動沢キャンプ指定地(トイレあり)―【約20分】→高瀬ダム

■参考マップ
山と高原地図 35 鹿島槍・五竜岳 北アルプス
山と高原地図 36 剱・立山 北アルプス
山と高原地図 37 槍ヶ岳・穂高岳



ついに、この日が来てしまいました。
山旅8日目、下山の日です。

私たちは昨日よりも早い時間に起きて、温かい飲み物とアマノフーズ フリーズドライ ふかひれ雑炊をいただきました。

身支度を整え、テントを片付けてパッキングを済ませると、私たちはザックを背負って烏帽子小屋へと登っていきました。
途中の一段上がったところにヘリポートがあって、見晴らしがよく携帯の電波も通じるので昨日から何度か立ち寄っていたのですが、この時も少し寄ってみることに。

すると、タイミングよく素晴らしい朝焼けの景色を望むことができました
顔を出したばかりの太陽から溢れた光が、雲海と山々を優しく照らしていきます。
表~裏銀座8日目1

高瀬ダムを挟んだ向かいには、餓鬼岳が聳えています。ちょうどU字型(『し』の字かな?)に歩いてきたので、表銀座方面の山並みと向かい合う形になるんです。
色んな思いがよぎりますが、今は最後まで気を緩めず、安全に下山すること、そして元気に帰宅することを心に誓います。

この美しい朝焼けが、山の上で過ごした8日間の素晴らしい締めくくりになりました。
本当に、本当にありがとうございましたっ!!

こうして私たちは烏帽子小屋まで移動すると、トイレを借りて準備を整えました。
表~裏銀座8日目2

さぁ、いよいよ下山開始!
私たちは小屋の前を通り過ぎて、その奥にある高瀬ダム方面の登山道へと入っていきました。
表~裏銀座8日目3

ここから、道はほとんど森の中になりますが、歩き始めて数分のところでいったん景色が大きく開けました
私たちはこの美しい山々の眺めを目に焼き付けてから、さらに下っていきました。
表~裏銀座8日目4

今回、北アルプス三大急登の合戦尾根を登り、日本三大急登のブナ立尾根を下るということで、この下りもかなりキツイだろうなーと覚悟していました。
実際に下ってみると、時々平らな所や少し開ける所もありましたが、大きな段差やハシゴ、階段が増えてきて、かなり足に負担がかかってきましたー
うーむ、ここを登ることになったらかなり大変そうだなぁ

それでも、この道はキツイだけのところではありませんでした。
森の雰囲気が素晴らしく、年季の入った立派な木の幹や、新緑のように優しく柔らかな緑が生い茂る様子に心奪われました
表~裏銀座8日目5

朝陽を浴びて気持ち良さそうな苔もいましたよー
おはようさーん
表~裏銀座8日目6

でもやっぱり道は急なのです。(苦笑)
表~裏銀座8日目7

花もあちこちに見られました。ついつい足を止めて見入ってしまいますねー
表~裏銀座8日目8

でも・・・しつこいようですが、やっぱり急なんです、道が。(苦笑)
足の短い私には段差の大きさがかなりこたえます
表~裏銀座8日目9

全体的に坂がきつかったため、ハシゴや階段が整備されている場所が多かったのはありがたかったです。
ただ、道幅の狭いところが多いので、登山者さん同士のすれ違いは結構大変そう

実はこの日、下るだけなのにかなり早く出発したのにはその辺りの事情もありまして・・・。
日程的に、この日は朝から大勢の登山者さんがこのルートを登って来られるだろうと予想していたんです。

この細くて急な坂道で、登りの方々の渋滞に巻き込まれてしまうと、少数派の下山者としては大変なことに・・・

というわけで、登りのラッシュが始まる時間帯や場所を予測しながら、自分たちはそのラッシュにぶつかるまでに、できるだけ標高を下げておきたいと考えていました。
焦らずに、でも道の状況が良いところではペースアップして、森の雰囲気や花などを楽しみながらもどんどん下っていった私たち。

こうして出発から1時間ちょっとは、誰もいない登山道を下っていくことができました
その後、ちらほらと登ってこられる方がいらっしゃり、道を譲っていたところ・・・そのうちどんどん、どんどん登ってこられる方の数が増えて、道が大渋滞になってきましたーっ!!

