スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2009.07塔ノ岳登山(1)

塔ノ岳(1,491m/神奈川県秦野市他)

富士登山のご報告を先にしてしまいましたが、その3週間前・2週間前にもトレーニングを兼ねて2つの山へ登っていました。

まず私がお邪魔したのは、丹沢の塔ノ岳。その標高差(約1,200m)は富士山の吉田ルートでいうと大体5合目~9合目にあたります。
だらだらとした登りが延々と続き、「バカ尾根」とも呼ばれる大倉尾根を往復するルートは、要求される体力や下山時の膝の負担もかなりのものと予想できます。
果たして、無事に登ってくることができるのでしょうか・・・。

大倉の風景
大倉バス停に降り立った私達を迎えてくれたのは、夏らしい青空とまぶしい太陽でした。
曇り時々弱雨というイマイチな天気予報は外れだったのかな?展望にも期待を持ちつつ、装備を整えて登山計画書をポストに提出すると、いよいよ歩き始めます。
丹沢大山国定公園の地図

舗装された道を少し歩いて、看板に従い登山口へと入っていくと、すぐに山道に変わりました。
歩き始めます!

と・・・「あれっ?なんだか急に天気が・・・
辺りはあっという間に真っ白な雲に覆われてしまいました。先ほどの青空なんて嘘のようです
山の天気は・・・と言うけれど、ほんの10分、20分でこうも変わるものなんですねー。これが雨女のパワーなのか

そんなことを思いながら歩いていたら、ついに雨がばらばらっと落ちてきました~
ちょうど観音茶屋さんに着いたところだったので、雨宿りさせてもらいつつ、レインウェアとザックカバーを装備しました。
観音茶屋で雨が・・・

少し様子を見ましたが、そこまでひどい降りではないし、林の中を進むので行けそうだと判断して、再出発。
すると、雨はあっさりとやんでしまったんですうーん、今日はずっと降ったりやんだりの天気になりそう・・・。
ここからは、天気に応じてレインウェアを脱いだり着たりすることになったのでした。

そして、こんな分岐に到着。
ハチ分岐

左に行っても右に行っても塔ノ岳。距離も5.2km。どっちでも良さそうだね
と、ふと真ん中の張り紙を見ると、「スズメバチが巣を作っています」って書いてあるではありませんか!!
どうやらこの分岐を右に行った方にスズメバチの巣があるようで、左へ行くようにとのことでした。
迷わず左の道を進みます

歩きやすい道。空も明るくなってきました~。
歩きやすい道

やがて、大倉高原山の家の鳥居が見えてきました。この鳥居、「丹沢の門」って書いてあるの。
普段は奥武蔵や秩父方面へ行くことが多い私だけに、まさに丹沢の玄関口にお邪魔した気分です
丹沢の門

ここからは雲の切れ間に青空がのぞいて、街の景色も望むことができました
さっきまでの雨は一体・・・。
晴れてきました!

