2012.08高尾山ナイトハイク

高尾山(599m/東京都八王子市)



■今回のコース(出発&到着時刻)
0:00高尾山口―(稲荷山コース)→0:50展望台0:57→1:42高尾山山頂2:17―(1号路)→3:26下山

■参考マップ
山と高原地図 27 高尾・陣馬

※高尾山といえど、夜間の登山は昼間の登山とは全く違っていて危険なことも多いです。
おススメはしませんので、ひとまず当レポートでエアーナイトハイクをお楽しみ下さい



これまで、暗闇の中で長時間登山をするという機会はほとんどありませんでした。
富士山では夜中から登っていましたが、随所に山小屋の明かりがあったり、他の登山者さんたちがいたりしたので、それほど闇を意識することはなかったんです。

それでも、今後何らかのアクシデントや計画上の必要などがあって、夜に山を歩く機会があるかもしれません。
そのため、その前に一度夜の山がどういうものなのかを経験しておきたいと思っていました。

そこで今回計画したのが、高尾山ナイトハイク。
道がよく整備されていて昼間には何度か歩いた経験があることと、実際にここでナイトハイクをされている方々の情報があったことから、この場所に決めました!

本当は陣馬山への縦走も考えていたのですが・・・ナイトハイク初心者にはハードルが高いと考えて、高尾山往復にしました


今回のコースは安全を考えて、登りに稲荷山コース、下りに舗装された1号路を使うことにしました。
また、単独行は怖すぎるので複数での行動としました。
そして何かあった時に少し待機すればすぐ明るくなるよう、深夜~未明の時間帯に歩きます!


※ここからの写真はお化け屋敷潜入ルポみたいになっているので、苦手な方はご注意下さい(苦笑)
※最後にちょっと怖いエピソードがありますので、怖い話が苦手な方もご注意下さい


深夜に車で高尾山口駅前のコインパーキングへやってきた私たち。
さすがに駐車場は空いていましたが、駐車台数はゼロではありませんでした

私たちは準備を整えて、まずは舗装道路を歩き始めます。
そして、ケーブルカーの駅へ到着!
昼間なら多くの人で賑わっているこの場所も、今はとても静かです。
全然雰囲気が違うなぁ・・・。
ケーブルカー駅

駅を過ぎて間もなく現れた分岐から、いよいよ稲荷山コースの登山道へと入っていきます。
うーん・・・なんだかちょっと勇気がいるなぁ
いよいよ登山道へ

こうして登山道を歩き始めると、昼間とはまったく別の世界が広がっていることが分かりました。
闇という得体の知れない存在が、山全体を包み込んでいるかのようです。

おでこに付けたヘッドライトの光だけが、たった一筋その闇を切り裂いて、私に進路を示してくれていました
それでも、その光の先に丸く浮かび上がるのは、闇に色を抜かれたモノクロの世界だけでした。
ヘッドライトだけが頼りです

視覚から得られる情報が限られているためか、その他の感覚が研ぎ澄まされていくような気がします。
辺りには植物や動物や虫や、そういった人間以外のありとあらゆる生き物の「気」のようなものが濃密に漂っているように感じられました。
そうか、昼間の高尾山とは違って、今は「彼らの時間」なんだ。

ひとたびランプを消して立ち止まれば、目にも耳にも闇が覆いかぶさってくるようです。
「怖い」
多分、一度そう意識してしまうと、これ以上先に進めなくなってしまうような気がしました。
そのため、なるべく余計なことは考えないよう意識しながら、ただ登ることに集中しました。


高尾山の稲荷山コースは以前にも歩いたことがありますが、とてもよく整備されていて比較的歩きやすい道だと思います。
しかし!今回は足を踏み出すのにとても気を遣いました

暗くて凹凸が分かりづらいからというのも理由のひとつなのですが、登山道上に虫がいっぱい佇んでいらっしゃったというのが最も大きな理由です(苦笑)

写真は載せませんが、真っ黒なカマドウマみたいな方々が数歩進むごとにヘッドライトの光の輪の中に浮かび上がるんです
彼らの時間を邪魔しているのは私の方なので、間違えて踏んだりしないよう足の置き場をとっさに変えないといけません。
しばらくそのことに集中して登っていきました(苦笑)

そして・・・
ギャー!!蜂!!
スズメバチ!