予想はしていたものの、その混雑具合は想像以上
やはり人気の高いコースなのですねー!

このきつーい坂をずっと登り続けてこられた方々のペースを乱さないよう、細い道の所々に退避ポイントを見つけては邪魔にならないよう端に寄り、道を譲っていきました。
それでも、1グループに道を譲ると、すぐ次のグループが続いているという状況だったため、私たちは全く先に進めなくなってしまいました

中には、疲れたので下りの人とのすれ違いのタイミングで少し休みたいなぁーという登山者さんもいらっしゃったので、そういう雰囲気を察した時には声をかけて先に下らせていただいたりもしました。

でも、このままだといつ下山できるか分からないなぁ
どうしようかなぁー、と考えながら、待ち時間はすれ違う方々に笑顔で挨拶とエールを送りつつ、辺りの花や木々を眺めて過ごしました(笑)
表~裏銀座8日目10

表~裏銀座8日目11

ううーん、さすがにこのままではヤバイかも
ということで、時々登山者さんが途切れるタイミングに、小走りで次の退避ポイントまで移動することにしました!
もちろん、大きな段差など危ないところは慎重に足を運びましたが、歩きやすいところでは忍者のようにシュタタタタッと移動して、人が来る前にササッと退避ポイントにはまる、の繰り返し。(笑)

十数キロの荷物を背負ってシュタタタタ、ササッ!とかやってる私はもはや野生児です(爆)
でもこれのお陰で、なんとか下っていくことができました

やがて、下の方から大きな沢の音が聞こえるようになってきました。だいぶ標高が下がってきたようです。
それからさらに進んでいくと、かなりの急斜面に鉄階段などがジグザグに設置されているところに出てきましたー!

わぁっ、これは急だよっ
表~裏銀座8日目12

手術を受けた方の足首があまり曲がらないのと、ここまでの下り続きで足がだいぶ疲れていたのとで、この階段は私にとってかなりの難所でした
ヒエエェー!!とか言いながら、一段ずつ何とか下っていきました。

そしてこのジグザグ階段を下りきると・・・すぐ近くに白い岩の転がる広ーい沢が見えてきました。
あれっ?この標柱に「登山口」とか書いてある・・・。
表~裏銀座8日目13

まさかとは思ったのですが・・・どうやら、予定よりも1時間は早く山を下りてきてしまったようです
途中のチェックポイントを見落としていたため、あと40分くらいは急坂を下るつもりでいたので、ちょっと拍子抜けしてしまいました

そして、広く平らな砂浜みたいなところを、とことこと歩いていきます。
この時点でもまだ、「あれ?ホントにもう登山口まで下りてきたの?」とか思っていました(苦笑)
表~裏銀座8日目14

そのまま進んでいくとキャンプ場にぶつかり、その先には長ーいつり橋がありましたー!
表~裏銀座8日目15

このつり橋を渡ると、今度はトンネルが。
これがまた長くて、しかも誰もいなかったので、歩いているうちにちょっとドキドキしてきました(笑)
表~裏銀座8日目16

そしてこのトンネルを抜けると、ぱぁっと景色が開けました!!
これまで過ごしていた山々の世界から、人間の世界へと戻ってきた感覚・・・そう、

高瀬ダムに無事ゴールしましたーっ!!
表~裏銀座8日目17


やったぁ!とトンネルの前でバンザイをしていたら、向こう側に停まっていたタクシーの扉が開いて、サングラスをかけた運転手さんが出ていらっしゃいました。
タクシーの手配はしていなかったのですが、たまたま待機されていたようで、車の横に立ってこちらを見ながら、私たちが来るのを待っている様子。

私たちは、エメラルドグリーンの美しい水をたたえたダムを眺めながら、タクシーの待つ方へ歩いていきました。

その時ふと、
「なんか・・・宇宙から地球に帰還した私たちを、ボスが出迎えてくれてるみたいだね」
「まさに!!ヘルメットを手に持ったらますますそれっぽい!!」
という話の流れになってしまい、何故かエアロスミスを歌いながらタクシーへと向かったのでした・・・(笑)

そしてボス、いやタクシーの運転手さんと
「どちらまで?」
「信濃大町駅まで行ってもらえますか?」
とのやりとりの後、大きなザックをトランクに積み込みました。

これで、8日間の山旅が終わる。
タクシーに乗り込む前に、私はもう一度来た道を振り返りました。
表~裏銀座8日目18


本当に・・・・・・ありがとうございました!


