スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2009.08富士山1合目からの登山(2)1合目~5合目山小屋

富士山1合目からの登山、(1)の続きです。

ようやく吉田口1合目へとたどり着いた私達。ある意味、ここから登山スタートです
いよいよ登山道
いよいよ勾配もきつくなり、山道らしさを増してきました。
霧に包まれて霞む視界。これから富士の懐へ分け入っていくんだという思いがこみあげてきて、思わず身がひきしまります。
霧も出てきました

登り始めとはいえ、既に標高は1,500mを超えています。森の雰囲気が低山のものとは違いますね~。
雰囲気ある林

と、ここであることが気になりました。
これまで平坦な道を歩いてきたのであまり感じなかったのですが、やはりメンバーの皆さんは体力のある若い男性方なので、歩くペースがかなり速いんですっ
半日程度のハイキングであれば、このペースについていっても問題はないかとは思うのですが、これから待っているのは過酷な富士山頂への道・・・これは私的に、少し余裕があるくらいのペースで歩いていかないと持たないなぁと思ったので、皆さんには本当に申し訳なかったのですが、もう少しゆっくり目に進みたい旨リーダーさんにお伝えしました。
(リーダーさんはペースを抑え目にして下さったり、メンバーの様子を見て休憩時間を調整したり、特にペースの速い経験者の人たちには先に山小屋へ向かってもらうなど、細やかな気配りでみんなの快適な登山をサポートして下さいましたありがたい~

そして私達は2合目、3合目・・・とチェックポイントごとに小休憩を取りつつ、徐々に標高を上げていきます。
私も大分自分の快適なペースがつかめてきたので、楽に歩けるようになりました

これは3合目で撮った写真。
3合目の廃墟・・・
向こうに廃墟のようなものが写っているの、見えるでしょうか?
実はこういう廃墟(山小屋の跡地)は5合目にかけていくつも見られました。
昔は富士登山のメインルートとして賑わったであろうこの道も、今や5合目まで簡単に車で行けてしまう時代。このルートを辿る人たちはもうほとんどいないのかもしれません。
私達もここまで来るのに、1~2組の下山客としか出会いませんでした。というかやたら軽装な外人カップルとすれ違って、「あの軽装でどこから来たの?」「そしてどこへ行くつもりなの?」「まさか亡霊?」などど騒然としたぐらいでして

富士山信仰に基づいた、歴史あるこのルートがこうして廃れていってしまうのはとても残念なこと。5合目からスタートすることを否定するつもりはないし、私も次回があれば今度は5合目から行くのもいいな~なんて思っていたりもするんだけど(笑)、こういう大切な道にはずっと残っていて欲しいなぁと思うのでした

そしてようやく、5合目付近まで登ってきました!
ついに5合目!
この図の赤い点が現在地。こうして見ると、もう大分頂上に近いんじゃない?なんて思ってしまうけど、ここから険しい登り坂や高山病との闘いになる訳で・・・
でも、ここまでの道もかなりきつかったです岩や丸太がごろごろしていて、勾配もなかなかきつい登り坂が延々と続いていて、展望もきかないのでかなり長く感じました~

さぁ、ここまで来れば山小屋まではあと少し
ほんのひとときの車道歩きを経て、再び山道へと入りますと・・・
車道を少し歩きます

着きました!今夜お世話になる里見平・星観荘さんです
山小屋到着☆

富士登山は勿論、山小屋泊まりも初めての私は、「どんなところだろう・・・」とちょっとドキドキワクワク。
「山小屋はあくまでも仮眠を取る場所。ホテルのような設備やサービスは期待しないこと!」みたいな話も耳にしたので、覚悟は決めていたのですが・・・
キレイです!
わぁ~!すごくキレイ
トイレもキレイだし、更衣室もあるし、ボイラー室で濡れた衣類も乾かせるし・・・かなり快適です
しかも、心配していた混雑も全然なくて、上の写真に写っているキレイな区画を私達6人だけで使えて、1人分のスペースもかなり余裕があります。普通の温泉旅館よりゆったり布団が敷ける感じ。

そして晩ご飯は・・・カレーライスじゃないっ
ハンバーグご飯、すごく美味しかった~
ハンバーグ定食!
それから、”星観”荘だけあって、例え曇っていても星が観れるんです
星型の麩が・・・
ほらね(笑)

こうしてお腹も満足した私達。
「これから仮眠を取って、深夜0時に一旦天候を確認しよう。天気が良ければそのまま出発、悪ければもうしばらく様子をみることにしよう。」
リーダーさんの提案に一同うなずいて、天候の回復を祈りながら床に就いたのでした。

【次回へ続く】
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2009.08.15 Sat 04:07  |  

霧に霞んだ山道はとても厳かな雰囲気ですね。

3合目の廃墟は歴史を感じました。

そして……山小屋で一泊するんですね。

とても綺麗だし、料理も美味しそうですね~
お麩の味噌汁も可愛いし……

天気が良ければそのまま出発……まさか0時に出発ではないですよね。

私は中学生~高校生の頃、富士五胡めぐりのキャンプをたびたびしていました。

当時は今のように観光化されておらず、西湖などはとっても神秘的な雰囲気を漂わせていました。写真を拝見しながら当時を思い出しました。


  • #-
  • リュウ
  • URL

2009.08.15 Sat 17:26  |  0時に出発なんです~

リュウ様、こんにちは!コメントありがとうございます。

晴れた日の森も楽しいですが、霧がかかるととても雰囲気があって素敵ですよね~。
廃墟は所々にあって、朽ち果てたメニューの看板などを見るとちょっと寂しい気持ちになりましたe-441

山小屋泊まりは初めてでしたが、アットホームな雰囲気で内装もキレイ、ご飯も美味しくてすごく快適に過ごせましたe-454

そのまま出発・・・そう、0時出発なんです(笑)
富士登山の場合、ご来光を見るために深夜に登り始めるケースが多いのですが、私達は特に泊まった山小屋が下の方(5合目から登る人たちは、大体7合目以上の山小屋に泊まります)なので、その分早出しないといけないみたいですね~。
夜間の登山も初めての経験になりました。

富士五湖めぐりのキャンプ、とっても素敵ですね~!私も大自然の中でゆったりキャンプに憧れますe-420
早朝の湖畔で小鳥のさえずりを聞きながらお茶を飲むとか・・・夢が広がります~!

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/89-10321e7a
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。