スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2009.07横瀬二子山ひとり登山(4)

横瀬二子山ひとり登山、(1)(2)(3)の続きです。

今回はここ、横瀬二子山で行われている取り組みについてちょっとご紹介しますね~。

芦ヶ久保駅を出て登山口へと向かう途中、写真のようにカラフルなパネルが設置されていることに気が付きます。
二子山のパネル

これがこの山で今年4月に開設された、「学習登山コース」のパネルなんです。
登山道上に、その山に生息する動植物の情報や文化的な背景など、”その山について学ぶ”ためのパネルが設置されているところって結構ありますよね。ですが、この山は、パネルを通じて”登山そのものの基本、知識、技術を学ぶ”ことを目的として設置されているという点ですごくユニークなんです。

今回はこのパネルでどのようなことを学べるんだろう?ということにも興味があったので、1つずつ読みながら進んでみました~
以下、簡単にその内容をご紹介します。

■LESSON1
LESSON1のパネル
登山を始める前に、装備は万全か?計画はきちんとできているか?のチェックをして、もし不安があれば、今日の登山は中止しましょう。という内容です。
ここで私も一通り装備チェック

■LESSON2
LESSON2のパネル
時間と方位をきちんと確認しているか?の注意喚起。今、登山を始めて10分ぐらい経ったと思いますけど・・・と、まるで一緒に登っているかのように鋭いコメントが

■LESSON3
LESSON3のパネル
気温のこと、休憩の取り方、地形に付いての山の雑学。
ちょっとずつ息も上がってきた頃なので、小休憩も兼ねて読んでみます。
今いるこの場所はこういう地形ですよね、と実際に体験しながら学習することができるので、理解しやすいです

■LESSON4
LESSON4のパネル
緊急時に携帯で連絡を取るための注意点。山から知人に現在地をメールしておくことで、助かった事例も紹介されていました。
なるほど~、私もメールしておこっと。

■LESSON5
LESSON5のパネル
落石についての注意点。落石から自分を守ることも大事だけど、他の登山者を落石の被害に遭わせてはいけないということも大事ですね~。

■LESSON6
LESSON6のパネル
ストックと雨傘について。両手を使う登りでは、面倒がらずにストックをしまうこと、山では傘ではなくカッパを使おうってことが書いてありました。

■LESSON7
LESSON7のパネル
実はこのパネルは、山頂(雄岳)のちょっと先に設置されていたので、実際はLESSON8(山頂の少し手前にあった)の方を先に見ました
展望を楽しみながら、地図やコンパスを使って周りの景色を確認するためのクイズ。今回はちょっと天気が悪かったので、西方の武甲山と、秩父の街並みが確認できる程度でした。

■LESSON8
LESSON8のパネル
下山時の注意点。ここから雌岳までご一緒させて頂いたご夫婦と、このパネルに書かれていた「登山事故の80%が下山時に発生している」ということを話して、気をつけようね、と声をかけながら下山しました。

以上の8枚のパネルを、二子山登山(沢コース)で見ることができるようになっています

これらのパネルに書かれていることは「基本中の基本」でしょうし、これを見たからといって登山の知識は十分身についたから大丈夫・・・なんてことはもちろんありません
ですが、駅から気軽に入れる山だけに、丸っきり初めての方がもしいらっしゃったら「山は楽しいけど危険もあるんだよ」ってことを知って、そこから学習を深めてもらうきっかけにもなると思うし、登山に慣れた方でも知識を再確認して、今一度気を引き締める・・・ということに効果があるのかもしれないなぁって私は思いました。
パネルの設置方法や内容など、色んな意見もあると思うのですが、試みとしてユニークで面白いなぁと思ってご紹介させて頂きました~。

埼玉県秩父郡にある2つの”二子山”。その違いを聞かれたら、これからの私はきっとこんな風に説明するのかな。
「小鹿野の二子山は尖った岩の稜線を進むスリリングでハードな山、横瀬の二子山は急な勾配やつるつるなロープ場、学習登山コースもあったりして登り応えのある面白い山だよ