それから、タクシーの運転手さんから地元のお話などを色々と伺いながら信濃大町駅まで移動した私たち。
やっぱり車はすごいね、速いねー!

ここから大糸線で穂高駅まで30分の移動なのですが、待ちきれず駅でお蕎麦を食べてしまいました(笑)
あーっ、美味しい
表~裏銀座8日目19

そして電車に乗って穂高駅に降り立った私たちは、駅前で今度はアイスまで(苦笑)
あー、美味しいーっ
表~裏銀座8日目20

思いっきり自分を甘やかし、欲望に忠実に過ごしたのでした(爆)


その後、私たちは駐車場で車を回収し、しゃくなげ荘へ。
ここの温泉で8日間の汗と疲れをしっかりと流して、さっぱりしてから帰路に就きました。

そして、笑顔で「ただいま」を言って、この山旅を締めくくったのでした!


今回の北アルプス表銀座~裏銀座テント泊縦走登山は、こうして8日間の計画通りに無事歩き通すことができました。
もちろん、自分の力量でも無理なく楽しく歩き続けられるよう、計画にはかなりの工夫を凝らしましたが、それを実現できたのは、お天気のおかげ、山のおかげ、山で出会った山小屋や人々、動植物など、皆さんのおかげです。

皆さんのお陰で、私はいつものように自分のペースで、最初から最後まで自分らしく楽しんで山を歩くことができました

私は本当にラッキーでした。幸せ者でした。
ありがとうございました


北アルプスの、どこまでも続く大きな大きな山々の世界の中を、ゴマつぶみたいに小さな私が、小さな小さな一歩を積み重ねて歩いてきた道。
あの雄大な景色、涙の出るような夕焼け、可憐に揺れる花たち・・・他にも他にも、忘れることのできない出会いが沢山ありました

憧れの山への訪問を少しずつ実現している私ですが、山へ登れば登るほど、お邪魔したい山やコースがどんどん増えていきます。
今回初めて訪れた裏銀座方面は、すっかり大好きなエリアのひとつになりました。
これだから、山はやめられませんね!

今回の経験を通じて、多くの改善点も見つかりました。
これからも事故なく楽しい登山ができるよう、自分をもっともっと高めていきたいと思います!

【終わり】
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2016.02.11 Thu 22:31  |  これぞ山行♪

お疲れ様♪さすがyamajoshi ♪ このロング縦走を全て読み終えると行ってきたような満足感です♪

山の向き合方、感じ方全てがyamajoshi らしくて楽しませていただきました♪足の具合が少々心配でしたけど・・・。

山小僧は奥武蔵で雪山を堪能してます、色々な向き合方、楽しみ方があって山は本当に良いですね♪

これからも一杯楽しみましょうね♪

  • #-
  • 山小僧
  • URL

2016.02.23 Tue 20:49  |  山小僧様

山小僧様、こんばんは!コメントありがとうございます。返信が遅れてしまってごめんなさい。

今回の長い縦走は、レポートを書くのも時間がかかってしまいましたが、ご覧いただくのも大変だったかと思います(^^;)
お読みいただいてありがとうございました!

手術をした方の足は、曲がる角度が以前よりも少し狭くなってしまったので、道の状況によっては歩きづらいことがあるんですよね。
それでも怪我などをしないよう、全体的なトレーニングやケアは今後も続けていきたいと思います(^^)

奥武蔵の雪山、楽しそうですねぇー!お互いにこれからも楽しみましょう☆

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/582-f9efbf7d
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。