スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2015.08双六岳2泊3日テント泊登山(4)【3日目:双六小屋~新穂高温泉】

双六岳テント泊登山、(1)(2)(3)の続きです。

初日に新穂高温泉からわさび平小屋まで、翌日にわさび平小屋から双六小屋まで、順調に登ってきた私たち。
3日目であるこの日は、いよいよ憧れの笠ヶ岳へと向かう予定でしたが・・・天候の悪化が予想されるため、日程を短縮してこの日のうちに新穂高温泉まで下山することにしました

今日も真っ暗なうちに起床し、もはや恒例となりつつあるサタケ マジックパスタと温かい飲み物の朝食で、頭と身体を目覚めさせました。
1508双六岳3日目1

幸い、まだ雨などは降っておらず、視界も良好。
私たちはテントを片付けて身支度を整えると、最後にテント場の目の前にある池の畔から景色を眺めました。
今日も、そこにはやっぱり美しい世界が広がっています。
1508双六岳3日目2

うん、予定よりちょっと短くなっちゃったけど、今回の登山も満喫できたって自信を持って言えるね
最後まで安全に、そしてできるだけ下山まで雨に降られないよう祈りながら、ちゃんとそれぞれの帰るべき場所へ笑顔で帰ろうね。

さぁ、出発ーっ
私たちは鏡平方面へ向けて歩き始めました。
1508双六岳3日目3

昨日歩いたばかりの道を引き返す形になるので、この先の道がどのようになっているのかがイメージしやすかったです。
それでも、歩く向きが逆になると、目にパッと飛び込んでくる景色はずいぶんと違っているので、気分は新鮮なままです

槍ヶ岳方面の景色が大きく開けると、こんな景色が目の前に広がりました。
1508双六岳3日目4

まるでモノクロの世界の中にいるかのような、とても幻想的な光景です
それでも、槍の穂先に巻きついて、稜線をなぞるようにたなびいている雲の様子には少し不気味な感じも覚えました

それから、崩れやすい砂地の細道を慎重に進んでいきます。
1508双六岳3日目5

視界に入ってくる槍穂高の山並みは刻一刻とその雰囲気を変えていき、私は何度も何度も立ち止まってはその景色に見入ってしまいました。
これは先ほどの写真から30分ほど歩いたところの写真ですが、雲は流れ、空は少し明るくなったような気さえします。
この写真の右下には、鏡平小屋も見えていますよー!ロケーションの素晴らしさが伝わるでしょうか?
1508双六岳3日目6

もしかしたら、天気予報が良い方に外れてくれるんじゃないか・・・?そんな思いが一瞬脳裏をよぎります。
このままどこまでも、どこまでも、ずっとずっと歩いて行きたくなるような稜線が目の前に続いていきます。
1508双六岳3日目7

それでも、分岐点はやってきてしまいました。
弓折乗越です
1508双六岳3日目8

このまま進めば笠ヶ岳、ここから下りれば、鏡平小屋経由で新穂高温泉まで下山することになります。
昨日はガスで真っ白だったこの場所も、今ははっきりと槍ヶ岳の姿を望むことができています。

もちろん、下山まで天気が良いに越したことはないのですが、この時ばかりはこのお天気が、ほんのちょっとだけ私の心を複雑にさせました(苦笑)

うん・・・でも。
笠ヶ岳への思いは強く残りますが、やっぱり、やっぱり私は下山する方向へと足を進めました。

今はきっと、笠ヶ岳へお邪魔するタイミングではないんだ。
山は逃げないから、また何度でも訪れればいいんだよね

こうして私たちは、昨日暑さとキツさであえぎあえぎ登ってきた道を一気に下っていきました。
そして無事に鏡平小屋に到着!
1508双六岳3日目9

私たちはここで荷物を下ろし、少し休憩を取りました。
お天気が気になるので、あんまり長居はできませんが・・・水分と栄養補給はしっかりとね

それから、小屋のすぐ先にある美しい池で、昨日と同じく逆さ槍?を眺めました。
この眺めは本当に美しいです
1508双六岳3日目10

さぁ、どんどん下っていくよー!
岩がちな下りベースの道を、足下に気をつけながら進んでいく私たち。
1508双六岳3日目11

そしてシシウドヶ原のベンチのところで、またちょっとだけ休憩!(苦笑)
1508双六岳3日目12

少しの間、山の景色をじっくり眺めて、山の空気を目いっぱい吸い込んで・・・よし、それじゃー再出発!

先ほどまでいったん明るくなっていた空も、黒っぽい雲がどんよりと垂れ込めてくるようになりました
いつ雨が落ちてきてもおかしくありません。なんとか、雨が降る前に林道まで下りたいなぁー

そして、無事に秩父沢を通過!増水してなくて良かったぁー。
1508双六岳3日目13

・・・と、秩父沢を越えた少し先辺りから、ポツ、ポツ・・・とわずかな雨を感じるようになってきたんです
わぁ、ついに降ってきた!
この先は林の中を通るところも多かったので、木々が大きな傘になってくれたのは助かりました

足下には気をつけながら、できるだけ進めるうちに先へ進んでしまい、そろそろ林を抜けるというところでレインウェアとレインカバーを装備しました。

そして開けたところに出ると、足下の岩が少しずつ濡れ始めていました
滑らないように気をつけて、焦らず、でもペースアップして進みます
1508双六岳3日目14

雨は徐々に強さを増していきましたが、いよいよ本降り!というタイミングで私たちは何とか林道まで下りてくることができました!
良かったぁー、無事に下りてこれたね
1508双六岳3日目15

ここまで来れば、後は砂利道~舗装道路をひたすら歩くまでです!
私たちはしっとりと濡れる森の中を進んでいきました。
1508双六岳3日目16

そして、初日の宿泊地だったわさび平小屋に到着!
軒先で雨宿りをさせていただきながら、売店で買った飲み物をいただきました
1508双六岳3日目17

それから、私たちはさらに新穂高温泉へと向かいます。
雨に濡れて、より一層雰囲気の増した森の景色を、楽しみながら歩いていきました。
1508双六岳3日目18

そしてゲートを越え、舗装道路をてくてく歩いて、新穂高センターに無事到着ー!!
ここまで下りてくると、雨もいつのまにか上がっていました(笑)
1508双六岳3日目19

1人に車を取りに行ってもらっている間に、残りのメンバーでレインウェア&カバーの水を払い、荷物を片付けました。
そして車に荷物を全部積み込んだら、新穂高センターのすぐ裏手にある温泉に飛び込みました!!(笑)

そして温泉ですっきりした後は、車でお食事処まで移動して、飛騨牛や奥飛騨軍鶏の料理に舌鼓を打ったのでした
1508双六岳3日目20


今回は予定よりも日程を短縮し、本来の目的だった笠ヶ岳へお邪魔する前に下山したこともあって、もしかしたら消費カロリーよりも摂取カロリーの方が多い登山になったかもしれません(苦笑)
だけど・・・こういう登山も、本当に楽しいものですよね

槍ヶ岳や鷲羽岳、北アルプスの雄大な眺めを思う存分楽しんで、美しい森や可憐な高山植物の花に目を細めて、山の空気をいっぱいに吸い込んで、山の中でぐっすり眠って・・・。そういう山で過ごす時間の大切さを改めて感じることのできた2泊3日でした

笠ヶ岳さんはまだまだ私の憧れの存在であり続けますが、そういう存在を大事にしていきたいと思います
これからも長く登山を続けていくために。何度でもあの場所を訪れるために!

今回も本当にありがとうございました

【終わり】
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2016.03.08 Tue 12:25  |  お疲れ様です!

ここの稜線もたまりませんね♪
天候を考えての決断❕勇気ある撤退❕山を始めた頃は出来ませんでした♪無理をしてまでチャレンジしてました♪

Yamajoshi の山に向き合方を見習って最近ようやく撤退やら予定変更が出来るようになりました♪

これからも楽しみにしてます!マイペースでまた教えてくださいね♪

山小僧は奥武蔵のマニアックルートをもっと探索してきます!

  • #-
  • 山小僧
  • URL

2016.03.16 Wed 22:22  |  山小僧様

山小僧様、こんばんは!コメントありがとうございます。

今回は残念ながら笠ヶ岳へお邪魔することは叶いませんでしたが、また次回の楽しみにしとっておきます(^o^)
これからも長く登山を楽しんでいくために、もっともっと登山者として成長していかなければ・・と思っています。

奥武蔵野マニアックルート探索、とっても面白そうです!
オススメコースがありましたら、よろしければぜひ教えて下さいね☆

2016.03.24 Thu 21:53  |  笠への分岐

こんばんは。

思っていたのと逆回りでしたか、わさび平に前泊で笠新道登るものと思いました。

帰りにあの分岐を眺めながら降りていくのは山女子さんとしては大変。!!(^_^;)

一人なら無理しても行きましたか。?

一度見たらあの稜線は歩いてみたくなりますね。

天気の良い時に。(^_^)v

  • #-
  • tahara_t2
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/586-c72d9123
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。