・・・と思ったら、案内の看板でした(笑)
この看板を暗闇の中で見るのはちょっと怖いですね

こうして歩くことしばらく、中間地点の展望台のところまで上がってくることができましたー
ちょっと休憩しよう、とベンチの方へ移動してみてびっくり!!

わぁー!すごい夜景だぁー!!
すごい夜景

暗くて静かなこの山から明るい街並みを見下ろしていると、何だか人間の住む世界からずっと遠い場所に来てしまったように感じます。
それでも、ここは高尾山なんだよね

私たちは少し夜景を眺めてから、再び先へと進みました。
この先もやっぱり暗闇です
暗闇です

この日は風がなく、夜とは言ってもかなり蒸し暑さを感じました。
山頂直下の長い階段を前にして、私たちは思わず立ち止まって小休止。

と、その足下に花を見つけましたよー!!
花発見!

暗闇の登山道ではなかなか花に気付けなかったので、とても嬉しかったです☆
スポットライトを浴びる夜の花っていうのも、また新鮮な感じで素敵ですねー

こうして元気を取り戻した私は、えいやっと階段をひと登り
そして、高尾山の山頂にたどり着きましたー!
高尾山山頂
驚いたことに、山頂広場には2組ほどの登山者さんがいらっしゃいましたよー。

私たちは大見晴園地の辺りから景色を眺めました。
写真には撮りづらかったのですが、うっすらと山の輪郭も見えています。
景色を眺めます

それからちょっと場所を変え、ベンチに座って行動食をつまみました。
ここからもこんな夜景が見えていましたよー
夜景も見えました

この時点で深夜2時。
睡魔に襲われる前に下山を始めようと、私たちは1号路を薬王院に向けて下り始めました。

高尾山にはムササビが住んでいるそうで、薬王院周辺でもよく観察されているという情報を見てきました。
そのため、この辺りでムササビに出会えないかなー?と、辺りをキョロキョロしながら進みます。

そして・・・出会いましたー!!!

ムササビ・・・
ムササビ・・・


・・・の、看板に。(苦笑)


どうやら出没する時間帯が違っていたようで、生ムササビに出会うことはできませんでした。
うーん、残念

そして、私たちはこの「夜間う回路」の案内表示に従って下っていきました。
う回路の案内

う回路を抜けて薬王院を過ぎると舗装道路になり、点々と外灯もついていたりするので少し安心できました。
外灯がありました

ケーブルカーの駅付近に見晴らしの良い場所があったなーと思って行ってみると、やっぱりここからも夜景がキレイに見えましたよー
またまた夜景!

ここからは舗装された道をひたすら下っていきます。
時間が時間だったこともあり、単調な下り坂で一気に眠気が強くなってきました

「眠い、眠いー!
「やばーい
と口々に言いながら下っていきます。
(睡魔と闘っていたため写真はありません・苦笑)

こうして何とか眠らずに登山口近くまで下ってくることができました
あと数十メートルで下山完了だぁ・・・と気持ちが緩んだその時、

ウゥー・・・

左手の藪の中から、小さなうめき声のようなモノが聞こえたんです。

「ん、何?今の。」
思わずその場に立ち止まり、藪の中に目を凝らしましたが真っ暗で何も見えません。

そこで同行者さんがヘッドライトを手に持って、藪の奥の方を照らしました。
すると、


グオオォォ―――!!!




ええええええええええ―――――――っ!!??


