2010.11 塔ノ岳~丹沢山登山(1)

塔ノ岳・丹沢山((1,491m・1,567m/神奈川県秦野市他)

今回のルートマップはコチラ(ルートラボ)

最近登山を始めたという古い友達から、「一緒に山へ行こう」とのお誘いがありました。
彼とは以前から「音楽」という共通の趣味があったのですが、まさか今になって「登山」という全く別のキーワードでつながるなんて思ってもみませんでした(笑)

向かう先は丹沢の塔ノ岳~丹沢山。
前回は大倉尾根(バカ尾根)ルートで塔ノ岳まで登りましたが、今回はその先、丹沢山まで往復します。
どんな道なんだろう?どんな景色が待っているんだろう?そんな期待が膨らむ一方で、バカ尾根の登り下りのきつさが思い返されました。
最短コースはやっぱり大倉からなのかなぁ。でも塔ノ岳まででも結構大変だったんだよなぁ~・・・

その時、友達が一言。
「戸沢の登山口まで車で行けば、最短コースで回れるよ。」

・・・えっ!?
地図で確認すると、大倉尾根の半ば、堀山の家の東にその登山口はありました。標高も距離も、大倉登山口よりずっと塔ノ岳山頂に近いところにあるようです。
こんなに便利な登山口があったなんて知らなかった!それじゃ、ここからスタートにしよう

・・・でも、こんなに便利な登山口なのに、大倉登山口に比べて知名度が低いのはなんでだろう?
ふと感じたそんな疑問の答えは、当日現地で分かるのでした(苦笑)


その朝、小田急線の駅で合流した私たちは、車で戸沢登山口を目指します。
「戸沢の林道、道が結構荒れてるらしいよね。それであんまり人が入らないのかなー?」
「まぁ、駐車場もあるぐらいだし、大丈夫じゃない?」
そんな会話を交わしながら、いよいよ林道へ入りました。

・・・が!
この道の荒れ具合は予想以上でした(苦笑)
ボコボコの路面は段差が大きく、車体はガッタン、ガッタンと大きく上下してシートから腰が浮くほど
友達の愛車のお腹から、何度も「ゴリッ!」という音が響きました

オフロードを大きな四駆で走るアクティビティがありますが、今まさにそんな感じ・・・。
もしこれが自分の車だったら即Uターンするところでしたが、この時は助手席でただ黙って座っていました(笑)
しかもなぜか、この時の車のBGMはアンパンマンのテーマソングでした(笑)

こうして命がけ?の林道走行の末にたどり着いた駐車場。
案の定・・・といいますか、オフロード仕様のバイクが停まるくらいでかなーり空いていました(苦笑)

気を取り直して装備を整え、トイレを済ませてから、私たちはいよいよ登山を開始します。
歩き始めた政次郎尾根は、植林の中に伸びる静かな道でした。
ひたすら急坂
私たちは斜度のある坂をただひたすら登っていきます
大倉尾根や表尾根に比べると明らかに人が入っていない様子で、この時も他に登山客の気配はほとんどありませんでした。
ともすれば、精神的にも肉体的にも疲れが出そうな道でしたが、これまで私が持っていた丹沢のイメージとは少し違ったここの雰囲気と、都会でばかり顔を合わせてきた友達と自然の中を歩いているという不思議な感覚とで、むしろ新鮮な気分で歩くことができたのでした。

足元にはちゃんと花も咲いていましたよー!
花が咲いてました!

うん。今日は天気が良さそうだし、表尾根に出たらきっと素晴らしい景色が望めるんだろうな。楽しみ

やがて植生が変わってくると、辺りは明るい緑色と、ほんのり秋の色に輝き始めました。
ほんのり紅葉が・・・
この辺りで木々の開けた場所も現れたので、私たちはようやく丹沢の景色と対面することができたんです

こうして歩き始めてから1時間半ほど。ついに表尾根へと合流しましたー!
表尾根へ合流!