それから、キャンプ場にもなっているらしい開けた道を抜けて行きます。
開けた道

再び林の中の道に変わると、しばらくしてスズメバチのいるという右の道との合流点へ、さらに見晴茶屋へとどんどん登って行きます。
木道になりました

ここまではなかなか順調。「バカ尾根」なんて呼ばれているけれど、さほど辛さは感じないなぁ~。
と思っていました。この辺りまでは・・・・・・。

【次回へ続く】
関連記事
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

Comment

2009.08.24 Mon 21:24  |  

山女子さん、こんばんは。
先日はとってもわかりやすいメールを頂いてありがとうございました。
まさか、メールして頂けるとは思ってもいなかったので感激致しました。
きめ細かなアドバイス、とても参考になりました。
で、富士登山ですが、8合目で引き返す結末に終りました。
詳しくはメールさせて頂きますが、やはり子連れで日帰りはキツかった様です。
登頂はかないませんでしたが、生まれて初めて雲の上から見下ろす景色のすばらしかったこと!
雨も少し降ったので下山時には虹も見えたんです。
家族みんなくったくたになってどろどろになって・・・の登山でしたが、感想はみんな「楽しかった」「絶対来年も登って山頂に立ちたい」でした。
それから、山女子さんのブログで知って出発前に慌てて買い求めたアミノプロ3600!持って行って良かったです。
お母さんが一番元気みたいだねっていわれる位、確かに疲れてはいましたが気持ちが常に「なんだか行けそうなきがするぅ~」って感じでした。
楽しかったけれど不完全燃焼的な気分なので、日帰りでも登頂出来る山に行って達成感を味わいたいと家族全員山登りにはまり気味です。
また、こちらのブログちょいちょい覗いて参考にさせて頂きたいとおもいます。

2009.08.25 Tue 00:46  |  富士登山お疲れ様です!

びーこ様、こんばんは!コメントありがとうございます☆

まずは富士登山、お疲れ様でした~e-423
取り急ぎお送りしたメール、間に合いましたでしょうか・・・。

日帰りで行かれたのですね~。登頂ならずとのことでしたが、今回はそれがむしろ正解だったかもしれませんねe-454
時間や体力、天候的にも厳しい登山を強行して、たとえ登頂を果たせたとしても、辛い思い出しか残らなかったり、「もう山はこりごり。二度と行きたくない!」なんて感じてしまったとしたら、とても残念なことですよね。
その点、ご家族で雲の上の景色を大いに楽しまれて、皆さんが素敵な思い出と「来年の目標」という素晴らしいお土産を手にされたのですから、最高の富士登山だったのではないでしょうかe-69

アミノバイタルプロ・・・そうなんですよ~!私もかなり効果を感じてます。
登山前に飲んでしばらくすると、身体の奥にエンジンがかかるような気がして・・・気のせいかもしれませんが(笑)

お住まいの地域は存じませんが、きっと日帰り圏内に沢山の素敵な山があると思いますので、これからもご家族で楽しく山登りを続けて行かれて下さいe-68
参考になるか分かりませんが、よろしければまたこのブログにも遊びにいらして下さいね♪

2009.08.25 Tue 19:29  |  

山女子さん、こんにちは。
モチベーション高いですね。m(__)m

富士登山を前に、しっかり準備&トレーニングされていたんですね。大切な心がけだと感心します。

しか~し「バカ尾根」……ちょっと酷いですね(笑)

山の入り口にある鳥居……山でよく見かけますが日本人の自然信仰の表れなんでしょうね。

謙虚に自然に向き合うことで悲しい事故も減るような気がします。

私は先週末、マウンテンバイクに乗りすぎで腰を痛め……今日は回復のために、天覧山、多峯主山、日和田山、物見山、とトレイルランしました。腰はすっかり直りました(^^)v

それにしても山女子さんはいろいろな山をご存知なんですね。

視野広いなぁ~と……



  • #-
  • リュウ
  • URL

2009.08.27 Thu 00:48  |  リュウ様

リュウ様、こんばんは!コメントありがとうございます☆

はい、小心者&準備や計画をするのが大好きなので、富士山トレーニングと称して色々計画を立てたんですよ~(笑)

大倉尾根がいつから「バカ尾根」と呼ばれるようになったのかは分かりませんが、帰りがけに地元の方から「バカ尾根登ってきたの?」と聞かれるくらいですので、もはやこちらの方が定着してしまっているのかもしれないですね~。それにしても今回は登りも下りもかなりこたえました~e-330

マウンテンバイクで痛めた腰の回復のためにトレイルランとはっ!e-451
予想外の発想です。そういう治し方もあるんですね~。治られたとのことで何よりですe-454

リュウ様の生活も山と共にあり、という感じですねe-69
私も、これからも自然に対して驕ることなく、楽しい登山を長く続けていけたらいいなと思っていますe-69

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

※コメントは管理者の承認後表示されます。

Trackback

URL
http://yamajoshi.blog85.fc2.com/tb.php/95-279a68dd
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。