藪の奥から上がった大きな重低音のうなり声に、一瞬にして眠気は吹き飛び、心臓がバクバクと脈打ち始めました

私たちは顔を見合わせながら、早足でその場を離れました。
お互いに「こういう時は走ってはいけない」と思っていたからなんとか平静を装っていましたが、どちらかが走り出したりしたらとたんにパニックになっていたと思います。。。

そして・・・下山完了。
下山完了


最後のうなり声の主は一体誰だったのでしょうか・・・?
犬?イノシシ?熊?もしかしたら人間のおじさんのいびきだったのかも・・・はっきりとは分かりません


今回夜の山を歩いてみて、昼間の登山とは全く違う雰囲気や危険があることを実感しました。

夜の山では「私たち人間はお邪魔している立場なんだ」という気持ちをさらに強く感じさせられます。
今後積極的にナイトハイクを計画するつもりはありませんが、機会があるとしたら「彼らの時間」をできるだけ邪魔することなく、また自分が睡魔にも襲われないよう、夕方から夜の早い時間帯の行動がいいかもしれないなと思いました。
モンベルさんなどでガイドさんのついたナイトハイクツアーなどもやっているようなので、そちらを利用するのもアリかもしれませんね。

今度は高尾山のムササビに是非一度会ってみたいなぁ。
ビジターセンターで開催しているムササビ観察会などにいつか参加できたらいいなと思います

高尾山と高尾山に住む生き物の皆さま、お邪魔しました!ありがとうございました

【終わり】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2010.06高尾山~陣馬山ひとり縦走登山(1)

高尾山(599m)、小仏城山(670m)、影信山(727m)、陣馬山(857m)/東京都八王子市、神奈川県相模原市



■今回のコース(出発&到着時刻)
高尾山口7:11―(6号路)→8:29高尾山山頂8:52→9:43小仏城山→10:26小仏峠→10:52影信茶屋11:45→11:56影信山山頂→12:53明王峠13:08→13:39陣馬山山頂14:32→15:57陣馬登山口バス停

■参考マップ
山と高原地図 27 高尾・陣馬


※本レポートは、2010年6月に登山した時の内容を記したものです。現在とは状況が変わっている場合もありますので、ご了承ください。

2010年6月に高尾山~陣馬山への縦走(単独行)をしてきました!
その時の登山のもようは同年出版させて頂いた書籍「山女子、今日も山に登る」に掲載していますが、まとめ直したレポートをブログにもアップしたいと思います。


高尾山の魅力と言えば、自然の豊かさや見晴らしの良さに加えて、アクセスの良さや登山道の整備状況の良さ、食べ歩き&ビアガーデンを楽しめること(笑)などなど、色々ありますよね。
今回私は、高尾山の持つもう一つの魅力に心を引かれたんです。

それは登山地図を広げると見えてくる、高尾山から小仏城山、影信山、陣馬山へと続く長い登山ルート。
そう、縦走登山です

高尾山から陣馬山へ至る縦走ルートは全体的にとてもよく整備されていて、エスケープルートも複数あります。
また、道中にお茶屋さんやトイレなどの設備が何箇所もあることが特長なんですよね。

私が今回計画したのは、高尾山口駅を出発してこれらの山々を縦走し、藤野駅へと下りてくるルート。
距離にして約20km、コースタイム約7時間というロングコースですが、いざという時はエスケープ可能なことからチャレンジすることに決めました!


そして当日、朝7時前に高尾山口駅へと降り立った私。
準備体操と軽い朝食を済ませると、いよいよ縦走登山を開始しました

今回は6号路を使って高尾山の山頂を目指します。
まだ運行前で静かなケーブルカーの駅前を通りすぎ・・・
静かな駅前

そのまま進んでこの登山口から山道へ入っていきます!
登山口

この時点で意外と登山者さんがいらっしゃるのにびっくり
まだまだ先は長いので、焦らずマイペースに進みます。

6号路は沢沿いなので、他のルートに比べて清涼感がありますねー
近くまでは行きませんでしたが、生い茂る緑の合間にびわ滝を見ることができました!
滝が見えます

登山道はよく歩かれていて、はっきりとしています。
ただ、網の目のように張り巡らされた木の根が露出しているところもあるので、つまずかないように、そして木の根をできるだけ踏まないようにして進みました。
木の根がすごいです

道中こんな花も目にしましたよー!
当時は名前を知りませんでしたが、低山などでしばしば見かけるシャガの花のようですね
シャガの花かな?