とたんに人々の話し声が賑やかに耳に入ってきました。
道もすごくしっかりと整備されていて、私たちがこれまで登ってきたそれとは雰囲気が全く違っています!
言うなれば、裏通りからメインストリートへ出てきたような感覚。

「ここが表尾根かぁ~、一度歩いてみたかったんだよねー!

大きく開けた気持ちの良い尾根道は、キレイな秋色に染まっています。
私たちはカメラを片手に、ウキウキしながら進みました。
素晴らしい景色・・・だけど

20分ちょっと歩いたところで、新大日(1,340m)に到着!新大日茶屋さんは開いてないみたい。
新大日茶屋
この付近はちょっとした広場になっていたので、私たちはベンチに軽く腰を下ろしました。

この脇にトイレがあったんだけど、どうやらあまり使われていないようで、扉が壊れて無くなっていたみたい
そこに堂々と入っていく友達・・・さすがです(笑)

そこからさらに、良く整備された歩きやすい道を進んで行くと・・・
整備された道

今度は雰囲気の良さそうな山小屋にぶつかりました!
木ノ又小屋

あれっ、でもこの小屋、閉まってるみたいだなぁ・・・
中の様子を伺っていると、通りがかりのご夫婦に声をかけられました。

「木ノ又小屋のご主人はね、もう少ししたら上がってくるはずだよ。」

どうやらこの小屋のコーヒーがとても美味しいと有名なのだそうで、こちらのご夫婦も今日はコーヒーを飲みに登ってこられたのだとか。
小屋が開くまでの間に、塔ノ岳に立ち寄っていかれるとのことでした。

「コーヒーを飲むために山に登る・・・なんかいいね。そういうの。」
「そんなに美味しいコーヒーなんだぁ。飲んでみたい!今日は別ルートで下る予定だから、また来たいね。」

そんなことを話しながら、先へと進みました。

そこからはやはり整備された木道とか、
木道

木のトンネルみたいなところも抜けていきました。
木のトンネル

それから、ちょっとスリリングなやせ尾根も・・・
やせ尾根
ちなみにこの辺り、登山道の真ん中などにものすごいトゲトゲのついた低木がさりげなく生えていたりしますので、手などをすらないように気をつけて下さい!(友達はトゲに引っかかれてしまいました

・・・さて、ちょっと前から皆さんもお気づきかと思いますが、

なんだかガスが出てきてませんかっ!?

このガス、まるで私になついているペットのようでして
「あっ!いい景色!」と私が左を指差せばその方向にガスがさぁーっと流れ、「あっ、あっちもキレイだね!」と右を指差すとどどーっと一斉にガスがそちらへ移動するんです。
カメラを構えると、液晶ファインダーに白いものがもくもくと・・・
これはコントですかっ!?(苦笑)

それでも、山の神様は私たちを見捨ててはいなかったのでした。
塔ノ岳山頂直下で急にガスが切れ、遠くの山並みに覆いかぶさっていた雲たちも次々にはがれて飛んでいったんです!
景色が開けました!

「すごーい!!絶景だぁ!」

こうして雨女の私としては奇跡的に(?)、青空の下に立つ「塔の岳山頂」の標柱と出会うことができたのでした
塔ノ岳山頂!

【次回へ続く】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

2014.12丹沢表尾根(二ノ塔~塔ノ岳)登山(2)

丹沢表尾根(二ノ塔~塔ノ岳)登山、(1)の続きです。

晴天に恵まれ、素晴らしい景色を楽しみながら二ノ塔、三ノ塔、烏尾山と順調に歩を進めてきた私たち。
凍っていてやや滑りやすい下り坂などはあったものの、特別に危険な箇所などはなくとてもスムーズにここまでこれました。

烏尾山を後にした私たちは行者岳へ向けて進んでいきます。
すると、道がやや岩がちになり、鎖が付けられている場所も現れるようになりました!
鎖に頼らなければならないほど険しいわけではありませんでしたが、これまでとは道の雰囲気が随分と変わってきましたねぇ・・・。
岩場

そして岩場を登り切ると、行者岳の頂上に到着しました!
ここは指導標に山の名前が書いてある程度で、山の頂としては控えめな雰囲気でした(笑)
行者岳

この先に、一番緊張を強いられる場所が現れたんです。
鎖の付いた急な岩場が出てくるのですが、この時は特に、岩にうっすらと雪がつき、全体的に凍結していてとても危険度が高かったです

特にこの急な下りは凍結のために手がかりが少なく、足場もツルッツルに凍っていたので恐かったです
鎖にも頼りつつ、落ち着いて慎重に、ゆっくりと下っていきました。
危険な凍結箇所!

危険箇所を無事に通過すると、その先から日当たりの良い場所も増えてきました。
ここは凍結もなくなりましたが、かなり荒々しい雰囲気がありますねー。
荒々しい雰囲気

その先で、「政次郎ノ頭」という場所に着きました!
そうそう、以前戸沢登山口から政次郎尾根を登ってきた時に、ここで表尾根と合流したんですよねー。
政次郎ノ頭

少しぬかるみもありましたが、この時点ではまだ凍っている部分も多かったのでそれほど歩きにくさはありませんでした。
先ほどの岩場のような危険箇所はなかったので、どんどん登っていきます!
どんどん行きます!

そして、新大日に到着しましたー!
ここにはお茶屋さんがあります。前回もそうだったのですが、今回も営業しているのか不明でした
新大日

この辺りには雪もまばらに残っていましたが、土が露出している部分はかなりぬかるんでいました。
帰りが恐いなぁ・・・と思いつつ、再出発。

この先には木段の登り下りや、雪で覆われたところもありました。
青空の下、気持ちよく進んでいきます。
進みます

そして、木ノ又小屋の前を通過!見た感じ、今は営業中のようです。いつかここで、とっても美味しいと評判のコーヒーを飲んでみたいなぁ
木ノ又小屋

木ノ又小屋を過ぎると、木段や木道の整備されているところがかなり増えてきました。痩せ尾根なども出てくるので、気をつけて進みます。
それにしても、青い空が気持ちいいですねぇー丹沢では途中からガスに覆われてしまうことも多いのですが、今日は大丈夫そう!
青空がキレイ

前方の景色がよく見えるところでは、こんもりとした塔ノ岳と、その上に乗っている尊仏山荘の建物を望むことができましたー。
目標となる場所がはっきり見えていると、励みになりますねー
塔ノ岳へ

こうしてどんどん登っていった私たち。ついに塔ノ岳頂上にたどり着きましたー!
まずはこの立派な標柱で記念撮影。
塔ノ岳頂上

登り始めに比べるとだいぶ雲が増えてきていましたが、ぐるりと素晴らしい眺めが広がっていました。
こちらは海方面の景色。輝く海面が美しい!
海方面の景色

そして、富士山もばっちり、どーん!!
何層にも続いていく山並みの風景は、まるで水墨画のようです。
富士山!

大勢の登山者さんたちで賑わう頂上広場には、冷たーい風が吹き抜けていました。
あちこちウロウロして景色を眺めていた私ですが、このままでは身体が冷えてしまうので、慌ててダウンジャケットを羽織りました。

それから、比較的風の弱い広場の端に腰を下ろし、サーモス 山専ボトルに入れてきた熱湯を使って、フリーズドライの温かいスープを飲みました。
うーん、あったまるー

・・・と、すぐ近くで何やらニャー、ニャーと聞こえるような気が・・・。
声のする方を見ると、雪の上を猫さんが歩いているではありませんかっ
尊仏山荘の猫さんなのでしょうか!?こたつで丸くなってもおかしくない気候なのに、頑張ってます!!(笑)

こうして山頂でしばらく過ごした私たち。いよいよ下山を始めることにしました。
来た道を引き返し始めると、下からは次々と登ってくる方々が現れました。やはりここは人気のコースなんですねー

数歩進んでは対向の登山者さんに道を譲り・・・の繰り返しになったため、なかなか先へ進めなくなりました。
それでも、こんな尾根道なので、焦らずゆっくり行く方が安全でいいよね
戻ります

さすがに午後になったこともあって、木ノ又小屋を過ぎた辺りからは、地面のぬかるみもひどくなってきました
行きに通った時はまだ凍っている部分もあったのですが・・・今やぐちゃぐちゃ(苦笑)

それでも困ったことばかりではなくて、行きに危険を感じた岩場は氷がほとんど融けて登りやすくなっていました!
少し雪は残っていますが、手がかりがしっかりあったのでスムーズに通過することができました。
凍結はなくなったようです

行者岳から先も、ぬかるみゾーンは広がっていました
ひどいところでは、道の端まで「ぬかりなくぬかってる」という状態(笑)
ここは田んぼですかーっ!?(爆)
ぬかるみが・・・

諦めてぬかるみの上を歩いていくと、靴の裏に雪団子ならぬ泥団子ができてしまい、それがみるみるうちに成長して上げ底ブーツみたいになりました(苦笑)
足を上げるとものすごく重い・・・雪みたいに簡単に落ちないので、ちょっと大変

こうしてなんとか烏尾山まで戻ってきた私たちは、ベンチで少し休憩をしました。
それから三ノ塔に向けて出発!

ここから三ノ塔にかけての道は、日当たりが悪いのか雪の残る箇所が多くありました。
ぬかるみ道より歩きやすいので、助かります(笑)

三ノ塔頂上直下はきつい坂でしたが、頑張って一気に登りました。
空には雲がだいぶ増えましたが、そこから海や街へ光の束が降り注いでいる美しい光景を見ることが出来ました
光の束がキレイ

光の筋がよく見えるように、写真は暗めに撮っていますが、実際はこんなに薄暗くはありません(笑)
それでも、まだ14時台とは思えないほど太陽のパワーが弱まってきているのは感じました。やはりこの季節は、日が短いですねー。

三ノ塔で景色を眺めているうちに、前後していた登山者さんは全員下っていってしまい、辺りには誰もいなくなりました。
塔ノ岳の賑わいがウソのような、とても静かな山の上です。

さぁ、私たちも下界に戻らないと

こうして私たちは、大きく開けた登山道を気持ちよく下っていきました。
気持ちよく下ります

二ノ塔を経て、白いものがほとんど無くなった大山を眺めつつ樹林帯へ。
この日はアップダウンがかなり多かったので少し疲れてきましたが、体力的に下山まで問題はなさそうです

いったん林道とぶつかったところで駐車場までショートカットできそうでしたが、来た道をたどるために直進します。
さらに登山道を下ること数分で車道に出ました。ここで右折してしばらく登り(このタイミングでの登りは結構きついなー)、何とか駐車場まで戻ってくることができましたー!

こうして、私たちは無事に下界へ帰ることができたのでした


今回、初めて歩かせて頂いた丹沢表尾根。
富士山をはじめ麓の街や海、近くの大山など、とにかく景色が素晴らしくて、歩いていてとても気持ちの良いコースだと思いました
また、アップダウンが多くて距離も長めなので、かなり登りごたえがありました。このコースが人気があるというのも頷けますね!

一方で凍結箇所や岩場、痩せ尾根など危険なところもあったので、油断しないよう気をつけなければ・・・とも思いました。
また季節を変えてお邪魔して、今度こそ木ノ又小屋でコーヒーを飲んでみたいと思います

【終わり】
▼ブログランキング
↓をもし応援クリックして頂けたら、嬉しくて山に登っちゃいます!(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

プロフィール

yamajoshi

yamajoshi (ヤマジョシ)
【特徴】
・胃腸が弱い
・身体が小さい
・雨女、カナヅチ、方向音痴

ブログランキングにも参加しています☆
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

地上での活動

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

年別山行リスト

↓山域クリックで山名一覧が開きます。

◆東北

 ・ 会津駒ケ岳
 ・ 安達太良山
 ・ 一切経山
 ・ 鹿狼山
 ・ 栗駒山
 ・ 五葉山
 ・ 蔵王
 ・ 徳仙丈山
 ・ 八幡平
 ・ 早池峰山
 ・ 磐梯山
 ・ 東吾妻山・吾妻小富士

◆上信越

 ・ 浅間(前掛)山
 ・ 四阿山
 ・ 草津白根山(本白根山)
 ・ 黒斑山・蛇骨岳・仙人岳
 ・ 岩櫃山
 ・ 観音山
 ・ 黒檜山・駒ヶ岳(赤城山)
 ・ 袈裟丸山
 ・ 地蔵岳(赤城山)
 ・ 鈴ヶ岳(赤城山)
 ・ 谷川岳
 ・ 長七郎山・小地蔵岳(赤城山)
 ・ トーミの頭
 ・ 鳴神山
 ・ 榛名富士
 ・ 柄杓山
 ・ 湯ノ丸山

◆北関東

 ・ 岩船山
 ・ 筑波山
 ・ 三毳山

◆日光・前日光・那須

 ・ 石裂山
 ・ 朝日岳
 ・ 鬼怒沼
 ・ 茶臼岳
 ・ 戦場ヶ原・小田代ヶ原
 ・ 日光白根山
 ・ 半月山

◆奥武蔵

 ・ 伊豆ヶ岳
 ・ 大高山
 ・ 鐘撞堂山
 ・ 官ノ倉山
 ・ 関八州見晴台
 ・ 白銀平・富士山
 ・ 武川岳
 ・ 天覚山
 ・ 天覧山・多峯主山
 ・ 破風山(皆野)
 ・ 日向山(横瀬)
 ・ 日和田山・物見山
 ・ 武甲山
 ・ 棒ノ嶺
 ・ 宝登山
 ・ 丸山
 ・ 焼山
 ・ 弓立山
 ・ 横瀬二子山

◆奥秩父・西上州

 ・ 四阿屋山
 ・ 荒船山
 ・ 入川渓谷
 ・ 御座山
 ・ 笠取山
 ・ 釜ノ沢五峰
 ・ 金峰山
 ・ 雲取山
 ・ 国師ヶ岳・北奥千丈岳
 ・ 小楢山
 ・ 外秩父七峰縦走
 ・ 秩父御岳山
 ・ 南天山
 ・ 西沢渓谷
 ・ 般若山
 ・ 二子山
 ・ 瑞牆山
 ・ 妙法ヶ岳
 ・ 飯盛山
 ・ 両神山
 ・ 早滝・中止の滝

◆奥多摩

 ・ 網代弁天山・城山
 ・ 大塚山
 ・ 金袋山
 ・ 金比羅山・南沢あじさい山
 ・ 浅間嶺
 ・ 鷹ノ巣山
 ・ 高水三山
 ・ 日の出山
 ・ 本仁田山
 ・ 御岳山
 ・ 三頭山

◆高尾

 ・ 石砂山
 ・ 草戸山
 ・ 小仏城山・影信山
 ・ 三国山・生藤山
 ・ 陣馬山
 ・ 石老山
 ・ 高尾山
 ・ 津久井城山
 ・ 坪山

◆千葉

 ・ 伊予ヶ岳
 ・ 嵯峨山
 ・ 富山
 ・ 鋸山

◆丹沢

 ・ 大野山
 ・ 大山
 ・ 大山三峰山
 ・ 鐘ヶ嶽
 ・ 弘法山
 ・ シダンゴ山
 ・ 丹沢山
 ・ 塔ノ岳
 ・ 鳶尾山
 ・ 鍋割山
 ・ 二ノ塔・三ノ塔・烏尾山
 ・ 檜洞丸
 ・ 蛭ヶ岳
 ・ 仏果山・高取山
 ・ ミツバ岳

◆大菩薩・道志

 ・ 今倉山・赤岩
 ・ 岩殿山
 ・ 扇山
 ・ 大菩薩嶺
 ・ 高川山
 ・ 高畑山・倉岳山
 ・ 鳥ノ胸山
 ・ 本社ヶ丸・清八山
 ・ 百蔵山

◆富士山周辺

 ・ 富士山2009
 ・ 富士山2010
 ・ 富士山2012
 ・ 愛鷹山
 ・ 石割山
 ・ 小富士
 ・ 杓子山・高座山
 ・ 二ツ塚(双子山)
 ・ 宝永山
 ・ 三ツ峠山
 ・ 竜ヶ岳

◆伊豆・箱根・鎌倉・天城

 ・ 天城山
 ・ 大丸山
 ・ 鎌倉アルプス
 ・ 金時山
 ・ 金冠山・達磨山(伊豆山稜線歩道)
 ・ 沼津アルプス
 ・ 猫越岳(伊豆山稜線歩道)
 ・ 幕山
 ・ 明神ヶ岳・明星ヶ岳

◆八ヶ岳

 ・ 赤岳
 ・ 編笠山・西岳
 ・ 阿弥陀岳
 ・ 硫黄岳・横岳
 ・ 美ヶ原
 ・ 北横岳・大岳
 ・ 霧ヶ峰・車山
 ・ 権現岳・三ッ頭
 ・ 縞枯山
 ・ 蓼科山
 ・ 茶臼山
 ・ 天狗岳(東・西)

◆北アルプス

 ・ 烏帽子岳
 ・ 奥穂高岳
 ・ 涸沢
 ・ 唐松岳
 ・ 常念岳・蝶ヶ岳
 ・ 白馬岳
 ・ 水晶岳・野口五郎岳
 ・ 双六岳・樅沢岳
 ・ 岳沢
 ・ 立山(雄山・大汝山・富士ノ折立)
 ・ 燕岳・大天井岳
 ・ 剱岳
 ・ 西岳
 ・ 西穂高岳
 ・ 乗鞍岳・富士見岳
 ・ 三俣蓮華岳・鷲羽岳
 ・ 焼岳
 ・ 槍ヶ岳

◆中央アルプス

 ・ 伊那前岳
 ・ 木曽駒ケ岳・宝剣岳・将棊頭山
 ・ 兀岳

◆南アルプス

 ・ アサヨ峰・栗沢山
 ・ 甘利山・千頭星山
 ・ 甲斐駒ケ岳・駒津峰
 ・ 北岳・間ノ岳
 ・ 仙丈ケ岳
 ・ 日向山
 ・ 鳳凰三山
 ・ 入笠山
 ・ 守屋山

◆御嶽山周辺

 ・ 木曽御嶽山

◆中国・四国

 ・ 扇ノ山
 ・ 小鹿渓
 ・ 蒜山
 ・ 伯耆大山

◆九州・沖縄

 ・ 屋久島

◆離島

 ・ 三原山

◆海外

 ・ 韓国の山
 ・ キナバル山(マレーシア)
 ・ キリマンジャロ(タンザニア)
 ・ 桂林(中国)
 ・ コトパクシ(エクアドル)
 ・ 台湾の山
 ・ 太魯閣渓谷(台湾)
 ・ チンボラソ(エクアドル)
 ・ ピチンチャ山(エクアドル)
 ・ メルー山(タンザニア)
 ・ ヨセミテ(米国)

◆山の装備・トラブル対策

 ・ カメラ関連
 ・ 登山装備
 ・ トラブル対策

◆その他

 ・ 自己紹介
 ・ 名水エクスプローラー
 ・ イベント・講座
 ・ 地上日記
 ・ メディア情報
 ・ Q&A

検索フォーム

PR by rakuten



PR by amazon

Copyright © yamajoshi