【終わり】

(自分用メモ)
◆今回のルート
芦ヶ久保駅(8:53)→LESSON1パネル(8:56)→トンネル(8:59)→LESSON2パネル(9:05)→LESSO3パネル(9:22)→LESSON4パネル(9:28)→LESSON5パネル(9:35)→LESSON6パネル(9:56)→ロープ場(10:30)→二子山頂(雌岳)(10:38)→LESSON8パネル(10:52)→二子山頂(雄岳)(10:53)→LESSON7パネル(10:55)→下山開始(11:45)→雌岳から尾根道コースへ(11:58)→冨士浅間神社(12:36)→下山終わりの鳥居(13:15)→道の駅果樹公園あしがくぼ(13:30)

◆周辺の天気予報
横瀬町芦ケ久保周辺のYahoo!天気情報

◆水場とトイレ
マップの沢沿いに「水場」って書いてあるけど、「ここが水場」みたいな場所は見かけなかったような・・・。沢の水をそのまま汲めば良かったのかなぁ?その他駅前にも自販機あり。
トイレはコース中にはなかったと思う。駅前のトイレか道の駅の大きなトイレに寄っておくのが吉。
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
▼関連ワード
二子山
学習登山
パネル

Comment

2009.07.13 Mon 06:56  |  有難う御座います

初めまして、ブログ拝見しました。こんな所があるなんて初めて知りました。まだまだ未熟な私ですねえ(^^ゞここには行った事が無いので是非一度行ってみたいと思います。最近事故が多いとか、気持ちを引き締めるのにいいと思います。又寄らせて頂きます。有難う御座いました。

  • #-
  • シルバーマウンテン
  • URL

2009.07.13 Mon 18:26  |  遊びにきました

二子山登山、楽しく読みました。
yamajoshiさんの話はわかりやすくておもしろいです。

今回は単独行だったんですよね?
単独行は山の中に入ったら仲間と一緒にいるときには絶対にない本気モードになるので、絶対にお勧めです。
ぐっと成長した気分でしょ?自信もついたろうし。

俺はさっき大雪山から帰ってきたところです。
近々ブログに書くので、また遊びに来て下さい。

2009.07.13 Mon 22:03  |  

うなずきながら看板の文字を目で追ってしまいました。

とても大切なことですよね。

先日も小さなお子さんと付き添いの男性が登山中に亡くなりましたが……

一枚一枚丁寧に写されましたね。

貴女がおっしゃるように『今一度気を引き締める』
山登りも人生においても大事なことだと思います。

お疲れ様でした。m(__)m


  • #-
  • リュウ
  • URL

2009.07.14 Tue 22:03  |  シルバーマウンテン様

シルバーマウンテン様、初めまして!こちらこそご訪問&コメント頂きありがとうございます。

はい、こういう試みをしている山というのも珍しいですよね。山自体もなかなか登り応えがあり、晴れると武甲山や秩父の街が見渡せてとてもいいところだと思いますので、是非行かれてみてくださいe-68

それでは、よろしければまたお越し下さいねe-454

2009.07.14 Tue 22:12  |  ブラダマンテ様

ブラダマンテ様、こんばんは!コメントありがとうございますe-68

はい、今回は単独登山でした。
そうですね、確かに1人だと地図や天気、ペース配分やルートのことなど、すごく真剣になりますね。仲間と行く時とは違った色々な勉強をさせてもらえる気がします。
とはいえ、1人でどんどん色んな山に登って行けるほどの力量もないので、無理のない範囲で少しずつ学んでいきたいと思っていますe-257

大雪山に行かれていたのですね~!名前は良く知っています。雄大な自然が楽しめるんでしょうね~。
いつかは北海道の山にもお邪魔したいです。

ブログになかなかご訪問できずすみません!近いうちに時間を取ってゆっくり拝見したいと思っています。大雪山の記事も楽しみにしていますね♪

2009.07.14 Tue 22:21  |  リュウ様

リュウ様、こんばんは!いつもコメントありがとうございますe-69

先日の山の事故、とてもショッキングでしたね。子どもたちでも登れるような整備されたハイキングコースだったのだと思いますが・・・e-441
また、今朝は富士山で落石があって、車に乗っていた男性が亡くなるという事故も耳にしました。
山は標高に関わらず、予測のつかない事故の危険が常にあるということですね。どんな山でも油断せず、気を引き締めて行かないといけないなぁ~とつくづく感じました。

ところで、横瀬二子山登山の後、最近また別の山に登ったのですが、そこではトレイルランの人たちを沢山見かけました!
皆さんの足の筋肉のたくましさにほれぼれしながら、私はただどんどん抜かされていくだけでした・・・(笑)

2009.07.16 Thu 20:19  |  

yamajoshi様 こんばんは!

二子山山行記、楽しく読ませていただきました。

この辺りの山は、二子山にしろ伊豆ヶ岳にしろ、結構急斜面の歩きにくいところがあったり、岩場があったりして、裏山気分でナメてかかると痛い目に合いますね。

逆の見方をすれば、駅から近いにもかかわらず歩きがいがあって、スリリングなところもあって、魅力的ということにもなるんですが(笑)

はるか昔、まだ小学五年生のとき、友達と二人で武川岳から二子山まで縦走したことがありました。

結構長くて、疲れたことを思い出しました。

二子山周辺でも年に2回位は道迷いなどで山岳救助隊が出動しているようです。

お気をつけて楽しんでください!

それでは!

  • #-
  • 川越人
  • URL

2009.07.17 Fri 00:36  |  小5で縦走!!

川越人様、こんばんは!コメントありがとうございますe-69

そうですね、二子山といい、伊豆ヶ岳といい・・・この辺りの山は本当に登り応えがあってとても楽しい山ですよね!
駅から行けるということで、気分的にはお気軽ハイキングになりがちですが、登ってみてビックリe-451という感じですね(笑)

川越人様、小5の時に武川岳から二子山までを縦走されたんですかっ!?
すごすぎます!私も最初は二子山から余裕があれば焼山、武川岳まで・・・なんて思っていたのですが、とんでもありませんでしたe-443e-330

あの急勾配やぬかるみ道ですから、登山道を外れてしまうと本当に危ないですよね。
これからも楽しく登って、楽しく帰ってこれるよう気をつけます!

2009.09.05 Sat 10:21  |  横瀬二子山近日登頂予定

いつも参考にさせて頂くとともに、登頂した山では、そうそう!!と思い返しながら見させていただいてます。

前回二子山は雨で途中引き返し登頂できなかったので今回は気合入ってます!!!。

近日行ってまいります、奥武蔵当たりの山は結構登ってますからひょっとしてどこかでお会いしてるかもですね!。

2009.09.05 Sat 11:40  |  山小僧様

山小僧様、初めまして!ブログご訪問&コメント頂きありがとうございます☆

横瀬二子山に近日登られるご予定なんですね。今度こそ好天に恵まれるようお祈りしていますe-44
二子山から焼山や武川岳まで足を伸ばすのも良さそうですよね。焼山からは武甲山の横顔をすぐ近くで見られるのだとか。私は前回登った時、体力的に厳しくて諦めましたが・・・e-330次回は是非縦走チャレンジしてみたいです!

実は私も近日、横瀬二子山近くに出没予定です。もしかしたらお会いするかもしれませんね!
もしそれらしき女がヘロヘロで歩いていたら、どうぞお気軽にお声掛け下さい・・・って分からないか。(笑)

それでは、当ブログへもまたお時間のある時にお越しくださいね♪

2016.09.02 Fri 06:23  |  ブログ拝見しました

ブログ拝見させて頂きました😊

写真もポイント毎に載せてあって凄く山の雰囲気が伝わってきました✨
実際の難易度が分かってこれから登る初心者にはとても参考になるブログだと思います😊

実は…昨日横瀬二子山行ってきたんです
かみさんが初登山で
他のブログで 初登山の方にオススメ! と書かれているのを目にして
かみさん全然歩き慣れていないし靴慣らしも兼ねて
高尾山くらいの、ハイキングに毛が生えた程度の登山を想定して入山したのですが…

結構な勾配と砂利が多く滑りやすい地面にかみさんには無理と判断
登山口から20分程で引き返して来ました😅

こっちのブログも読んでいれば…とちと後悔😔
クチコミは参考になるけど自分のレベルに近い目線の人の意見かを考えないとですね
色々勉強になりました!

貴重な体験談ありがとうございました😄

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/72-4498127f
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。