それから、こんな小さな橋も渡りましたー。
橋を渡ります

その先、道がだいぶ湿ってきましたが、ぬかるんだりはしていないようです。
この辺りは見晴らしの利くところはありませんが、鬱蒼と生い茂る緑に包まれて森林浴を楽しむことができます
森林浴

登山道沿いにはこんな苔生した立派な木も。
もちろん、これはどこかの深山ではなく高尾山の景色ですよー!
立派な木

やがて稲荷山コース方面へ進む道との分岐にぶつかりました。
私は右手に伸びる6号路へと進みました。
飛び石の道

私にとっての6号路は、沢に沿って飛び石が続くこの道のイメージが強いんですよね。
登山を始めるずっと前にもお散歩気分でこの場所を訪れて、「うわぁ、なんだかすごいところに来てしまった」と感じたものです(笑)

わずかに水の流れる道を滑らないよう気をつけて登っていき、苔生した石垣を横目にやや細めな登山道を進んでいくと、今度は階段ゾーンに突入
道の様子が次々変化して、登山者を飽きさせません。
長い階段

階段ゾーンを越えると、5号路の舗装道路に出てきましたー!
ここまで来れば、山頂はもう少しだね
舗装道路へ

そこから歩くこと数分で、高尾山山頂に到着しましたー
高尾山山頂!

早速見晴台(大見晴園地)へ行ってみましたが、天気は良いものの遠くが霞んでいてあまり遠くまでは見渡せませんでした。
いったん少し下ってトイレを借り、ちょっと休みます。
ここにもキレイな花が咲いていました
キレイな花

再び見晴台まで戻ってきた私は「ここから裏高尾へ」と書かれた看板を眺めます。
陣場(陣馬)山までは約5時間の道のりだね。かなり歩きごたえがありそうです。
ここから裏高尾へ

それでは気を引き締めて、いざ裏高尾へ!
こうして私は高尾山の山頂から、縦走路へと足を踏み出しました。

まずは階段を下っていき・・・
階段を下ります

いくつかのルートが合流する平らな広場へと出てきましたー。
広場

そこにあった案内看板を確認すると、「ここより先は奥高尾です」と書かれていました。
あれっ!?さっきは裏高尾って書いてあったけど・・・まぁつまり、高尾の裏手の奥深いエリアへと進むということかな(笑)

地図と方角を確認して縦走路を歩き始めると、すぐに「もみじ台」というところがありました。
この辺りからの見晴らしは良いのですが、今日はちょっと霞んでしまっていますねー。
やや霞んだ景色

私は少し景色を見てから、再び歩き始めます。
目の前に伸びているのは、こんなに広くてのどかな道です。
とっても歩きやすーい!
のどかな道

傾斜のあるところでは、こんな風に丸太が階段状に設置されていたりもしました。
階段もあります

途中でトレイルランの方々とすれ違いましたが、確かにこの道ならとっても楽しく走れそうですよねー!
いつかやってみたいものです

この先に待つ目標は一丁平、そして小仏城山。
青空の広がる絶好の登山日和。私の縦走登山はまだまだ始まったばかりです!
まだまだこれからです!

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2013.08高尾山登山

高尾山(599m/東京都八王子市)



■今回のコース(出発&到着時刻)
稲荷山コース登り口5:50頃→6:44展望台6:51→7:55高尾山山頂8:23→9:20リフト乗り場

■参考マップ
山と高原地図 27 高尾・陣馬


7月からスタートしたリハビリ登山計画、順調に進んでいます!
歩行距離や標高差だけでなく、登山道の整備状況も考えながら、自分の足の状態に合った山を探す作業はとても楽しいものです

今回は子どもの頃から親しんできた山、高尾山です。
これまで登った天覧山や津久井城山に比べると大きな山ですが、各登山道の状況などは一通り頭に入っています。
途中で辛くなったらケーブルカーやリフトも利用できるので、リハビリ登山にもぴったりだと考えて今回お邪魔することにしました!

最初はほぼ全ての道が舗装されている1号路を登ることを検討していましたが、逆に足に負担がかかるかもしれないので登りは稲荷山コースを使うことに決めました。
そして、高尾山口駅からトコトコ歩いて稲荷山コース入口へとやってきたわけですが・・・

なんと、デジカメは持ってきたのにメモリーカードを忘れてしまうというおバカなことをやらかしてしまいました(苦笑)

というわけで・・・今回の写真は全て携帯電話で撮影しています。
画質が良くなくてすみません。。


さ、さて・・・気を取り直して、登山開始!
まずは稲荷山コースのこの階段を登っていきます。これがなかなかきついんですよね(笑)
階段

少し登ってお稲荷さんのところで早くも小休憩を取った私たちは、それからさらに先へと進みます。
傾斜のある階段の道が落ち着いてくると、広くて歩きやすい道になりました
歩きやすい道

暑さを避けてかなり早い時間に出発したので、人の姿もほとんどなくてとっても静かです!

コース中にはこのように距離表示があるので、自分がどれくらい歩いたか、頂上まであとどれくらいなのかがとても分かりやすいです。
とはいえ、3.1kmというのは今の私にとってはかなりの距離です。ちゃんとたどり着けるかな!?
距離表示

登山道上には所々に木の根が露出した場所も現れました。
躓かないように、普段以上に慎重に段差の少ない場所を選びながら足を運んでいきます。
木の根がすごいです

こうして進んでいくことしばらく。サクサク登っているように見えて、実は結構疲れてきています
足の状態が万全でないこともありますが、半年近くほとんど動くことができなかったので体力がすっかり落ちてしまっているんですよね。
しかも、体重が随分増えてしまい、「下ろせない荷物」をたっぷり背負っている状態でもあるわけです(苦笑)

まずはコースのほぼ中間地点だと思われる展望台を目指して、「まだかなー?」なんて言いながらゆっくりと登っていきました。

すると、前方にこんな分岐が現れましたー!
二股

右の道は山頂への通常ルートですが、なかなか急な坂になっています。
左の道はなだらかな巻き道。

あれー?以前登った時にこんな分岐見たかなぁ?と思いながらも、ついつい巻き道の方へ吸い寄せられそうになります(笑)
が、その時通りがかったおじさまに「そっちの巻き道はすぐまた合流するし、こっちの道の方が景色もいいからお勧めだよ!」と声を掛けて頂きました。

確かに、見える場所にもう展望台があったんですよね。
というわけで通常ルートに戻り、よいしょっと坂を登って展望台に到着しましたー!
展望台到着!

私たちはザックを下ろし、飲み物を片手に景色を眺めました。
だいぶ景色は霞んでいますが、爽やかな風が吹いてきてとっても気持ちが良かったです
展望台からの見晴らし

まだ時刻は朝の7時前ですが、さすがに真夏の高尾山はかなり暑いですねー
私たちは少しの間、風に吹かれて涼を取りました。

さて、そろそろ出発です!
今回の登頂までの所要時間は、自分の足の状態から標準コースタイムの1.5倍程度と見て計画を立てていました。
ここまでは予定通り。山頂へは8時頃には着けるかな?

こうして山頂へ向けての後半の道へ差し掛かった私たち。
この先にはこんなに長い階段がいくつかあるんですよねー。
きついだけでなく暑さもあるので、とにかくゆっくりゆっくり。
階段を登ります

すると、途中でキノコ発見
キノコさんもこの暑さでちょっとお疲れ気味でしょうか(苦笑)
キノコ!

それから、こんな木道的なところもありました。
木道

そして、これはアジサイかな?蕾にいくつかの花が咲いていて、まるで花火が開く瞬間を切り取ったみたいに見えました!
アジサイ

こうして道端の景色を楽しみながら登っていくと、こんなに長ーい階段が現れました!
ひええええぇー
長い階段が・・・

でもこの階段には見覚えがあります。
ここを登れば、きっと山頂です!

私は本当にゆっくりゆっくり、一段ずつ階段を登っていきました。
そして無意識に、手術をしてからこれまで辿ってきた日々のことをこの階段に投影させていました。

だいぶ身体が疲れていて足取りは重かったのですが、私はゆっくりゆっくり、一歩ずつ前に足を出していきました。
その一歩一歩の積み重ねが、必ず山頂に続いているのだと信じて・・・。

そして、ついに登り切りました!
見覚えのあるこの景色です!!
来ましたー!

さらに少し奥へ進むと山頂標識がありましたよー。
高尾山山頂。無事にこの足で登頂することができました
高尾山山頂

「やったぁ!着いたよー
やっぱりこの時は大きな達成感がありました。

私たちは近くのあずま屋のベンチに腰を下ろして、コンビニで買ってきたパンやおにぎりを食べました。
山頂には各ルートから続々と登山者さんたちが登ってきています。これからもっと賑やかになりそうだなぁ。

30分ほどベンチで休んだ私たちは、そろそろ下山することにしました。
さて、どう下山しよう・・・?

一番の目標としては、自分の足で最後まで下山することでした。
それでも、登りの時点でだいぶ足に疲れが溜まってきてしまったんですよね

最後まで歩き切れるか分からないので、途中でケーブルカーやリフトを利用することもできるよう、1号路を下ることにしました!

こうして1号路の舗装道路を歩き始めた私たち。
途中の道のど真ん中に、コクワガタの雌かな?が佇んでいるのを見つけましたよー!
結構ご立腹の模様。携帯のカメラだと分かりづらいですね・・・(泣)
コクワガタかな?

人の多く通る道で危ないので、彼女には道端の草むらの方へ移動してもらいました。

それから、ご存じ薬王院。
薬王院

ここまで来ると、アレを食べなくてはいけません(笑)
というわけで・・・権現力ソフトを購入!私の大好きな、甘酸っぱくて濃厚なぶどう酢のソフトクリームです。大人の味
ソフトクリーム!

ソフトクリームを食べて元気を取り戻した私は、さらに下っていきました。
そして、たこ杉さんにご挨拶。「また来ました!」
たこ杉

しかし・・・ここまでが精一杯でした。
足が疲れて、足裏全体が痛くなってきてしまいましたー

最後まで自分の足で下りたかったのですが、まだそこまでは回復できていないようです。
まだまだ長いリハビリの道のり、今回敢えて無理をする必要もありません。
今回はケーブルカーかリフトを利用することにしよう。

そういえば、高尾山でケーブルカーは何度か利用したことがあるんだけど、リフトって乗ったことがないなぁ・・・
というわけで、今回はリフトで下山することに

こうして片道切符を買ってリフトに乗ったわけですが、これが爽快でした!
風が気持ちいいし、眼下に景色が広がっているのでとっても気分が良かったです
リフトで下山

乗り降りするのにちょっと緊張しましたが、かなり楽しかったです
急こう配のケーブルカーも面白いんだけど、リフトもおススメだと思いました!

登りはゆっくり、そして下山はあっという間の高尾山リハビリ登山はこうして幕を下ろしました。
やっぱり夏の低山は暑ーいっ。だけど、とっても楽しかったです!

まだまだ私のリハビリ登山は続きます。
これからも無理はせず、じっくりと山と向き合っていきたいと思います

【終わり】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi